なんか

また1人のバカが調子こいてあらしまくってます。(まるでガキ)
ま、あっさり削除してってますが。
うちだけならいいんですがこのバカは他のサイトさんもあらしてるどうしようもないクズです。
皆さんにはこのバカのせいで不快な思いをさせてしまっていますが、こうやって僕が相手してやるとこのバカは大喜びの大活躍なので、もうしばらくこのバカのアホさ加減を皆さんで大笑いして見てやってあげて下さい。
タグ:マゾヒズムに札金を! マゾヒズム 札幌金蹴マン 札金 スケバンキック 番頭グループ 居酒屋 さつきん http://blog.goo.ne.jp/satukinman/ 番頭 ふーみん ゆーま 客分 居酒屋 さつきん RMBA 賢太郎 青木 ホルニッセ パル 睾丸割り ヒザキンマニア とっち 朱雀 電気あんま 電気アンマ みーくん&メイ いとー 埼京線 旧まい 大阪人 なつお FOOLISH HEART 黒い水星 ニック TM 田村亮 embryo YEAR 2000JERICHO 神風特攻隊 キンタマ淫語好き タマみち 岩です パミ夫 BUCK robe WHO 中央線 らりsatsukin satsukin くそ Q 通りすがり タマみちのく FW Th 地方人 メイ yunnpe- 初っす ヒロ2 タケル はっしー ヒロ M吉 Homer (≠at) (^ω^;) VIPからきます at イッチ groinkick 星咲蓮 海賊版 ダビング 軽薄 アホ くるくるぱー 花祭り 花祭り! 花の三部作 エンド キャンタマン 金肉まん 花の三部作 DVD 不正コピー 内弁慶 内輪はしゃぎ 「(爆)」「(笑い)」 内輪はしゃぎの 50♂ 遠く眺めて 妾(われ)はただ「あはっ!」 オサム きんき チャッピー 真昼の月 呼吸からはじまるエクスタシー HDレコーダ 花岸薫 謎の人 Tak haru 板垣 おっちょこちょい SATOSHI 玉金太郎 ふー・みん 蝶子 格闘女王・蝶子 ひろり 亀田興毅 木村邦寛 田中 志麻 しょこたん しょこたんブログ へーちゃん おはつ ぴやぽーん 珍記者 ローリー トニー


SとMの二面性について

 僕のM性癖を知る、数少ない知人から「Sに興味はないの?」と尋ねられて少しドキッとしました。

 「う〜ん、ビジュアルとしての女性の緊縛写真とかいいとは思うんだけど、自分でやるのはね〜、あんまり好きくないかもカモ」と、その時は答えておきました。そのこと自体にはウソ偽りのない正直な気持ちだったと思うのですが、突き詰めて考えてみるとどうなんだろうか。本当に自分にS性はないのか? 女性の緊縛写真見て萌えるのって、もしかしてサディズムでネ?

 そういえばこれまでに真剣に考えたことなかったですね。

 子供の頃から自分はマゾの変態だと思いこんでましたし、そういう発想のチャンスがなかった。しかし言われてみれば中学生くらいの時は普通にスカートめくりとかして遊んでいたし、ちょっと気になるかわいいコには無意識に意地悪い態度をとったりするという「普通の男の子」がやるような行為をしていた覚えがある。

   ↑ 普通の男の子はスカートめくりなんかしないの!(。。)☆\バキ...

 まあそれはともかくとして、よく、誰にでもS性とM性はあるのだという言説も聞きます。それはそうなのかもしれない。だけど僕自身にサディズムがあるか?と聞かれるとちょっと自信ない。

 ただ、やったことはないですけどプレイ自体は「やれば出来る」んじゃないかな、とは思う。自分なりにマゾヒズムを理解しているつもりでいるし、相手がどんなM性やタイプかにもよりますが、僕のツボと同じ部分にハマるような責めとかプレイはできそうな気がします。そのことで僕が快感を得ることはないだろうけど、相手に満足を与えることは可能かもしれない。
 
 そういう意味ではまさに「サービスのS」

 あえて矛盾語法的に言うなら、マゾヒストに奉仕するサディスト的な役割を演じるわけ。何事も人に喜ばれるというのは、自分が評価されているわけでもあり、ある種の自己実現的な充実感にもつながるんで、別に悪い気はしないですよね。

 だけどこの場合、相手が喜んでいるのを見て満足するのであって、厳密にいうと相手を苦しめて快楽を得るサディズムとは本質的に逆です。あくまでもプレイの一環として、ちょっと痛いぐらいの苦痛を与えることもあるんでしょうが、相手にとってそれは快感であるハズという前提がこちらにはある。だからやはり、本質的な意味でのサディズムは僕にはないんではないだろうか。よくわかんないけど...

 まあいずれにしても、SMクラブとかに行ってまでM女を責めるなんてのはとてもやる気になれないし、絶対にしないでしょうね。

 やっぱり虐められるほうがいいや ^^ てへ!
posted by homer_2006 | Comment(1) | マゾヒズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。