クレクレ撲滅!! マゾヒズムに礼金を!

どうも近頃創作サイトが元気がない。嘆かわしいことだ。
原因は全て訪問者にある。多くの管理人たちがBBS管理放棄し、違法業者を増殖させてることも含め、全て全て訪問者に責任があるのだ。
このところのサイト訪問者の態度は全くなってない。管理人がやる気をなくすのも無理もない話だ。

諸君。
クリエーターというのは非常にナイーブなものなんだよ。
ちょっとした気に入らない反応で、すぐにやる気をなくす。
自サイトだけではないぞ。自分が訪問しているサイトや掲示板群サイトも進んで覗いている。
だから、これらの場所に気に入らない書き込みがあると同じく拗ねるのだ。腫れ物に触るように接し給え。

何よりも嫌いなのが、自BBSを素通りされることだ。
彼ら彼女らは、ただカウンターを回しているだけの訪問者はクレクレ同様に忌み嫌う。
ネットの神と一部で崇め奉られている人物も、「管理人は100の訪問者よりも1つのBBS書き込みの方に元気付けられる」と発言している。
必ず感想を書いて行き給え。
留意すべきなのは、あくまでもネット用語でいうところの感想であることだ。
そう。一般的には「べんちゃら」とか「よいしょ」とか言われている。
勘違いして真っ当な感想を書かないように。

よい方法はと言えば、ネット隠語符牒の類を大いに用いることだ。
顔文字などもいいな。

模範例を示そう。

 サイコーです(*^◇^)/

簡単であろう?
初心者はこれで押し通すのが無難だ。
創作サイト管理人は、別に金を払ってくれと言っている訳ではないのだ。
「感想」と称してべんちゃらを書いていくだけでよい、たったそれだけしか期待してないのだ。

それがネットに於ける礼金なのだよ。
払わないヤツはクレクレだ。

諸君。
この素晴らしいネットマナーを守って、創作サイトを大いに盛り上げようではないか!




牛プレイ(cow play)

 今朝はちょっと早起きして、発売されたばかりの「ビッグコミック・スピリッツ」(No.20 5/1号)を立ち読みしていて思わずのけぞってしまったのが、 コレ

 一般雑誌にしてはかなりキワドいと思いませんか? 
「プレイコミック」とか「漫画ゴラク」でなくて小学館の「ビッグコミック・スピリッツ」ですよ。画像をクリックするとフルイメージになり、これが牛の乳搾りの図であることがわかりますが、見る人が見ると、ちょっとドキドキものではないでしょうか ^^
 
 先日紹介した フェティッシュマップ に「牛プレイ(cow play)」なるものがありましたが、そうか!これのことであったか!と思わず膝ポンでした。

 ちなみに今のタイミングで小学館の オフィシャルサイトにいくと、まだ 先週号 が掲載されてますが、この「肉体は凶器だ!!!」というコピーまわりもなんとなくフェチっぽいセンスを感じるし、表紙のモデルさんもどことなくS女っぽい雰囲気があります。

 大手出版社でM気のある編集者が多いのは小学館だと以前聞いたことがあるような気がしたが、やっぱりね〜...

 この巻頭グラビアを見てそう思いました。


  別にいいんだけど...


 このグラビアを担当した編集者は絶対にマゾだと思う。

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。