馬皇后 (中国・後漢) − 父は『画けるが如し』伏波将軍・馬援

8c99c9a6.gif殺伐とした話が続いた。
ここは、箸休めといこう。同じ漢朝の皇后から賢婦人の誉れの高い馬皇后である。

父は漢朝復興の功労者である馬援。
となると、どうしても日本の外戚を連想してしまうが実際はむしろ、娘である馬皇后の力によって以後の馬氏の発展があったようだ。
で、その皇后はといえば、『須髪眉目明らかにして画けるが如し』と称えられた馬援の娘だけあって、長身の絶世の美女であったらしい。
つやつやした髪は丈よりも長かったという。

と、こうなれば男性諸氏の心をくすぐらないわけがなかろう?
髪の毛に対するフェチシズムもトールフェチと並んで男性に多いフェチシズムであるから。
身長に関するフェチシズムはお市の方の稿で触れたので、ここでは髪フェチに進めよう。

ここで断っておかなければならないだろう。
『フェチ』と『魂の概念』の間に線引きをして論を進めたい。
例えば『遺髪』などはここでの範疇外となる。
「髪は女人の栄えなり」(キリスト) 、あくまでもリビドーの象徴としての髪の毛に対するフェチシズムを言っている。
そうなると、髪に関するフェチシズムは男性特有の心理といっていいだろう。
まあ、その点でもトールフェチと共通するのであるが。
そして、SMと結びつきやすい点も同じだ。

髪フェチとサディズムが結びつくと、『髪きり』『髪泥棒』、女性からリビドーの象徴を奪い取ってしまおうというのだ。
ここでは、あえて洋の伝承をあげよう。
ゲルマン神話の雷神トールの妻は大変美しい金髪をしていたとされている。
お馴染みいたずら好きのロキ神は、彼女が寝ている隙に丸坊主にしてしまうのだ。
以下は略すが、緑の黒髪ならずともリビドーの象徴足りうるということであろう。

リビドーの象徴に責められたい… 男性のマゾヒズム心理が入り込むと、メドゥーサのような怪物を生み出すことにもなる。
日本にもこの手の話はある。
苅萱道心の伝説によれぱ、その妻妾が仲よさそうにつきあっていながら、影法師をみると 髪は二区の蛇が噛み合っている姿になっていたため、男は世をはかなんで出家したという。

さてさて、男性がかくもこだわりを見せる女の髪。
持ち主のひとりである論者にすれば、こんなにもこだわるべきものなのかなあ? というところだ。
だからこそ、髪フェチは男性限定とまで言ったのであるが。
少なくても「髪は女の命」とまでは到底思えぬ。

論者の女性心理欠如なのであろうか?
時代の変化のせいなのであろうか?
兎も角、臍の尾切って以来一貫してショートヘア、と言えば聞こえもいいのであろうが早い話が『おかっぱ頭』で通している論者である。



posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


僕がmixiを薦めるもうひとつの理由

別館は今年初めての更新になりますか。
随分空いてしまいました。

勿論、小娘、おっと、本人曰く「数え二十歳になったんだから、もう娘でなくて中年増」でしたね、『小中年増』調略の手を緩めていたわけではありませんよ。
これを、見てください。



マゾヒズムに花札を!

彼女の投稿をバクリにパクって、ついに100稿!
…でも、この程度の挑発では効果が薄かったようです。
そこで、本館その他を使ってmixiのことを書きたてている訳ですが。
順は逆になりましたが、少しmixiの説明をしましょう。

爆発的に参加者数が急増中の mixiですが、「ナニそれ?」っいう人に説明は難しい。
基本的にBlogと似たような世界ですが、明らかに異なります。
僕も最初のうちはブログ同士の交流に特化した、商機に乏しい空間だと思ってましたが、そこには広大な囲い込みエリアが広がっている...
色と欲の欲のほうについては本館で書きました。

さて、そこで行われている大規模なパクリは、 そこらへんの会員制サイトのパクリとは一線を画してます。
当然、かの小中年増もバクられてないかを不安に思っているはずです。
そうですよ。会員制ですから中で何が行われているかは知りえないわけですからねえ。
だから、手持ちのブログ総動員で書き立ててるのです。
彼女のことをよく思ってない零細著作権業者連中の目にも留まりますよ。

借刀殺人といきましょう。やつらが掲示板群サイトに、

>誰からもお誘いを受けない寂しいヤツがいるぞ
>・売り上げが大きいサークルがジェラしい
>・友だちがいるのがうらやましい
>・支持者がいるのがくやしい
>で、「自分もそうなりたい」
>でもはっきり言うのは「負けた気がする」
>そういうことだな

云々と罵詈雑言を書き立ててくれるのを待ちましようや。
ふふん、金持ち喧嘩せず、掲示板群サイトのような低次元BBSに僕が手を汚して書き込むことはない。永世零細著作権業者どもにやらせるに限ります。

おっと、戻しましょう。
僕はちゃんと知ってます。彼女をmixiへ誘ってた人たちがいたことを。
そして、誘い手を傷つけず断ることに腐心していたことを。
まあ、かの小中年増の気性からすれば、この手の捻じ曲げをスルーする可能性は薄いでしょう。
「mixiに入りゃいいんか!?」てな感じで、やってくることは必定。
そうなれば、こちらに一日の長があります。

バクリを怒鳴り込もうにも、入り込む余地もなし。
そんなことをすれば、マイミクである業務提携者たちが、マナーの悪い発言の、アラシのと一斉攻撃をしますから。勿論、2ちゃんの叩きあたりとは大きく異なる密室流のエレガント且つ陰湿なプロセスでね。
いよいよ、追い詰められた彼女は一線を越えて、リアルで僕に接触を試みる、という筋書きになるのです。

この女だけは、売り飛ばしたりしませんよ〜
97センチヒップに、『○○(←僕の本名)命』とキングサイズの入れ墨を彫って、逃げだせないようにして〜
あれや、これやと…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! 皆様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、オナってしまいましたぁ!

腹黒い僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



と、いつもの落とし文です。


posted by homer_2006 | マゾヒズムに札束を!別館
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。