秋風 蕭瑟として

ストラップ日付は離れていますけど実は、連続投稿してるんですよ。
どうやら、芒(坊主)は記事が書きやすい月なのかもしれませぬ。

いえ、前の記事を書いてるうちに、花札8月の図柄を髣髴させる漢詩があったのを思い出したもので。


   燕歌行

 秋風 蕭瑟として 天気涼しく
 草木 揺落して 露 霜と為る
 群燕 辞し帰り 雁 南へ翊び
 君が客遊を念(おも)えば 思い断腸す
 慊慊として帰らんと思い 故郷を恋わん
 君 何ぞ淹留して他方に寄るや
 賤妾 煢煢として 空房を守り
 憂い来りて君を思い 敢て忘れず
 覚えず 涙下って衣裳を霑すを

 琴を援(ひ)き絃を鳴らして清商を発し
 短歌 微吟すれども 長くすること能わず
 明月 皎皎として 我が牀を照らし
 星漢 西に流れて 夜 未だ央らず
 牽牛織女 遥かに相臨む

 爾独り何の辜ありてか河梁に限らる


どうです? パーツが続々登場するでしょうが。
そして、この作者はなんと、あの三国志の曹丕、魏の文帝なんです。
後漢時代の代表詩人であったことは有名ですけどね。

例によって例のごとく逐一は触れません、ってことでお伝えするのは、これ♀視点、ということです。
なんと、これ、戦地に夫を送り出している妻の詩なのです。

このように創作家である曹丕は、非常に多岐独自性の高い創作活動をしていたと伝えられます。
小説なども手がけていたとか。
当時小説といえば、卑近下賎なもの、という分類でした。
そんなものは女子供に任せといて、男子たるものは詩作をすべし! これが当時の常識だったとか。

と、この言い回し、



サイトオーナーの方にも読んでいただけてるようで (三度=みたび)

を丸写ししました。
2度目だった…かな…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!


posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


麗羅(レイラ)/三山のぼる

麗羅
初のSM業界コミックの連載

 SMクラブの女王様が主人公というのは、大手の一般コミック誌ではやはりまだ珍しかった。すでに小学館のスピリッツから「Beehive 蜜蜂の巣」という作品が出ていたのだが、連載は半年で終了している。(単行本は現在絶版)

 「麗羅」は最初は単発の読み切りとして2000年10月に発表され、その後3年にわたって連載が続き、単行本が昨年秋に第7巻で完結した異例のロングシリーズである。
 (2005年6月現在まだ入手可能)
 
 男のマゾ心理を適確にとらえた山田ゴメスの原案と三山のぼるのソフトな画風はよくマッチしながら、従来的には暗く陰湿になりがちだった世界が爽やかに表現されていた。
 おそらくは北川プロがモデルではないかと推察される団体も登場し、実在しそうなキャラクターがコミカルかつリアルに描かれ、SMをテーマにここまでエンタテイメント作品に仕上げた手腕は素晴らしい。これはSM業界版の「美味しんぼ」であり「課長島耕作」であり「山口六平太」となり、幅広い層からの支持を得た。

 下に紹介するのは増刊号 (2002年1月1日)の番外編。なんと巻頭カラーであった。読者の視線は下から見上げる奴隷アングルと同化し、まるで自分が調教されているかのような気にさせるコマづくりは見事。しかし暗示的とはいえM男の射精をイメージさせる場面は、やはり一般誌としてはキワドいところだったと思う。こうした内容がマニア向けではなく一般作品として登場したことに戸惑いを感じつつも、フェムドム・カルチャーの広がりを期待してしまった。







1  2  3  4 


クリックすると画像が大きくなります
麗羅(レイラ)/三山のぼる(集英社・ビジネスジャンプ)




注* gooブログ無料版にこの記事を掲載した折、違反通報され閲覧停止処分を喰いました。
今は通報無視、つーか事業所所在地すら明らかにしていないFC2ブログにおいてあるのですが。
やっぱ、gooブログならば有料版にしておくべきだったんでしょうね。

それから、著作権の問題。
集英社のものなら絶対OK!
何せ、はっきり社員と判る人間が、最大の日本語掲示板サイトに書き込むという万人に知らしめるような方法で「勝手にパクれ!」と声高に宣言しているんですから。
前にgooの方にコメントしてくれた会員制サイト管理人さんも、集英社を狙い撃ちすればいいわけです。
という訳でして、いつものように、

わああぁぁぁぁ!!! 集英社漫画担当様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

で結ぶ必要は全くないのです。
相手は、『無恥の文化』の旗手ですから。


SMやフェチを冠してプロパガンダするWEBサイトは不心得極まりない

前稿ルソーでは、不心得出会い系サイト利用者をぶった斬った。
返す刀で斬りたい相手が出てきた。
いや『返す刀』は不正確だ。論者が本当にたたっ斬ってやりたいのはこちらのほうなのだから。

誰かといえば、男性器の描写CGや男性の昂ぶりの描写場面を記した文章を以て『M創作家』と鼻高々になっている面々だ。
何度か書きかけたか? よい機会だから続けるとする。

まあ、自称創作家の彼らがその実、前稿で論じた露出狂であることには論があるまい。
ネットと言う万人が閲覧できる場、つまりは公然に猥褻物を陳列するのであるから。
『猥褻物』は違う? ならばまがい物を掴ませる詐欺師か?

胸に手をあててもらいたいものである。
特に、いかなる形ででも経済的利益を受け取っている人たちは。
貴方がたは押しも押されぬネット業者なのである。
救世主きどりは、滑稽きわまりない。

本稿はフォローはせぬ。
その代わりという訳ではないのだが、論者も一つ作ってみた。

  マゾ男性向けSM創作短編集

健全性は保証できぬが、完全完璧に無償ではある。



---------------------------------------------------------------------------------------------------------------【御転婆天地驚動組合】
タグ:SM フェチ ルソー 出会い系 M創作家 サディズム サディズムに花束を! http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/ マゾ男性向けSM創作短編集 http://otenba.seesaa.net/ 御転婆天地驚動組合 詐欺師 業者 ネット 露出狂 理事長 うんちを喰わされたい オラトリオ 風俗店 聖水黄金プレイ 便器 生体家具 奴隷 ミユ様 相撲 女子高生 少女 なぶり トールフェチ ゆっきー 鈴希 M絵師 絵師 詐欺 経済的利益 公然猥褻 猥褻 自称創作家 性器 露出 描写 創作家 りうむ M創作 男性器 サイト web プロパガンダ 不心得 黄金プレイ 聖水 ど〜も Ashi_O 2ちゃんねる CountECO 2ch Ashi_O at 利益 ネット業者 救世主 UU DOMINANT LADY 会員制 伊藤一蔵 GBB れっど&ひひる 不改 れっど エッグ エッグのお部屋 嬲作品置き場 Fetish★Fairy at ◆h/o90tD5Zk どらごん★ている なぶりサイト イーダ・セーン 着物雑談広場 スケバンキック ふーみん 電気按摩通信 FJ同好会 フォロー 滑稽 無償 オランダ 殿馬 伝馬 まるたか 天地驚動 天使 悪魔 きかん気 幕府 江戸 チャット 短編 短編小説 小説 おしっこ うんち SM 女子高生に虐められる 語り手 Fetish Fairy 玉姫 玉姫殿 排泄物 オマンコ マンコ 液体 アソコ AV ビデオ 周公 聖人 聖人政治 中国 DVD 頭蓋骨 髑髏 髑髏便器 死体損壊 素足 スニーカー クサい 酢昆布 酢昆布足 人間足ふき 足フェチ 消臭剤 自己責任 足臭 リレー 掲示板 レス 小柄 高校生 男子高校生 女子 女子小学生 大柄 横綱相撲 横綱 相撲教室 陰部 中学生 女子中学生 ぶつかり稽古 稽古 おっぱい 屈辱 屈辱的 入浴 従妹 風呂 風呂場 そんきょ そんきょの姿勢 胸部 鉄拳制裁 鉄拳 制裁 乳首 ガーゼ 股間 うつぶせ上体そらし タイル キューピー 人形 局部 尿 激臭 貧弱 肺活量 憤怒 まわし すっぱだか アマ相撲 禁手 張り手 羽目板 理不尽 徳利投げ つかみ投げ つりおとし 張り倒し オンパレード 踏み付け 仁王立ち 股座 小便 ふんどし 人のふんどしで相撲 パクリ 管理者 近未来 サイトBBS ボツ ドキュメンタリー 告白談 告白 ネット掲示板 テキスト テキスト創作 アクセス 天敵 同人販売 リンク 非対面性 チビ 巨人 公立 女子高 文武 文武両道 共学 共学校 少子化 バレーボール バレーボール部 地区大会 バレー バレー部 デカ女 ユッサユサ 下半身 太もも ハーパン ブルマ ピーピング ドリンク コンビニ 対象 生垣 バラック 伝統校 校舎 運動部 裸電球 思春期 半裸 シルエット ションベン 特殊性癖 格調 変態 作品 書き込み 女子高校生 理想郷 警察 地位 社会的地位 説教 既製服 天国 地獄 オシッコ ストリップ カブリツキ カーテン ベルベット 秘密 悲鳴 身体能力 劣情 愚劣 コギャル 自慰 射精 黄金週間 黄金 モスグリーン パンツ デジカメ 百年の恋も醒める 股臭 放尿 咽喉 カバ バカ 投稿 違反 ウェブ公開 エロ業者 クレクレ コミケ アーケード板住人@182cm KUMA ふくのつくりべ ぽっぴんぐ★どらごん 胃袋 人間 クロ 御転婆天使協同組合 嬲 作品置場 十四代目 蹴殺天使 殺戮の雌豹達 kid mちゃんねる 神社モドキ クロの妄想イラストの世界 美脚服従 yasu 強くて大きな女の子  だいゆう 御転婆天使 番頭 ゆーま 札金 狂子嬢様 王姫殿 ゴリアテ X アリク エムサイズ チャーリーとチョコレート工場 南ジョウ 映画 劇場 フェティッシュ ファンタジー TB オスカー メビウス ♀コテ ヒップ ビンゴ ストーカー ブログ マゾ Homer 発明 スレ主 ツレデレ 一石二鳥 台本 川柳 転載 無断転載 人間便器 水密桃 黄金水 黄金塊 (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!! 妹マゾ アドバンス gooブログ 粘着 ミユ 札幌金蹴マン マゾフェチサイト ススキノ 擁護 a t BT CE 夜逃げ ムショ 幹部 動画 類似商号 Hotmail ID 自画自賛 Jungle メンテ中 電気アンマ通信 画板 画像 画像掲示板 lighten 403 MG メアド 腹筋女学園 NET OS 解析 PC アカ QT Real Play ウェブサイト Tak 小僧の神様 規制 Yapoo みなこ かるた ウザい オエビ 大晦日 Halley 佐藤 投稿集 一蔵 プロ MSG 下手 発言 パピー ボクシング 議論 ダ・ヴィンチコード 拷問 鞭打ち 修道僧 十字架 殉教 美化 信者 閉鎖 情報操作 時効 新・エゴイズムに花束を! 初恋 宮崎あおい メッセージ 教師 スキャンダル 倫理 首都圏 福島県 岩手県 ロリ GW 御転婆天使組合閉鎖 復活 PW制 リモホ IP 喧嘩 傍観者 金蹴り 社説 中傷 正義 アンチ 派閥 徒党 謝罪文 女性観 マスコミ 泥酔 真面目 常識 常識人 姑息 アマ 続近世畸人伝 捨女 記録 ヲタ 御託 発信 ホームページ コロッケ ナショナルキッド 海賊版 現役教師 箸勝本店ビル6F 東京都千代田区外神田3-1-15 株式会社ブローウィンドコーポレーション 横浜市保土ヶ谷区上星川2−7−20 有限会社EGMC 齋藤裕治 デリヘル 児童ポルノ 売春 管理 UUの戯言 M系ブログ M系 mpeg エンコーダ 男の闘い 美女プロレスラー純子 純子 手コキ 足コキ 東京 埼玉県 HTML リクエスト 更新 谷崎 S女 集英社 集英社社員教育度 匿名 北川プロ 著作権 二次転用 悪徳 狂育者 聖職者 教育者 性職者 田屋舘恭一 盛岡 スコーレ高校 教諭 風俗エステ エステ 東北福祉大卒 東北福祉大 舟山治男 校長 アダルト商業サイト 大人のおもちゃ 出会い系サイト 営利サイト 県教 教育委員会 和歌山県那賀郡岩出町西国分163-12 オレンジネットワーク 中居和佳 神奈川県川崎市高津区下野毛2丁目2番地21号 有限会社アイユーアイ 森健太郎 aaa-www.net xxx-www.com Convention Center Dr.Suite 777 LasVegas, NV 89146,USA FC2株式会社 FC2 ポルノショップ ポルノ 東京都千代田区大手町二丁目4番5号 エヌ・ティ・ティ レゾナント株式会社 資宗克行 xDSL Satukinman 正義の味方 でぃおん DION 御殿場天使協同組合 プロバイダ 訪問者 倶楽部 天使倶楽部 SAKURA SAKURA Internet 笹田亮 田中邦裕 片岡督雄 吉岡実 野崎國弘 小川清司 梅木敏行 鷲北賢 舘野正明 森本善昭 さくらインターネット株式会社 大阪市中央区南本町1丁目8番14号 株式会社ファンコミュニケーションズ 有限会社アイビーコミュニケーションズ BlogPeople 柳澤安慶 東京都渋谷区渋谷1-1-8 青山ダイヤモンドビル4階 笠原健治 株式会社ミクシィ 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティウエスト19F ミイラ 小畑健 藤井真也 小便臭 股嗅ぎ 陰部舌洗い強要 小便飲ませ お兄ちゃん、マンコは舌使って丁寧に洗ってよ 猥褻物陳列
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


ジャン・ジャック・ルソー − 偉大なる哲学者のもうひとつの「自然に帰れ!」

28ecec5b.jpg契約論に及んでいるうちに、ジャン・ジャック・ルソーを思い出した。
人となりや業績についての説明には及ぶまい。
このサイトで紹介すべきは、彼不朽の書『懺悔録』にあるこの告白のみだ。
「女性の前でペニスを露出したいという衝動をよく実行した」

この天才の例だけでなく、見知らぬ男から性器を露出して見せられたという経験のない女性は稀だろうと言われるほど、露出症は多いのである。阿部定の稿その他で論じている通りである。
そして、女性はといえば、それに嫌悪感を抱くのが通常の心理態度だ。

勿論女性にも性欲はある。異性の裸を見たいと願う意識も有する。
ここに一つの産業心理学のケーススタディがある。
ある化粧品メーカーの事例が、売れ行き不振の女性用化粧乳液の壜に @上部を丸く膨らます A口の穴を小さくして乳液が勢いよく飛び出すようにする の加工を施したところ、売れゆきがよくなった、とか。
このように女性のこの種の願望は潜在的な形で現れ、ストレートな提示はむしろ忌み嫌うのである。
そこが性差である。そして、論者の住処であるネット社会に目を転ずれば。

性器を女性に見せつけようとする男性の、多いこと、多いこと!
特記すべきは、彼らが露出Mと称していることである。
ひとりでそう思ってるなら、とやかくは言わぬ。
が、

「露出Mです。S女も皆さん、どうか僕の惨めな裸を見てください」
と、やられるとなると我慢がならぬ。
「そんなこと臆面もなく口にすることが人として惨めなんだよ、バカヤロー」
と言い返してやりたくもなる。

述べたように、そんなものは見たくもない。通常の心理態度の女性であろうがサディスティンであろうが。
強いて言うなら、むしろM女ならばその願望も適えてくれよう。
だが、一番手っ取り早いのはSMクラブなる場所に行って散財することであろう。
望みどおり『女王様』という肩書きのコンパニオン、ガラス便所の稿で俎上にあげた「恥を売る」職業人が応対してくれる。いやいや、論者はよく知らぬのだが。
けど、現在わが国において、その手の接客が業として営まれていることだけは知っている。それで十分だ。
ともかく、『惨めな裸』を見て嗜虐に浸る素人女が出現し、完全無償で願望を適えてくれることなど期待せぬことだ。
何よりもSMクラブの接客内容を『S女』の心理態度だど思い込まぬこと。現実と虚構の混同である。

さらにタチが悪いのは、子供ならば与しやすいと思っている奴らだ。
掲示板サイトの「女子校生(こちらの当て字の方がよいか)スレッド」でよく目にするような、「露出Mの僕に裸で町中を歩くように命令してください」と書く奴…
犯罪的である。そう、真に受けて現実に及べば、公然わいせつ罪の指令犯、正犯になってしまうではないか!
ここまでくると、女性観がゆがんでるといういいようがない。金髪女性を見るたびに一つ覚えの英語で"How much?"と問いかける人種と似たり寄ったりだ。

女子高校生だって貴男と同じ人間だ。
分析心理学に興味も示せば、社会常識的レベルの法知識だってある。
皆が皆、買春の稿で述べた『高校に通っている売春婦』であると思い込むのは大間違い、早くその間違いに気づいて欲しいものだ。

  年17 とうに個性は あるものを 人はまとめて コギャルとぞ呼ぶ

残念ながら論者の作ではない。
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


夏姫 (中国・春秋) − 稀代の妖婦、亡国の淫婦の実態は?

02f94415.jpg傾国の美女、傾城…
美しい女というのは存在自体が罪であるようだ。
現代も、そして夏姫の紀元前6世紀も。

彼女のキーワードは『妖艶』である。
このキーワードは、10歳を少し出たあたりから登場する。「兄・子夷の情夫である妖艶なる美少女」
加えて長じての夏姫だ。今度は年を感じさせないような若々しいセックスアピールを繰り広げるのである。
つまりは、一生涯『妖艶なる美少女』であった彼女は、交わりのあった数々の男たちをことごとく破滅へと導くのである。

ここで、留意しなければならないのは、夏姫は「帝王を股間に弄し、女の本懐、これにすぎるものはなし」タイプではなかったことだ。
元より、三大悪女のように自らを権力の中心におこうとしたわけではない。
では、女の武器をもって権力者をたぶらかし、栄華を極めようとしたのか?
これもまたNOである。
なぜならば、記述したとおり彼女の周りの男たちは勝手に近づき勝手に滅亡していったのだから。
したがって、夏姫と権力支配とは全く結びつかない。

にも拘らず、副題にしたような形容をもって現代まで語り継がれる夏姫を被害者とする論述も少なくない。
論者は、この論評も懐疑的だ。
なぜならば、彼女は受動的ではない。少なくともセックスに関しては積極的である。
名家の出であるものが権力に対して執着がない以上、拒もうと思えば拒める。
にも拘らず、これほど多くの男たちと交わったと言うのは夏姫自身の意思であろう、純粋にお好きだったのだろう。

さて、この夏姫をS女に分類してよいのだろうか?
満更、「なにをバカな!」という答え一色に染まる訳ではなさそうな、昨今ネット論調が気がかりな論者である。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


三十六計逃げるに如かず

牌今日はまた八八 (合わせ) 競技の話題を。
出来役で『フケ』というのがあります。
まあ、役といえるかどうかは分かりませんけど、3人のプレーヤーのうち1人の得点が20点以下となってしまうとこの勝負は御破算になってしまう、こういうルールです。
「フケる」なんて俗語がありますよねえ。結構知られている『役』です。

人生訓的な意味合いが感じられますよ、これ。
負けるが勝ち、三十六計逃げるに如かず、勝つと思うな思えば負けよ、等々思い当ります。
そして軍記で思い出されるのは、三国志は諸葛孔明さんの兵法。
彼を軍師にした劉備は負けて負けて、逃げて逃げて、泣いて泣きまくっているうちに蜀一国を取ってしまったような感じでして。

とはいうものの、天下の大軍師として名高い孔明ですけど、兵法の発明家というよりも兵器の発明家といて位置づけるのが妥当でしょう。
「損益連弩」「木牛流馬」…柴錬三国志では兵器の設計で息抜きする孔明の姿が描かれてますよねえ。

彼の兵法は周喩には勝っていたが曹操には劣っていた、兵法家孔明は曹操の追随者、という記載を手元にある本で見ました。
そして、操の編み出した屯田制も採用した孔明は五丈原で盛んに蕪を作らせていたようです。
蕪のことを一名「諸葛菜」というそうな、、、

と、この言い回し、



根菜、根菜、こっちにこんさい (by 三木のりへい)

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


The Art of Sardax



 読まずに積ん「読」のも入れると、毎月平均して30冊ぐらいの書籍を購入している(漫画本含む)

 まぁ、買ってるだけできちんと読んでるとは限らないから、この程度で「趣味は読書」と書くのはおこがましいと思うけれど、本を読むのは好きです。とりあえず買っておけばいつか読むだろう、ぐらいの気分で衝動買いも多い。それにしても十年ぐらい前までは多くても、新刊本は月にせいぜい10冊ぐらいだったように思う。置く場所もないので、適当なところで見切りをつけて友人にあげたり古本屋に売り飛ばすのですが、毎年ラックや本棚を新調しております。雑誌などは捨てるけど、長い目で見ると確実に増え続け、もうマジでスペースがない!!!かなりヤバい状況です。去年 死後のコレクション問題 について書きましたが、書籍にも同じことが言える。

 ただ、ここ数年で購入数が増えた背景には、Amazonなどネット買いが増えたからです。「ネット衝動買い」が急増しました。特に本屋さんでは買いにくい本、入手しづらい洋書とかバンバン買っちゃってます。街で品切れでも、または絶版本でも、ネットだと意外と容易に手に入る。いい時代になりました。

 「読む」というより、「手もと置いて置きたい」というタイプのものがけっこうあります。そんな感じで Art of Sardax を最近入手しました。随分前に発売されていたのでご存知の方も多いでしょうが、待望のSardax氏の最新画集です。ネットではおなじみのFemdom Art が、上質の紙に印刷されているというだけで、なんだか感動してしまいます。やはり、手に取ってページをめくるのってよいものです。クリックしてモニターで見るのって、どこかバーチャルな感じがしますからね。

 ネット買いの難点は全てクレジットカード決済で、実際に自分の財布から現金を出して買うのと違い、歯止めがききにくい。海外の場合送料もバカにならず、今月は1万ぐらい買ったかな〜とか思っていると、いきなり書籍費だけで2万も3万円も引き落とされたりしてショックが大きいです。それほど読んでるわけでもないのに...

 SMクラブに1回行けたじゃん!とか思ってしまう、貧乏性なのでした。
posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


雁が来る頃

雁江戸時代と芒の2ワードから連想されるものはと言えば?
答え、やくざもの、
見かけの投稿日付の差よりは少し離れた投稿で、僕は書きました。

3ワード検索でもよかったですよ。8月芒(坊主)の10点札に配置されてる『雁』を加えた。

2 雁が来る頃 俺らも帰る
  無事で暮らせよ 叉逢う日まで
  泣いて見送る あの娘の肩に
  投げて一節 三度笠

ね? 名月佐太郎笠の一節です。
この佐太郎っては、作者が出入りのセールスマンの名前を拝借してつくった架空キャラなんですけど、やくざもの、渡世人ってのもまた日本の風物といえます。
時代劇定番のこのクラシカルやくざってのは、どういう背景で生み出された人たちだったんでしょうねえ?
ひとつにはこういった理由があります。

近頃、女性が性の快楽を買うようになったという風説がありますけど、どうやら江戸期においても、女性が買春することがあったようです。
大概は世間知らずの大店のお嬢様が、ひいき役者あたりを、なんですけどね。
そして、子種を貰ってしまう。世間体が悪くてしょうがないから出来た子供はこっそりと里子にだされてしまう。

長じてやくざものになった子が、父or母を訪ねてくる、というのが『日本のシェークスピア』長谷川伸『戯曲』の定番ですね。

と、この言い回し、



『楕円〜』の新章、拝読してますよ〜

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


げにも奇なり『奴隷契約書』

ネット巷間を見回しているうちに面白いフレーズに出くわした。
『奴隷契約書』… いやSMと言う言葉さえ知っているのなら、これ自体は珍しい言葉でもなんでもないのだが。
よくよく、考えてみれば、非常に面白い、ああ、チンケ、自己矛盾的であるという意味でである。

これはSMプレーをするにあたっての、双方の同意の取り交わしである。
つまりは『奴隷』との『主人』の間で取り交わす契約書、
今、奴隷の方を先に書いた。そう、この契約においてイニシァティブを握っているのはむしろ奴隷の方なのである。
もう、これでお分かりであろう? 何が奴隷!

で、話は(ちゃんとした意味の)奴隷である。
言うまでもないことだが、そもそも奴隷は契約の主体とはなりえない物なのである。
所有者たる主人の契約の客体として契約書上に登場し、別の主人へと売り渡される。
つまり意思すら持ち得ない口をきく道具なのである。
それが主人と対等の立場で、いや対等以上の立場で契約を結ぶ…
なんとも評しがたいところだ。

現在は奴隷制度は存在しない。
何故だと思う?
それは(例え法規等でその制度が保証されたとしても)、そんな割高な労働力の買い手などは現れるわけがないから。
とてつもなく高い労働力だ。

人手が欲しければ、張り紙のひとつもすればいい。パート募集。
たちどころに、玉銭で使える労働力が手に入る。
奴隷というのは生身の人間、これを食わせ着せて、住ませるために一体いくら掛かる?
あまつさえ、不況で労働力過剰となったときも簡単には『リストラ』できないのである。

現在の労働搾取率は相当なものだということを詳述した。
論を転じよう。

援助交際というのは、英語でも援助交際だ。
英語圏にはない日本独自の文化であるか? 国辱ものだ。
なんでも、中には月130万のお手当てもあるとか。
テレビで聞いた。論説者は、何たる高額! と憤っていた。
だが、論者にはそうは思えぬ。

ここで再び『食わせ着せて』の話である。
実際に娘ひとり、着せて食わせるには幾らかかるというのか?
いや、月単位で計算してもらっては困る。
一生、少なくても結婚して独立するくらいまでの期間くらいは考えて計算されたい。

そうであろう?
援交契約ならば、いつ契約していつ解約しても構わないのである。
相手が生きようと死のうと全く知ったことではなし。死んだら死んだとき、また次のと契約すればいいのだ。
これが自分の娘ならば…
レンタル娘、いや娘プラス妾の二役をこなす女性のレンタル料としては、必ずしも破格とはいえまい。

と、論者もそれだけの金員をつぎ込んで育てて貰っているということだ。
安売りなどできまいて。そう、倫理云々以前に実利的な理由である。
月130万などという安い価格での切り売りでは、到底元手のとれる取引にはならない。
ましてや、ご丁寧にも刺青まで彫り自らを物に貶め、商品たるS女・『女王様という名の奴隷』を販売目的とした契約書に捺印するようなシチュエーションなど真っ平御免である。


posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


ライン・ダンサー − 漸く見つけた『職業ミストレス』

99ef688c.JPGライン・ダンスは何時ごろ、どこで発祥したものであろうか?
ざっと調べてはみたものの知りうるに至らなかった。
従って、地区も時代も不祥の歴史論である。

さて、否定が大多数の本ブログにおいて、珍しく肯定的な1稿となる。
副題にもしたように、ラインダンサー各位は『職業ミストレス』であると言い切れよう。
先ず、男性がこだわりを見せる女脚について論を展開する必要があるか。

足(脚)のフェチシズム…
これは男性に非常に多い事例である。
なぜか?
それは、足というのが女性の持つペニスだから。だから足のフェチシストの大部分は、踏みつけられたり蹴られたりしてよろこぶ被虐症者である、
と分析学の書にはある。
谷崎潤一郎は、その数々の作品の中で♀の足に随喜の涙をこぼす狂信者を芸術化してる。
「五本の指の整ひ方、江の島の海で獲れるうすべに色の貝にも劣らぬ爪の色合、珠のような踵のまる味、清例な岩間の水が絶えず足下を洗ふかと疑はれる皮膚の潤沢、この足こそは、やがて男の生血に肥えが、男のむくろを踏みつける足であった。……」。

件の分析学の書の引用を続けよう。
たとえ、「踏まれたり蹴られたりするのはいやだ。ただ脚をみているだげでいいのだ」という人があっても、その人は、やはりそういうひそかな願望をもつマゾ的傾向者だと断定してもよい。
ライン・ダンスなどで、ダンサーたちが、いっせいに脚を振り上げるのをみてニャニャしているような男は「女にもペニスがある!」と、振りかざされる代用品の前で、挨りを浴びながら脆拝しているのだといえよう。
かくの如しである。

そこで、女性たるライン・ダンサーに視点を転じよう。
このような職業である以上は脚には自信のある女性の筈だ。
女性の宿命ともいえる自らの肉体に対する潜在的劣等感を克服している。
『女性のペニス』である自脚を以て、男性に攻撃を加えている、攻撃的セックスを仕掛けているという意識があるかないかの如何に拘らず、足蹴にしていることは間違いあるまい。
そして、埃を浴びせかける、立派な汚物責めである。
更に言うなら。

ライン・ダンスというのは元々はフロアショウであったという記述を見つけたが、論者が知っているそれはステージショウだ。
その前提に立つ限り、彼女たちは観客よりも一段高い舞台の上から彼らを見下ろしていることになる。
SMプレーでもこの物理的に上にくるというのが重要な要素になる。特に女性がSになる場合は… 神功皇后の稿で論じたとおりである。

どうであろう?
サディスティンたる要件がそろったではないか。
早速実践を以て検証、と言いたいのは山々なのであるが…
論者の脚や運動神経、リズム感を鑑みれば、ライン・ダンスは自重するが賢明である。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


女ほど、めでたきものは…

松光松、鶴、日輪3点セットの一月の20点札は、文字通りの光札です。
日本においては太陽は女性神、ずいぶん前に書いたことですが、つい昨日投稿したように感じます。

ふと考えてみれば、『松』『鶴』も女性の名前ですね。
日本ではそれだけ女性をめでたいものだとして、その生命力に憧憬していたということでしょうねえ、元々は。
常盤の松、常盤もまた女性の名前です。

  御秘蔵の 常盤の松は 枯れにけり おのが齢を 君にゆずりて

豊臣秀吉の御伽衆といわれる曽呂利新左衛門の歌として伝わっています。
お気に入りの松が枯れてしまったのは、上様にとこしえの命をお譲りしたからです、おめでとうございます、
うーん、見事な頓知!
このように機才の利く曽呂利は秀吉に大層かわいがられたといわれます。

まあ実際のところは架空の人物である可能性が高いんですが。
ほら、利休が秀吉に切腹させられたでしょう?
その反動として泉州堺の衆が生み出したのが曽呂利伝説と推察されます。

いくつかある曽呂利伝説の別逸話を紹介しますか。

ある日、新左エ門は秀吉から、 「何でも褒美のものを取らせよう、何がよいか。」 というお言葉に、 「この広間の畳に、端の方から一畳目は米一粒、二畳目は二倍の二粒、三畳目はその倍の四粒、というように、二倍二倍と米を置き、広間の百畳分全部をいただきたい」
秀吉はせいぜい米俵一俵か二俵くらいだと思い、にこにこしながら「欲がないやつだ」と承知した。ところがあとで勘定方の家来に計算させたところ、四畳までで十五粒、八畳で二百五十五粒、十六畳でも米一升(四万六千粒)くらいであるがその後急激に増えて三十二畳で千八百俵、百畳ともなると5.5の1023乗俵という膨大な量になることがわかりました。これは、これまで人間が作った米全てを集めてもまだ足りないくらいの量です。秀吉は青くなり、新左衛門に謝ってほうびを別のものに替えてもらったそうです。

なんで、こんな話を持ち出したか? ライブドアの話に通じるので。
うん、投稿日付にはあんまり関係なくつい此間戻ってきましたよねえ。すっかりスマートになっちゃって。

いつぞやも言いましたけど、あそこ、性急に且つ大規模に他人資本を入れちまったんですよねえ。
他にももっと大きなデメリットはありますが、先ず他人資本を入れれば利子というコストがかかるようになってしまいます。

たとえ少なくても、自己資本(留保利益)だけで回していれば。つまり、

  一年目は1粒、二年目は倍の2粒、三年目はそのまた倍の…

この方法でも時価総額世界一は、満更夢でなかったと思いますよ。

と、この言い回し、



皆さん、『目指せ!! 平成の女蜀山人!』の読み納めになるかもしれませんよ〜

を巧みに丸写ししました。
しかも何故か2度目。でも全く別の箇所だからいい…訳ない…よね

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


性欲とSMの関係について

 セックスとは「淫らな行為」になるのでしょうか? 未成年相手だとしても、そこに愛があれば、神聖な行為ともなりえるのではないかと、そのようにも考えています。

 別にどっちでもいいです。僕はどちらかというと、セックスよりもSMが好きという人間だから。魅力的な女性に出会うと、おつきあいしたいと思う前に、跪いて脚を舐めてみたい!とか思ってしまう。
(それでもやっぱり、未成年を相手にしては、いけないことだとは思う)

「よし口説いてみよう!」などというほどの勇気があったなら、「僕の女王様になっていただけませんか」とか「奴隷にして下さい」とお願いすることだろう。

 しかしそれは現実的ではないし、もちろん言ったことはない。ただ、一番最初になに思うかというと、つい性欲よりもマゾヒズム願望の方が優先的に、というかもう本能的に脳裏に浮かんでしまう。

 これって、やっぱりおかしい?んでしょうね。(← ビョーキだよっ ^^)

 フツーの人間として、つまり人として、生殖的なものよりも、アブノーマルな性欲、セックスに結びつかない欲求の方を求めてしまうのは、精神医学的にも問題があるとする学説も昔からあるようです。そういう意味では、罪深いのかもしれない。

 まァねェ〜... 性欲がないわけではない。

 男としてムラムラするもの はありますよ。

 セクシーな女性のダイナマイトボディーを見て純粋に「いいなァ〜」とは思う。だけど、それは美に対する視点であって、矛盾するようだけどそれほど いやらしい視線 でもなかったりする。少なくとも僕の場合は、必ずしも性欲やセックスに直接結びついてはいない。もちろん性欲と結びついたSMもあるでしょうし、それはそれでいいと思う。

 正直言うと自分でもよくわかりませんが、性欲とM願望は別物ですね、たぶん僕にとっては。さらに、マゾヒズム願望を刺激してくれる要素は、ごく限られた対象に向けられるのです。
 
 例えば、フィギュアスケートのミキティーは可愛いとは思うし、女性的な魅力を否定しませんが、彼女とは寝たいとは思わないし、虐められたいとも思わない。しかし荒川静香ちゃんにだったら、鞭で打たれたりしてみたい、とか思ってしまうわけです。(←バカだよね、実際... ^^)

 この場合、顔つきとか総合的なキャラクター(この場合氷上でのパフォーマンス性や体格など)が決め手となります。

 よくマゾヒズムで誤解されやすいのは、「あんたはマゾなんだから痛いのが好きなんだろう?」とかいう安っぽい台詞があるけど、これは本当に滑稽に聞こえる。

「あんたには頭だってなでられたくないですよ」と言いたくなります。

 いくら美人で魅力的でも、その人のマゾヒズム願望を満たす要素がその女性になければ、与えられる苦痛は快楽に転化しない。そもそも苦痛は快楽とはなりえないし、そう思えるのは精神的な側面がとても大きい。宗教の、殉教的なマゾヒズムは別にしても、変態性快楽至上主義のマゾヒズムには非常にデリケートな、メンタル的な要素があると思われます。

 性欲の場合は、相手は誰でもいいからとにかくすっきりしたいという純粋な欲求がありえる。身体だけが目当てみたいな。SMにもそういうのはあるけど、変態性マゾヒズムの場合には、「この人にだったらもうナニされてもいい!」と思えるぐらいの「愛」や「崇拝」の気持ちと結びついていると思われ、簡単に言ってしまえば、好みのタイプに虐められたいということになるのだと思います。

 なに言ってんだか ^^...

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花束を!


宗教とサディズム

前・石井久子の稿で論者は、迷わずオウム真理教は宗教であると断じた。
全くの持論だ。宗教とはあのようなものだと固く信じている。

宗教は人を幸せにするためのものだ、などの奇麗事を論者は聞く耳を持たぬ。
お釈迦様もイエス様もそんなことは言ってない。
いやそれどころか。
人類発祥以来、人は宗教の力を借りてどれだけ多くの人を殺してきたかというのか?
人を殺すというのは抵抗があるものだ。人の性が善であろうが悪であろうが。
それが殉教のもとに戦いをするのなら、聖戦という名の人殺しとなる。
戦乱あるところに必ず宗教ありと言っても過言ではなかろう。

そして、同教徒・異教徒という明確なる壁で区切られた閉鎖空間の中で、人は内心に秘めている本性を現す。
例えば、持ち合わせているサディズムを爆発させる。
過去稿で論じたリンディ・イングランドの捕虜虐待の別側面でもある。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


根岸の里の…

こいのぼりさて、正真正銘5/5、花札は菖蒲の節句です。
まあ、こんな日でも部屋に閉じこもって、PCと向かい合ってる僕です。
今日は自省の意味を込めて少々毛色の変った投稿でも。

再三書いてますように、現代教育の病理性にスポイルされた僕は半端な英語かぶれに育ってしまいました。
本当は俳句の一つも捻りたいのに。
そんな僕でも手軽に俳句が詠める方法があるのですよ。

ご存知ですか?
「根岸の里の 侘ずまい」

 花菖蒲 根岸の里の 侘ずまい

なんでもこれで出来ちゃうんですよ。

亜流で僕も一つ思いつきました。
いや、2ちゃんねるで見たんですけどね。
「番頭グループ 必死だなw」
これ、そっくりそのまま使えないでしょうか?

番頭グループ、ある程度定着した呼称です。
僕は最初サイト管理人のことかな? と思っていたんですけど、もうちょっと広い意味のようだ。ネット中毒あたりの意味のようです。
特にマゾ男なんて自称してる僕たちのような者は、激しくこれに分類されるようでして。

男の子の節句です。
日本男児になれなかった自分を猛省する意味でやってみましょう。

 風薫る 番頭グループ 必死だな

今日は全国的にいいお天気でしたよねえ。
ホント皐月に相応しい爽やかな風が吹いてました。
いや、らしいんです。ネットニュースでしか知りません。
こんな日でも僕らは部屋に閉じこもり、蛍光灯の下でディスプレーとにらめっこ。
有毒サイトづくりに全知全能を注いでるわけですから。

 五月雨や 番頭グループ 必死だな

ありますよねえ。全く管理放棄してしまったサイトが、いい加減たってからポツリポツリ動き出すことが。
手が回らなくなってしまったら閉めればいいのに。そこら辺の未練さが嘲りをうけるのでしょうね。
はい、僕も幾つか。

 初節句 番頭グループ 必死だな

初節句とは端午、菖蒲の日と同義、5/5のことです。
思い出してください。遠い昔、僕のお父さん・お母さんも、強い男の子になれと祈って、鯉幟をあげてくれたんでしょう。
女に男性の誇りを傷つけられ悦にいるような男になるようにと祈ったんでしょうかねえ?

と、この言い回し、



根岸の里の〜 これで貴方も俳人だ!

を巧みに丸写ししました。

いや、今日は謝る必要はないぞ!
ないと思う。
ない…よね?…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



 注* 今日5/5たった今書かれたものです
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


みだらな行為

 ず〜っと昔から気になっていた表現「みだらな行為」とは、具体的にはどのようなことなのでしょうか。

 萩本欽一が主催する野球球団の選手で、お笑いタレント山本圭一さんが試合遠征中にファンの少女と 何か やったらしい。。

 吉本興行が「反社会的」で許されない行為ということで山本さん(まだ逮捕も起訴もされてないから「さん」づけですね)を解雇した。これを受け、欽ちゃんも球団を解散するという。

 なんでそお〜なるのっ?

 「反社会的」というのなら、もしかしてSMプレイでツか? いや違うでしょう。もしSMプレイならもっと刺激的な報道になって叩かれるはず。

 おそらく普通のエッチだったのではないでしょうか。

 17歳の女の子とノーマルなセックスをしただけではないのか。ただ、相手が未成年というだけで「反社会的」となってしまう。もちろん倫理的には許されることではないし、許してやれとも言わないけれど、ちょっと量刑不当というか、少なくとも欽ちゃんが責任とるほどのことではないのではないでしょうかね。
  
 「欽ちゃんのそこまでやるの?」って感じです。

 だってさァ、今の段階では任意の事情聴取で、まだ犯罪には至ってなくて、事実関係もほとんど明らかになっていない。いわゆる淫らな行為自体(本番)が成立していなかった可能性だって残されている(未遂)

 もっと穿った見方をするなら、少女側にはまったく問題がなかったのか? 中学生ならともかく、もしかしたら性体験も豊富なイケイケ少女なのかもしれない。売名目的で被害届けを出したのかもしれない。人気が出て来たタレントを破滅させる陰謀なのかもしれない。

 そもそも「淫らな行為」って、顔面騎乗を頼んだ だけだったのかもしれない(それはないか...ナ)

 もちろんいたいけな少女で、山本さんがやりすぎて、トラウマになったとすればかわいそうな事件です。

いずれにしても、もっと具体的な事実や証拠が固まってからでもよかったのではないだろうか。

 僕の個人的な印象では(新聞しか読んでないけど)直前まで打ち上げか何かで二人は同席していたわけで、無理矢理どこかに連れ込んでレイプしたわけではないらしい。吉本興行もイキナリ解雇はないだろう。クビにするにしても、本人の言い分を聞いてからでも遅くはないし、欽ちゃんの勇気ある決断にしても、早急すぎたように思う。

 あまり芸能界に興味ないし、「極楽とんぼ」の存在も知らなかったから、見当ちがいの意見なのかもしれません。

 それにしても、ヘアヌード全盛のこの時代に「淫らな行為」という戦後統制下の自主規制まがいの表現は、どうにかならんものですかね。本当にナニやったのかが気になります。もし和姦ぐらいで、相手の少女もまんざらでなかったということであれば、せめて「不適切な行為」ぐらいにしておいて欲しいものです。
posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


無邪気なエム心

 いや〜、いい時代になったものです。著作権とかいろいろな問題がとりざたされるインターネット業界ですが、個人的に楽しむだけならこれほど素晴らしい環境はないと思いますね。昔夢中になって見ていたアニメで、家庭用ビデオがようやく我が家にもおでましになった頃には再放送してなくて、悔しい思いをしたことがありました。今なら見ようと思えばソレなりになんとか見れるんでしょうけど、それでも、時々な〜んかね、無性についつい

見て見たくなる ヤツってありません?

 例えば こんなの とか。

 *お使いのPC環境やOSのバージョンによってはムービーが再生されないかもしれません...

 アニメやコミック作品で、こども心を刺激する要素に、

ヒロインとなるキャラクターの「女王様度」というのがあると思う。(← そんなのあるわけないでしょって (。。)☆\バキ)

 別にマゾの人でなくても、ヒーローやヒロインに対する純粋な気持ちの延長線上に、偶像崇拝的な思い入れが芽生えてもおかしくない。フェチとかコスプレなどにしても、原体験はアニメにあったという人は多いのではないだろうか。

 女性キャラや女の子が悪役をやっつけるシーンに、普通に感情移入する一方で、なんだか意味不明な、もやもやとしたときめきというものがありました。

 「キューティー・ハニー」の場合は、敵役のパンサークローが完全に女王様系キャラとして登場していた点でも画期的でした。



 ← 今でも本屋さんで入手できるのでしょうか...
Amazon にはなかったみたいですが...

 「SFコミックス」という分類もおもしろい。同じ永井豪の「あばしり一家」では「爆笑コミックス」というネーミングが使われていました。
 この頃の少年チャンピオンにはジョージ秋山の「ゴミムシくん」など、どう考えてもSMコミックスでは?と思える作品がありました。

 最近たまたまNHK-BSでやっていた ヤッターマン の特集を見たのですが、ドロンジョ様の「やっておしまいー!」というフレーズにも、潜在的にM心を刺激されていたように思います。

 「サイボーグ009」の003とか、 「ラ・セーヌの星」 のシモーヌとか、こんなかわいい女の子に虐められてみたい!という気持ちって、大切にしていきたいです。

   ( ↑ なんのこっちゃ ^^ )



 注* 確かに個人として楽しむ分には問題ありません。
が、↑のようにHPにアップロードしてしまったら、これは話が別となります

………
………


わああぁぁぁぁ!!! 秋田書店様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



posted by homer_2006 | マゾヒズムに花束を!


石井久子 (宗教名 マハー・ケイマ) − 教祖と決別したと言われているオウム真理教元bQ

9cae9172.jpg比較的おとなしい論説が続いた。この辺でまた現代史を挟もう。
前稿で触れたシャーマニズム支配を請けてである。

この人こそが、かのオウム真理教のシャーマンである。
石井はその宗教上の地位を以て、教団内で死亡した内外の人々を葬った。
護摩壇に火をつけて死者を焼いたのは彼女だとされている。

暴走したかの教団…
修行中の死者も少なくない。
石井久子を目標に修行していた青年たちは、その彼女の手により焼かれた。

これは誰の意思に基づくものなのか?
勿論、教祖である麻原彰晃の意思だ。
この教祖は最盛期国内だけで万余いた信者たちを全て自分ひとりで管理した。
数ある世の組織の中、オウム真理教ほどのワンマン組織も珍しかろう。
そしてワンマン組織側近であるからこそ、側近たちの力が強まる。
即ち、側近たちはトップの口を借りて自分自身の意思を押し通すことが出来る。
さもなければ人に与えられた一日は等しく24時間、トップとすれば物理的限界に達してしまうのである。
したがって、石井の行動は教祖の意思でもあり、同時に彼女自身の願望でもあると言えよう。

この心裏は注目だ。
屍体加虐が感じられる。
映像等を通して垣間見る石井久子という人は、かなり勝気な女性だ。
論者には同類の匂いがプンプンと嗅ぎ取れる。そして…
閉鎖集団の中で、この巫女様のサディズムもまた暴走したと思えてならないのだ。

誤解なきように願いたい。
是々非々を論じようとしているわけではない。
あくまでも知りうることを基に、ひとりの女性の心理分析をしようとしているのだ。
そして、この事件に関しては…

知りうることが少なすぎるのだ。
というのは、オウム事件報道を手がけた人々が、「悪いのは教祖一人であり、残りはマインドコントロールをされた被害者」との定説めいたものを作ってしまい、石井を筆頭とする信者たちに触れることをタブー視する風潮を作ってしまったからだ。
ちなみにこれはマルクス原理主義の歴史観そのものなのであるが、それはさておいてもオウムほど意図的な偏重報道がされ続けた集団も珍しかろう。
故に石井久子の心理分析にしても、「思えてならない」以上の結論を出しえないのである。
一体全体、国民の知る権利はどこに行ってしまったんだ? と文句の一つも言いたくなるのであるが。

繰り返し念を押す。
行動の是々非々を論じようと言うのではない。
マスコミの真似事をしようとしているわけでもない。
ましてや、紙上擬似裁判をやろうとなどとはこれっぽっちも思っていない。
歴史上出現した一つの宗教、その宗教上の地位bQの心理なり性格なりを分析しようと思っているだけなのである。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


児童虐待とSM

 事故で水死したと思われていた女の子が実は母親に突き落とされたらしいという報道には胸を痛めずにいられませんでした。子供はもちろんかわいそうなんだけど、我が子を愛せない母親にもまた悲惨なものがある。

 この事件では児童虐待の疑惑もとりざたされていますが、未成熟な親による子育ての放棄、または手抜き、そして無関心は、幼い子供の心に暗い傷跡を残す。そうした子供が大人になってから、安定しない精神のよりどころとして宗教活動などに走るといったこともあるようです。

 話が飛躍すると思われるかもしれませんが、マゾヒズムもこの流れから考えることが可能であるということを、今井一夫さんのホームページで知り、興味深い視点だと思いました。

 この人は趣味的に(もちろん双方合意の上で)M女性を緊縛し、その写真や体験記録などを紹介されているのですが、このサイトにある「マゾヒズムの真実」というページのエッセイは読み応えがあります。児童虐待の話から始まって、マゾヒズムの快楽は自由意志からの開放にあるというラインは実に説得力があり、「O嬢の物語」や精神医学を根拠にマゾヒズムの真実を解き明かそうとする。今井さんは、幼少期に虐待された経験を持つM女性とのプレイを通して、不安定な心を束縛してくれるマゾヒズムの功罪について述べ、そうしたトラウマを持つ相手の存在や価値を承認する癒しのプレイを通してM女性に満足感を与えることができる緊縛を提唱されているようです。そのためには、成熟した、自立した「S男性」としてのスキルが求められる。

 僕にはS趣味はないので、いまいちピンとこない部分もありますが、趣味的に健全(?)にSMプレイをされている方々には一読をおすすめしたいです。特に心の傷などないとおっしゃる方も、無意識にどこかで痛めている部分があるかもしれないアブノーマル趣味の人にとっても、心にしみる表現がある。

 僕には幸いなことに親から虐待された経験はありませんでしたが、忙しい親からの無関心に多少は心のダメージを受けていたのかもしれないなと、ふと、思いました。深刻なレベルではなかったはずだけど、自分のマゾヒズムの起源の一端とは言えるのかもしれない。

 そんなコト言っちゃって 「ただのスケベな変態なんだろ!」と指摘される方、それも真実です。

 僕はここで自分のしょうもない変態性を否定も正当化もするつもりはありません。 
 
 ただ、自分のマゾヒズムの本当の起源は、どこかで書いたかもしれないですが、子供の時に拾った雑誌「奇譚クラブ」に掲載されていた 春川ナミオ の衝撃的なイラストなのです。

 これが具体的なトラウマであることは間違いない。だけど、まだセックスも自慰も知らない時期になぜあれが「イイ〜」と思えたのか。ソレがナゾです。同じ雑誌に女性の緊縛写真も載っていたのに、そちらの方にはほとんど興奮しなかったのですから。

 やっぱり先天的に マゾ で児童虐待とは無関係 なんでしょうね。

 小学生にSM雑誌見せる親はいないでしょう。だけど、僕は忘れもしない小学生3年生の時(おそらく8歳〜9歳?)の時に「奇譚クラブ」に出会ってしまった。

 それは、児童虐待にも匹敵するインパクト

があったとは言えなくはないのかもしれない。

  ↑  なんだかんだ言って、やっぱ正当化してるって!  (。。)☆\バキ)
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花束を!


卑弥呼 − この女性支配者は果たしてサディスティンであったのか?

761952b8.jpg小学生でも知っている日本古代史上最も著名な女性、神功皇后の稿でそれとなく触れた卑弥呼である。
ブログタイトル的にはもうひとつ触れておかなければならないことがあろう。
それは、『卑弥呼』という源氏名・芸名・リングネーム等々をつけた『その系列』の女性が非常に多いことである。

で、現実はどうであったのだろう?
少なくても論者が知りえた限りでは、彼女のサディズムは見出すことが出来なかった。
見えてきたのは女性ドミナント像のみ…
よって、前稿・ヴィクトリアに引き続き、この切り口からの論述となる。

卑弥呼に関して特筆すべきことは、元々は男の王が治め乱れていた邪馬台国を引き継ぎ無事統治したということであろう。
原始、女性は太陽であった…
これが現在まで続く根強い卑弥呼人気、冒頭に触れたような意味での人気のいわれなのであろうが。
確かに今まで論じてきた女性支配者たち (除 一説に同一人物とされる 神功皇后) とは一味違う彼女である。

が所詮は、原始時代世界各地に例を見たシャーマニズム支配の一に過ぎない。
政(まつりごと)イコール祭(まつりごと)であるにせよ、シャーマニズム支配は原始時代のみにしかその歴史的生命を有しないのである。
現にお隣中国は当時三国時代、政祭分離の下、巫女たちはとうの昔に政治家たちの下位に置かれていた。

そして時代があがり、逆襲は始まる。
今度は『祭』が『政』に介入するようになるのである。
東西ともに…
21世紀の現在に至るまで細々ながらも依然根強く、この逆襲が続いているのは、歴史における突然変異事例と言えよう。

と論はここまでとして、少々連絡事項を。

   邪馬台国、大和か?九州か?

歴史アンケート定番項目をこしらえてきた。
宜しければご協力賜りたい。
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


藤と天神

天神さて、毎度お馴染み投稿日付と実際に原稿を書いている日付の一致しない本プログ。
折も折、この記事を書いているちょうど今頃が藤の真っ盛りです。

近所にも藤棚のある庭がちらほら。
こうしてみると花札では印象の薄い藤ですけど、やはり旧暦4月を代表する日本の花なのでしょう。
それにしても…

藤が見たけりゃ亀戸天神あたりに足を伸ばせばいいのに、ついついディスカバー近所で間に合わせている出不精の僕です。
こういうのを野暮っていうんでしょうね。
話に出ました天神様。九州は大宰府が本家本元です。
ところが天神様なら、全国各地にある。江戸時代にも僕と同類、近場の天神様で天神参りを済ましてしまった人たちがいたようでして。
狂歌師の大田蜀山人は彼らのことをこうからかってます。

  神ならば 出雲の国へ 行くべきに 目白で開帳 谷保の天神

野暮(天)の語源(の一説)となった谷保。現在の東京都国立市のあたりのことですね。
国分寺と立川の間だから、国立、ヤボなネーミング…

と、この言い回し、



野暮天

を丸写ししました。
待った、待った! 僕も一首〜

  記事ならば 手持ちのネタで 書くべきに アフリで検索 ペッタリ貼付

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


鹿鳴草 (しかなくさ)

萩ゾロはぎ【×萩・芽=子】
1 マメ科ハギ属の落葉低木の総称。山野に生え、葉は三枚の小葉からなる複葉。秋、蝶形の花を総状につけ、ふつう紅紫色。ミヤギノハギ・マルバハギなどがあり、特にヤマハギをさす。古くから庭園に植えられ、秋の七草の一。歌に鹿や雁と取り合わせて詠まれ、異称も多く、鹿鳴草しかなくさ・鹿の花妻・風聞草(かぜききぐさ)・月見草・庭見草などがある。胡枝花。からはぎ。《季 秋》
2 襲(かさね)の色目の名。表は蘇芳、裏は萌葱または青。秋に用いる。萩襲。
3 紋所の名。萩の花・葉・枝を図案化したもの。

今日はのっけから丸写しで始めましょう。
これが、花札は7月・萩の辞書引き結果です。

ねえ? ありましたでしょう。
木、秋の季語、風を聞く、そして、別名 鹿鳴草。
古くから庭園に植えられて親しまれてきた証拠がまたあります。

明治の初めに建てられた日本初の洋風社交館と言えば?
そうです。鹿鳴館ですよねえ。
このネーミングが端緒に物語っていると思えます。

ほんと、明治の人は偉かった。
進取の精神の元、どんどんと新しい文明を創っていきましたよね。

  牛飼が うたよむ時に 世の中の あらたしき歌 おほいに起る

詩歌のように古き佳き時代への復古を「新しいもの」としたものもある一方で、
なんとあの鹿鳴館では、あのウイーンフィル恒例ニューイヤーコンサートでお馴染みの、ウインナワルツ・ポルカが演奏されていたんですよ。
演奏メンバーはといえば、宮中雅楽と軍楽隊との混成、そして楽器名もドイツ語読みがあればフランス語読みもありという具合にてんでんまちまちだったそうです。

と、この言い回し、



鹿鳴館完成は明治16年ですけど

を丸写ししました。
辞書の丸写しなら…、、、

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


ヴィクトリア − 太陽のしずまぬ帝国に君臨した世界史上屈指の女帝

109beece.jpg女性による支配を論ずる上で是非とも俎上にあげねばならぬのが、ヴィクトリア女王であろう。
19世紀、英国が最も栄えた時期に64年間の長きに渡り、女王として治世にあたった。

英国君主であっただけではない。
後にはインド皇帝も兼務している。
植民地といえば、インドのほかにもカナダ、オーストラリア、南アフリカ…
彼女が支配した国地域は地球上各所に及び、英国民は「太陽の沈むことがない」と自慢した。

この超人的支配の秘密とは?

人を使いこなす能力に尽きるであろう。
議会の意見を尊重し、「君臨すれども統治せず」の議会制民主主義を貫く…
北風と太陽の寓話ではないが、ガキ大将的な君臨では統治などできぬのである。
後に世界中の議会制度の手本となるこの英国議会が彼女の手駒であった。
そして、家庭人としても同様、よき夫であるアルバートに恵まれた。
若いころのロマンス話である。

若気のいたりということか、ある朝ヴィクトリアはちょっとしたことで夫を傷つけてしまった。
謝ろうとした彼女は部屋に篭ってしまったアルバートを訪い、ドアをノックする。
誰ですかの声に、
「国王です」
ドアは閉まったままだ。
而して、再度ノックし、同じ問いにこう答える。

「あなたの妻ですわ、アルバート」

その後どうなったかは言わずもがな、将しく男性操縦術の教科書である。
と分かっていても、論者には到底真似はできぬ。

どうやら婿さんをとることなどは出来ようもない論者のようだ。
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


引くべきか 引かざるべきか

カブ今日はまたカブ競技の話をしましょう。
八八 (合わせ) やこいこいと同じく点数の大小で勝負を競いますが、カブは札合わせではありません。
単純に引いた札の合計点で勝負を競います。

そして点数として使われるのは各札の月数、松ならば光札でもカス札でも1、藤ならば4、という具合に計算します。
手持ち札の合計値の一の位の数字が得点となり、これが大きいプレーヤーが勝ちと言うわけです。
ですから、カブ = 9 が最高という訳ですね。

大雑把にいえば、トランプのトゥー・テン・ジャック (ブラックジャック)のようなゲームなのです。
が、違うところといえば。トランプの方は21を超えてしまうと0点になってしまうでしょう?
カブは、それがないんですよ。
その分だけ単純、単純な分だけ奥が深くなり、多くの人々がこれに嵌っていくのです。

「思案六法」という格言があります。
なんか、非常に語呂がいい、して意味は?
前に話したように、カブでは6のことを気取って六法といいます。手持ちが6のときは後1枚引くかどうか迷う、こういうことなのです。

まあ、確率論の世界ですよねえ。
そんなものの影も形もない時代から、人はそれを経験的に感じ取っていたのです。
そうでしたよねえ。そもそも確率論というのは、ある博打好きの貴族が著名な数学者に博打の目について質問をしたのを機に発祥したのですから。
この数学者は誰だったか? 答えは書きませんゾ。
高校生以上の皆さんなら多分学校で習っている筈です。復習しましょう。

と、高等学校数学の復習ついでにもうひとつ。
こんな話はご存知?

ある不動産屋のセールストークに曰く「ここは平均所得の高い地域ですから環境としては…」
それに釣られて買ったところ、そんな風でもない。
どうしたことかと調べてみるに。
偶々大富豪の別荘が3件あったために、平均所得を押し上げていたと判明。

そうでしたよねえ。有限母集団の特性値として算術平均のみを使うのは妥当ではない。
このケースの場合なら、最頻値(モード)或いは中位値(メジアン)あたりで特性を掴むのが良し、ですね。

と、この言い回し、



CGは「蜀山人のみた(上野)松坂屋」だそうです

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


ミッション インポシブル 3

 「おはようフェルプス君」 う〜ん、懐かしい!

ず〜っと昔、テレビドラマの頃から好きで、音楽が印象的。SMプレイをする時にこれをBGMにすれば、どんなご命令にも従うことが出来そうな気がしませんか?  オフィシャルサイト に行くとそのBGMが流れて、今まさにそれを聞きながらこれを書いておりますが、お気に入りの Femdom系サイトなどを観ながらこの音楽を聞くのもまたよいものがあります。

 マゾヒストにとって、ご主人様からのご命令に不可能なものはありえないのですが、一般的には「実行不可能な任務」となってしまうのでしょう。「跪いて脚を舐める」なんて行為は、妄想として好きでも、経験がない人にとっては、初めて実際にやるには勇気がいると思う。最初はやっぱり恥ずかしい。自分で望んでおきながら、ためらいがある。その羞恥心がまたアンビバレントな快楽へと結びついてもいるわけでマゾヒズムというやつ本当にややこしい。だけど一度でもやってしまうともうハマりこんでやめられなくなる。そして慣れてくると平気になってきて、今度はさらに一段階進んで、もっと恥ずかしい行為や過激な願望実現へと向かうのです。

 ところで、こじつければこれはフェチな映画ともいえる。スパイ映画って小道具フェチにはたまりませ〜ん!ていう感じではないでしょうか? 実に様々な新兵器やアイテムが登場してましたが、変装に使うマスクをパソコンでスキャンしてプリントアウトするみたいな感覚で作成していた部分にはプチ感動してしまった。インクジェットプリンターで立体像に塗料が高速で吹き付けられて行くシーンはもう現実のテクノロジーなのでしょうか。凄い...
 
 こういう映画には必ず拉致・監禁や拷問シーンが登場します。トム・クルーズの拘束姿もなかなかセクシーでしたね。こういうのを見ちゃうと僕も

「うおおおお、縛られて鞭で打たれてえ!」 などと衝動的に思ったりしますよね
  ↑ そんな人いないって (。。)☆\バキ)

 今回はボンドガールみたいなセクシーな女性やお色気シーンはほとんど見られなかったけれど、手に汗握るアクションシーンはなかなかでございました。娯楽大作としてはおすすめであります。
posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


ショタコンなるものは性癖とは言い難い

前稿である一休宗純の投稿で、標題の言葉を思い出された向きも多かろうと思料する。
この俗称は、昔の漫画の正太なるキャラクターを冠してつくった、『ロリコン(=ロリータ・コンプレックス)』の逆概念、すなわち『少年愛』という女性心理のことらしい。

で、どうであろう?
この心理には、特異性はないと思えるのだが。
即ち、ロリコン=少女愛というのは、本来攻撃的である男性が大人の女性を攻撃できず、代償として少女に向かう、ということで倒錯心理であった。少なくてもその要素が。
これに対して女性はと言えば、再三繰り返しているとおりである。一言で言えば母性。
勿論『母性が故の(反撃たる)攻撃性』いうことで、サディズムと複合(というのも変な言い方であるのだが)することはあるまでも、これ自体はサディズムではない。
それが証拠に未だにショタコンなるものの精神分析学的研究は行われてはいない。

多分に商業主義が…
で結んでしまうと安っぽくなるので、別の方向で結ぼうか。
男女両性は、精子卵子の差で象徴される…
男性は(セックスだけでなくあらゆる面で)攻撃的・破壊的になりやすく、女性は防御的・建設的になりやすい…
論者も盛んに援用している、フロイトやフィレンツェが唱えた女性にマゾが多い理由、これに対する反論である。

同じ分析学派の中でも、カーレン・ホルナイ女史ら社会分析派は、フロイトらの説はあまりにも生物学的に決定されすぎていると非難している。
男女両性の歴史が、現在まで女性に隷属的マゾヒズムを押し付けていたため、まるでそれが本質であるようになったと主張しているのだ。

歴史もまたサイエンス。
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


一休宗純 − 頓知小坊主のもうひとつの得意分野は?

262c90c2.jpg本稿は従来と逆趣向になるであろうか。男性側の行動から結びつけられる女性心理を検証する。

で、俎上にあげたるは、お馴染み一休宗純、室町時代の僧侶である。
お馴染み… そう、ここでは絶倫且つ早熟であったことでお馴染みの。

毛皮の話はご存知か?
ある人が毛皮を纏ったまま山門に入ろうとしたのをとがめた一休。
「お堂の太鼓は獣の皮が張ってあるじゃないか」とやりかえされるも、間髪入れず、
「だから罰(ばち=鉢)で叩かれているのです」と再逆襲するというあれだ。
これが、艶話だとちょっと違った話となる。

山門にやってきた娘に「ここは毛皮は厳禁ですが」と言いがかりをつけ、着物の裾を捲り上げ『毛皮』を所持してないか検査したあげく、そのまま藪に引きずりこんで自前の『ばち』を使い強姦してしまうというのである。
娘とすれば、まさか年端もいかぬ小坊主に強姦されるなどとは夢想だにすまい。
普通の感性に従い、可愛らしい小坊主の頭のひとつも撫でてやろうとして近づき、被害を受けてしまうのであるが。

ここで結びつくのが、マランドン・ド・モンティユ報告にある鞭打ち少女の事例である。
十九歳の聡明な気の優しい少女は、友人宅で弟である少年が打たれている様を目にして、異様な戦慄を覚えてしまう。
以来、少年を鞭打つことばかり夢見るようになった彼女は、ついに普段可愛がっている十二歳の男の子を口説き落とし念願を適えるのである。

さて、我彼2人の少女の共通点は?
年下格下の異性に近づいていること。
そうであろう? 
山門を訪ねた方の娘にすれば山門にいたのが、弁慶の如き荒法師であったのなら、近づきはしなかったろう。
鞭打ち少女も全く同じである。まさかマッチョマンに鞭打たせてくれと頼みはしまい。
いずれも愛欲願望実現のため与しやすしと思った男性に近づき、異常と分類される願望を抱いた方はそれを適え、正常の方は考えもよらなかった結果を引き当てた…

ここで読み返して頂きたいのが、過去稿『魔女性』である。
女性のサディズムは女性であるが故のハンデ故に、具現化を抑えられてしまうのが通例、それを再提出したいがために本稿に及んだ。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


パリの娼婦たち − ガラス便所で排泄姿を覗かせる

4ee8c8f1.jpg先々世紀、花の巴里は堕落した。
そこらの事情は、作曲家オッフェンバックあたりも有名な喜歌劇『天国と地獄』で痛烈に風刺している。
歓楽街で夜毎に繰り広げられる扇情的なステージショウ…
ストリップなどもここに発祥するのであるが、目線を隣に移すに。
なんと、表題に掲げたようなサービスが行われていたのである。

本サイトとすれば、娼婦たちの心裏を分析しなければなるまい。
サディズムの要因、客である男たちに(擬似的に)大小便をひりかけ嗜虐の悦びにひたる、というファクターが全くなかったとは言えないが、まあ。
圧倒的に大きかったのは、排泄姿を覗かれることへの羞恥であろう。
加うるに、それに昂ぶるというマゾヒストでもない。彼女たちは恥を金に換えてたづきに充てるという、極々ありふれた営業を営んでいたに過ぎない。
ここでも、女性側からは論ずるべきものはなし。
そして、男性側から論ずべきトピックスは目白押しだ。

世の男性というのは、女性の排泄姿を覗き見るのが大好きなようだ。
わが国とて決して他所様をとやかく言えた義理ではない。
先ずは昔も昔大昔、古事記にも登場するではないか。朱塗りの矢に化けて用便中の彼女の陰部を下から突付くというのが。
そして、再出の太閤秀吉。
藤吉郎少年が同じことをする場面が『真書太閤記』の偽作『淫書開好記』に登場する。

便所覗きというのは、排泄物のフェチシズムにサディズムが複合した症状であるという。
何故この手の倒錯が生まれたか? それは性器と排泄口が極めて近い位置にあるから。
過去において幾人か俎上にあげた便器マゾも、排泄姿を覗くという点においてはサディスティックであろう。
排泄物のフェチシズムは世に言われているほどにはマゾヒスティックではないのである。

ここに事例がある。
所謂吸血男、女性を殺してはその血を飲んでいたという猟奇犯罪者なのであるが、取調べに対してこう供述したという。
「俺は女の血だけではなく小便も全部飲んだ」
と。

元は所謂便器マゾ、女性の廃液を飲んでるうちにやがてそれだけでは飽き足らなくなり、体内の液体も欲するようになった訳だ。
分析学的にはサディズムとはマゾヒズムを克服した状態の症状である。
この事例は格好の検証例となろう。

少し論者自身のことにも触れようか。
どうも排泄物からみだと論が進むようだ。
好きなのであろう。
多くの女性であれば嫌悪感を抱くであろう「(貴女の)排泄物を頂きたい」にむしろ楽しみを見出してしまうことは既に述べた。

誤解なきように願う。
決して羞恥心のない女という訳ではない。
それどころか人一倍強いほうではないのだろうか?
セックスに関する記述、とりわけ同性の手によるものなどは、見ただけで真っ赤になってしまうのだから。
まあ、だからこそ変態なのであるが。

排泄物に対する興味は幼児期に生ずるもの、思えば論者もまた、前稿で指弾した面々とは全く別の意味で幼児から抜けきっていないのであろう。
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


水なし月

牡丹そろ牡丹に関する話題もようやく4枚見つけた、マゾヒズムに花札を! です。
今日は花鳥ではなく、6月に注目してみましょう。

新暦では梅雨の季節になるこの月ですけど、旧暦では暑い暑い夏ですね。
これもまた牡丹からは感じられないのですが。
思うに花札春夏秋冬、春秋はきちんと季節が出ているのですが夏冬は並べてその季節感を感じさせないような気がします。

今で言えばこんな季節ですよ。
じりじり照りつける太陽、学校がお休みの子供たちは観察日記。

   蟻と蟻 うなづきあひて 何か事 ありげに走る 西へ東へ

江戸時代、「楽しみは〜」の歌を多く遺した橘曙覧の作です。
「ありとあり〜ありげに…」
うーん、ちゃんと歌ってますよ。
そういえば、「蟻さんと蟻さんが」って童謡が あり ますね。
なんて題だったっけ?

 あり!

わーすれてしまいました、

と、この言い回し、



いつになったら「リューアル」し終わるのだろ?

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


SM観の東西格差

 日本文化について「恥の文化」という表現をしたのは、「菊と刀」のルース・ベネディクトという人です。彼女は武士道など、伝統的な日本の価値観や美意識を分析・考察し、どうやら日本人は西洋人に比べて、 「恥ずかしい」という気持ちに弱いらしい、と気づいた。

 すなわち日本人にとっては正義より名誉が優先され、面子や世間体が大事なのである。

 これに対して西洋人は罪の意識に弱く、つまり神との関係性、宗教的戒律とか良心といったものを重視している。罪の文化とも言われるこれら西洋的な道徳規準はしばしば、東西文化の差異、日本人とのモラル意識の違いに反映されていると指摘されます。

 これらはそのまま東西のSM観にも反映されていそうな気がする。

 西洋のSMの王道は、「ダ・ヴィンチコード」にも出てきました鞭打ちに代表されるお仕置きです。いけないことをしたので鞭で打って下さい!

 そのようなイメージに対して日本の伝統的なSMには、お仕置きや折檻という意味あいよりも、「ハズカシメる(辱める/恥ずかしめる)」といった責めに重きが置かれていたのではないか。女性緊縛図とか伊藤晴雨責め絵などを見ていると、痛みとか苦痛よりは

 「恥ずかしい格好で縛られている姿を見られるのがイヤ〜」

 といった感じがします。まあそれほど単純に分類や比較はできないでしょうけど、ざっくばらんには言えると思う。

 何を「恥ずかしい」と感じるかにも個人差があります。人前で話すだけでもう恥ずかしいと思う人もいる一方で、電車や街中で大声で携帯電話で話して恥ずかしくない人たちもいる。恥の文化は言ってみれば人目を気にする文化であり、罪の文化は神の目を気にする。

 戦後から高度経済成長を経て、あらゆる点で西洋風に急成長してきた日本は、宗教的なことは別にしても、伝統的な恥の文化が失われつつあり、道徳観も西洋風に変化してきたように思います。

  そして、SM観も西洋風になってきたということなのでしょうか。

posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


SMに年齢は関係なし 大きに誤解されているのだが

世に言うところのSM・フェチサイトは成人指定というのが通例だ。
果たしてこれは合理的と言えるか?

サディズムの目覚めは通常性欲の目覚めより先、過去投稿で論じた。
図書を考えてみよう。
所謂特殊性癖を描いた文学は決して成人指定ではない。
強いて言うならSMの名を借りたポルノ小説が成人指定であるのか?
ここらになると、鶏と卵の論争である。

そして何より、サディズム、マゾヒズム、フェチシズム等々の研究ならば、年齢に拘らず手がけることができるのである。
現行SMサイトは、SM(の本質)がアダルトである故に成人指定になっているのではない、取り扱っている中身が扇情的だから成人指定にせざるを得ないのではなかろうか?
実際の運営者諸氏に問いかけたい。

白状する。
かかるサイトの年齢制限を無視して、これらを訪うこともしばしばの論者だ。
中には、「子供は来るんじゃないよ」的尊大な警告文が掲げられているものも目にする。
こういったところに限ってである。「SM〜、そんなの何だか知らないわよ〜 楽しければいいじゃないのさ〜」
…リビドーでしか行動していないのである。精神年齢的には3歳児のそれ。

言いたくはないのであるが、自分の年齢を考えた行動をして欲しいものだ。
楽しむためには楽しむための苦労というものがあるのである。
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


唐寺の甍にふる寒き雨

柳短さて、ああだこうだと言いましても、花札の11月は柳、通称雨。
この決まりは動かせません。
11月に相応しい雨の光景を探してみるとしましょう。

こんなのはどうです?
医学と短歌の二つの道に名を残した斉藤茂吉の歌です。

  あはれあはれ ここは肥前の 長崎か 唐寺の甍に ふる寒き雨

花札の完成期は江戸時代、その江戸時代唯一外国との交わりのあった長崎に降る氷雨です。

外国との交わりのあった長崎だから、(欧米系統)の外人が多い。なんせ、『長崎(=名が先)の女』というくらいだから。
などと、いってはふざけてたんですけど。
今あらためて調べてみると、『長崎の女』は〜

2 海を見下ろす 外人墓地で
  君と別れた 霧の夜
  サファイヤ色の まなざしが
  燃える心に まだ残る
  ああ 長崎の 長崎の女

本当に外人さんだったんですね。。。

と、この言い回し、



女と書いて『ひと』

を巧みに丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


懐みえる 菊人形

菊ゾロ投稿日付に拘らず前にお話した『花札占い』、10月は菊の言葉はこうです。

 「心が次々と変り、迷いに迷い、時には機会を逸する。落ち着いて反省すべし」

どうも凶のようです。
時には機会を逸する、十日の菊ということがありますね。そこらから来てるのでしょう。

時に皆さんは菊人形は、お好きですか?
僕はあまり好きでありません。
というのは、ほら、これって正面から見ないと全くのマヌケでしょう?
ご幼少のころ、偶々菊人形を裏手から見てしまった僕は、そのマヌケさにすっかり呆れてしまい、以来見る気がしなくなっちゃいまして。

     さびしさや 懐みえる 菊人形 (増田龍雨)

どことなく、花札占いの言葉を髣髴させます。

さて、首都圏近郊はN市、今はなくなってしまったY遊園、秋になると毎年菊人形展をやっていたそうなのです。
近隣の幼稚園の秋の遠足のコースだったので、今でも懐かしい思い出の方も多いとか。

Y遊園。今は団地になってますねえ。
干潟の一角が残ってるだけ、ってここまで言ってしまえば伏字にした意味がありませんか。
沿線電鉄会社の不動産事業のしくじりでそうなったということで。
紆余曲折して、某ディズニーランドがその発展的後継になってますね。
いずれにせよ、さびしさや 懐みえる、この世界です。

そうそう、Y遊園の隣接にFヘルスセンターってのがあったらしいですよ。


違いますっ!
その「ヘルスセンター」じゃない!!

と、この言い回し、



十日の菊

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!


posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


おきく (梅乃) − 恋の病に病死した江戸娘

8e64c96d.jpg振袖火事は、お七よりも先の出来事であったか?
いずれにせよ、さほどの年月の違いはない。
振袖火事とは、明暦3年1月18日(1657年3月2日)に起きた明暦の大火の別名である。
その別名のいわれとなったのが、本日俎上にあげた女性だ。

おきく…
異説もあるがこの説に従おう。
エピソード的には、お七と非常によく似ている。多分に混同はあるのだろう。
が、決定的に違うのは、彼女は火付けをしていないことだ。
おきくは振袖火事に先立つこと2年ほど前に鬼界に入っている。享年17歳とも16歳とも。
副題にしたように、恋の病に悶死しているのである。恋しい恋しい振袖を愛撫しながら。

彼女が恋したのもまた寺小姓だ。
一目の恋に誘われたおきくは親にねだり、小姓が着ていたものと同じ柄の振袖をこしらえてもらうのである。
そして、その振袖に日な日な寺小姓の姿を重ね想い続けた。
述べたように、死のその瞬間まで…

あえて述べるまでもないだろう。衣服フェチシズム。
それもとてつもなく強烈な。
それが証拠に、その振袖を着た娘たちは次々病死、そして2年後には江戸の町の大半を焼き尽くす大火を引き起こすのである。

衣服フェチシズムは圧倒的に男性に多いフェチシズムだ。
いや、男性のほとんどは身に覚えがあるのでは?
と問いかけて弁護しておこう。
男性の衣服フェチの大半は本来の性対象を、少なくても性対象をも追っている。
衣類に染み付いた(性対象たる)女性を五感を以て感じ取るべく試みる、
平たく言えば、女性の身に着けていたものを嗅いだり舐めたり身体のどこかに押し付けたりしている、ということだ。

街頭で一目見ただけの女の洋服と同じ模様の紳士服を誂え、夜な夜な愛撫しながらやがて悶死、などという男性は先ずいまい。
事例の少ない女性のそれが暴走してしまうとなると、かくのごとくである。

おきくの逸話といい、お七のそれといい。
本来受身である女性が逆転、攻撃側に回った場合、いかに恐ろしいことになるかを後世に遺してくれている。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


恥の文化

 先日お会いした団鬼六さんと話していてつくづく思ったのは、真のSM愛好家は、やはり昨今のSMの大衆化についてはあまり好ましいとは思っていないのかなァということ。SMやフェティッシュ系のイベントなども全国的に開催されるようになり、以前とは比較にならないほどあっけらかんとしたムードになってしまった。それはそれでいいのだけれど、なんとなくブームにのっかかるように軽〜くSMのことを語ってよいのだろうか?という、ある種の違和感みたいなものがどこかにある。

 浣腸プレイというのがあります。「奇譚クラブ」的に昔からよくあるパターンは、緊縛した女性に我慢させておいて、最後の最後に「お、お願い...おトイレに行かせてちょうだい!」とかなんとか言わしめるような、そこはかとないイメージが、最近の雰囲気だと、もう開き直っちゃって「私の排泄シーンをみてちょうだ〜い!」とでも言わんばかり。

 恥じらいというか、ためらいというか、そういう美学が失われつつあるような気がします。
posted by homer_2006 | Comment(5) | マゾヒズムに花束を!


八百屋お七 − 火付けの真意は果たして?

bda1e369.jpg「火事と喧嘩は江戸の花」
当時人口世界一であったこの木造都市は宿命的に大火に見舞われた。
中でも天和2年(1682)のそれは、本郷の八百屋の娘・お七の放火による大火である。
演劇等で有名な逸話であるので、くどく述べる必要もあるまい。
恋しい寺小姓に会いたいがために、火をつけたと伝えられる。
文字通りの燃える恋、西鶴の『好色五人女』の中でも一番有名な彼女だ。

ということになっているのだが、そう言い切ってよいのであろうか?
論者は些か腑に落ちない。
極々初歩的な話だ。因果が結びつかないのである。
即ち彼女の目的達成の前には、@火事で近隣が丸々焼ける A且つ自分は無傷で非難できる B小姓の寺にまで火が及ばない
の三つの偶発事象を全て引き当てなければならないという、関所が立ちふさがるのだ。
しかも仮にこの関所を超えたとしてもその先、同じ寺が避難所になる保障もないのである。
余りにも原価性のない意思決定ではなかろうか?

寺小姓に会うための手段なら他にないわけでもあるまいに。
いかに恋は盲目とはいえ、こうまで狂ってしまうものなのだろうか?
逆に、ここまで狂ってたとしたら、放火などという綿密な計画と実行力の要る犯罪が実行できたであろうか?
他のモチベーションがあったと考えるほうが尤もらしい。

ずばり結論を言えば、お七という娘は放火マニア…
汚涜症の一種にして、更に大元の括りはサディズム、パソリーの稿で論じたあれであろう。
勿論、恋もあったろう。だがそれよりも、彼女は…
先の火事で垣間見た、町を呑み尽くす紅蓮の炎に魅せられてしまったのではないだろうか?
果ては火あぶりの刑に処せられると知りつつも止めることができないほどに。

論者にはそう思える。

八百屋お七の火付けは、恋というよりは故意、
別ブログなら差し詰め、この種の語呂合わせで締めるであろう本稿だ。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


クサンチッペ − ご存知・ソクラテスの妻 してその心裏は?

e4831804.jpg本日は、ギリシャの大哲学者・ソクラテスの忌日である。
これをもって4/27を『哲学の日』、或いは『悪妻の日』とするらしい。

「ともかく結婚はしてみることだ。良妻ならば幸せになれるし、悪妻ならば哲学者になれる」
有名なソクラティク・アイロニーである。
二千数百年の年月を超えて語り継がれるクサンチッペの悪妻ぶり…
この稿では、このソクラテスの妻を論じよう。

過去投稿でも数多の悪妻を論じた。
多かったタイプは、雌鳥が囀る型の悪妻である。
北条政子に始まり直近では江青、これらの人物はサディスティンに似て実は非なるものと断じた。
ソクラテスの妻、ガミガミ女房…
ある意味『囀る』とも言えなくもないが、論者の用いた意味ではない。
クサンチッペは夫の仕事を理解しようとせず、ただただヒステリックになるだけ。
今までのやり手悪妻とは、天地ほどの差がある。
いや、理解しようとせず、ではなかったか? 理解できずして、である。

性分で、夫の仕事に口を出したくて仕方ない。
けどそれができない。溜まったフラストレーションが時には暴力となって爆発する。
極めて幼児的であるが、一応はサディズムだ。
そして、S女を自負する面々が大好きな『愛あるが故の加虐』…
かのアイロニーを見る限り、ソクラテス自身も案外楽しんでいたのかもしれない。
さしずめ、日本は江戸長屋のぐうたら亭主とガミガミ女房、
悪妻は良妻なり、良妻は悪妻なり、であるか。

さて、モーツアルトの稿の積み残しだ。
彼の妻・コンスタンツェも悪妻の誉れが高い。
クサンチッペ同様、夫の仕事を理解しようとしなかった、いや、理解をするに値わなかった。
だが、ここから先が少々違う。
コンスタンツェは理解できないと知るや、夫を意識の外に追いやってしまったのである。
モーツアルトが身を持ち崩した原因の相当部分は、ここにある。
これぞ悪妻だ。

マザー・テレサ 曰く「愛情の反対は憎しみでなく、無関心である」

 注* 読んでお分かりのとおり、元投稿は4/27にされています
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


夏は来ぬ

卯月さて今日は趣向を変えまして、実際の日付で書いてみましょう。
僕の住んでる地方は、なんか肌寒くて空もどんより、雨がパラパラ落ちてくる一日でした。

花札の4月は藤、さわやかな初夏の光景なのにねえ。
ちょうど、この唱歌のような。

  夏は来ぬ 佐々木信綱作詞・小山作之助作曲

 1. 卯の花の、匂う垣根に
    時鳥、早も来鳴きて
     忍音もらす、夏は来ぬ

残念ながら藤ではなくて卯の花でした。
しかたありません。旧暦4月の異称は卯月ですもの。
でも、ほら、ちゃんとホトトギスが登場してますよ。

 2. さみだれの、そそぐ山田に
    早乙女が、裳裾ぬらして
     玉苗植うる、夏は来ぬ

おやおや、さつきあめになってしまいましたかあ。
まあいい、続けましょう。

   みめぐりに 早苗とりゐの 乙女子が 笠着ぞ夏の しるしなりける

百人一首98番をもじったパロ狂歌ですね。

ちょうど唱歌2番の歌詞のような光景ですか。
早乙女、こうした軽作業は若い♀の領分だったんですね。

ところでです。
田んぼに入るんですから丈の長い着物は着られませんでしょう。
そして、前屈みになる。さらにさらに昔の女性は下着をつけてない…
畦で遊んでる男の子たちは大儲けだったわけですね。

某巨大掲示板群で以前、初体験年齢の話の流れになっていた折です。
都会部よりもむしろ(昔の)農村部の方が性に関する情報が得られやすかった、だから昔の方が早かった、という結論の論拠になっていたことがありました。

と、この言い回し、



私、ホント、親父くさい発想だよね、あはっ!

を丸写ししました。
だ、だって僕、40を少し出たばかりですよ!
白木屋の火事なんか知るわけないじゃないですか?…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



注* 元稿は2006年04月27日 20時51分01秒に投稿されてます
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


風神・雷神

水木 花札はい、また柳(雨)のカス札である鬼札の話をしましょう。

図柄をよく見てください。あっと。今日のCGではなく、前に使った正当の鬼札です。
稲光に雨、鬼の手足に太鼓。
これ、雷様ですよ。

そういえば日本では、雷神や風神は鬼の姿に描かれますよねえ。
自然天然の脅威もまた人智でははかり知れない存在、ということで鬼だったんでしょう。

このように色々な物を現す『鬼』の字ですが、元々は幽霊・死人って意味だったらしいです。
『墓場の鬼太郎』なんてのは、元々の意味に使われてますよねえ。
鬼楽官とは葬式カンパニーのこと、前に話題にしました。

もうひとつ漢文の例を見てみましょう。
論語の有名な一説です。

 季路問事鬼神。子曰、未能事人、焉能事鬼。敢問死。曰、未知生、焉知死。

ね? 鬼 = 死人 の意味ですよねえ。
そうそう、これのパロで面白いのがありましたよ。

> 子曰く、未だ2chに事うること能はず、焉んぞ能く番頭グループに事えんと。
>
> 敢てatを問うと。
>
> 曰く、未だ番頭を知らず、焉んぞatを知らんと。

なんか有名な集団のようですけど、因みに僕はこの人たちとは考え方を異にします。
煎ずれば、どこのどなたともわからない方を、特定の実在人○○氏と決め打って、或いはそこまでいかないまでも実在人と同質のネット人格を作り上げて、あたかもその方と接するがごとくに感情移入して言動する気にはなれません。
ただこれを逆に言えば、『どこのどなたともわからない方』とでも情報交換することができる、と云うことになりますね。

と、この言い回し、



『番頭グループ』とは?

を丸写ししました。
しかも、この記事はと…いえば…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


団鬼六さんと

激ヤバ画像につき… -僕をクリックすると見られるYO M男の分際で、なんと団鬼六さんとお会いする機会に恵まれました。言わずと知れたこの世界の巨匠。最近は杉本彩の「蛇と花」のヒットで、SMのポップカルチャー化に多大な貢献をしている団氏。70年代には幻の「SMキング」などの編集も手がけていた重鎮中の重鎮であります。松本清張にも似た風貌とその名前から、どんなにとっつきにくい人なんだろうかとビビリながら話かけましたが、実に気さくなお人柄でとても和んだ会話を楽しむことが出来きました。奥様も同席されていたのですが、体調を崩され、まもなく入院する予定であったそうです。見た目はパワフルでお元気そうでしたね。

 それにしても、こんなにSMの話を楽しそうにする人を僕は見たことがない。実にあっけらかんと「浣腸」とか「緊縛」とかのキーワードが飛び出します。この人は本当にSMが心の底から好きなんだなあ〜というのがわかる。それでいて、「SMというのはあっけらかんとしていてはいかん」ともおっしゃる。どこかに抑制があって、「見たい」とか、「したい」という衝動にブレーキがかかるところがよいのだという意味深な発言には感銘を受けました。インターネットやパソコンなどはほとんどおやりにならないそうで、僕がこういうブログをやっていることを言うと「いつでも連絡して下さい」と名刺まで頂きました。

 以前から聞いてみたいと思っていた「奇譚クラブ」時代の須磨利之(喜多玲子)との交遊についてもいろいろとお伺いしたのですが、やはりSMがまだ市民権を得ていない時代に、地味に活動を続けていたパイオニアのひと言ひと言には、重みと深みがありました。


注* 原文には激ヤバ画像があります。ネット倫理を考慮し、元記事CG部加工の上転載しました。


SMビデオは名無し女王様でつくるのが正道

世に、女王様ビデオとかM男ビデオとかいわれているものである。
実は論者は、この手のビデオの出演女優だと書き立てられ往生したことがある。
まあ、ことさらそれを根に持って言うわけではないのだが。
この手のものは出演者に名前がないほうがベターと思えるのだ。

過去投稿で繰り返したとおり、これらはあくまでもイメージである。
視聴者は眼下のシーンのいずれかの人物にわが身を置き換え、サドなりマゾなりの己の欲求を満たす。
だとすれば、人物に対する思い入れは不用、出演者明示はむしろ興ざめにさせるファクターではなかろうか?
と、ここまでは、もっぱら論者の感覚だ。

して、これから先はある程度社会性のある論説をするとしよう。
特に論じなければならぬのは、女王様役の人選である。これらの適任者といえば?
とあるビデオのキャッチとして、こんなフレーズを見聞きした。

本ビデオの出演女王様役は過去に強盗傷害の前科があり、本格仕込みの責めが見られます、と。

言語道断である。
かかる販売拡張をする業者は死の商人だ。

罪を償って出所してきたのだから云々の反論は、些か的が外れる。
勿論偏見は持つべきではない。それを承知の上で言っている。
ひとたび起こしてしまった犯罪は仕方ない。さりながら。
もう2度と犯罪を起こさないように導くのが、罪を償って出所してきた者の受け入れ方なのではなかろうか?

して、件の制作者だ。
過去に傷害事件を起こした者が、暴力でメシを食えるように仕向けている。
これを言語道断だと言っている。はっきり言って焚付…
ありとあらゆる犯罪というものには再犯性があるのだ。

補導された少年少女は夜な夜な拘置所で泣きながら懺悔する。
もう2度と暴走はしません… シンナーはもうやめます…
うそ偽りはない。
が、本当に2度としないかといえば?
大概は、すぐに元に戻ってしまう。
人とは弱いもの、特に虞犯者である。
そして、戻ってしまうのは、ほんの少しのきっかけからである。

もしこの虞犯少女がそのサド性から傷害事件を引き起こしたと本当に思っているのなら、サディズムを昇華・有効利用するように導くのが、社会経験の先輩たる年長者の役目だろう。
とんでもない暴れ者が一転、うそのように穏やかな高僧に転じた事例なら、古今東西枚挙に暇がない。
元々『絶対値』が大きいのである故、正負符号の付け替えで極悪から最善へと変身するのである。
バソリーの稿でも、サディズムの有効利用法はあげた。
こともあろうに俎上にあげたビデオ制作者はそれを…

もう一度繰り返す。
暴力事件を起こした者が暴力で金を稼げるように仕向けた件のビデオ会社は死の商人だ。
そして、それを虞犯少女の更正・社会復帰ともてはやす一部の視聴者たち。
早く心得違いに気づき再考あれかし、と願うばかりである。
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。