杜若(かきつばた)

手書菖蒲いずれをあやめかきつばた、で始まった5月。繰り返してきたように、花札に描かれるところの植物は、果たして(現在の植物学上の)アヤメなのかショウブなのかカキツバタなのか、実際のところは判らないのじゃないかと個人的には思います。

さて、古語辞典を捲るに。
カキツバタ、ああ杜若ですね、という用例が案外と多いのに気付きます。
先ずは、襲(かさね)の色目の名、表は二藍(ふたあい)、裏は萌葱(もえぎ)。一説に、表は薄萌葱、裏は薄紅梅とも。日本流の色彩美ですね。
それから、家紋のカキツバタにも触れて置くべきでしょう。

そして、何よりも謡曲の杜若です。
旅僧が三河の八橋に来ると杜若の精が現れ、在原業平の歌の功徳で成仏したことなどを語る三番目物。
ほらほら、出てきます菖蒲の10点札の構図、やはり、アヤメなのかショウブなのかカキツバタなのか、の疑問はダボラではなかったようです。
因みに、この謡曲の下地にあるのは伊勢物語ですね。

 から衣 着つつなれにし つましあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ                 

でた〜〜
古典の授業の定番!
和歌の技法の説明でよく使われますよね。

つまり、
かきつばた、の折句、
から衣、は着るその他にかかる枕詞、
から衣 着つつなれにし、までが、つま、の序詞、
衣、着る、つま、はる、が縁語、
これらの技法のための掛詞多数。

でしたっけ?
「旅」は「足袋」にかけた縁語ではないか?
と質問した僕。。。

と、この言い回し、



永字八方、さてさて和歌の技法では

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


殺人〜究極にして最も純然たるサディズム

さて、このところ殺人をトピックスとする記事が増えている本ブログである。
お読みの各位においては、ご指摘あるやもしれぬ。サディズムと殺人を取り違えてはいないかと。

論者はそれで構わぬと思料するのだが。
人がその充足のため他人の命を奪う、これ以上の加虐嗜好があろうか?
生きている人間が(人為により)絶命するにおいて受ける苦痛は如何ばかりのものか。

そして、(肉体的責めよりも高位とされる)精神的責めという見地からしても、殺人こそがその極といえよう。
なんとならば、一個の精神を、その日その瞬間より未来永劫消滅させしめてしまうのだから。

と、アンケート項目のご案内を。

貴方は唯物論者?観念論者?

ご協力賜れば幸甚である。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


ファンタジー

 子どものころ、きれいな女の人がトイレに入るところを目撃して、幼心に「あんなに奇麗な女の人でもウンコするんだろうか?」な〜んていうきわめて古典的な想いを純粋にしてたりしたものですけど、その時でもそのウンコを「食べたい」とまでは思わないんじゃないですかね、いくらマゾでも。

 いや、思う人もいるのかもしれない。

子どもの頃から既にそこまで思うことが出来るのは、なにかのきっかけがあるというよりは、もしかしたら、「Mの遺伝子」(この場合はスカの遺伝子か?)のようなものがあるのかしらと、ふと思ったりもする。

 ウンコはイヤだけど、おしっこならまだいいのか?

う〜む...どうでしょう。「汚さ」という点では、おしっこの方が少し(清潔とは言わないが)、ウンコほどは汚くはない、とは言えるかもしれない。だから飲めるのか?というのとはまた別問題ですが、「黄金」よりは「ご聖水」の方がやや抵抗なさそうとは言えると思う。ノーマルなご夫婦さんでも、奥さんにおしっこかけてもらって喜んでる旦那の話(←SMと比べればかわいいもんだ、という意味でノーマル)が、昔の投稿雑誌に載ってました。愛する人のものならば、唾でもおしっこでも尊いという気持ちは、「普通の」マゾヒズムよりは理解しやすい気もするけれど、ただウンコまで尊いと思えるかどうかで、ひとまず線引きができそうな気がします。

 線引きと言っても、変態とノーマルの境界線ではありません。そんなラインは存在しないと思っていますが、おしっこなら飲めても、ウンコは食べられない、とかいうようなラインがなんとなくありそうな気がします。少なくとも、僕の中にはありますね。

「家畜人ヤプー」のような作品世界を、脳内で受け入れることは可能であっても、現実にあのような世界で暮らす、または実践するというようなことは、ほとんどの人にとっては不可能だと思われます。ただ想像するだけで楽しいっていうのはある。幻想として憧れ、ファンタジーに浸る喜びは、変態であろうとなかろうと(たまには)あるでしょう。
 
 ところが世の中には、あそこまで過激な肉体改造はしないまでも、似たようなところまで追求しようとする人たちが現実にるわけでしてね。

 一過性の「プレイ」としてではなく、現実の日常生活にまで倒錯した快楽(苦痛)の世界を追い求める人々。ボディーピアスやタトウゥーなどもその世界の一歩手前のような気がしますが、スカトロも、本当に食べちゃう人はもう、あちらの世界に逝っちゃってるんじゃないかっていう...。

 聖水ぐらいまでならね、ま〜なんとか勢いでいけちゃう気もするのですが、大きいほうは考えるだけでもためらわれます。よく「脳内スカはオッケー」なんて言う人もいるみたいですが、いったいどこまでがオッケーなのか...

 でも、何事も経験で、死ぬ前に一度くらいは経験してもいいかな?とは一瞬(ほんと一瞬ですが)思ったりもします。
posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


アン・ボニー − 18世紀初頭のカリブ海を暴れ回った女海賊

ffac4b6a.jpg女海賊アンの処刑は記録に残ってなかったか?
「世のへなちょこ男への見せしめのため、とっとと吊るしな!」と啖呵をきって果てたというのは、論者の記憶ちがいだったようだ。
大方、多くの映画等で描かれる彼女のどれかが頭にこびりついてたのだろう。

過去稿で幾度か閉鎖社会におけるサディズムの発露例に論及んだ。
閉鎖空間の上逃げ場のない地理的条件にある社会は尚更、人間が潜在的に、顕在的に持つサディズムが暴走する事例が多い。
例えば鉱山だ。仲間一人を集団で殴り殺し、その場に埋めて全員で口裏を合わせたという(大昔の)事件証言はしばしば聞かれる。
そして船。こちらの方がより…
海に投げ込んでしまえば、山のように掘り返して死体が出てくるわけでもないのである。

さて、アン・ボニーのそんな『職場』はどんな世界であったのか?
童話のピーターパンでも思い返すか。フックの海賊船の章である。
先ず、このフック船長、右手が手首より先が欠損しており、義手として鉄鉤をつけているという人物設定だ。
甲板を掃除する日常風景で船乗りたちの紹介がされ、いよいよフックの段に。

「船員の一人がフックとぶつかり洒落者の彼のレースの襟をくしゃくしゃにしてしまうとしよう。
ははは、と笑った船長は、右手鉄鉤を船員の頭にかけ真っ二つに裂く。
他の船員たちは、断末魔を残し絶命した船員の死体をザブンと海に放り込み、何事もなかったかのように甲板掃除を続ける」

こんなところであったか?
ついでに書けば、フックの右手を切り落としたのはピーターパンだ。
ピーターは面白半分、切り落としたフックの右手を下にいたワニに与えるのである。
フックの血の味を覚えたワニは以降『本体』を狙って追い続け、最後またしてもピーターパンの与力でその宿望を適えることになるのだか。
今思い出せば、よくもまあこんな残酷な話が、子供向けファンタジーの名作として全世界の少年少女に読み継がれているものだ。
改めて、子供とは残酷好きなもの、との感を深めるところである。

元に戻す。
童話は童話としても、全くの荒唐無稽、事実無根の作り話というわけでもなかろう、騙し易そうで案外と騙せないのが子供である。
海賊社会とは、さしたる理由もない人殺しなど日常茶飯の世界であったことは間違いはあるまい。アンが殴りこんだのは、かくも殺伐とした男社会なのである。
そんな海賊家業に身をおき、女人禁制の掟などなんのその、名をなした彼女の日常は押して知るべし。
そして、その心裏も自ずから量り得るというものだ。

実力主義の建前が通じるのは無法者の社会だけ、よく言われる。
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


山田みつ子 − 音羽の幼女殺しは本当に『お受験殺人』だったのか?

69b79956.jpg件の事件が起きたのは、平成11年のことだったか。遠い遠い歴史上の出来事と錯覚させられるのは、大方は近頃の社会報道のせい?
そう… 
彼女と同じく我が子のために不条理な殺人をしてのけた飛鳥時代の母、鸕野讃良 (持統天皇)と同じくらい、遠い遠い昔に起きた歴史上の出来事になってしまった。

で、本稿で検証すべき内容は副題のとおりだ。
そして答えは至極簡単、明らかにNOである。
いうまでもなかろう。母親が他所の子供を殺したとあったら受験も糸瓜もなくなってしまう。
みつ子の子供にすれば、全く迷惑至極な母親の蛮行だ。

しかるに。
彼女が子供のためを思ってという心がなかったかという問いになると、これまた答えはNOであろう。
矛盾、それこそ幼児にすら理解しうるくらい分かりきった大矛盾…
この矛盾こそが、母親性そのものであり、また旧来女というものが爆発させ続けていた女性型サディズムの極例であったと結べよう。

ここに興味深い中国古典大衆小説がある、いや別ブログでも俎上にあげたのだが。
西遊記、その火焔山の段である。
女魔・羅刹女は、主人公である悟空を息子・紅孩児の仇とののしり、文字通り羅刹の形相で打ちかかる。
その実は紅孩児は、悟空の仲立ちで観音菩薩の元で修行しているのであるが、いくらそう説明してやっても分からない。
いや女魔は、(それが道理と)分かっているのだ。
分かっている、頭で分かっているから余計に腹立たしいのである。

子供をもったことはないものの論者もまた女、羅刹女の気持ちはそれなりには分かる。
勿論、『頭で分かる』方の分かる、であるが。

迂闊である、書き忘れていた。俗説によれば…
男は頭を中心とする円形思考、女は頭と子宮を二心とする楕円形思考なのだそうな。
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


9去法

手書き菊えー、もう一題、菊の節句に因んだ話をして見ましょう。
と、言っても実際は随分日付はかけ離れてるんですけどね、色々な意味で、ってなんでもありません。
今度は自然科学系の話です。

皆さん、ある数が9で割り切れるか検算する方法を知ってますか?
各位の数字を足していく、出た答えが1桁になるまでそれを繰り返します。
そして、それが9であれば、その数は9で割り切れます。

割と知れ渡っている検算方法ですよね。
でも、何でこれで検算が出来るのでしょう?
10という数を9で割ったらいくつ余ります? 1ですね。では100は?
お解かりでしょう? 千でも万でも十億でも皆答えは同じ、1余りです。
だから、桁は問題ではない、各位の数字だけを見ればいいと言うわけで。
そう、9去法ですね。高校に行ったことがある人は思い出してください。

この1余りが曲者、神様の失策、投稿日では後になるもののその実は前にお話しましたよねえ。
その後、親戚から仕入れた話を。
英国ってのは結構十二進法使いますよね。ヤードポンド法なんての。
昔、親戚のものが予備校の授業で体験したことです。
講師の方が、こう説明したそうです。
「10は3で割りないでしょ? 10円を3人で山分けするくらいなら(一人が1円得する程度だから)まだしも、これが10億円(を3人で等分するの)だったら大騒ぎになる」
一瞬あって教室は大爆笑、講師は赤面。
意味、分かりますよね?

と、この言い回し、



ミ ユ の 掲 示 板
9月25日(日)09時59分51秒 投稿への翌年1/8付 管理者返信

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


M女の遺伝子



 PCゲーム同様、アダルトコミックでもM男性市場はあまり大きくありません。女王様ものも最近でこそ時々みかけますが、数はやっぱり少ないですよね。

 三条友美のほとんどの作品は、内容的にはS男性向けで、劇画としてのレベルは高いと思いますが、M男性が見て面白いかどうかはビミョーなところ。
 ただこの人の作品ではいつも、「マゾヒズム」というものがある種の狂気として描かれている点で興味深く読めます。性癖とか趣味でなく、もうクレイジーな世界としてのマゾヒズムがここにあり、まともな理性で楽しむようなSMプレイとはほど遠い。このM女の「遺伝子」というタイトルにも、ちょっと惹かれました。

 マゾヒズムが「狂気」であるならば、それは精神病疾患のような遺伝子などにも原因があるのかもしれない。狂気とまでいかなくとも、Mッ気とかSッ気とかいうのは、気質の一種としても分類され、親の性格や生活環境から取得されうる類のものなのかもしれない...などということを考えさせられるのです。

 何かのきっかけでMなりSなりになるにしても、そのきっかけを受け入れるための素地みたいなものが、もともと全ての人類のDNAに植えつけられているのかもしれない。だとすれば、マゾヒズムもサディズムも、その人が左利きか右利きかと同じようなレベルで議論されてもよいのではないでしょうか...な〜んちゃってネ!

posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


初日出

日の出お正月をやったのは随分前のような気がしますが、なぜかまた元日です。

出し抜けですが、社会的に見ても学問的に見ても一年の一番初めの1/1にさしたる意味がないのが太陽暦の欠点といわれてますよねえ。
意味が少ないその中で、一つ見つけるとすれば。
一年のうちで日の出が一番遅くなるのが、ちょうど元日あたりになる、ってのは如何です?
元日を境に、有難いお日様の出てくるのがどんどん早くなる、だから初日の出を寿ぐ。
花札でもちゃんと、松と鶴、おめでたい動植物に加え、初日の出と目される日輪が配されていますよねえ。

さて、ここで。
違和感を感じてる人もあるのでは?
一年で一番昼間の短いのは冬至の日ではないか、と。
それは、それでいいんです。ただ、日の出日の入りの時刻は別問題でして。
例えば、秋分の日があるでしょう?
あの頃は、ほんっと、暗くなるのが早いですよねえ。
あ、そうです。
秋分の日の日の入りはもう一年の平均よりも大分早くなってんですよ。
秋分の日。昼の長さと夜の長さが同じになる日ってことで、日の出・日の入りが年平均値になる日ではない。
ご存知でした? そんなわけで日の入りが一年で一番早くなるのは、12月の始め頃。
その分のラグが生じるために、日の出が一番遅くなるのは冬至以降にずれこむわけです。

もうひとつ続けましょうか。
ご存知の通り、日本国は全国統一の明石標準時による時刻表示です。
まあ、実際には東西で1時間の時差があるんですけどね。
そして、我が住まうところは日本で一番日の出日の入りの早いところ、
って、また住んでる場所のヒントを出してますか。

別にこれくらいならいいでしょう?
都道府県名くらいならどうせホスト情報でわかってしまうんですから、

と、この言い回し、



お月様シリーズが終わって数日
基本的には 『目指せ!! 平成の女蜀山人!』 は7/16 14時以降 止まってます C

を丸写ししました。
んで、彼女が住んでいる場所は? ……僕は…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!


posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


祝融夫人 (中国・三国) − 火の神の末裔と称する武勇の王妃

2a9188d4.jpg三国志の祝融夫人は演義にのみの登場となる。
南蛮王・妄獲の妻である彼女は、諸葛亮に負け続ける夫や自軍に怒り、自ら蜀軍と戦う女性として記録に名を残す。
このように男勝りの性格で飛刀の使い手とされ、体格や体力もまた男以上としていわれる。

概ね、このような書かれ方をする祝融であるのだが、柴錬三国志では少々様子が異なる。
登場時は他と同様なのだが、段々大人しくなっていくのだ。
そして、木鹿大王が援軍に駆けつけたときの景が特筆ものである。
下世話にもいうところの最大級の歓待に「女房を抱かせる」ということがある。妄獲はそれをしてのけるのだ。
評判の美女且つ大女を夫の目の前で犯すという背徳感も手伝い、野獣のように猛る木鹿とは対照的にマグロ状態の祝融。
彼女のこころにあったのは二人の男のいずれでもない、諸葛孔明、という物語になるのであるが。

非常に官能的だ。
そして、本ブログとしては是非とも検証すべき3者の心理である。
一言で括ってしまえば、男というものは子供だ、ということになるのであるが、先ずは妄獲。
これは、只の悪戯心だけで話は仕舞だ。
そして木鹿と祝融であるのだが、前稿のスブやんとトルコ嬢の例に似ているのではないか?
男は必死、女はまるでへっちゃら…
しかも、本稿の木鹿は受身ではない、男性性の本質に倣い攻撃的性行為に及んでいるのだ。
にも拘らず、祝融は全くの『へっちゃら』、愈愈『(赤ん坊に接する)お母はん』である。
柴錬三国志に描かれる祝融は、武勇よりも閨房術に長けた女傑であった。

さて、敢えて冒頭断らなかったことだ。祝融夫人というのは多分架空の存在…
しかし、一向に構わぬ。何となれば、孔明南蛮行自体が(あったかどうかも)疑わしい史実なのであるから。
七縱七禽… 少数民族の間では、七度捕らえられ七度放されたのは孟獲ではなく孔明だったということになっている。
いずれにせよ、演義で語られる戦いと実際のそれとは大いに温度差がある、これだけは事実であろう。

孟獲が首長をつとめた南蛮、即ち少数民族は漢人と見かけでは区別ができない容貌である。
そして、行き来も盛んだ。実際孟獲自身も若き日は都で勉学し、南蛮行の後は蜀の官吏も務めているし。
人とは、そんな僅かな特性上の差異を見出し、その差異を理由に相戦う生き物なのである。




 注* 本日、元記事にはないおまけ動画を追加しました。(8/13)

 ここをクリックしてご覧下さい。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! 番頭様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


M男洗脳アニメ

 去年の今頃だったか、PCゲームの調教もので 男がマゾという設定がなかなかないよね〜 というようなことを書きましたが、そこで見つけた「ディシプリン」というゲームがアニメ化され、DVD になっていました。もうかなり前のことみたいですが、全然知らなかったです。レンタル屋さんで見かけて思わず借りてきてしまいました。




 お話は聖アルカディア学園という女だらけの学校に編入した男の子が、女の子たちに翻弄されるという内容なのですが、主人公(?)の早見拓郎は特にマゾというわけではありません。しかし学園を支配している森本レオナをはじめとする登場する女の子はけっこうサディスティックなキャラで、あの手この手で早見を虐めてくれます。ペニスや挿入というリアルな描写が多く、どちらかというと(というか誰がどうみても)まっとうなアダルトもの、つまりセックスをメインとした内容で、そこにやや変態チックなからみがあるだけで、SM的な匂いはあまり感じられないかもしれない。しかしながら、コレってけっこうM男が見てもかなり満足できそうな印象でした。ストーリー的には部活動の勧誘合戦みたいな構成をとりながら、官能と倒錯の世界をさわやかに描く、まさに青春学園もの。マゾでなくとも、男ならこのようなシチュエーションに憧れるはず。こういうアニメ作品を中高生の時に見れば、まともな男子生徒が自然にマゾ男へと洗脳されてしまいそうな感じがしますね。

 ディシプリンの元のゲームのことはよく知らないのですが、この世界では「マゾゲー」といって、マゾヒズム願望を叶えてくれる内容のゲームが一つのジャンルとして成立しているみたいです。
 ある方からメールを頂きまして、 こんなマゾゲー があるよと教えてくれました。



 けっこう面白そうなんだけど、やっぱりマックじゃプレイできない! なんでやねん!!?


posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


サロメ角田 − このカリスマ・トルコ嬢は名前どおりサロメだったのか?

aa604a27.jpg彼女が初の顔出しトルコ嬢としてブラウン管に登場していたのは1970年代なのであろうか?
トルコ風呂がソープランドと自主改称したのは1984年のことである。

さて、この(当時)トルコ風呂が昭和30年代以降の日本風俗史上いかに大きな位置を占めていたかは、これもヒット商品であるアメリカ俗語辞典の頁の割きかたを見れば分かる。
つらつら捲るに。
当時は影も形もなかった現在のSMクラブを含むところの、ありとあらゆるエロ系接客サービスは、ここで行われていたようである。
原型においては、どのようなサービスが行われていたのか?
スペシャルサービスという陰茎マッサージ、今日でいうとこの手コキである。それが段々とエスカレートして春をひさぐ場ともなるのであるが…

そこらの詳述は本ブログの守備範囲でないので、心理考察に移る。
野坂昭如『エロ事師たち』の中に興味深い箇所がある。主人公スブやんとトルコ嬢との会話だ。

「マッサージ台の上ねころんで、まあいうたら赤ん坊みたいやな、すべてもうあちらまかせで……スペシャルは、つまりやな、あれはお母はんにしてもらうような感じでなかあかん」
「お母はん? なんでお母はんがでてくんねな」
「お母はんの愛情ちゅうもんは、こうなんちゃうたらええかな、サービスええやんか……スペシャルで男が往生するやろ、そのときにイヤーやらアラアラやらいうて女がタオルでふきますわな。あの時、なんやお母はんによう似とる思うねん。男はもうその時必死やで、なんやらしらんけどすがりついとるわ、そやけど女はまるでへっさらでおる、それがどうもお母はんと赤ん坊の関係みたいなんやな」

なんと…
今日でいうとこの男性受けと呼ばれる世界、どんぴしゃりではないか!
だが…
昨今では『M系』などと商業主義によって冠される、手コキ、男性受け、であるが、(本質的には)SMとは別物だ。

野坂がスブやんに言わせているように、むしろ母子姦の方向に心理が向いているといえよう。
母子姦という別座標の倒錯だ。
その限りにおいて、母親が自分の息子に向けるようなサディズムが介入する可能性はある。
そして、母親たるトルコ嬢は、そのことに全く無頓着だ。これも劇中のトルコ嬢が見事に証言してくれている。

さて、本稿・サロメ角田も往年において、何千何万のスブやんたちの母親であった。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


夏祭り

ぼたんかすまだ月中なんですけどね、晦日の日付で投稿しましょう。
花札競技は一年12ヶ月、つまり12回で勝負します。
言うまでもなく6月を終わった時点でちょうどハーフタイム、折り返し点、これを特に競技用語では『半ドン』と呼びます。

半ドン、一般で言われている意味では半日勤務ということでよねえ。今は少なくなりましたけど、文学作品にも残ってますよ。
「今日は半ドンでございますから」紅葉の多情多恨より。
そうそう。元々は『半分ドンタク』、つまりはオランダ語のzondag(休日)からきています。
博多のお祭りということではありませんから。

さて、博多じゃないですけど、僕の地方も夏祭りなんですよ。今盛んにポスターが貼られている。
陽水の歌に歌われている盆フェスタでなく、その一ヶ月前、完全なる夏祭り。
漁村の名残ですね、このパターンの夏祭りってのは。

さて、祭りといえば、御神輿が付き物ですね。
ところがです。
我がエリアの祭りに関してはそれがありません。

伝説によれば、昔々はあったようなんですけど。
さる年のお祭りの折隣村と大喧嘩になり、そのときに神社境内に埋めてしまったのだそうです。
以来掘り返そうとしても、どんどんどんどん地中深く潜っていってしまうということになってまして。

どこかで申し上げましたように、お祭りには喧嘩がこれまた付き物。
祭りとは年に一度合法的に大喧嘩をやることにより一年の憂さをはらすためのもの、と言えるのかもしれません、文字通り乱暴な言い方をすれば。

と、この言い回し、



神輿 (←シンプルなタイトル)

を丸写ししました。
しかも、住んでる場所のヒントまで出しちゃっ…た。彼女を目の敵にしていたCountEcoでさえも気を遣っていたというの…に…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


浴仏と浴畜

藤島前にもお話しましたが合わせ系の花札競技において、藤の札4枚を集めると『藤シマ』という役になります。
少し補足すれば、同種の札4枚全部集めれば役になるというわけではなく、役になる月は限定されてます。
4月藤の他には11月と12月、原型であるトランプを考えればいずれも絵札です。
まあ、4のフォーカードということでしょうか? ここらの法則もちょっと興味深いところです。

あとそれから。シマは島とも書きますね。藤島。
なんで島なんでしょうねえ?
字引で引いてみますと、島 = 限られた地域 という意味があります。ほら、「ここはウチの島だ」ってヤツ。
ここに由来をするのでしょうか?
或いは単純に4枚(しまい)なんでしょうか?
こういった考察も楽しみですね。

さて、今日は4月8日、花祭、潅仏会、お釈迦様の誕生日、俗語『おしゃか』の語源となった日です。
これもまた、投稿日付では先になるものの前に話題としたように『江戸っ子言葉説』よりも単純に、死人を仏ということから、と考えたほうがよいのかもしれません。

少し見ましょうか。雪濤諧史より沐浴です。

呉中(蘇州)の某尚書が沐浴しているとき、一人の客が訪ねてきたので、沐浴中だといってことわらせたところ、客は腹を立てて帰って行った。
その後、尚書がその人を訪ねて行くと、その人も沐浴中だといってことわらせた。
そこで尚書はその家の壁にこう書いて帰った。


 君謁我我沐浴  君我を謁ぬとき我沐浴す
 我謁君君沐浴  我君を謁ぬとき君沐浴す
 我浴於四月八  我の沐浴するは四月八日
 君浴於六月六  君の沐浴するは六月六日

四月八日は浴仏(潅仏会)であり、六月六日は浴畜(家畜を川岸へつれて行って体を洗う日)である。


そして、これはどこぞに書き付けられてたもの。

>381 :投稿者名 :2005/04/08(金) 11:27:13
>
>【大人のなまちゃ】
>
>小便、聖水のこと。他意はない。
>
>単語提案者:【投稿者名】
>
>
>
>
>なんか・・・ネタで突っ走ってるだけだな。鬱
>
>
>382 :ミユ ◆MIYU/Cay/Y :2005/04/08(金) 12:28:46
>そうそう、それ昔使われていたらしいですね。
>奇しくもきょうは4月8日、花祭、潅仏会、お釈迦様の誕生日。
>私も行っていた幼稚園がお寺さんの経営だった関係もあって、4月8日の日は園内にあるお釈迦様石像にをかけたのを覚えてます。
>
>【おしゃかさま】
>
>尿を掛けられて性的満足を得る者
>
>単語提案者:【アメリカ俗語辞典】
>
>あれ!
>よくみると甘茶じゃなくてなまちゃ、あはっ!
>
>
>383 :深雪(ミユ) ◆P7xWfy4tj. :2005/04/08(金) 12:31:08
>↑ 訂正しなければならない脱字
>
>お釈迦様石像にをかけたのを
> ↓
>お釈迦様石像に甘茶をかけたのを

これらを鑑みるに。
SMプレーの世界においては、浴仏も浴畜も同義のようで、

と、この言い回し、



『味噌も糞も』ではなく『釈迦も家畜も』

を丸写ししました。
それもこじつけ気味に…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


フローレンス・ナイチンゲール − 白衣の天使、その素顔は?

025c426a.pngいまさらナイチンゲールとは? でもなかろう。
我が国においても看護婦、今はこの言い方は不穏当なのか? 女性看護士の代名詞とさえなっているくらいの偉人である。
その業績についてケチを付けるいとはないことを申し上げる。

このような彼女であるが、伝記を読めば従前に抱いていた清楚なイメージが雲散霧消すると言われている。
野心家中の野心家… その生涯を見れば全く覆しようのない評価だ。
さながら父親から「この子が男だったら」と嘆息される娘の部類である。
論者なりのキーポイントは、裕福な家に生まれながら当時の評価が非常に低かった看護婦という職業を志したこと、そして何よりも敢えてクリミア戦争に従軍したということであろう。
その背景には、白日夢癖・食卓恐怖症の精神性疾患があったとも言われているのだが。

ここで、彼女の性癖について話を進める。
過去稿で、科学とはサディズムの有効利用、医学はその最たるものと論じた。
同じく、(男性が生死をかける)戦場に住する女性はドミナントに最も近い位置にいるとも。
それぞれの該当稿を読み返し願えれば、ここで書くまでもなかろう。
双方に該当するナイチンゲールとは、内面サディズムの非常に色濃い女性…

歴史は人によって作られる。だが、逆は真ならず、人は歴史に作られるのではない。
マクロの流れたる歴史によっての偉人評は誤りであることが多々。
歴史人物評は必ず伝記を、このミクロの歴史たる個人史を解くことによって行わなければならないということだろう。

かのリンカーンがどのような黒人観を持っていたか調べるとよい。
本稿主人公ナイチンゲールと同様…
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


ご聖水とお小水の違い

 久しぶりに風邪をひいてしまいました。たいしたことはなかったけど、気管支炎らしく、喉もいたくて咳がとまらないので、病院に行きました。
 受付をすませてしばらくすると「これにお小水を」と看護婦さんに言われてカップを渡されたが出ない。「今はダメですね、でません」と言うと、ではこちらへどうぞと診察室へ案内される。診療と点滴が終わってからもとの受付窓口の場所に戻ってきた時に、急にモヨオしてきたので、

「診察が終わった今頃のタイミングで ご聖水 出してもしかたがないですかね?」

と思わず言ってしまっていた。

 熱でぼ〜っとしてなのか、 「小水」と言うべきところを 「聖水」と言ってしまったのだ。

 言った瞬間に気づいてから「しまった」と思っても後の祭りである。

ところが、相手の看護婦さんは知ってか知らずか、特に気まずいリアクションをするでもなく、かすかに微笑みながら「あ、今からでも遅くはありませんよ、検査しますのでどうぞ」と、また何事もなかったようにカップを手渡してくれた。
 
 別にご聖水が飲みたかったわけではない。無意識におしっこのことを聖水と言い換えていた自分は、やはり根っからのマゾ男なんだな、と思った。

 それにしても冷や汗のシチュエーションでした。マゾのカミングアウトにも等しいうっかりミスだけど、このような言い間違いするMッ気のある患者さんは、意外と多いのかもしれない。だから看護婦さんも「あ、この人マゾで聖水マニアなのね」と思って、慣れっこになっていたのだろうか。
タグ:花束
posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


絶場 (ぜつば)

朝鮮桐今日は桐の札に関する競技ルールを一つ紹介しましょう。
八八 (合わせ) 競技は、始め場札として6枚をまいた状態でスタートしますよね。
その6枚の中に20点札があるかないかで、その回の点数計算や取引に変動があるという定めがあるのです。

すなわち、20点札が一枚もない状態を小場といいます。この場合は通常の点数計算です。
20点札が出ている状態を大場といい、この回は計算が全て倍になります。
大場にはいくつか場合わけがありまして。
2枚(以上)出ている場合は二代縛りと称し、その回、次回を倍計算にします。
そして、桐の20点札です。
桐もしくは柳 (雨) の20点札が出ている場合は特に絶場と言って、点数等の計算がなんと全て4倍になるのですよ。
まあ、偶発性を持たせることで勝負としての妙味は増すもののインフレに走る帰来もある、ここらのルールはオプションにするといいでしょう。

あっと、小場、大場、絶場はそれぞれ、「こば」「おおば」「ぜつば」と読みます。
前の二つはいいですけど、ぜつばってのは重箱読みですね。
重箱読み、音訓チャンポンの熟語です。
そうですよねえ。「かさねばこ」じゃおかしいし、「じゅうかん」じゃもっと語呂が悪い。重箱は「じゅうばこ」です。
ひとつには語呂の問題、もう一つには漢字がそもそも外来語であること、こんなあたりでちょっとしたギャップもまたありなのでしょう。

さて、李白の有名な詩でもみましょうか。"絶"景が吟じられます。

  早ニ發ス白帝城 李白

 朝に辞す 白帝 彩雲の間
 千里の江陵 一日に還る
 両岸の猿声 啼いて住まざるに
 軽舟 已に過ぐ 万重の山

僕たちも授業で習ったこの七絶ですが、結句の「万重の山」を「まんじゅうのやま」と読んだ人がいまして。
まー、一口に音読みといいましても、呉音 漢音 唐音と三通りありまして。
この場合は、「ばんちょう」と読みますよね、普通。

でも、最近は「重複=ちょうふく」を「じゅうふく」と読む人も増えてきたから、そのうちに「まんじゅうのやま」でも正解、ってことになるかしらねえ、

と、この言い回し、



まんじゅう?

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


ナオミ考

別ブログにしばしば投稿していた随想風の記事を一稿挟もう。

みーちゃん、はーちゃんということがある。即ち日本女性の名前は「み」「は」で始まるものが多いことをからかい気味いった成句である。
遺憾なるかな論者も当該範疇に属するのであるが、それはさて置くとして。
これは、それだけ名前のバリュエーションが少ない、ひいてはそもそもは女性には(正式な)名前がなかったことの名残なのであろう。
みーちゃん、はーちゃん… これが、本ブログのテーマであるサディスティンということになると少々事情が異なる。

圧倒的に多いのは、『ナオミ』 通称、筆名、営業関係であるなら芸名源氏名の類でこう名乗るのがやまとなでしこのようだ。
谷崎潤一郎『痴人の愛』の奔放なヒロインにちなんでつけたものであることは容易に推測できる。
余談から入るなら、現在のフェムドム創作の草分け的な存在で『春川ナミオ』という人物がいる。
まあ、この名からすれば男性であるだが、この春川氏、しばしば女流と間違えられる。
即ち片仮名表記の読み難さ、春川"ナオミ"と読まれてしまうのがその訳らしい。
『谷崎・痴人の愛に因んだ女流の存在』がまたナオミを増やす要因にもなっているようだ。

さて、かかる現状であることを請けてか、その手の主流ビデオメーカーのプレイングマネージャーもまた『浅野ナオミ』を名乗っている。
しかるに。
今朝ほど覗き見た某サイトで、氏のことを『浅野なつみ』と紹介している記事があったのである。
片仮名でなく平仮名で書いてあることからすれば、誤植の可能性は薄い。いや、一人思い当たる人物がいるのだ。
過去投稿で論題とした漫画家・弓月光とも関連する女優だ。

浅野なつみ。弓月光『みんなあげちゃう』の映画化に際しヒロイン『間宮悠乃』役でデヴュー。
件のサイト記事筆者はうっかり、この女性の名前を書いてしまったのではないかと思料する。
『みんなあげちゃう』は、少女誌に描いていた弓月が病気静養の後、青年誌に転身して執筆再開した際の作品だ。
青年誌ゆえ性描写も描ける。少女誌時代より垣間見られたフェムドム的記述も堂々解禁といったところだ。
実際同作は人気を博し、述べたとおり映画にまでなるのである。

が論者の感想は。
ことフェムドムの色合いやサディスティンの登場割合に話を限れば、むしろ少女漫画時代のほうが上だったような気がする。
(通常の)性描写が出てきたために、弓月流フェムドムワールドは影が薄くなってしまった。
この現象は、本ブログ全般で論を進めるに於いて重要な論拠ともなっていることを付け加えよう。

『ナオミあらかると』、この一作のみにあらず…
弓月漫画頻出の奔放女性もまたナオミである。
【この記事へ管理者のコメント】
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


鸕野讃良 (持統天皇) − 果たしてこの敏腕政治家は女であることを否定していたか?

583d5370.jpg別のブログのほうでしばしば話題にした持統天皇だ。
天武帝の皇后であるこの女性の父は、天智天皇である。
つまりは、天武持統は叔父姪の夫婦であるのだが、本稿はそれを論題とはしない。
過去稿・北条政子の続論的な一稿としよう。

政子を論題にしたのは随分前ゆえ、少々復習するか。
あの折、論者は女であることも妻であることも母であることも一切否定した女性と政子を評した。
この政子とよく比せられるのが、持統帝だ。
確かに、内乱を制し覇者となった夫の後を継ぎ、自ら先頭に立ち組織存続、繁栄の為腕をふるった点はよく似てる。
そして、組織防衛のために政敵を謀殺したことも…
だが、あの折にもこの両者には決定的な違いがあると論じた。

再度俎上にあげる。
政子は腹を痛めた我が子すらも葬り去った。ひたすら幕府繁栄のために。
しかるに鸕野讃良は…
彼女が葬り去った政敵の代表格は、大津皇子だ。

日本書紀等によれば、この大津皇子たるや大変な能力者、非の打ち所のない人物と記される。
だからこそ、天武帝が政治の一切を任せると遺言したのであるが。
そう、彼に任せておけば壬申の乱後「神にしませば」と言われるほどまでに高まった朝廷・天皇家の地位は揺ぎ無いのである。
再度、しかるに鸕野讃良は… である。
これを葬り去った彼女の行動は、組織存続・繁栄とは逆行する。
無能な者ぞろいなことに業をにやし一掃した北条政子の粛清とは天地の違いがあるといえないか?
公私混同、私怨もいいとこ。事実、実孫にあたる文武天皇が一人前になるまで、『持統天皇』として自ら老骨に鞭を打たねばならなかった彼女である。
そして、文武帝に譲位し初の太上天皇、即ち上皇となる…

かくして検証をするに、持統天皇とは女を否定していたとは言いがたい。否、女そのもの。
即ち、自分が腹を痛めた者をたてたい、尽くしたい、というありふれた母親像が実体であり、政治手腕はたまたま有していた能力のひとつに過ぎないのである。
そして、そのためには人殺しをも辞さない、この意味では女性型サディズムが色濃い人物と言えるのではなかろうか?

我が子のためと思い巡らし、不条理とも思える殺人をも、であるか?
果たして、渦中の畠山鈴香なる容疑者は…
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


ピンはね

胴前今日はまた、カブの話をしましょう。
カブでは独特の数の数え方をする、何度か話題にしてますよねえ。
では、一番初めの1はなんと言うのでしょう?
ご存知の人も多いでしょう。ピンです。

これ語源を見てみると意外や意外、外来語なんですよ。
ポルトガル語のpinta(点の意)から着てるらしいです。
ピンからキリまで、って普通の言葉でも使いますよねえ。
そして、あんまりいい意味でない『ピンはね』なんて。元々は一割を掠め取るという意味なんでしょう。

まあ、派手にピンはねされるようだったら問題でしょうけど、元々の語源である一割ぐらいだったらしいいでしょうよ。
僕は皮肉でなく、そう思います。
ここでまた日本の風土です。
農耕民族、集団で生産を行っている土地柄を持ち出しますよ。一人では生産など出来ない国なんです。
皆が皆で助け合う国土、儲けがあったら黙って一割くらい掠め取られるくらいの気がなけりゃねえ。
金は天下の回り物、そうやって人様に回してやらなければ自分の方にも回ってきません。

ときに皆さんは『供養』とか『回向』とかをどのような意味にお考えですか?
ある僧の説明を聞いたことがあります。

 供養 - 供に養うこと  回向 - 向こうに回すこと

いいですねえ、これ!
これが日本流の奥ゆかしさであり、日本人のやさしさでもあると思います。

それに引き換え…
増えてますよねえ。同人販売とか言う利益独り占め形態!
そして、今年も彼らの一大商機が近づきました。
ここまで書いたのでから、行きがけの駄賃です。風雅とは正反対のことを続けるとしましょう。

ずばり、僕は同人は嫌いです。
某所でも、「利潤を追求しない企業体など罪悪以外の何物でもない」と正論を書きました。
金を取る以上は、より魅力的商品をつくり利益をあげ、税金を払うことで社会に貢献するのが筋でしょうが。

世の中には非営利企業もある、それは知っています。
だとしても同じでしょうが。
より多くの「同人」を集めることにより1個宛単価を下げ、「同志」に利益還元をしなければ嘘です。

特に紙メディアの場合。
印刷物の製造原価は版組コストが大部分を占めますからねえ。
広告パンフと間違えるくらい薄っぺらな同人誌が、1000円も1500円もするようでは尋常ではありませんよ。

ここに、アマチュアスポーツ審判員の方の逸話があります。
支給される交通費実費&弁当代を貰うかどうかで大議論をやったとか。
「わずかな額なんだから、堅く考えず貰ってもいいじゃないか」
という一方の方に、もう一方の方は頑なに反論したそうです。

「わずかな額だからこそ貰いたくないんだ。おれはこの競技がすき。だから審判員をかって出てる。好きなものは金に替えたくない、世の中にはただ働きする喜びもあるのだ」

と。

「別に金が欲しくて同人をやってるのではない。自分の作品に人が金を出してくれるのがうれしいんだ」
などとマズい言い訳をして、「わずかな金」を懐に収めている同人作家諸兄諸姉と、この頑固審判員の方と、どちらがかっこいいか。


   おほけなく ネットの民に おほふかな 彼が描くそばに みえみえの世辞


同志を集うことを命題とするのなら、ちやほやされるのが嬉しいのなら、その喜び、そちらが「金を出して買って」くださいな。

と、この言い回し、



ミ ユ の 掲 示 板 5月18日(水)21時30分
「火中の栗を拾う」 具体的には他者発言を私が言ったと言われかねないような言動をとること

を丸写ししました。
でもよ。これならば彼女の主張を僕が代弁…してる…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


ラーレ・アンデルセン − 『リリー・マルレーン』に見る戦場の女考

1aedaf18.jpg女性兵士が戦闘に参加するようになったのは、極近年になってからである。
或いは逆に古代伝説時代にその例をみるか?
いずれにせよ、歴史上大半の時代においては、戦闘参加は男性の専売領域、古今東西共通の事実である。

では、戦場とは男性のみの居住区なのであるか?
答えはNO、これまた古今東西共通の事実なのである。
即ち、兵士たちを慰安する女性たちが、さながら金魚のふんのごとく兵隊に付き従う。
そして、その女性たちは。
直接的に春をひさぐ者もあり、また本稿主役たるラーレ・アンデルセンのごとく歌声をもって慰安する者もあり…

そして彼女たちに癒された男たちは、戦闘に赴き或いは不帰の人となる。
『リリー・マルレーン』訳詩(のひとつ)の一説に見るように。

  お前を愛した男たちは 静かに眠っている

思えば、こうした女性たちこそ、女権による男性支配に成功した人々なのではないか?
死の可能性が高いものは、その生きた証をこの世に残そうとする。人間だけでなくありとあらゆる生物がそうなのだが。
肉体的に残そうとすれば(最後に)異性と性交し子種を、精神的に残そうとすればその愛情・感受性を、それぞれ彼女たちに託す。
女性たちはサディズムを発露させ、これを踏みにじることも可能だ。
カードはこちらにあり、受身であるがゆえの優位の典型と言えるか。

男たちを戦いに赴かせ、その命を自由にする権力を持っているガバナーは別者であるにせよ、その権力執行者は戦場にあるラーレのような者たちなのだ。
現場は強し。
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


アクセス増を狙うなら、むしろ会員制にしたほうがよい

ときに、所謂コンパと呼ばれるものに参加する機会が多くなった昨今の論者たる実人格である。
このようなイベントには幹事がおり、出席率をよくしようと腐心する。
一体、どのような施策が効果的か?
ひとつには、会の名称を下記のごとくにすることが効果的と言われている。

  いない者の悪口を言う会

まあ、別ブログ黎明期の記事にしたことでもあるのだが、人間にとって他人の悪口ほど面白いものはない。
であるから反面、悪口を言われてなるものかの心理も働く。
件の出席率向上の裏技は、大いに頷けるところだ。

さて、過去稿で論題にした会員制SNS。
飛躍的に会員を伸ばしている理由のひとつに、或いは上記人間心理の存在があるのかも知れない。
即ち員外の者は、mixi内部で何が行われているか全く知りえない。知らないところで不都合なことをされていたんじゃ堪ったものじゃない、ならば自分も、ということである。
少なくても論者はそれが気になる、気になるというのがmixiなるものに関する唯一の関心である。

何度か論者も同SNSへとお誘いを受けた。丁重に辞退して現在に至るのだが。
と、ここで今ひとつの論に進めよう。

何でもmixiなるものは一見さんはとらない、既存会員のメールによる紹介状持参が入会の前提とか。
お誘いを受けた、誘って頂いた各位は自メールアドレスを教示した、このメアドは論者以外の目にも留まっている。
もし仮に。何者かがこれを見て、論者が通常使っているハンドルでこれらの方々にメールしたとしたら?
論者はメールをやっていない。このことを理由にお誘いを辞退したくらいである。
別人との立証は不可能…

これである。二つ目の頭痛のタネは。
つまり、『論者たる人格』が既にmixiで活動しているやもしれないのである。
論者にとってmixiとは本当に迷惑な存在、この亜流がこれ以上隆盛になるようなら、いよいよ住みにくいネット巷間になってくる。
今の段階では、明るい悩みの部類なのであるが。

論はここまでとして、連絡を。
かの マゾ男性向けSM創作短編集 、更新した。
それとなく論題にしてるあの事件や、本論にも関係したブラックユーモア仕立てを1本追加してある。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【御転婆天地驚動組合】
タグ:会員制 サディズム サディズムに花束を! http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/ SNS mixi 御転婆天地驚動組合 マゾ男性向けSM創作短編集 http://otenba.seesaa.net/ 畠山鈴香 豪憲 コンパ 幹事 出席率 悪口 アクセス メール メールアドレス ハンドル ブラックユーモア 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 株式会社ミクシィ 笠原健治 会員制SNS 人間心理 ドキュメンタリー ネット掲示板 管理者 トールフェチ 創作サイト 女生徒 なぶり 管理人 パトロール 警官 女子高 便器 特殊性癖 排泄物 リンク リンクサイト 趣味 入院 二ツ井 藤里 世界遺産 白神山地 団地 心霊写真 PC エロ小説 小説 小学生 3組女子 3組 母親 デカ女 鬼怒川温泉 仲居 荒唐無稽 瓜実顔 HD オナニー 藤琴川 大沢橋 事故 事件 手作りのビラ 警察 秋田 秋田県警 HN ディスプレー ポケモン ウサギ小屋 般若 鬼子母神 鬼女 絞殺 殺人 連続殺人 魔物 女魔 母性 死の安定 仮想 河村めぐみ 恐山 イタコ 成仏 刑事 国家権力 死体遺棄 死体 マスコミ ワイドショー 失踪 供述 二転三転 事件化 BBS 犯罪 人とつきあう法 河盛好蔵 徳川夢声 いない者の悪口を言う会 オシッコ なぶりもの 便器舐め 便器になった25歳学生 web ネクラ Y小学校 鬼怒川 高校生 女子高校生 藤里町 能代署 ユング ユング心理学 形見分け 勉強部屋 町営団地 鬼子母 アクセス増 母性の二面性 失禁 尿 ションベン 公判対策 パクリ パクリ 作品置場 嬲 作品置場 ミイラ ミイラ発言 岩手大 心霊 【かっつ】会員制SNS「mixi」の赤裸々な内情を広く外部に知らしめてくれた吉田勝久さんに感謝状を贈ろう!【ミイラ発言】 BLIZT CUBE  sexii ケツ毛バーガー 白鯛素久 村岡万由子 mixi・ケツ毛バーガー騒動
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


軽大郎女 (かるのおほいらつめ) − 実兄・ 軽皇子と情を通じ流刑地で心中

9e079385.jpg三親等以内の相姦結婚が禁じられていたユダヤの事情とは異なり、わが国にこれと同内容の規定が出来たのは極々近世になってからである。
例えば、江戸時代中期以降にも三親等夫婦の例が見られる。
ましてや本稿の舞台は遥かに遥かに古代の記紀時代だ。オジ姪・オバ甥の夫婦など珍しくもなんともない。
だが、これが兄妹、それも同腹の兄妹となると…
少なくても、政敵に廃太子の口実を提供するスキャンダル種にはなったようだ。

軽大郎女の同母兄、軽皇子は皇太子であった。ところが、父・允恭天皇が崩じたのち、即位を前にして皇子は妹の大郎女と情を通じた。
民衆の心は軽皇子から離れる。
ということはこの時代においても兄妹婚はタブー視されていたということなのだが、ともかくこれを機に允恭第二皇子である穴穂皇子を支持する一派が勢いづく。
而して武力闘争に至り、結果軽皇子は破れ伊予に流されることとなる。

この間、彼女と兄との間の相聞歌は古事記にのこる。

  君が往き 日(け)長くなりぬ 山たづの 迎へを行かむ 待つには待たじ

副題のごとく、軽大郎女は兄であり思所(こいびと)でもある皇子を流刑地まで追い心中して果てるのである。
今尚、多くの物語にかたられる記紀の逸話である。
近親姦は『聖なる恋』… 恋とはすべて不倫… 前稿で述べた外野の喧しいおしゃべりはさておくとして、この稿では当事者の心理を検証してみよう。

近親姦というのは現在の価値観では異常性欲に分類される。
そして、俗に言われる正常性癖の持ち主は、それを忌む。
人間の直情・直感というのは、非常に正しいもの…
これは、見性院の稿の結びだ。決して矛盾しない。

いや、むしろ『おしゃべり』と『結び』は互いに補完し合うとさえいえよう。
どこぞの娘の火付けではないが、一旦恋に火がついてしまうと何もかもが見えなくなってしまうものだ。
特に本能的に (例.本稿ほか) 、或いは逆に打算的に (例.ロミオとジュリエット) 忌むべきものと分かっている場合はなおさらのこと、でなければこの世の中に心中などあるわけがない。
そうであろう? 死んでしまえば、恋も性愛も糸瓜もなくなってしまう。
恋と言うのは生殖に至るお膳立てであると同時に、死に直結する人生の落とし穴でもある…
本稿・古代の兄妹を見るにつけ、つくづくそう感じる論者だ。

さてさて、論者にも兄が二人いる。
軽大郎女たりうる形式的要件は備えている論者であるのだが、さてはて…

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


食欲の秋

ぶたさんさて、投稿日付では後日10月になってますが昨日、紅葉の話題で鹿の肉のことをもみじということを書き込ました。
で、イノシシの肉は? の答え。
萩ならぬぼたんです。
綺麗なぼたん色をしてるから、ぼたん。
残念ながら、この件に関しては花札は関係がありません。

ま、ともあれ、旧暦の7月はもう秋、色気よりも食い気の食欲の秋であります。
江戸の風流人たちもその辺は同様だったようで、狂歌師・大田蜀山人は、百人一首・大江千里の

  月みれば 千千に物こそ かなしけれ 我身ひとつの 秋にはあらねど

をもじって

  月みれば 千々に芋こそ 喰ひたけれ わが身ひとりの すきにはあらねど

と、やってます。
昔から焼き芋は秋の味覚だったようで。

そして、このようなパロディ百人一首もまた昔からあったようです。
こんなのはどうです?
ちょうど去年の新旧7月にかけてだったですかねえ? 某ライブドアのブログの大幅仕様変更がうまく機能せず不具合の連続、ブーイングが殺到したのは。
その折の一首です。

    やすらはで 寝なましものを さ夜更けて 片付くまでの 次を見しかな

元歌はこれ。

  やすらはで ねなましものを さ夜更けて かたぶくまでの 月をみしかな


食い入るようにディスプレーを見つめ、今終わるか今終わるかと状況を見守る。
どうも損な気性の方のようで、「決まりがつかない」のは気になって気になって仕方ならしいんです。
別に画面に張り付いて、いつ再構築が掛かり終わるか見てても早くなるわけでないのにねえ。
ま、そんな作者自身を皮肉ったパロ狂歌です。

そうそう、最初は、

    やすらはで 寝なましものを さ夜更けて 片付くまでの 画面見しかな

だったんですけど、標記に改作したとのことです。
画面をプリントアウトした「」の挿絵CGが必要になりましたけど、そのぶん音は元歌に極めて近くなったでしょう。

    やすらわで ねなましものを さよふけて かたぶくまでの つきをみしかな
    やすらわで ねなましものを さよふけて かたづくまでの つぎをみしかな

更に、清音濁音の区別のなかった明治以前の表記に従えばもっと近くなりますよ。

    やすらはて ねなましものを さよふけて かたふくまての つきをみしかな
    やすらはて ねなましものを さよふけて かたつくまての つきをみしかな

ね?
たった1文字換えただけですよ。
いやー、この人って…

と、この言い回し、



先月の積み残し〜

を巧みに丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


笑って答えず

10月さて、花札は10月紅葉。
カエデとモミジはどう違うか?
敢えてペンディングにしておいたこの問題に答えを出すべく、今日は辞書を引いてみましょう。

もみじ【紅‐葉・黄=葉】〔もみぢ〕
[名]スル《動詞「もみ(紅葉)ず」の連用形から。上代は「もみち」》

1 晩秋に草木の葉が赤や黄色に色づくこと。また、その葉。こうよう。「美しく―した山」《季 秋》

   山くれて 紅葉の朱(あけ)を うばひけり (蕪村)

2 カエデの別名。また、その葉。

よかったぁ〜 カエデとモミジと同じものでした。
と、3 4 は割愛して5の意味をみてみましょうか。

5 鹿の肉。鹿には紅葉が取り合わせであるところからいう。

なんと、花札の組み合わせですね。流石トラデッショナル-ジャパニーズ-カーヅ!
ただしですよ、待ってください。イノシシの肉のことは何て言います?
…ま、まあ、そこらが元々が符牒だったということなのでしょう。

ということで、投稿日付とは必ずしも一致しない過去記事で取り上げた、女子高生・隠語符牒暗号編第三弾をいきましょう。
「香爐峰の雪」、「山吹の花」に続く第三弾とは?

まあジャン(←苦しい掛詞)とまではいかないまでも、彼女たちも休み時間にカードゲームに興ずることくらいはあるようです。
こんなものってのは、大概ワイワイがやがや、と相場が決まってるんですか?
「あー、手がいいんだろう?」とブラプ掛けられたときに返す言葉は決まってこれ。

「笑って答えず」

こちらは、隠語符牒暗号の類というよりは、そのまんま、です…か、、、

  山中問答 李白

  問余何意棲碧山
  笑而不答心自閑
  桃花流水杳然去
  別有天地非人間

 余に問う 何の意ありてか碧山(へきざん)に棲むと
 笑って答えず 心自から閑なり
 桃花流水 杳然として去る
 別に天地の人間(じんかん)に非ざる有り

下敷きにあるのは、陶淵明の桃花源記、所謂「桃源郷」です。

と、この言い回し、



隠語符牒暗号編

を巧みに丸写ししました。

 人間到処有青山 電間到処有番頭  

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


ロトの娘たち − 父を酔わせ交わり男子を一人ずつ授かる

c1faabb1.jpg旧約聖書創世記からであるので歴史といえるか?
とまれ、昨今の風潮に倣えば「衝撃のマゾストーリー 〜 二人娘が実父を逆レイプ!」あたりの煽情的タイトルを付して売り出せそうな話が、世界で最も読まれている本の中にあるのだ。

とは言うものの、逆レイプということはあるまい。これは逆レイプなるものの存在自体をふくめて言っているのだが。
即ち男性の生理構造だ。
ロトの例で言えば、娘の起臥も分からぬほど泥酔した前後不覚状態で性の行為が営めるはずがない。歴然とした姦淫願望があって大脳新皮質が醒めてなければ勃起し射精することなど不可能なのである。
従って、これは近親姦のトピックスとして論ずる素材だろう。

見性院の投稿で、三親等以内の結婚禁止の現行制度に触れた。
ユダヤにおいて当時すでに、三親等以内の相姦結婚が禁じられていたことには驚かされる。
この厳格なる制度整備がために却って近親姦が『聖なる恋』のようにみなされ、こうした物語が生み出されたのかもしれない。

恋とはすべて不倫… 聊か文学的に過ぎる帰来はあるもののよく言われる。
悪いことをするのは楽しいものだ。

とは言うものの…
論者にロトの娘と同じことをしたいというの願望はない。
ない、という否定というよりは、考えも及ばない、初手からアウトオヴスコープ、とでも言った方が幾分なりとも正確か?
兎も角、そのような感じだ。

あまりにも近くで生活を営んでいるせいなのだろうか?
また機会があればということで、この件はペンディングとしよう。


posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


秀吉に兵糧攻めにされた城の男女たち − 戦国終焉のための人柱

e2bc5b10.jpg実戦における豊臣秀吉は兵糧攻めを得意とした。
織田の一将として中国毛利領を攻略した際にしばしば用いる。羽柴筑前守秀吉と呼ばれていた時代だ。
この稿は秀吉ではなく、攻められた側の名もなき男女たちを主役に論じよう。

折も折、国営放送の大河ドラマで少し前に放映していた。
場所は三木城であったか?
長澤まさみ扮する女忍・こりんが、表題のごとき人物となるストーリーであった。
その折、こりんは飢えのため視力を失うことになるのである。
戦いの悲惨さを訴えるがためのこの設定であるのだが、史実を調べてみるに…

とてもとても、こんな甘い話ではない。
三木城と同じく干し殺しにされた鳥取城では、やせ衰えた男女が城の柵に取りすがって、外に出してくれと泣き叫ぶ姿が見られたという。
そして威嚇のために鉄砲で撃ち殺すと、たちまち死人にとびついてこれを食ったというのだ。

カニバリズム、和訳すれば食人症、平たく言えば人食い。
ものの本によれば、飢饉の折に人が人を食べることはカニバリズムには含まれないとのことだ。
さもありなん。
飢えの前に、女も男も、正常も変態も、サディズムもマゾヒズムもカニバリズムもフェチシズムもあるものか!
人は何らかの食物を摂取せねば、その命を保つことが出来ぬ。この事情は他の生物となんら変わりがない。

衣食足りて礼節を知るということがある。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


藤娘

藤娘さて、花札4月のテーマ植物は藤、調べてみるとこれ、日本原産なんですよねえ。

>日本には、「フジ(ノダフジ)」と「ヤマフジ」という2種類の日本固有種がある。
>園芸植物としては、日本では「藤棚」に仕立てられることが多い。白い品種もある。
>つる性の植物で、柱となる樹木の上部を覆い、その光合成を妨げる。
>このため、植林地など手入れの行き届いた山林では、藤は刈り取られる。
>これは、逆にいえば、手入れのされていない山林で藤を多く見られるということである。
>近年、日本の山林で藤の花が咲いている風景が増えてきた要因としては、木材の価格が下落したことによる管理放棄や、藤蔓を使った細工(籠など)を作れる人が減少したことが挙げられる。
>
>フジ(ノダフジ):一般的に藤といわれるのがこれである。
>山野に普通。木に巻きついて登り、樹冠に広がる。かなり太くなるツル性の木本である。
>花穂(かすい)は長くしだれて20〜80cmに達する。
>蔓の巻き方は右巻き。花は紫。本州・四国・九州(温帯から暖帯)に分布する。
>
>ヤマフジ:他の木に巻きついて大きく成長する。
>花は淡紫。花穂(かすい)はフジに比較して短く、蔓は左巻き。
>本州西部・四国・九州(暖帯)の山地に自生する。鑑賞用に栽培することもある。

…山林放置が昨今藤をよく見かける理由、こういうことですか?
花札ブログとしてはさびしいところです。
思えば、昔は藤の花は日本女性の化身的に描かれましたのにねえ。
ほら、大津絵の藤娘、

  昔絵の 春や辨慶 藤娘  (子規)

日本舞踊「藤娘」では、藤娘(藤の精)が藤の花枝を持って舞う。こうした幻想的な国風美がかつてはありました。
そう、かつてです。
今はすっかり少なくなってしまったつつましやかな日本女性の姿。
僕も真摯に反省しなれけば… いやいや独り言です。つっこみはなしということで話題をふりましょう。

日本舞踊、略して日舞といいますよねえ。
こうした略しかたが多いのも、日本語の特色です。
原因を考察すれば、そもそも日本舞踊というのは漢語、外来語を日本語に取り入れた言葉であるせいでしょう。
ほら、現代でも英語名称を頭文字のアルファベットで略すことが多い、あれわかりにくいですよねえ。
ということで、日本舞踊のことを日舞というのは好きではありません。

何でも略せばいいってものでもないですよねえ。
日本舞踊、略して日舞。
では、デンマーク舞踊は?
インド舞踊は?
ってね、

と、この言い回し、



また今日も投稿だけでリンク貼りは後日回しです

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


みなす

雨5今日は競技花札の話です。

八八 (合わせ) 競技の出来役で、『六短』或いは『七短』というのがあります。
説明せずとも分かるでしょう? 短冊の配された札、全部で10枚ある5点札を6枚若しくは7枚集めた役ですよねえ。
ところが元々のルールでは、柳 (雨) の5点札は対象外なんですよ。
即ち、残りの5点札、9分の6 (9分の7) を揃えなければならないわけです。
柳の札は全てカス札とみなすことができる、この優待とのバランスでしょうか?

ところが、手役の方にはこの縛りはない。柳5点札+任意のカス札×6 でも手役『短一』は完成します。
ただし〜
そうですよねえ。投稿日付では後になる過去投稿を読んでくれた人は「あはっ!」と言ってるでしょう?
柳5点札はカス札とみなすことができるのですから、(そうみなして、全部カス札の高位手役) 『からす』にしたほうが得になります。
事実上有名無実の縛りだったわけです。

時に皆さん。
「みなす」と「推定する」の違いは解ります?
まあ、普通に話す分には大した話ではないのですが、これが法律用語の世界になるとちゃんと区別しとかなければならない。
有罪無罪がひっくり返ってしまいますものねえ。
「みなす」というのは、白いものを黒、とくるめること、「推定する」というのはそれをデフォルトとする、ということ (反証を挙げたらひっくりかえる) です。
なぜか僕、最近になってこうした法学の基礎講義を受ける機会にめぐまれてましてねえ、ちょっと凝ってるところです。

法律用語の別の特色はといえば、漢字を独特な読み方をする場合があるということでしょう。
例えば、遡及。これは「さっきゅう」と読みます。
同音の別用語「訴求」と区別するためにそうしてるのであって、別に奇をてらってる訳ではありません。
ましてや、一部ネット掲示板で用いられている意図的誤字や符牒のように、波長のあう人間だけで排他的馴れ合いをする目的で独特な読み方をしている訳でなどあろう筈もありませんから、念のため。

そうですね。者、物、(抽象的な)もの、
これらを区別するためにわざと、シャ、ブツ、と読むことがありますものねえ。
え? こんなの社会常識レベルの知識じゃないですか。
しっかりしてくださいな。

と、この言い回し、



では季節感を出して

を丸写ししました。
番頭なんて物が…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


サイト主催者が「クレクレ君」と言うのは辻褄のあわぬ話である

この稿はネット巷間事情の考察にあてる。

さて、ネットの嫌われ者のひとつに『クレクレ君』なるものがある。
論者も別ブログのほうで題材にしたことがある。
で、これはどういう意味なのであろうか?

あの折、論者は情報交換目的の掲示板を頭にイメージした。
情報交換… 各自が手持ちの情報を提供し、ギヴアンドテイクの精神の元、必要とする情報を持ち帰る。
しかるに時折、こういった書き込みを目にする。

「○○について(情報があれば)お願いします」

仁義に反する。情報が欲ければ先ず自分の方から手持ち情報を提供すべきだ。
情報提供のためには、手間隙リスクその他の原価を払わればならぬ。
それをせずして、自分の必要な情報だけ得ようとするのは虫がよすぎる。
論者は、かかる連中を『クレクレ君』と揶揄した。

ところがである。
『クレクレ君』というのは必ずしもこのような意味だけで用いられる訳ではないようなのだ。
ときたまであるが、(情報交換目的の掲示板サイトではない) サイトの主催者や常連が一定の訪問者のことを『クレクレ君』と評することがあるのである。
結論から言えばおかしな話だ。『クレクレ君』なる言葉が出てこようはずがないと思料する。

そもそも、サイトの主催者は自コンテンツを他人に、それも不特定多数に閲覧させる目的で公開する。原価リスクが伴うことを承知の上で。
この出発点からしてヘンなことを言っている主催者もあるのだが、兎も角WEB公開は間違いなく当人の意思でされたもの、この事実だけは動かしがたい。
それを請けて訪問者が現れる、なんの問題があるというのか? 主催者の意図どおりだ。
にも拘らず。
何と、そうした訪問者に『クレクレ君』なる罵言を浴びせる輩がいるのである。
論者が知る限り、一部、特殊性癖創作サイトを自称するアダルトサイト主催者の専売傾向なのであるが。

卑近な言葉を使おう。
「こいつらこそが『見てクレクレ君』『買ってクレクレ君』!」
念のために言うがこれは、論者の価値尺度から出た発言ではない、彼らの価値尺度に当てはめれば上記発言が出てくるということなのである。

この世の中に金のとれるものを、只でくれるようなお人よしはない。
どこのどなたに見られるかもしれないネットという場所に、価値がある、金が取れる(と自分にも思える)ものを公開するバカなどいないのである。
つまるところ、そこらの公開サイトに展示されている作者本人曰くの創作物なるものは全くの無価値(少なくても経済的には)、敢えてここで断るまでもないか。

自分のことを棚にあげるつもりはない、論者とてそう。
いいものをWEB公開するつもりなど更々ない。(かと言ってデタラメなものという訳でもでもない、公開のために原価を払っているのだから)
だからこそ逆に、その一文にもならないものを見て頂けるならば論者至上の喜びであるのだが。
という具合に、この項を読んでいただけている各位と論者とは、ぴったり利害が一致、ギヴアンドテイク、全く幸せな"交換"が成立、『クレクレ君』なんて言葉が出てこよう余地もないのである。

『クレクレ君発言サイト管理人』とでも言っておこう。
その真意は知りえないし、さして知りたくもないのだが、これもネット人である以上彼ら彼女らの存在を頭の隅には置いておかなければならないだろう。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


北原ちあき? 北原佐和子? − 『妖精クイーン』としてSMビデオに出演した女性

f395890d.JPG教科書に載っている史実だけが歴史ではない。教室ではとりあげることのない史実もまた歴史には違いない。
本稿は1980年代のわが国の風俗史の一端に踏み込んでみよう。

回りくどいようだが、もうひとつ断らなければならないだろう。
本稿は、『妖精クイーン』もしくは『シルバークイーン』という忌み名でビデオ出演していた女性が、表題の2(?)女性であるかどうかを検証することを目的とはしない。
ただ、そうした風評があるということだけは確認できる事実、それ以上は関心は持てぬ。
何より、この時代に妖精クイーンなる間違いなくアイドル崩れであろう女性がこの種のビデオに出演していて、それが今日の女王様ビデオ花盛りのきっかけとなっている、このことが肝要である。

さて、論に入る。
この女性に関する世間の評価は大体が、「落ち目のアイドルはここまでしなければならないのか…」、『嗚呼野麦峠』の部類である。
論者も賛成である。
ただ、100%そうであるかと言えばこれまた疑問だ。
ということで、(当時の)彼女が置かれた立場になって考察してみる。

往年のアイドル、ピンクレディは予定では3人ユニットであったことはご存知か?
直前になり、うち一人がどうしてもついていけぬと帰郷していまい、残った2人で売り出したとのことだ。
アクトクコンビ、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった阿久悠、都倉俊一コンビのプロデュースにおいてすらこのようなことがあるのである。
何が言いたいか? 
アイドル志望といっても明治の女工ほど弱い立場ではないということだ。
嫌ならばやめることも出来る。アイドル志望の彼女たちを突き動かしていたのは、ひたすら有名になりたい、売れっ子になりたいという宿望、それが通常人では理解できないほど大きいがために、明治の女工にも見えてしまうのであろう。

ここで元の話につながる。
妖精クイーンの時代は、今日のように女王様ビデオ花盛りだったわけではない。
(アイドルあがりという触れ込みで)これに出演したところで、話題をとれるなどという保証はどこにもないのである。
これが二つ目の錯覚だ。
女王様役は非常にリスキィ、事故が起こるかもしれないし自分が怪我をしてしまう可能性も大きい。
にも拘らず売れっ子になれるか否かは全くの未知数、いくらなんでもこれは割りに合わない。

長くなったが、ここで結論だ。
すばり彼女のなかには(本当に)、男性を痛めつけたい、辱めたい、という願望があったのではなかろうか?
そう仮設すれば、通常の経済人ならば選択しない意思決定をした彼女の行動も説明がつく。

そして、ことによれば、いざやってみると事前にイメージしていたものとはギャップのある『サービスのS』…
それがために足を洗ってしまったのかもしれない。
ここまで言ったら穿ち過ぎとなるか?

だが、思案されたい。
女王様ビデオ花盛りの今、かつての妖精クイーンは神格化され美化された形で話題となっている。にも拘らず、「私が妖精クイーンだ」といって現れる女性はないのである。
もしそうすれば、それこそアイドルになれること必至であろうに。
逆もまた真なり、穿ち過ぎのほうの仮説の裏付けになりはしないだろうか?

同性から見た『妖精クイーン』はこんなところだ。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


鳥のそら音は

手書牡丹珍しく、実時刻で投稿します。
今日、6/10は何の日でしょう?
そうですね。時の記念日です。
由来を調べるに、天智天皇10年の4月25日に漏刻(水時計)が設置され、初めて宮中に時がつげられるようになったのを記念したものだとか。
この日を新暦に直すと671年の6月10日、そこで大正9年、今日6/10を時の記念日に制定したとのことです。

思えば日本人というのは、ずいぶん早くから時の概念に敏感だったものなのですね。
そこらが、朝昼晩をより情緒的に捉えるようになり或いは、年単位でいえば春夏秋冬を風雅として楽しむようになったことの下地にあるのでしょう。
花札は数字の書かれていないカード、日本人はテーマ植物の咲く月で数字を実感することが出来るのです。
牡丹の絵をみれば、ああこれは6だ、という具合に。

そて、ここで時の記念日にちなんだクイズを差し上げましょう。
クイズというよりは英語のテストでしょうか? 万年英検受験生の僕からの問題です。

 MS社とはどこの会社の略ですか?

勿論、マイクロソフト社ですよねえ、少なくともPC絡みで話す限りは。
いやいや、これは肩慣らしです。
こんどこそ本番ですよ。いいですか〜

 AM、PMとは何の略ですか?

なんだ、馬鹿にするな! AM-午前 PM-午後 に決まってるじゃないか! ですって?
プップー、それじゃMS社の人たちと同じじゃないですか。
0時、12時に限り、AM-午後 PM-午前 なんです。

同社製の『とある商品』でこの間違いがありました。
まー、失礼ながらこれが、プログラム組んでる人たちなら、さもありなん、と流せるんですがねえ。
ちゃんとした、広報、それも役員が…

親切な研究者の方が文献を添えて、MS社に教えて差し上げたおりです。
「直すつもりは無い。もし目障りなら24時表示で。やり方は…」

もう、何をかいわんやです。
2010年問題がなくても、この会社は危ういな、と感じる所以はここです。

と、この言い回し、



今度こそ、『目指せ!! 平成の女蜀山人!』、某社の圧力により、抹消されてしまうか?!

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!


注* 元投稿は6/10にされてます
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


サッカーとは戦争である

サッカーのワールドカップが始まった。
我が日本も出場していることは、ここで敢えていうまでもなかろう。

さて、大会のたびに諸外国から言われることがある。
「日本人はサッカーが戦争だということが分かってない」
ありとあらゆるスポーツは戦争なのであるが、特にサッカーというのはその代表格だ。

起源を辿ろう。
そもそもサッカーというのは、文字通り戦争の一形態であった。
兵士達が戦場に転がっていたシャレコウベを蹴り敵陣に運ぼうとしたこと(で戦いの勝ち負けをつける)に端を発すると聞く。
両軍何百人も繰り出し、野を超え山を超え…
死人・怪我人を最小限に抑えられる戦争形態といえよう。
そんな方法により、人が、特に男たちが色濃く持つ闘争本能を昇華しているという訳だ。
日本で言えば喧嘩祭りに相当する。

その日本であるが戦争が絶えて既に60年余、喧嘩祭りの風習もうるさくなってきたために殆ど廃れ、そして諸外国とは裏腹にサッカーを戦争としては認識していない。
そんな国情のなか、闘争本能を昇華する機会を得ない者たちがまたひとつ凶悪犯罪を起こす。


注* 元投稿は6/10にされてます
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


日本神話の創造者たち − 我々の祖先が抱いていた排泄物観は?

57366f65.jpgかつて成田空港反対闘争が華やかなりしころ、ある地元民が頭から屎尿を被り強烈にアピールしたことがあった。

「(我々)百姓はクソを被ることくらい全然平気だ」

この事実から二つのことが読み取れよう。
まずひとつは、農耕民族が先祖代々耕してきた土地に対する愛着の深さ。
そしていまひとつは、屎尿に対する感覚である。

結論を先に言うなら、そもそもの日本人は現代のように屎尿を汚わい視していない。
そこで本論は始まる。古事記の神代の巻だ。
創造主たる女神イザナミは、その屎のなかからハニヤスヒコとハニヤスヒメを、尿のなかからミズハヤノ女神とワタムスビの神を生み出しているではないか?
因みにワタムスビの神は食物生産を司る。これはわが国が、豊芦原瑞穂の国であるために生まれた神話だろう。
農業というのは、(肥料たる)屎尿を食物に加工する産業といえる。
つまりは、排泄物というのは決して残滓ではない。食物の原料なのだ。
であるが故に、空港反対派の農民の言動があったのである。

さて本ブログのテーマであるアブノーマルに話がつながるのであるが、所謂スカトロジー。
つい最近まで日本の主産業であった農業においては日常茶飯、屎尿と格闘することを余儀なくされるのである。
そこらの事情を頭にいれて(現代の)排泄物に対するフェチシズムも論じなければならぬのではないだろうか?
いきおい、ゲルマンの狩猟民族とは大いなる温度差がある。
彼らにすれば、他人に排泄物を飲食させることは辱め以外の何物でもない。

しかるに、わが国を始め諸農業国においては必ずしもその限りではない。
女性が屎から作った料理をふるまう逸話が、後期日本神話のみならず近隣他国にもある。
そう、女性が…

生命の源の生み手は女性なのである。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


大君は神にしませば

america菊さてさて、花札9月の菊は、『かしこきあたり』の紋所にも使われている植物です。
そして、菊の御紋がポピュラーになっていったのは明治維新によって『かしこきあたり』の株があがってから、前に話しました。
そうですよねえ。「この紋所が…」の決め台詞とともに提示されるのは別の家の家紋である花札にはない植物と相場が決まってます。

とはいうものの、菊の御紋自体はそれよりも前からありました。
楠木家の紋が菊水であることを聞かされた後醍醐天皇が、類似の家紋であることを喜ぶという記載が古典太平記にあります。
明治維新から終戦まで、そしてこの建武中興、あと壬申の乱以降聖武天皇くらいまでの時期、これくらいでしょうかねえ? 現人神だったのは。
意外と短い期間ですよねえ。

さて、『かしこきあたり第一期黄金時代』に思いを馳せましょう。
例によって例のごとく、万葉集は大伴御行の歌です。

  大君は 神にしませば 赤駒の はらばふ田井を 都となしつ

天皇 = 神 という考えが初めて出できたのは、壬申の乱平定後のことです。
それまで、諸豪族最大手に過ぎなかった天皇家を神の地位まで上らしめた「壬申パワー」

もう一首見ましょうか。万葉中最も有名な宮廷歌人の一人である柿本人麻呂です。

  大君は 神にしませば天雲の 雷の上に 廬らせるかも

大君とは持統天皇のこととするのが通説です。
『神にしませば』がまた出ましたねえ。
別に、宮廷歌人である人麻呂が立場上よいしょした、そうせざるを得なかった、というわけではありません。
誰ですか!? 「そうか、人麻呂はマゾだったのか」って言ってるのは?
壬申の乱における天皇家を目の当たりにした、素直な気持ちがそう言わせてるのでしょう。

と、この言い回し、



『現人神』は壬申の乱以降
「よいしょ」でもマゾ癖でもありませんぞ

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


「変態であっても人格破綻者でありたくない」… 本当に分かって言ってるのか?

ネットに対してリアルという言い方をすることがあるが、これは正確ではない。何とならばネットもリアル社会の一部であるのだから…
論者が別ブログによく書いたことだ。
これには下敷きがある。格闘マゾとかギャルリンチマニアとか称する人種(勿論『一部〜』であるのだろうが)掲示板群サイト等の書き込みである。
彼らは女性が加害者となっている暴力事件が起こると、待ってましたとばかりに囃し立てるのだ。

言うまでもなく、被害者を悼み犯罪を憎むといった論調ではない。
その逆、加害者を勇ましいと誉めそやし甚だしくは被害者がうらやましいとまで書く。
昨年であったか? 富山で二人の女が男性を刺した事件が起こったときもそうであった。
そして、その種のサイトや掲示板の管理者に言わせれば、こうした礼賛者を咎めたてるのは「空気の読めない」ヤツなのである。掲示板荒らしなのである。それがネットマナーなるものなのである。常識なのである。
どうやら「リアル社会」とは別なる世界たるネットというものがあると本気で思っている人間が少なくない模様だ。

就中、論者が憤りを感じている例を論ずる。はっきり言う。個人攻撃、誹謗中傷と思われても構わぬ。
ここに一つの定番やり取りがある。
何かといえば、喧嘩で男性の内臓を破裂させたと触れ込む女性を囲み、マゾと称する男性取り巻き陣があれこれとちやほやするというやり取りだ。
妻子持ちと称する某ハンドルはこう発言した。

「是非とも子供の見てる前で蹴り殺してください」

…そうだよ!! マゾヒズムだよ!
そして、親子の情や父権のなんたるかも解っている。
だからこそ責め、だからこそマゾヒズム、だからこそ論者は激しく憤るのだ。

繰り返すが、人間心の中で何を思おうが自由である。
また口が裂けても言ってはいけない(本当の)ことというものがある。
子供の前で異性に蹴り殺されたい… もし本当にかかるマゾヒズム願望を持っているとしたのなら、それは一生涯心の中にしまっておくべき性質のものなのではないのか?

繰り返すがネットというのは仮想空間ではない。現実も現実、世界中の誰が見ているか判らない公の場なのである。
しかるにその公の場で、かかる不謹慎極まりない発言をするとは…
変態でも構わない、人格破綻者だけにはなりたくないものだ。

この種の発言に対しては、むしろ格闘マゾ・ギャルリンチマニアを受け手に想定するサイトの管理人こそが怒るべきだと思料するが如何?
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。