梅まつり

成田山花札2月のテーマは梅、ここで名所を紹介します。
千葉県は大本山成田山。
もう暫くすると公園いっぱいに咲き誇ります。
新暦の2月中旬〜3月中旬にかけて、梅まつりがとりおこなわれます。

まだ少し早い?
いえいえ、カレンダーを見てくださいよ。
2/3、節分ではありませんか。
さあ、今年もやってまいりました。景気よく撒こうではありませんか!

  成田山 地場産物で ふくはうち

成田山新勝寺の豆撒きには二つの特色があります。ひとつは「福は内」だけの掛け声であること。鬼は既に不動様に退治されているので「鬼は外」は要らないのです。
そして、もうひとつは殻つきの落花生を撒くこと。この地場の名産ならば、後で拾って食べられるからです。 食べ物を大切にすることは大切なことですね。

と、更に更に。
成田山新勝寺といいますよねえ。
山号寺号ともうしまして、由緒あるお寺さんは、○○山○○寺という「しょう号」になっております。

お寺は大概山の上にあったことの名残ですか。
これを利用したお遊びの「山号寺号」もありますね。

カリフォルニア産オレンジ、とか。

あっ! いいの思いついた。番頭さん玉大…

…やめときます。。。

と、この言い回しと句、



福は内について詠む ミユ - livedoor ハイクブログ
せめて「千日詣」くらいにしときませんか?

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!


posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


霰降る

越後任天堂柳見かけの投稿日付ではつい昨日、実際の起稿日でもかなり近いところで書いた、雨に番傘の話。
よくよく絵を見れば、どしゃぷり、雅な言い方をすれば篠突く雨ですね。
慕情とは少し距離がありましたか、いやはや。

花札の雨(柳)が11月であることを考えれば、霰交じりなるかも知れません。
雨霰と降る、ここにまた別の成句が浮かびます。

霰降る、とくれば、これは(地名)鹿島の枕詞ですねえ。
何故か? 霰が降るとかしましいから。
ということで、

  霰降り 鹿島の神を 祈りつつ 皇御軍(すめらみくさ)に われは来にしを

えーっと。年配の方にはおなじみの歌とか。
戦争中にスローガン的使われかたをしたそうですね。

霰降りは鹿島の枕詞、鹿島の神はタケミカズチということで軍神ですか。
なるほど、「お国のため」路線の典型例ですね。
作者は那賀郡の大舎人部千文とあります。
那賀郡とは茨城県那珂郡、水戸市の周辺のことです。

さて、この大舎人部千文、実は初登場ではないのです。
前にも、この人の歌は取り上げました。

 筑波峯の さ百合(ゆる)の花の 夜床(ゆとこ)にも 愛(かな)しけ妹ぞ 晝も愛しけ

これがそれです。
なんとなんと。この二首はセットで収録されてるんですよ。
ええ、右の二首、那賀郡の上丁大舎人部千文(防人歌、巻二十−四二六九、四三七〇)と記されてますから。

まあ、防人の歌で「皇御軍に」的なものは、全体の一割程度で、あとは家族等々への愛情を歌ったものです。
千文にしても、「晝も愛しけ」と愛妻への思いを素直に歌った後だから、「皇御軍に」という気持ちになれたのではないでしょうか?
うーん、人間歌謡・万葉集!

と、ここまでは犬養先生の受け売り。
以下、少しオリジナルを加えましょう。

7−8世紀において、今の茨城県から佐賀、果ては長崎県の諸島部ので出向くのは大変なことだったと思いますよ。
今で言えば、スペースシャトルで宇宙空間に飛び立つのにも匹敵するくらいの大事だったと思います。
それを命ずることの出来た当時の大和朝廷の力にも驚愕させられます。

律令国家、天皇を仏に見立てた仏教による宗教統治国家、といういいかたでいいのでしょうか?
かの有名な手塚漫画『火の鳥』のどこかにも出てましたよね。
やはり、人を支配するためには宗教の力を借りるのが一番、否、宗教が不可欠といっても過言でない、そのように思われます。

と、この言い回し、



犬養博士の講義を聞き返しましたゾ

を丸写ししました。
いや、丸写しじゃないっ!
とんでもない誤字があったのを直しといたから、、、

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


長谷川町子 − 超S女『波多野たつ』人気にフェムドム信奉者たちの本音を見た

014ddc70.jpg論じようとしていた女流漫画家とは、この人、長谷川町子である。
市川房枝の稿で触りの部分に及んだ。

件の折であるが、『意地悪ばあさん』を長谷川の分身と述べた。
反論ある向きも多かったであろう。自伝等盛んに目にする機会の多い彼女のこと故、その分身が『サザエさん』であることも広く知れ渡っているから。
だが、あれは表(向き)の分身。裏(、或いは『真の』といっていいだろう)の分身は『意地悪ばあさん』、これもまた長谷川町子が女流であるがための妙であろう。
そう、全編に渡って爆発する『波多野たつ』の復讐的加虐心…

お気づきになっていたか? 論者が復讐的加虐と加虐的復讐を使い分けていることに。
どちらに主眼があるかで使い分けてきた。

波多野たつは弱い、即ち現在以上に社会的に弱い立場にあった女性である上に高齢である。
その弱い者が、一矢報いるべく加虐心を爆発させる。
彼女の攻撃目標は、直接虐げた相手だけではなく無差別多岐に渡った。
漫画ならではの荒唐無稽さで、国務大臣、財界主要人、外国要人にまでも。
将にこのばあさんはスーパーサディスティン、女性にありがちな復讐的加虐心の使い手の範となるべき架空キャラクターであろう。
世間は大いに共感した。
同時にこれが、長谷川自身の裏の姿であったことは想像に難くない。女流であるがための妙、先ほど述べた。

なぜ共感が得られたのか?
それは、より強いものに加虐心を向けたから。
意外にも意地悪ばあさんは、子供と動物には寛大なのだ。
より弱いものにのみ復讐的加虐心を向けた女性たちの事例は、散々論じてきた本ブログである。

さて、人気作となった『意地悪ばあさん』はテレビドラマにもなった。
当時放送作家であった青島幸男が、『波多野たつ』を演じたことは余りにも有名である。
そして、参議院議員に当選した彼は第一声、当時絶大な権力を誇っていた佐藤栄作首相に「男妾」と噛み付いた。
世論はこれを、(青島の出身校である早大気風である)反骨精神よ、(政界の)意地悪ばあさんよ、ともてはやした。

しかるに、時を経るにつれて芳しくなくなる。
ご存知のとおり青島は、野党議員から東京都知事に転進し、今度は権力の側に回るのである。
あくまでも弱いものが強いものを甚振らなければ共感は得られない。女性サディズムにこれだけの共感が集まるのが何よりの証拠…

逆に言えば、共感者とは女性を弱い立場に留まらせたがっている人々であると言えよう。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


桐壺

トランプ桐花札とは江戸期禁制品となったトランプの代品として完成していった模造品である、繰り返し話してます。
そして、この12月カテゴリにおいては、桐はクィーンに相当する組であることも。
いかにも相応しいですよねえ。
いやいや、いくらブログタイトルが『マゾヒズムに花札を!』であるからといって、妙に気を回さないでください。
第一あれは、英語では女王でなく、女主人=ミストレスという言い回しをしますし。
桐という植物が目上女性のイメージである、という意味で相応しい、と言ったのです。

紹介不要の世界的文学、『源氏物語』。
主人公光源氏の母は、桐壺更衣ですよねえ。
桐壺帝の寵愛を一身に受けた彼女は、源氏が3歳の時に亡くなる。
彼女のことを忘れられない帝は、酷似しているといわれる先帝の四の宮を女御として迎える。
幼くして母を亡くした源氏は、亡き母への思慕から女御を慕うようになる。それがやがて一人の女性への愛情へと変わっていき、源氏にとって女御は永遠の恋人と。

いいですねえ。美しき義母を慕う。
今一部渦中にある少女漫画家・一条ゆかり十八番パターンです。
…って、さっきどっかで見たような、はたまた書いたような、、、
ここには、踏み込まず、源氏物語イリュージョンという一点を請けて進めましょう。

何度か話題にしている百人一首選者・藤原定家の歌です。
ちょっと季節はズレてしまうのですが、

   春の夜の 夢の浮き橋 とだえして 峰に別るる 横雲の空

これなんかも、源氏物語イリュージョンですよねえ。
定家の代表作であるだけにどどまらず新古今和歌集全体の代表作です。

なのにねえ。
百人一首の定家の歌はこれではなく、『こぬ人を〜』なんて面白くもなんともない歌!
何ででしょう?
そこらを大胆に考察した書籍があります。

 百人一首 秘密の歌集―藤原定家が塗り込めた「たくらみ」とは 〜 小林 耕

同書によれば、一族繁栄を願った定家は歌の一つ一つに「易六十四卦」と「兵法三十六計」を隠していたというのです。
例えば、77番崇徳院、

   瀬をはやみ 岩にせかるる たき河の われてもすゑに あはむとぞ思ふ

引用してみましょう。


この歌の作者崇徳院は、前の歌(七十六番)の作者忠通(前関白太政大臣)らによって、保元の乱に敗れ、讃岐(香川県)に配流された。「保元の乱」とは一一五六年、崇徳上皇と、その弟の後白河天皇との間で起こった権力争奪戦である。崇徳側についた源氏は敗れ、一方、天皇側に組した平氏は、やがてわが世の春を謳歌することになる。
このように関係の深い二人を、定家がなんの考えもなく配列したとは思えない。私は定家が保元の乱を念頭に配列し、十三計につないだものと解釈するものである。つまり定家は「瀬を早み」の歌が『詞花集』巻七の〈恋上〉に「題しらず」と詞書があり、とり上げられたことから、恋の歌であることはわかっていた。
また、この歌が保元の乱以前に詠まれたことも知っていたが、あえて崇徳院の保元の乱後の述懐の歌と、ここでは位置づけたのである。そうすることで、「岩にせかるる」を忠通らの「御所方の急襲」に、「滝川」の「川」を「後白河天皇」の「河」に、それぞれ結びつけることができるのだ。
さらに「われても末に逢はむとぞ思ふ」という下句は、崇徳院がともに事を企てた藤原頼長、源為義、源為朝、平忠政らとの別れを暗示し、もはやこの世では会えないが、かならずや来世で再会できるという、院の悲痛きわまる思いを秘めているようにとれる。

ということでございまして、この歌に隠した暗号は兵法13計「打草驚蛇」(だそうきょうだ)だそう です。

と、この言い回し、



導入部、導入部、っと

を丸写ししました。
でも、でも!
彼女が書いたのは最後のツマンネエ語呂合わせ…だけ…YO…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


一条ゆかり − ひょんなことから今、一部の注目を集めている大物少女漫画家

7bdfc4ec.JPG楽屋話から入るに、同じ日本人女流漫画家でも別人物を論じる予定であった。
宗教は麻薬だなどと書いていたら、さてはて。
色々彼女のことを聞く機会もあったので、この人物を先としよう。

一条ゆかり… 昭和42年、集英社が主催した『りぼん大賞』作品募集に応募しデビューを果たした漫画家である。
何でも、京の一条にゆかりがあるようにと、このペンネームを付けたそうだが、ちょっとした類似商号。駒太夫の稿で触れた大物ストリッパー・一条さゆりとよく混同されたようである。
『りぼん大賞』… 何度か俎上に上げている弓月光に"ゆかり"が深い。
即ち、この時の結果だ。入賞者なし。準入賞が弓月と一条。佳作が後に本宮ひろ志夫人となるもりたじゅん。
「女性二人はすぐに芽が出たが自分は辛酸を舐めた」 弓月は著書『少女まんが家入門』で回想する。
まあ、同性が描くもののほうが、少女たちにはとっつきやすかったのであろうか? 後ほど触れる。

さて、一条の作風なのであるが、このブログで話題にするに相応しいものがある。
パターンとすれば、この二つ。
『美しき義母を慕う』『二卵生双生児兄妹がそれと知らずに恋におちる』
いずれも近親姦である。
弓月光がフェムドム傾向であるなら、一条ゆかりは近親姦テーマ、往時のりぼんは特殊性癖満載であった。

りぼんであるか? 既に報じたように少女向けの漫画月刊誌である。
読み手として想定されるのは、小学校高学年から20歳内外までの女性。
ところが、一条・弓月らが活躍しだした時代から、突如男の子たちが読み出すようになったのである。

原因は少年漫画誌の青年誌化だ。
即ち、子供の(ものであったはずの)漫画を大人が読み出すようになったため。
「ネクタイしめた大人が電車の中でマンガ本広げている日本」…
阿部進の稿で述べた、『無恥の文化』という意味での『恥の文化』の走りはここらであろう。(願わくばこの括弧書はお読み飛ばし願いたい。一つの書籍だけを読んで言葉を定義づける輩がいるもんで、こんな回りくどい書き方をしなければならず、骨が折れることよ!)
青年誌化といった。やたら暴力的であったり扇情的であったり。そのくせストーリーめいたものは希薄。
ちゃんとした物語(としての漫画)を読みたいというニーズで、男の子たちが少女漫画に避難してきたのである。
大学のサークルあたりにも、『りぼん研究(男性)会』めいたものが沢山できたとか。

商業広告ばりのキャッチを付けるとすれば、
「ヘンタイ爆発、もータイヘン!!!!!」
といったとこか?
ともあれ、そうしたニーズをまとめて引き受けたのが一条なり弓月なりであった。

これら史実を紐解くにつけ、歴史上の著名人というのは一人のこらず変態、という分析学研究成果を再認識させられる論者だ。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------




【宗教団体「摂理」に関して】
タグ:一条 ヘンタイ 大学 サークル 少女漫画 分析学 扇情的 暴力的 恥の文化 無恥の文化 阿部進 特殊性癖 双生児兄妹 ネクタイしめた大人が電車の中でマンガ本広げている日本 兄妹 美しき義母 義母 同性 少年漫画 近親姦 フェムドム 小学校 青年誌 少女 少女まんが家入門 さゆり 類似商号 企業責任 ストリッパー 弓月光 カルト 一条さゆり 広告塔 ゆかり 漫画家 少女漫画家 摂理 集英社 漫画 りぼん http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/ 一条ゆかり サディズムに花束を! 注目 大物漫画家 大物少女漫画家 サディズム 株式会社ウィル・コーポレーション アルファオメガ 洗脳ソフト 佐々木潤子 東芝EMI 集英社の鼻持ちならない言動 集英社社員教育度 殉教 女子アナ セックス教団 女性 カルト教団 鄭明析 上智大 信者 慶大 早大 京大 東大 イベント もりたじゅん 本宮ひろ志 オウム 宗教 サブリミナル 苫米地 苫米地英人 オウム事件 島田裕巳 中澤新一 私は騙されていた カルトの巣窟・集英社 宗教団体「摂理」 健康オタク Chorus Lovers 牧師 恋愛漫画 聖書 大学生 天使のツラノカワ プロテスタント コーラス オウム真理教 教祖 強姦 国際手配 取材 チョン・ミョンソク 声明 声明文 メッセージ 謝罪 反省 集英社漫画担当 気功教室 山崎早智子 石田 藤本典子 キョウコ chochochan 株式会社集英社 若林和芳 藤井真也 大場つぐみ キョウコ女王様 山崎早智子(蝶々) 山崎早智子(蝶々)& 藤井真也 出版業界の恥さらし犯罪カポー 蝶々 酒井まゆ goo gooブログ 小畑健 1949年09月19日 えっけん 高円宮承子
posted by homer_2006 | Comment(0) | サディズムに花束を!


細川ガラシャ − この戦国キリシタン女性が洗礼を受けた目的は?

e773a1e9.jpg昨日、イエス様を俎上に上げたのが絶妙の伏線となったか?
折りしも折、国営放送大河ドラマの昨日の放送が本稿にお誂え向きのお膳立てをしてくれた。

長谷川京子が演じていたであろう。細川忠興の元に戻りながら、次第次第に空虚になっていくお玉を。
艶かしくも不気味であった。
その後、お玉が洗礼を受け細川ガラシャとなることは、敢えて述べるまでもあるまい。
気位が高く怒りやすかった彼女は、カトリックの教えを知ってからは謙虚で忍耐強く穏やかになったという。

古今東西、宗教の如何を問わず大体はこのパターンだ。
宗教施設というものは、逆にこうした人々の受け皿、一番わかりやすく言うなら人殺しが処刑を免れるために出家、これである。
まあ、悪い話ではない。手の付けられない暴れ者ほど穏やかな高僧になるもの、元々の絶対値が大きいのだから、正負符号の付替で、ということだ。
で、付替の方向である。

サディズムとはマゾヒズムを克服した状態…
前に論じたであろう。即ち、内に向いていた攻撃本能が外に向くようになる、一皮剥けるということである。
これが、宗教というものが介入しない場合の通例パターンだ。
然るに、介入した場合。
もう言うには及ばず、正反対である。
外に外にと向いていた攻撃本能を内へ内へと封じ込めるのである。
それが、前段で使った用語たる『付替の方向』…

それが宗教の人為性なのである。
勿論、ガラシャの場合や、暴れ者あがりの高僧の場合はよいことだ。
よい方向に作用したと言ったほうが妥当か?
ここで再度、マルクスの言を引く。

  宗教は麻薬

麻薬と聞けばネガティブなイメージしか浮かばぬが元々は医療用である。
あれがなければ、身体的に感じる痛みがために落命する人間が如何ばかり増えることか。
細川ガラシャが宗教なくしては心の痛みに耐えられなかったであろうが如くに。

かく言う論者は宗教嫌いである。

   ちりぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ (辞世)

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


業平

菖蒲タイルさてさて、投稿日付ではずっと先になるものの実のところは昨日、雨に小野道風は明治以降の配図、元々は番傘だった! と投稿しました。
うーん、そうなってくると花札には人物は登場しないことになるのでしょうか?
いやいや、ということで今日の話です。

5月は菖蒲の10点札、繰り返してますように八橋、三河の八橋ですよねえ。
ここに、隠れキャラが潜んでます。在原業平、そうでしたでしょうが。
三河の八橋、現在の愛知県知立市のマスコットで『なりひらくん』なるキャラもいるらしいですよ。
結構親しまれている歴史人物です。

そうそう、落語にも。

 千早振 神代もきかず たつた川 から紅に 水くくるとは

百人一首の業平の歌ですよねえ。
これもまた日付は後の方の紅葉カテゴリにて、過日話題にしました。
して、落語です。

お馴染、長屋の八っつぁんと熊さん、味が知りたくて、横丁のご隠居さんに聞きに行きました。

ご隠居さんが言うには、

昔、竜田川と云う相撲取りがいた。
かの竜田川、芸者の千早に振られ、同じく芸者の神代も云うことを聞かせることができない。
こんなに女にもてないのなら相撲取りなんかやめてしまえ、一大決心をした竜田川は豆腐屋に転職する。
とある日豆腐屋になった竜田川に、みすぼらしい女がオカラを恵んでくれるように乞う。
よくみると、あの千早ではないか! 昔の意趣のある竜田川はこれを拒否。
そして、世を儚んだ神代は入水自殺。

これが歌意だ、と。

おやおや、

と、この言い回し、



業平の歌も横丁のご隠居さんにかかれば

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


人間テーブル

 以前はそんなこと考えたこともなかったのに、ふとしたきっかけで奇妙な妄想に陥ってしまうようなことがあります。どこでみたか忘れましたが、おそらくアメリカのボンデージ雑誌かなにかの一コマで、裸の男性が四つん這いになってガラスの天板を背中に乗せて「人間テーブル」になっている図。


 初めてこのイラストを目撃した時は、なんだコリャ?みたいな感じで、面白いとは思ったものの、さほど僕の心の琴線に触れることはありませんでした。しかし最近、なんだかとてもストイックなマゾヒズム願望が満たされるような気がして、もしかして自分はこういうのやってみたいかも、と思うようになってきました。そういえば数は少ないけれど、「人間家具」というカテゴリーに分類される、立派(?)なアブノーマル変態願望の一つで、Femdomシーンにおいては昔からしばしば登場している図でもあります。

 
 これは独りでやってもつまらない。
      (↑そうでもないかも...^^)

 やっぱり、できれば2〜3人のミストレスに囲まれて、彼女たちに世間話でもしてもらいがら、無視されているんだか、虐められているんだかわからない、ビミョーな羞恥心が刺激されるような感覚がポイントと言えましょうか。
 
 人間椅子もいいけれど、こちらは顔面騎乗とも連動したアクティブでスケベな感じがして、どちらかというと若い人向けだという印象なのに対して、人間テーブルの方にはどこか静的で、奥行きの深い情緒があり、熟年向けというような気がする。わかる人にしかわからない、みたいな。ま、マゾヒズムを理解できる人でも千差万別ですから、意味不明であるという人もいると思います。一般ピープルにはもっとわけのわからない世界なのでしょうか。

posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


伊豆の雨

番傘柳(雨)の20点札の小野道風、花札48枚中登場する唯一の人間です、前に言いました。
この札もまた、花札名物ですよねえ。
ところがです。図柄が採用されたのは明治になってからだそうです。
それ以前、本来は、雨に番傘という図柄でした。

番傘ですかあ。
太い竹の骨に和紙を張り、その上に油を引いた実用的な雨傘。もと、商家などで番号をつけて客に貸したところからいう。
ふんふん。
こんな歌がありますよねえ。

1 宿の番傘 ふたりでさして
  行けば川面の 灯に泣ける
  愛しあっても どうにもならぬ
  恋のおもさよ せつなさよ
  頬につめたい あゝ 伊豆の雨

と、歌は歌でも昭和歌謡『伊豆の雨』、作詞 たかたかし 作曲 市川昭介 でした。
いいですよねえ。雨に番傘の情緒があります。

 ♪〜 あーあぁー いーずのー あ〜ーめ〜

が『会津の雨』にならないように、ブレスに気をつけて。
伊豆は情緒的風雅漂うご当地です。
その根底にあるのは、やはりノーベル文学賞作家・川端康成『伊豆の踊子』あたり。こー、なんか日本人のDNA情報に刻まれているって感じです。

ところがですよ。
こともあろうに、『伊豆の踊子』を糞だと言った糞坊主がいるのです。
前にも話しましたか? 今東光。
ネット上でもときどき見ますよ。

まあ、それ自体は、ありとあらゆる創作は作者の精神的排泄物、ってまあ、目新しい話でもないのですが、なぜ和尚はこんな汚い言葉を使って人生相談の回答をしたのでしょう?

箇条書きにしてみますか。

@ 文学者志望の青年からの相談であったこと。
A 青年がかなり行き詰まりを訴えていたこと。
B 当時の作X家は(創作の行き詰まりから)自殺することが多かったこと。事実、川端康成も。
C 東光和尚自身も作家であったこと。
D「糞の製造元」康成と和尚は非常に仲が良かったこと。

という理由から、「俺も川端康成も糞を弄んで悦んでるような人種だからあまり有難がるな」の回答がなされたと思われます。
これも再三くりかえしてる、時代と背景を元に戻さなければ正しく理解できない、の一例です。

と、この言い回し、



たまにゃ他ジャンルのテーマに出向くか

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


イエス・キリスト − 敢えて副題は付せず

3fcf006a.jpg論者は宗教嫌いにして欧米嫌いである。
本稿においても、その立場一点張りで押し通すので、含んで読まれたい。

宗教とは人を幸せにするものであるとか、よく言われることだ。
だから、宗教関係者が犯罪その他の不祥事を起こすと、とんでもないバッシングがくる。
伝統ある宗教なら、個人的バッシングにとどまるのであるが、そうでない場合は…
その『新興宗教』はカルトと位置づけられ社会悪になる。
そして、全員に脱会が薦められ、既存宗教に宗旨替えすることが善という価値観一色に染まる。

抽象的過ぎたか。
「元オウム信者の○○は、牧師のケアによりマインドコントロールをとかれ、カトリック信者になった。めでたし、めでたし」
という具合にだ。

言わせればとんでもない話だ。もし本気で言っているなら、物を知らない証拠である。
お釈迦様もイエス様も、(自分が)人を幸せにするなどとは言ってない。
特に本稿主役のイエス・キリストに代表するなら、

「むしろ剣なり」

であるか?
地に平和をもたらすためではなく、剣をもたらすために来た…
念には念をということで断り書きを入れるなら、このマタイの福音書 10章34節〜39節の解釈をしようというのではない。
ましてや、偉い牧師さんがたがした同節の解釈にケチをつけようという趣旨は、爪の先ほどもありはしない。
キリスト教が、クリスチャンが、人殺しをしなかったか? と問いかけているのである。

ある命題が偽であることを証明するためには、たった一つの反例をあげればよい。
十字軍、これだけ挙げれば十分な証明となる。
人殺しを容認している訳であるはずがないのに、さりとて明確に禁忌とすることもできない。
そこらが(キリスト教に限らず)宗教、といったところであろう。

万物の霊長といっても、人間とて生き物だ。
食料とするために生物を殺す。その食料が不足すれば、今度はその争奪のために人間どおしで戦う。
その為に、闘争本能というものが備わっている。そうでなければ、とうに昔に人間は絶滅している。闘争心は悪ではない。
そして、その昇華のために必然性がなくても争うことも。これまた悪とは言い切れまい。鍛えておかなければ、いざというときに機能しないから。
更には、争うことが悪ということになると、今度は屈折した形で発露させるのである。すなわち…

サディズム、マゾヒズム、本ブログのテーマである。

さて、大胆不敵且つ不遜に結論づけるとすれば。
キリスト教というのはヨーロッパ個人主義の免罪符であると思えるのだ。

「牛や豚は人間の食料として神様が創ってくださった物」

建前と本音の使い分けをしているのは我々でなく、むしろ彼らのような気がする。
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


浅草駒太夫 − 元祖アイドルストリッパーの活躍した古き佳き日々

b6404b7a.jpg例によって巷間に目を転ずれば、コメディアン萩本欣一率いるところの野球チームが、解散の取り消しのとちょっとした騒ぎを巻き起こしている。
勿論その件を論じようというのではない。
コメディアンと言った。この萩本欣一のいうコメディアンは、浅草フランス座というストリップ劇場(=こや)の出身。

なんでストリップ劇場にコメディアンが?
戦後風俗史を紐解くに、警察(の手入れ)対策のようである。
即ち、手入れが入ったら即踊娘を退場させ漫才師を出す、それで「ここは寄席ですよ」と言い訳するというわけだ。
そんな訳で本稿は日本戦後風俗史第二弾として、ストリップの話を論題にしよう。

ストリップの隆盛は、第一弾として論じたトルコ嬢・サロメ角田よりも年代的には前になろう。
多少のいりくりはあるものの売春防止法による赤線廃止の頃、その禁止を請け男性の欲望の受け皿代替として発達したようだ。
そんな中、三大アイドル的なビックネームがいたと記録される。
蝋燭ショウの一条さゆり、レズビアンの桐かおる、そして花魁ショウの浅草駒太夫…

うーん、本来このブログで代表するとしたら一条さゆりであったか?
(残念ながらMであるにせよ)SMからみ、数多くの法廷記録、このブログでも多いに参考としている中国文学者・駒田信二の研究…
なのであるが、いずれも資料を入手するに至らず、駒太夫を代表にすることにした。

打ち明け話をするに、駒太夫を(直接)"見た"人から話を聞けたのである。
そして調べて見るに驚くではないか! なんと彼女はブロガーとしてネット活動しているのである。
これも17の年から可也高齢になるまで劇場に立ち踊ってきたという駒太夫のバイタリティと感服させられた。

折角聞けた話であるから、花魁ショウとはどんなものが書こうか。18禁めいた記述。
まあ、花魁のいでたちで登場して、ストリップの辞書的定義どおりのことをする。
そして最後、行灯を持ってきて腰巻の『中』を覗かせるというものだ。

花魁(おいらん)の語源は、「おいらのネエさん」であると聞く。
ネエさん… 駒太夫自身にも当てはまると思料する。
姉が弟の面倒を見るがごとく、お客である男性に女というものを視覚的に教える。
ただ、女性器というセックスシンボルだけにとどまらず、それが醸し出す動体美を。
トルコ風呂が母子姦であるなら、ストリップは姉弟姦といったところだ。

そして年齢関係だ。
今では考えられない17歳の年から、この商売をしていた浅草駒太夫…
当時においては『年下の姉』であったのであろう。この点においても逆転による女性上位が指摘できる。
古き佳き昭和の日々である。

今で言えば風俗なるがさつな言葉で括られてしまう、この産業にも奥ゆかしさがあった。
もっと直情的な遊郭にせよだ。
青雲の志をもって上京した青年が故郷に錦と凱旋した折、彼を男にした遊女も村の名士に混じって出迎えをした。日陰者がしゃしゃりでて、恥をかかせないようにと物陰に隠れてこっそりと。
女郎と蔑まれながらも、その蔑まれた職業に対し、歴とした誇りと涙が出るくらいに奥ゆかしい倫理観を持っていたのである。

何も分からず逆にお客の方から物を教わり、そのくせどこになりともしゃしゃり出る。
あまつさえ、自らのことを『女王様』などと称する現代の遊女。
こんなものに間違えられては堪ったものではない。
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


快楽なくしてなにが人生

快楽なくして何が人生

幻冬舎

このアイテムの詳細を見る


  団鬼六氏とは昨年お会いしたことがあります。透析をしないと命があぶないという状況なのにそれを断っているという状況でした。文豪的な巨匠というイメージを抱いていましたが、なんとも気さくなおっちゃんという印象で、末期の腎不全を煩っているとは信じられないパワフルなSM談義に花が咲き、とても貴重な一夜を過ごさせて頂きました。

 その時にも話に出ていた、半生記みたいな書き下ろしを出すというので、楽しみにしていたのがこれです。団氏の作品は昔の奇譚クラブで読んだ程度で、僕は単行本を買ったことはありません。普通のM男性は読むことはあっても本を買うことはないんじゃないかな... 
 この本を読むと、世間一般に流布している「団鬼六」とは全く別のイメージに驚くかもしれません。彼の初恋と失恋のエピソードは、あまりにも劇的ではありますが、SMとは無縁の、なんとも純粋、なんとも滑稽な、人の人生なんてわからんものだというか、とにかくメチャメチャおもろいでんがな!!(←なぜか突然関西弁)

 団鬼六という人の作品世界を知っている人にとっては必読の書と言えるばかりでなく、一冊の人生指南書としても、ごく一般的にもお薦めできる本です。
 ノーマルであろうと、アブノーマルであろうと、快楽追求というテーマにおいては本質的な違いはない。快楽を求めるのは人間としてまっとうな行為なのだと、今さらながら納得させられてしまいました。あまりにも追求しすぎて犯罪になってしまうのはまずいけど(ていうかヤバいけど)、愛し合ってる者同士、あるいは一時だけとしても双方合意の上での行為で、人様に迷惑がかからない程度の変態行為はヤバくもなんともないんですね。



【アフィリエイト文責】

homer_2006@goo.jp
僕の実名住所等はメールにて確認ください

posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


水無月

水無月花札の6月は牡丹。
この牡丹ですが、俳句の季語でこそ夏になるものの、実際に咲くのは春である新暦5月ごろですよねえ。
ついでに言えば、種札に配される蝶に至っては歳時記上も春です。
季節感があってないのが花札、この面目躍如といったとこですか?

更に続けるなら6月の異称、水無月。

 水があっても水無月とは是如何に?

よく言われることですよねえ。
新暦の6月は梅雨だけど、旧暦の6月晩夏。日照りでカラカラだから、水無月、
というのは、俗説のようです。
水無月の『な』は、無しではなく連体助詞の『な』、つまり『水の月』ということなのです。
これは、陰暦6月は田んぼに水を引く月であったからとか。

ふんふんふん。情景が浮かんできましたぞ。

   河むかひ 柳のあたり 水みえて 涼しきかげに 鷺あそぶなり

金玉歌合から京極為兼の夏の歌をもって来ました。
金玉… いやいやいや!

義理の祖母にあたる阿仏尼に歌道を学んだ為兼。
ってことで、阿仏尼の話に振りましょう。

前に少し話がでましたか。
♀がプロの宗教家になるとアマになる、つーことで(?)十六夜日記の作者として名高い阿仏尼ですが、これに関して面白い話を聞いたことがあります。

十六夜日記のテーマにしたある女子大生の卒論。
全編に渡って、「阿仏屁」と書かれていたとか。
いやいや実話だそうです。
手書き時代ならではの笑い話ですね。

尼という字は、手書きでは誤字りやすいんでしょうかねえ。
こんな話も載ってました。
とある新聞社のローマ支社からの原稿ファックス。
「…さすがはカトリック総本山、街中には多くの尻が満ちている。荘厳な雰囲気の尻、可愛らしい尻、尻・尻・尻だ…」

なーんか、意味っ深、

と、この言い回し、



しかたがない、今日もこの歌集から

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


菊と雪隠

hawai菊おやおや、お酒の話が随分続きましたね。
再び花札9月のテーマ植物である菊の話に戻しましょう。
とは言っても、あまり上品でなく、不謹慎でもあり、何よりも菊の花にはあまり関係ないのですが。

菊の御紋のあの家の話なんですけど。
第二次世界大戦敗北により、現人神から人へと降格します。
ご存知のとおり、進駐軍によって。

「ウヌ、マッカーサーノ野郎」

歌人の斎藤茂吉は昭和天皇が東京・赤坂の米国大使館にマッカーサー元帥を訪問した1945年(昭和20年)9月27日の日記に書いたそうですよ。

そうですよねえ。
わかります。大概の日本人はそう思っていたんでしょうけど、公にすることはできません。

いや、うーんと時代が下った昭和50年頃でさえも。
この頃オカマで有名だった東郷健が、劇団でやったらしいんですよ。
終戦に伴い人間天皇となった昭和帝が、マッカーサーにカマを掘られ、

「あっそー、あっそー、テーノー陛下万歳」

と叫ぶ筋書きを。
まあこれですから、健サンは逆に右の人から命を狙われたんですけどね。

菊… 右翼から…
二題噺よろしく、何度か触れてます『家畜人ヤプー』に話を振れます。

登場の(元日本男児である生きたトイレ)『セッチン』は作業歌である和歌を詠みます。
まあ一口にセッチンといいましても、その成績如何 (そうです。専修学校で訓練されるのです) でランク分けされているのです。
歌詠みとして登場するセッチンはエリートにあらず、公園の公衆トイレ備え付け、志願して辛うじて女子用になれた、という身の上なのです。

公園の便所に入ってくるのは平民女性ばかり、20年間七〇〇〇日、彼の口を便所として使った『女神』は延べ7万人。
セッチンにすれば、顔も名も分らないまま、ただ彼女たちの白い太ももに下から接近奉仕するとき、
   
   小林(おばやし)に われを引き入れて せし人の 面も知らず 家も知らずも

とくちづさみつつ、(貴族女性の家に専用便器として買われていった)旧友たちを羨むのみなのです。

この設定ですから、セッチン最エリートが(女)王家のそれであることは当然でしょう?
ここで菊の話に繋がるのです。
肛門のみことを雅語的隠語で「菊門」というますよねえ。
菊の家紋、その家が女王家のセッチンだと言うのです。

それが原因で作者沼氏は、右の武闘派から付け狙われた、と言われてますよねえ、いや、言われてますんですよ。
真相は分りません、知る由もないし積極的知ろうとも思いません。

ただ、僕は。
都度触れているよう、嫌英感情の惹起がこの奇書の目的と感じられてならないのです。

と、この言い回し、



では続けて『目指せ!! 平成の女蜀山人!版 もうひとつの万葉集』を

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


ここで小休止

本稿の一人称は『私』である。
前にも一度あったか? あのときは頭の体操の話だった。
つまり、この稿は論説はなし…
正直このところ、少々息切れ気味だ。
チャランポランにやればいいのであるが。いくら(日記形式である)ブログ(でサイト作りをしてる)といっても、何も毎日投稿しなければ規約違反になるというわけでもあるまいに。
やはり日付が飛ぶのは面白くない。損な性分のようだ。

さて、お世話になっている日本ブログ村に関してである。
左サイドバー下部にある設定をいじった。
これもまた正直なところ、ランキングが鬱陶しくなってきたので、もうこれ以上点数が入らないように設定しなおしたのだ。
いやいや、これもまた"これもまた"、私が気にならないといいつつも気になる損な性分であるせい、先様のせいではない。
実際、ブログ村さんは有意義に利用させて頂いている。アンケート項目なんか。
勿論TB、トラックバックがメインである。

そのTBなのであるが、どうも昨今の業界現況は(私のニーズからすれば)逆の方向に風が吹いている。
リンク言及というやつであるか。年初、我らがライブドアが導入したのを期に、各社に広まった。
困ったもの…

先ず受信の側から話せば。
私のように言及して欲しくない者は、もうTB受入には設定できないのである。
言及機能をoffに設定すればいい? 違う。
送信する側の立場になって考えられたい。私がonにしてるかoffにしてるかは、この人たちは知りえない、確実に送付したいと考えるなら言及せざるを得ないのだ。
「言及機能をoffにしてあります。だからリンクを入れないでTBしてください」と注意書きしろ? そんな物欲しげことが書けますかいな。何でそこまで。第一そんなことをしたら、定型商業目的を呼び込むようなものではないか?!
それ故、TB非受入で通すしかない、ここまで書けば意図は伝わろう。

リンク言及をブログ標準にすべしと主張する各位は、一体何を考えて?
いやいや、別に然したる興味があるわけではない。ただ…
言及派は自分たちの都合や美学を押し付けている、これだけははっきり言いたい。
都合を押し付けられた上に、それが正当だ、マナーだ、とまで言われたら腹が立ってくる。
と言うことで、送信の側に転じよう。

私のTB送信は、大体がコメントの代用だ。
即ち、概要欄を使いコメントを添えてTBをする。
その記事であるが、「そのコメントをしたのはこういった記事を書いている人間ですよ」ということを知らしめるに最も適したもの(既存記事)を使う。
事務用語をご存知の方には、本人確認のためにコメントではなくTBをする、と言えば一番よく伝わろう。
であるからして勿論、リンク言及などしたことがない、というよりは言及自体が馴染まないし、世間一般でいうところの『関係がある』という物差しには適わないかもしれない。
まずいか? マナー違反か?
仮にそうだとしても、私は専らTBのためだけに先方と『関係がある』記事を書き下ろすことなどせぬ。それならば、先方のコメント欄に書いちまったほうが早い。

ここで日本ブログ村の話に戻す。
これはざっと見た感じに過ぎぬのであるが、どうも「TBとは仲間作り目的のもの」と言う考え方が主流を占めているようだ。
もし、この方向が続くようならば、ご縁がない(なくなる)ということになってしまう。
いずれにせよ、余り面白くない話、これもブログがとみにSNS化しているという市況を請けてのことだろう。

ネット、いや正確に。インターネットとは如何なるものなのだろう?
居ながらにして世界中の図書館に… こんな意味合いだったか? このキャッチフレーズに惹かれ始めた私である。
勿論、セールストークということもあろう。建前と本音の話はいきよう。
ただ、私とすれば(知りつつも)正真正銘100%図書館目的でしかインターネットを利用していないし、これからも利用する気にはならない。
しかるに…

世のサイトを覗くに結局のところ出会い系サイト的な方向、折角ブログという手法を見つけて自らがウェブオーナーになればSNS傾斜という有様だ。
意外なことにネット空間というのは、むしろ日本社会的な構造であるということがわかった。
 
結(ゆい)… げにも厄介なる人間関係である。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


梅が枝

梅種さて、花札の原型は『花鳥合わせ』にあり、投稿日付では後先するものの何度か言ってきましたよねえ。
事実、色々な鳥が登場します。
ところがですよ。テーマ植物の枝にとまっている鳥の図は幾つあります?
よくよく見れば、この梅10点札だけですよね。
これまた発見です。

更に見ていけば、この構図、鶯(だか目白だか)と同じ目線です。即ち枝が下部。
これは、高い位置からの描写ですぞ。ねえ? 用心深い野生の鳥が低木にどっこいしょととまるわけがありませんもの。
2階からのスケッチかな?
なんて考えていくのも面白いものです。

2階からのスケッチという発想がでてくるのも、花札の完成が意外に遅い江戸時代だからでしょう。
日本ってのは平屋建築が多いもので、高い建物に登ってそこからの創作を楽しむという風雅は芽生えませんでしたよねえ。
お隣の中国では、古来より楼に上って作詩するってのがありましたけど。
違う鳥でスンマセン、王之渙の五言絶句です。

  鸛雀楼ニ登ル

 白日 山に依りて尽き
 黄河 海に入りて 流る
 千里の目を 窮めんと欲し
 更に上る 一層の楼

中国の川は全て、西から東に流れる、これについての伝承があったのを覚えていて探したのですが、ついに見つけられませんでした。

と、この言い回し、



何とかと鶏〜というなかれ

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


『家畜人ヤプー』論

本稿は、かの奇書に端する論述にあてる。
過去稿に於いても随所に登場させてきたか?
別ブログでも注力的に取り上げた。

冒頭論者は奇書と評した。(しばしば冠されている)『マゾヒズム文学』ではなく。
そう、論者の思うところの同書は風刺なのである。
先ずは、そのあたりの事情に関し、できるだけ「思う」次元ではない客観的な切り口で展開しよう。

「イース人は(完璧に道具として使っているので)無闇にヤプーをいじめたりしないよ」

掲示板サイトで、何気なく目にした書き込みだ。
いや、これも目から鱗の世界なのであるが。
即ち、イース人の支配に目を向ける限りは、サディズムの要因はないのである。
つまりは、こういうこと。
どんな淑やかな女性でも、自転車のサドルに跨るときに「苦しい思いをさせて可哀想」とは思わない、下着をつけるときに「汚いものを押し付けてごめんなさい」とは言わない、イース人がヤプーを使役するのはこれと同じ感覚(という設定)なのである。
そのヤプーに我と我が身を置き換えて(屈辱・苦痛に)昂ぶる人の心理態度がマゾヒズムということだ。
蛇足ながら、もう一言続けようか。
もし、『ヤプー』がマゾヒズム文学だ(というのが絶対的な評価だ)とするなら、(その理屈でいえば)婦人靴製造者は『フェチ業者』ということになってしまう。
何がいいたいか?
マゾヒズム文学という評価は、専ら受け手の心因にのみ即した冠付だということである。

とまあ、かくの如しであるので、ここまでは序論の位置づけとして続けよう。

既にトピックスとしたように現在、江川達也の手により家畜人ヤプーの漫画化が進んでいる。
残念なことに、あまり評判がよくないことと、その理由については阿部進の稿の結びに触れた。
冗長メディアの典型例…

時に、ヤプーの漫画化の先駆者は江川ではない。
石ノ森章太郎により、とうの昔に実現しているのだ。
冊数にして全4巻、手許にある。
嵩張る宿命にさらされる漫画本ということを鑑みれば、たったの4巻である。
にもかかわらずだ。
ちゃんと家畜人ヤプー全般が描かれているのである。ヤプーフリーク諸氏が嫌いぬいている後半部を含めて。
勿論、石ノ森マンガの体もなしている。

これが、巨人漫画家の力量ということか?
漫画の造詣は深くない論者のこと疑問形にとどめるが。
阿部進の稿の発展である。創作にメディアの垣根などない、ということが言いたいのだ。
屁ッ鉾ほど、メディアを選びたがる、テーマに固執する、と言っているのだ。

本論部分の結論は…
性癖なるものを積極的に持ち出し派閥を作ろうとする、更にはテキスト創作の作画のと垣根を引く、あまつさえ(同じ画像であるにも関わらず)CGだ実写だとリトマス試験紙的な色分けをする、こうした『いつもの創作家』たちへの警鐘である。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


ギリシア神話の創造者たち A − 女狩人アタランテに見る強女像

9972aea0.jpg世界神話最大手から2回目の記事である。

名高きアマゾネス。
その代表格といえるのが、副題のアタランテだろう。
アルカディア王の娘。父王は息子を欲していたために生れ落ちてすぐ山に捨てられ、雌熊によって育てられる。
この熊は1回目で俎上にあげた女神アルテミスの化身だったとも言われ、事実アタランテはアルテミスの養い子にふさわしい弓の腕と誰にも劣らぬ俊足を備えて美しく成長する。
強女としての逸話とすれば、『カリュドンの怪物猪』退治への参加や、アキレウスの父親ペーレウスに相撲勝負で勝つなどがあげられる。

さて、そんなアタランテであるから求婚者は後を絶たず。彼女は求婚の条件として彼女自身との徒競走を条件付けた。
アタランテが負ければ結婚するが,求婚者が負ければ死ななければならないという過酷なものである。
あるサイトに、ちょうどお誂え向きの記述があったのでお借りしよう。

メラニオンの公正な審判のもと、血の試合が始まった。

 一人目の男が位置につく。隣には、いつでも敗者を射殺せるよう弓を携えたアタランテがいる。

「それでは…用意、スタート!」

 メラニオンの合図と共に、両者が一斉に駆け出す。ゴール地点はスタート地点から遠く離れた山の中腹に設けられていた。

 しばらくすると、アタランテが男をぐんと引き離す。男のほうは既に息が荒くなっていたが、アタランテは汗一つかいていない。熊に育てられ獅子と共に森を駆けたアタランテにとっては、散歩以上の競争にもならない。見る見るうちに引き離され、ついに男はアタランテを見失うほど距離を離されてしまった。
 男がようやくゴール地点が見える場所に着くと、そこにはアタランテがこちらを見て待ち構えていた。手には強弓をもち、狙いをピタリと定めている。男が叫び声をあげ、引き返そうと後ろを向くと同時に、ひょうとアタランテの一矢が放たれる。後ろから眉間を射抜かれた男は、そのまま地面に崩れ落ちた。

 男たちの中に驚きと恐怖のどよめきが起きる。男の遺骸を踏みつけ、アタランテは大声で叫んだ。

「こんな男では話にならない! もっと強いという自信があるものがいるのならかかって来い!」

どうであろう?
もし、貴方がMF (ミックスファイト=男女勝負) マニアたるマゾヒストを自認する男性であるのなら、泣きの涙で感動されているのでは?
確かに残酷な逸話だ。

だが、またしても「だが」なのだ。
これは、世界各地に例をみる『難題婿』の一形態にすぎない。
同種の国産品として、アイヌの姫君との相撲勝負の伝話を別サイトで紹介したことがある。(少々曰くつきなのだが)

この難題婿を女性の側から見るのであれば、懸賞の景品となるようであまり愉快な話ではない。屈辱感すら感じる。
ここで同意を求める。そうであろう? と。
伴侶ぐらいは自分の意思で選びたいものだ。
強いて特筆するなら本稿の説話においては、自らが難題となることで多少なりとも自助努力できるので、幾分マシといえることか。
それでも意図に沿わぬ伴侶選びをせねばならぬことには変わりはない。
武術大会の優勝者には姫をとらせる、という定番とどれだけの差があるというのか?

MFマニア男性諸氏のことを『思い込みマゾ』と評して久しい本ブログ。
これはことによれば、ギリシア神話の創造者たちの中に、彼らのご先祖様がいたのやもしれない。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


高遠城の血染め桜

高遠城ん? 花見をしたのは随分前のような気がしますが、まだ3/14ですね。
いやいや、ちゃんと種を明かしましょう。これを書いているのは随分たってから、平成18年豪雨の名称が付された日です。
今日の話題である高遠のある信州地方は相当被害が出ているとか、お見舞いします。
ということで、本日の話はちょっぴり悲しい桜の名所についてです。


   登り来て 振り返り見る 坂の上 国美しき 四季の移ろひ (松井芒人)

信州高遠城ですね。
例によって例のごとく、全く歌と関係ない話から始めましょう。

平家物語等々に描かれる壇ノ浦の下りが何故にかくもウケるのでしょうか。
ずはり、滅びゆくものの美しさが人の心を打つのだと思うのですよ。
花札3月のテーマ植物は桜、パッと咲いてパッと散るのが日本人好みであるから。何度かいっているとおりです。
生物には「死の本能」Todestriebともいえる、の性心理に重なるものもあるのですが。

おっと、おっと、話を続けましょう。
時代は下って戦国時代末期。ここにもひとつの滅びがあります。
名門武田氏の滅亡…先ずは上記、高遠城の悲話が口火的象徴となりました。

記述的には、● 仁科五郎盛信 vs 織田信忠 ○ の戦い、ということになるのですが、少し背景を振り返りましょう。
高遠城主・仁科五郎盛信。
五郎というくらいですから、信玄の五男、安曇の豪族仁科氏の(押し付け的)養子となったのち、ここの伊那の高遠を守護していました。

地理的には織田領との隣接ですよねえ。戦になれば先ず初戦の場所となりますわな。
木曽義政(信玄の女婿)が織田方に寝返り、近くの大島城を守護していた信玄の弟・信廉までが一戦も交えず夜逃げした状況とあっては、ここ高遠城には勝ち目がありません。
盛信以下腰元衆に至るまでが武器を取って戦い、そして一人残らず斬死するのです。

高遠城の桜は紅色が濃いのは、このときの彼ら彼女らの血を吸ったせいだと伝えられます。

と、この言い回し、



これで手間取った…

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


飯森幸弘 − 下着ドロ教諭・佐藤正一を二度に亘ってかばい立てした千葉市教育長

FC2 [PR]裏DVD値下げ 
いつまでこんな事。。。
出会い系での体験記。。。当サイトおよびリンク先はアダルトコンテンツを含むか可能性があります プロフィール
 

Author:さとし 
結婚8年目。
いつまでこんな事してるんだろう?
と自問自答の日々を過ごす35歳。

基本は出会い系での体験記だけど・・最近はほぼ普通の日記・・・
でも写真はオリジナル

リンクはご自由にどうぞ
質問、クレームその他は下記アドレスまで
sato8644@yahoo.co.jp








最近の記事
三洋電機の社員が画像流出したけど・・・ (10/13) 
エロ復活 (10/12) 
コメントについて (10/11) 
また学校 (10/10) 
教育 (10/06) 
最近のコメント
サディズムに花束を!:三洋電機の社員が画像流出したけど・・・ (10/16) 
サディズムに花束を!:三洋電機の社員が画像流出したけど・・・ (10/16) 
ともちぃ☆:コメントについて (10/13) 
ともちぃ☆:また学校 (10/11) 
ともちぃ☆:また学校 (10/11) 
さとし:教育 (10/10) 
ともちぃ☆:教育 (10/09) 
月別アーカイブ
2006年10月 (8) 
2006年09月 (5) 
2006年08月 (7) 
2006年07月 (10) 
2006年06月 (13) 
2006年05月 (15) 
2006年04月 (7) 
2006年03月 (13) 
2006年02月 (11) 
2006年01月 (13) 
2005年12月 (15) 
2005年11月 (13) 
2005年10月 (15) 
2005年09月 (16) 
2005年08月 (10) 
2005年07月 (13) 
2005年06月 (22) 
2005年05月 (27) 
2005年04月 (23) 
2005年03月 (24) 
2005年02月 (21) 
2005年01月 (2) 
カテゴリー
ステキな出会い系 (71) 
悲しい出会い系 (32) 
過去の出会い (12) 
その他?の出会い (72) 
あきちゃん (4) 
ケイちゃん (6) 
高橋さん (1) 
Tちゃん (1) 
Mちゃん (6) 
明子ちゃん (2) 
Aちゃん (7) 
Iさん (4) 
乱交 (1) 
オイラ (10) 
ダイエット (5) 
意味無し日記 (60) 
よく見るブログ (3) 
女の子一覧 (1) 
アヤちゃん (5)
Powered By FC2

ブログやるならFC2ブログ 

広告
 





三洋電機の社員が画像流出したけど・・・
意味無し日記 | TOP ▲
三洋電機の社員がP2Pで画像流出して、mixiで実名がばれて社員の彼女の裸体がネットを飛び回ってます・・・ 
これってすごく話題になってるけど、ホント可哀相な話です 


まぁ男の方がネットを舐めてましたね 
いくらmixiが招待制だからって実名を出しちゃねぇ・・・ 
しかも、P2Pやってウイルス感染して写真が流出って・・・ 


アホか?? 

少しは気をつけろよ 

この彼女も自殺しちゃうんじゃないかって噂もチラホラ出てきてるし 
どうすんのよ? 


まぁそんな感じでいろんなとこで色々言われてる事についてはこの辺で終わり 


ただ、ちょっと気になるブログがあったんで、そのことでちょっと 

サディズムに花束を! 
の中の記事 
村岡万由子 − 恥部写真をネットに流出させしめた心理学エクスパート 
(まったくご丁寧にこのブログの中で男女とも、実名を書いてくれてますw) 


ここでこのブログの管理者さん(たぶん女性)は 


一言でくくってしまうのならば、幾度となく論題とした露出症者だ。 
時間が空いていること故に、お決まりの注意書きを申し添えるのなら、「人間誰しも大なれ小なれ持ち合わせている露出癖が社会適合許容範囲を超えてしまった」という意味で言っている。 
適合できる範囲での露出癖とは何ぞや? の問いの答えならば簡単、彼女が事前にやっていたmixiへの住所実名履歴等一切の暴露が好例となろう。 
繰り返したとおり論者あたりの感覚ならば、こんな真似をすることは考えも及ばない。 
ことさら勝ち誇るつもりはないが、それが今回の恥部写真ネット流出禍の布石となった。 


って、言ってます 

えええええええええ?????? 
彼女の方に 
「社会適合許容範囲を超えた露出癖がある」って??? 

はぁぁ? 
そっかぁ〜? 

露出癖はあまり関係ないだろ〜 


こんな写真、オイラだって沢山持ってるし、ヤスジ師匠をはじめ、色んな人達がこんな写真を持ってるよ 
っていうか、デジカメの普及や携帯カメラの普及で 
誰でも一枚や二枚は絶対に持ってるよ 


それらの人達はみんな「社会適合許容範囲を超えた露出癖がある」人達なんですかねぇ? 

そんな事ないだろ〜 

まったく何言ってんでしょ? 

この人の言ってることを要約すると 
・彼氏の方は異常では無いが彼女の方が異常である 
・しかも、こういうことは二人だけの秘密にしなさい 
・学校の教育は何をやってんだ? 

ってな事でしょう 

今回の事件で彼女の学校の事まで引き合いにだしてるし・・・ 

俺は、このブログの管理者さんのほうがどんな環境で育ったのか気になりますよ 


俺に言わせりゃこの三洋社員もその彼女も 



まったくの正常! 

そんな大騒ぎすんなよ 
「明日は我が身だぜ!」 
って感じ 


なんで思わず記事にしてしまった・・・ 




それと、今回の出来事に対して、たかがハメ撮り写真程度で大騒ぎしすぎ 
大騒ぎしてる人達ってそんなにハメ撮り写真が見たいのか? 
そんなに見たけりゃ、このリンク踏めっての 
そうすりゃハメ撮りのオンパレードだぁ・・・ちょっとウソw 


--------------------------------------------------------------------------------



 



出会いの老舗ラブサーチ
チャットでメールで★恋人探しは18歳以上限定 


出会い系.co.jp
明るいデザインだから女の子登録数が多い♪♪ 完全無料・サクラなし☆☆スイートボートグループ★★ 

ランキングサイト 
人気blogランキング 
エログサーチ 
クリック一回よろしくね 













[2006/10/13 22:34] | 意味無し日記 | トラックバック(2) | コメント(2)
この記事のURL | TOP ▲ | ホーム | エロ復活≫コメント
まぁ貴方の方がネットを舐めてましたね
やれやれ、変化なしですか。
いけませんねえ。ご自分のサイトなのに巡回を怠ってるんですか?
はたまた、洞ヶ峠を決めこんでんだか。

私のTBは想定外だったんでしょうねえ。少なくても、こんなにも早くに見つけられるとは考えてなかったと思料します。
でもね、別段難しいことをやってるわけではないですよ。そう、検索を使えば、引っかかってきますもの。
ロボット検索ばかりではありません。
私もちゃんと保存かけましたから。
弊サイト転載条件に反したことをしてくれた貴サイトですからねえ。それなりの準備はしておきます。

書いてあるでしょう? 反響を想定しつつしなければ、不特定多数相手に情報配信などできない、って。
私は貴方と違って書きっぱなしにはしませんし、何よりもネットの双方向性を理解したうえでサイトをやってます。
まあ、こっそり闇討ちにしようとするなら、相手を選ぶことでしょう。どこぞのカップルみたいなヌケサクな人たちをね。

一度WEBでした言動は取り消すことはできない。
書き逃げなど絶対出来ない、ってことが分かりましたか?
その上で、件の騒動が騒ぐほどのことでないか否かを、再度お考えになることをお奨めします。
不躾ながらオツムでは理解できない貴方でも、こうして身をもって体験すれば、ミツバチ並みには学習できていると推察します。

と、流儀に反していらざるサービスなどをしてみました。
下世話にも「袖触れ合うも他生の縁」といいますからね。
「他生の縁」を「多少の縁」と書いてしまう向きが多いんですよねえ、この格言。

と、過剰サービス第二弾、あはっ!

[2006/10/16 20:06] URL | サディズムに花束を! [ 編集] | TOP ▲ 
とはいうものの
この記事、書き直すなり消すなりしてくれると助かる。
おおよそ情報価値のないサイトの監視に、これ以上手を煩わされるのはありがたくないから。

[2006/10/16 20:09] URL | サディズムに花束を! [ 編集] | TOP ▲ コメントの投稿
  NAME:

TITLE:

MAIL:

URL:

COMMENT:
                          
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
                    
サンプル文字。FC2ブログ 
1 2 3 4 5 × 
 


PASS:

SECRET:
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURL
http://ahonosakata.blog4.fc2.com/tb.php/306-b9dcbd3b 
村岡万由子 − 恥部写真をネットに流出させしめた心理学エクスパート
ああ、どうせ読んでくれるなら全部読んでよ。勝手な部分引用で言ってもないことを言ってるように見せんのはやめておんなせーよ。 ねえ、人麻呂の「東の〜」の歌は知ってる?あれだって、長歌の第三反歌として読まなきゃ読み違うから。って、これも、どっかに書いてますから賃
サディズムに花束を![2006/10/15 10:06] 
村岡万由子 − 恥部写真をネットに流出させしめた心理学エクスパート
あんだよ、肝心な落し台詞が切れちゃてるよ。しからばもう一度。 って、これも、どっかに書いてますから、探してみてね、あはっ! 
サディズムに花束を![2006/10/15 10:12] | HOME | ブログ内検索

 

ちょ〜おすすめBlog

y.yオリ画3(ヤスジ師匠) 
撮らせもらって。。。(oasisアニキ) 
でんじろうの撮りましょうか? 
あきのえっちな物思い 
日刊エログ 
埼玉のらぶほ 

Link
B-日記 
漏れ漏れ写真館 
昔の名前で出ています 
抑えきれない・・・ 
ほりケン出会い快遊録 
間違いだらけ!?オナニーの仕方 
Upper Arms Mania 
ANNEX(オレのエロの集大成ブログ)  
The Forest of Breast 
☆ともちぃちぃ☆ 
離れられないふたり 
バツイチあずさ 出会い系やる気マンマン (・▽・)b 
69x48 
アメリカンポルノ アメリロ 
QPs.PRO★社長日記 
つぶやき小屋 
a black leaf 
猫は勘定にいれません 
こころの気持ち 
内緒の話・・・・・ 
4545ちゃんねる 
管理者ページ 
このブログをリンクに追加する 
Blog更新情報
12:21 エロエロエログ-毎日無料エロ..
08:51 フェチNAVI
03:26 y.yオリ画3
22:39 つぶやき小屋
19:59 a Black Leaf
19:57 エロ画像館
18:20 普通の女の子の投稿写真
16:13 QPs.PRO★社長日記
06:50 H探検隊
23:01 日刊エログ
21:56 侮ログ
14:39 B-日記
02:20 間違いだらけ!?オナニーの仕方
00:02 エッチな女生徒
01:31 Upper Arms Mania
01:18 猫は勘定にいれません
00:31 アメリカンポルノ アメリロ
22:54 ☆ともちぃちぃ☆
23:18 漏れ漏れ写真館
12:17 でんじろうの撮りましょうか?
20:08 ホタル☆せいかつ
21:09 逆輸入DVDアダルト
01:50 ANNEX(オレのエロの集大..
05:25 ナチュラルオナニー
03:15 いつまでこんな。。。出会いの..
21:50 撮らせてもらって。。。
00:35 POOHさんのフルボッキ!
02:38 抑えきれない・・・
03:22 ユキ娘*+☆。..
18:05 本家エログ屋!




 



skin presented by myhurt

秋の新作DVD爆安(18禁) / FC2Ad   FC2ブログ アフィリエイト
copyright © 2005 いつまでこんな事。。。 all rights reserved. Powered by FC2ブログ  [  こころ - 一般  ]   [PR] eo光他社より開設が早いのか検証中!      感覚マヒ?事件を軽視する企業ドラえもんの道具ランキング竹内&獅童が離婚を急ぐ理由山田優 復縁報道の真相とは?リンナイ 99年から不具合把握レオパレス21 偽装建築の疑いプラズマで業績格差が鮮明に好きな猫種ランキング37歳定年目前の辰吉 思い激白 カンタン!ブログをはじめよう 
いつまでこんな事。。。
Author: sato8644@yahoo.co.jp
2006年10月12日
村岡万由子 − 恥部写真をネットに流出させしめた心理学エクスパート 
本 サディズムに花束を! は2006年08月28日・第221稿をもって最終稿とした。
となれば、本稿は存在し得ない建前となるのだが。
うーん、例えば歌劇の世界だ。完全に幕が下りた後に、出演者が次々と幕間から現れ出で観衆に挨拶をするであろう?
カーテンコール… 
各位には、打ち止め後も従前と殆ど変わらぬご訪問を頂いている、本ブログもそれに倣いたい。

というよりはである。
ぜひとも書きたいトピックスがあったので起稿に至ったというのが正直なところだ。

表題の女性…
村岡万由子でピンとこないのなら、『ケツ毛バーガー』と申し上げよう。
それでもピンとこないのなら、ネット検索あたりでお調べ願いたい。
しこうすれば十分お分かり頂けるように、起稿時においてはすっかり時の人となっているといったところだ。
そして、落語の三題噺よろしく、往時に論じ続けたトピックスが、有機的に結合した形で登場する件の騒動である。

株式会社ミクシィのことには、ここでは触れまい。
本件事象に関し、かの会社が糾弾されるべきがあるとしたなら、件のカップルとは完全に切り離した形でせねば、論旨をはずしたものとなってしまうように感じる。
そして、今使ったカップルという言葉の片割れ、白鯛素久なる男性だ。
掲示板サイト等における評価は、少なくても主犯は彼としている。村岡はその(一方的)被害者と位置づける評価も少なからず。
果たして、そうであろうか?

うん。確かに社会的見地から切り込めば、そのとおりだ。
勤務する三洋電機の業務情報も、恋人と目される村岡万由子の恥部写真も味噌糞に私物PC内に放り込んだ挙句、怠慢にも絶対に漏らしてはならないその情報を流出させたのは、偏に白鯛の責だ。
当然、社会的制裁はある。25年かけて築き上げてきた地位を瞬時にして灰燼にきさしめた。
成行きによっては、これだけでは済むまい。損害賠償等々、しかるべき法的手続きを採られるやもしれぬ。
これも偏に、白鯛素久なる者の社会成熟度が著しく低いがためである。

だが、それまでだ。
白鯛の心理態度には、特段の異常性は見出せない。
これに対して、ケツ毛バーガー・村岡は?
ということで、論者には被害者には見えず、である。故にヒロインの座に据えた。

一言でくくってしまうのならば、幾度となく論題とした露出症者だ。
時間が空いていること故に、お決まりの注意書きを申し添えるのなら、「人間誰しも大なれ小なれ持ち合わせている露出癖が(村岡万由子の場合は)社会適合許容範囲を超えてしまった」という意味で言っている。
適合できる範囲での露出癖とは何ぞや? の問いの答えならば簡単、彼女が事前にやっていたmixiへの住所実名履歴等一切の暴露が好例となろう。
繰り返したとおり論者あたりの感覚ならば、こんな真似をすることは考えも及ばない。
ことさら勝ち誇るつもりはないが、それが今回の恥部写真ネット流出禍の布石となった。

ここで言わなければならないのは、論者は、白鯛に恥部を撮らせた村岡の心理態度が異常であると言っているのではない、ということだ、お読み違いのなきよう。
うん、性愛心理とは、げにも奇怪なものだ。
こうした行為もまた、互いの愛情を深めることにもなろう。サディズム〜などというタイトルを付けているブログだ、理解は示す。

だが、いや、だからこそだ。
これは、二人だけの秘密にすべきことなのではなかろうか?

テレビドラマでも映画でもなんでもよい。
似たようなシーンに出くわすことはあろうが。
こうだ。

二人の愛の営みの写真を肩寄せ合いながら見つめる恋人たち…
やがて、男が先ずネガに、そしてポジに火をつけて燃やす…
灰皿の炎を見つめながら、笑い転げる二人…
程なく火は消え、二人はしかと抱擁しあう…

或いは、取っておきたいのなら、2個・2重の鍵をかけたタイムカプセルに入れる、これでもよいのだが。
ともかく、このような二人だけの愛の思い出、というような秘めるべき性質のものを『物』としてを残さした村岡万由子は、尋常ではないレベルの露出症だと思料する。
うん、男とは幼稚なものだ。下世話な言い方するならば、自分の女を他人に見せびらかしたがるのが、その常。
そして、その男にストップをかけるのが女の役目だ。性差に起因する恋愛における男女の役割分担といえよう。2重の鍵と言ったのはそこだ。

しかるに、万由子は…
同性として言わせるなら、少なくとも彼女の情緒には寒いものを感じる。秘匿本能が働いていないというあれだ。

ましてや村岡は、心理学のスペシャリスト・エクスパートとして、非常勤ながらも徳島県警においてその種の公僕を務めているとか。
青少年指導の任にあたるか?
青少年の人格形成の為に尽力すべき彼女が、冒頭より文学的な記載から入るのであれば。歴史は人の数だけ存在する。
いや、人物史という意味で言っているのではなく、何をもって歴史上の出来事として重きをおくか、ということである。
例えば、論者にすれば、今日一日平穏無事に過ごせたということが大きな歴史上の出来事となる。例え地球の裏側に核ミサイルの雨霰が降り注ぐような事態が同時勃発してようと、こちらの方が大きな出来事だ。
そして極端な話、今日今このとき死ぬようなことになるのであれば人類の歴史はそこで終わる。だが、恐らくは100年後、200年後の歴史教科書に載ることはあるまい。いやいや、これが母親に川に突き落とされたとか、自宅に放火して一家皆殺しの後に果てたとかであるのなら話も異なってこようが。
ともかく、そんな感じだ。

で、2006年日本のとある大学生に『歴史上』に残るような忌まわしい出来事が起こった。
だが、間違いなく後世の教科書には載るまい。その年の7月、新聞の社会面や地方版の話題となっただけで忘れ去られてしまうであろう。
それでも、彼女にとっては歴史上の大事件である。
地理的に年齢的に近しい論者が語り部となって、この歴史を伝えていこう。

前述の年、副題に掲げた場所に住まうかの大学生は、千葉市立都賀の台小1年担任・佐藤正一なる教諭に、その下着を奪われ続けた。
そして、ひとたび件の窃盗 (恐らくはその数倍に亘る使用窃盗があったのだろう) が事件化するや、加害者元教諭の実名公表差し控えの口実に使われたのである。
「市教委側からの要望により…」と。これが市教委の捏造であることは直後に発覚するのであるが。

一言で言えば、激しい憤りを覚える、ということになる。
加えるに論者が就中憤るのは市教委だ。それ故、タイトルに付した。
佞臣一人断ちて… 朱雲であったか。
だが論者は『其の余を〜』とはせぬ。順を追って全員を断つ。

念のために、ブルセラ女子高生の過去投稿を読み返されたい。
「男性が異性の肌着類に興味を示すのは摂理とも言えよう」…
論者は決して、下着泥棒をしたいと考える男性の心理まで否定しているのではない。
繰り返し書いているとおり、フェチシズムというのは人が皆その心中に有する偏愛心理、人は皆(大なり小なり)変態、とむしろ理解すら示している。
更にいうなら、変態ですらないかもしれない。
そう、生物のメスの尿や性器分泌物にはオスを欲情させる成分が混ざるという。
佐藤正一なる元教諭が、若い女性の使用済み下着を欲しがったとしても、それは軽蔑するものではない。

ここで、否定を意味する助詞が入るのは言わずもがなだ。
心中に思っていることと、それを行動に出すことは天地の差である。
自らの劣情をコントロールできなかった佐藤を心から軽蔑する。

さらに、それを生み出した社会環境だ。
例えば、上で触れたブルセラ女子高生、例えば、特殊性癖と冠しエロサイトを営む管理人・サークル主催者…
こうした人の劣情に付け込むような人種には、「貴方たちも、件の事件の共犯者ですよ」と言っておくとする。

さて、論者は今、法律上のことしか念頭に置かなかった。
そして佐藤には、『軽蔑する』という言葉しか向けなかった。
いずれも、(その前段で使った)『憤る』ではない。
そう、憤っているのは、下着泥棒(そのもの)に対してではないのだ。
佐藤正一がした背信行為、これに論者は憤っているのである。

一体彼は、何人の人間を裏切ったのか?
件の被害者以外にも、ざっと数え上げるだけでも、学校の児童、その父兄、同僚上司、更には近隣住民、佐藤自身の家族…
これらの人は皆、よもや彼がかかる破廉恥行為に及ぶとは夢想だにしなかったに相違あるまい。
この信頼を踏みねじった佐藤正一、将に天人ともに許しがたし、と言ったとこだ。

背信という意味で佐藤よりも罪が深いのが、千葉市教育委員会、ということで愈愈、一番の『佞臣の断罪』だ。

委員長  竹蓋 幸生(たけふた ゆきお)
 現 千葉県公私立高等学校協議会会長
 現 千葉大学名誉教授

委員長職務代理者 川島 義美(かわしま よしみ)
 元 人権擁護委員
 現 千葉県暴力団追放県民会議相談員

委員 奥山 福子(おくやま ふくこ)
 現 千葉市地域婦人団体連絡協議会会長
 現 千葉市を美しくする会副会長

委員 岩沼 静枝(いわぬま しずえ)
 元 社団法人千葉青年会議所理事長
 現 社団法人千葉青年会議所監事

委員 津田 英彦(つだ ひでひこ)
 現 社団法人千葉市医師会顧問
 現 社団法人日本医師会代議員

教育長 飯森 幸弘(いいもり ゆきひろ)
 元 市立小学校長
 元 教育次長

と、まあいずれもご立派な経歴の方々ばかり、天地がひっくり返っても捏造で保身を謀るような方々ではない。
しかるに、天地がひっくり返るような事態が歴史上に記録されたのである。
(むしろ積極的に実名公開を希望する)被害者の意思を知りながら、「被害者の意向により差し控える」と広報して。

「下着くらい盗ませてやればいいじゃないかw」

掲示板群サイトで、このようなおふざけ書き込みを目にした。
うん、そのとおりだ。女の端くれとして言うならば。
こんな物の再調達価額など高がしれたもの、しかも犯人が判っているのだから求償することも可能だ。
自分が肌に付けていたものを(異性に)弄ばれたとあったら、鳥肌もたとうし暫くうなされもしようが、それはそれだ。
誰かではないけど、「豚に舐められたと思えば腹も立つまい」である。
だが、その対処に当たってくれた市教委にうそを付かれたとあっては…

矢面に立つ正規の公的機関にして、考えうる教育関係最高機関に追い討ちをかけられたのである。
被害者の大学生としては、一体この先何を信じたらいいのか? とても人事とは思えない論者だ。

市教委の「気遣ったつもりが余計傷つけた」の弁明は偽りとは思わぬ。
だが、そう判断した心裏に、テクノクラートの組織防衛がなかったと言い切れるか?
それが罪深い。
社会人の行動は全て結果から評価されるもの、天下の千葉市教育委員会ともあろうものが一人の就学女性の信頼をズダズタに踏みにじったのである。この事実だけは動かしがたい。

これは別のブログに書いたことなのだが。
論者は鬼平ファンである。
池波正太郎 『鬼平犯科帳』の第何回であったか?
小房の粂八が(信頼していた)血頭の丹兵衛に…

信じていた者に裏切られた人間の気持ちがありありと描かれている。



 注* 元原稿投稿7/25.下記は元原稿にはない資料です。
また転用に際して僕の意見を付け加えるなら、高が下着ドロと侮るなかれといったとこです。
この事件だってひとつ間違えれば、岩手母娘殺人事件のようになったかもしれないのですから。(7/27)

千葉市教育委員会  ニュース


* 上記千葉市教育委員会HPには未だに何らの言及もありませんねえ。
 大阪府立大学や東大阪大学は学長名の謝罪文を掲載しましたよ。
 学生が起こした生き埋め殺人事件に関して。
 千葉市教委は自らの不始末なのに、だんまり決め込むつもりでしょうか?
 僕も憤ってきました。メアドを掲げておきます。(7/31)
 
   kikaku.EDG@city.chiba.lg.jp

【2006-09-15 追記】
タグ:小笠原愈 http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/ サディズムに花束を! サディズム 飯森幸弘 佐藤正一 下着 下着ドロ 下着泥棒 パンドロ 窃盗 庇う かばい立て 千葉市 教育長 千葉市教育長 文学 文学的 歴史 人物史 歴史上 ミサイル 畠山鈴香 彩香 畠山彩香 奈良 田原本 放火 殺人 放火殺人 セレブ 母親 非合理な母親 皆殺し 一家皆殺し 大学生 女子大生 新聞 社会面 地方版 地理 地理的 年齢的 語り部 千葉市立 都賀の台小 担任 教諭 パンツ パンティ 使用窃盗 パンティ嗅ぎ 事件 事件化 加害者 元教諭 口実 捏造 市教委 小学校 教師 佞臣 朱雲 全員 ブルセラ女子高生 ブルセラ 女子高生 心理 肌着 肌着フェチ 下着フェチ フェチシズム 偏愛 変態 劣情 エロサイト 特殊性癖 管理人 サークル 主催者 同人 御転婆天使協同組合 共犯者 共犯 法律 法律上 軽蔑 憤る 背信 背信行為 裏切り 児童 学校 破廉恥 父兄 同僚 上司 近隣 住民 近隣住民 ハレンチ 信頼 千葉市教育委員会 教育委員会 委員長 竹蓋幸生 千葉大学 名誉教授 川島義美 暴力団 相談員 人権擁護 奥山福子 婦人団体 地域 千葉市を美しくする会 岩沼静枝 社団法人 理事長 青年会議所 津田英彦 医師会 顧問 代議員 議員 天地 広報 実名公開 掲示板 サイト 2ch 2ちゃんねる 再調達価額 求償 鳥肌 説教強盗 公的機関 教育 弁明 テクノクラート 組織防衛 組織 防衛 社会人 事実 ブログ 鬼平 ファン 池波正太郎 鬼平犯科帳 小房の粂八 血頭の丹兵衛 佐藤 教育者 狂育者 聖職者 性職者 大嶋ひろ子 強制わいせつ ど〜も 岩手 母娘殺害 若林一行 女性用下着 都賀の台 崎山敏治 三谷譲治 匿名 千葉大 生き埋め殺人 大阪府立大学 東大阪大学 摂理 カルト 教育カルト 志村修 学校教育部長・志村修 歴史教科書 千葉県公私立高等学校協議会会長 千葉大学名誉教授 人権擁護委員 千葉県暴力団追放県民会議相談員 千葉県暴力団追放県民会議 千葉県公私立高等学校協議会 千葉市地域婦人団体連絡協議会会長 千葉市地域婦人団体連絡協議会 千葉市を美しくする会副会長 千葉青年会議所理事長 千葉青年会議所 社団法人千葉青年会議所理事長 千葉青年会議所監事 社団法人千葉青年会議所 千葉市医師会 社団法人千葉市医師会顧問 社団法人日本医師会代議員 教育次長 医師 青年 青少年 政令指定都市 佐倉市立染井野小学校 杉野睦美 パンティマニア 函館大学 佐藤梢 画像 痴漢 目指せ!! 平成の女蜀山人! ミユ様 パクリ スカート覗き 田代まさし 函館大学職員・佐藤梢 函館大学職員 うんちタッパー 佐藤梢 こずのえっちな下着 こず 学校法人 野又学園 画像 佐藤梢容疑者 函館大学職員、ブルセラの副業 天文研究部・顧問 天文研究部顧問・佐藤梢 ウンこず 北海道函館市港町 渡邊敏郎 花咲じいさん ミラーマン 学長・小笠原愈 植草事件 植草元教授 植草一秀 野又肇 ウンこずタッパー 愛知県警 函館大学職員、無許可ブルセラ 野又学園・野又肇 教育者か狂育者か それが問題だ ちらリズム またぐらを たっとく見せた 緋ぢりめん 動画 名古屋市西区 聖霊高校 東海理化 佐久間美佳 加藤大貴 同志社大学 第二のケツ毛バーガー 桜井則之 平岡小 袖ケ浦市立平岡小学校 袖ケ浦市 千葉県袖ケ浦市 三上雄亮 4年2組担任・桜井則之 稲津宏 清風南海中・稲津宏 清風南海中 関篝 泉鳥取高 泉鳥取高・関篝 河合美佳 フルート講師・河合美佳 フルート講師兼売春婦・河合美佳 東京芸術大学 東京芸術大学・河合美佳 出会い系で知り合った男性の財布から85000円を盗み逃亡 河合美佳容疑者、出会い系で知り合った男性の財布から85000円を盗み逃亡 フルート奏者のゴマノハエ 浜松 浜松出身フルート奏者・フルート奏者 浜松出身フルート奏者・河合美佳 出会い系 出会い系厨 出会い系厨・河合美佳
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


雁渡る晩秋に夏の月

金時坊主季節感があるようでない花札、投稿日付では前後いりくるものの再三繰り返してきた本ブログです。
ふと、思ったんですけど、いまいち正確な言い方ではない、「季節感があってないのが花札」と言うべきでしょう。
顕著な例が、この8月、 芒(坊主)です。

10点札を見てください。雁に芒ですね。
考えてみれば、雁というのは冬鳥として日本に飛来する渡り鳥です。理科学上の能書きはさておいたとしても、8月ではいくらなんでも早すぎる、雁が来る頃は人間様もそろそろ冬支度ですよ。
まあ気の早い旧暦ならば、晩秋を通り越して初冬といったところかもしれません。

対照的に20点札。言わずと知れた芒山に満月です。
それこそ旧暦の8月望月が、仲秋の明月ということからなんでしょうけど、この頃は暑いくらいですよ。ん? 前に言いましたね。
じゃあ、更に続けるとしますか。

なぜ、仲秋の明月なのか?
秋で空気が澄んで月がさやかに見えるから。
ところが、ところがですよ。
花札の満月は赤いではあーりませんか。これは反射屈折しているから、ということは、これは空気が澄んだ仲秋の明月の図柄ではないっ!
うん、答えは要りませんぞ。勝手に夏の月ということで話を進めてしまいます。

   あの月を 取つてくれろと 泣く子かな ( 一茶 )

夏の月。
この句、サイコーです(*^◇^)/

なんでも、一茶という人は事情あって初婚が50過ぎだったとか。
遅くなってできた子供というのは、非常に可愛いもののようです。

そういえば、山本五十六という人も父親が56歳のときに出来た子だから(子宝)、五十六だとか。

と、この言い回し、



月の始めは朔 「八朔」は投稿しそこなったんだよね
子育て、子育て、昔の方が豊かだったのかなあ?

を丸写ししました。
あの人、同じ句を二度取り上げてしまってる…YO…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


「女王様」のプロトタイプ



 あの格好って、いったいなんなんでしょうか?と思うことが時々あります。毎度ワンパターンというか、自分でも結構好きなくせに、時々そこはかとなく違和感みたいなのを感じることがある。

 おそらく日本で最初にこの種のイメージが紹介されたのは、「奇譚クラブ」経由で米国の伝説的なボンデージ雑誌「Bizarre」に掲載されていたものが起源ではないでしょうか。それ以前からもプロトタイプの存在は西洋にも確認できますが、一般大衆に広くこのイメージが広まったのはこのメディアの影響が大きかった。事実、戦後の日本にまで伝播し、アンダーグランドではあったものの当時はマニアックに支持されていたようです。    
  ジョン・ウイリー エリック・スタントン 、Bill Wardなどによるフェティッシュな写真やイラストには、現在に継承されている女王様プロトタイプのルーツが見られます。マリーアントワネットやエリザベス女王のような、最初から権威ある女性ではなく、ごく平凡な女性でもそれを身につけることによってある種の権威というか、凄みとでも言うのか、とにかくその格好だけでもう跪いてしまいたくなるようなインパクトが求められる要素があると思う。
 
 黒や赤の下着をベースにタイトなコルセット、ストッキングにガータベルト、そしてハイヒールやブーツ。これら典型的な女王様的なるコスチュームは、ノーマルなセックスとは一線を画する行為へとスムーズに移行するための儀式的なアイテムとして、たんなるファッション以上の意味合いがあったと思われます。

 元来日本には、欧米ほど洗練されたアブノーマルなサブカルチャーが発達していなかったか、あるいはあったとしても、それをマスレベルで普及させようとする動きがなかったため、戦後の「奇譚クラブ」に代表されるカストリ雑誌が紹介してきた欧米的な女王様的イメージが、一気に人気を得て(?)普及促進していったのだと思われます。

 僕は、子どもの頃からただ単純に、もう無条件に「かっこいい!」と思ってました。
(なにしろ「奇譚クラブ」を初めて読んだのは小学生5年生ぐらいの時だったもので)

 長年刷り込まれてしまったプロトタイプの影響からの脱却は、難しいものがありますね。
posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


赤今日はまた八八(合わせ)競技の手役の話をしましょう。

7枚の手札の内、6枚がカス札の場合。
残り一枚の札種でそれぞれ、光一、十一、短一という役になる、前に話しました。
では、カス×5では?
この場合、残り2枚が5点札の場合に『赤』という手役になります。
赤、(赤短冊に限らず)短冊という意味、これもまた前に話しましたね。

これが、光×2+カス×5、種×2+カス×5 だと、役にもなにもならないのです。
面白いですよね。5点札というのは、ある意味20点札、10点札よりも効力が強い札なのですよ。
ちょっとした下克上ですか?
奇しくも花札の原型が出来だしたのは下克上に明け暮れていた戦国時代、
ってことで、最強の戦国大名は? というお馴染みのお遊びでもしましょうか。

戦国時代・上杉政虎、のちに輝虎と改名、さらに出家して謙信 (何たる改名マニア!) を押す声が…

っと、今日こそループは避けて、ちゃんと話を進めます。

赤というのは、このように色々な意味に転用されますよね。
どうもあんまりいい意味はない。乳飲み子くらいはまだしも、損するとか、左系思想の蔑称だとか。
そうですねえ、これはどうです?

  真っ白な 名歌を赤き 人が詠み

はい、いつもの万葉集は初期代表歌人・山部赤人をからかった川柳です。
真っ白な名歌とは、お馴染みの『山部宿禰赤人、不盡の山を望む歌一首 并に短歌

 天地の 分れし時ゆ 神さびて 高く貴き 駿河なる 布士の高嶺を 天の原 ふり放け見れば 渡る日の 影も隠らひ 照る月の 光も見えず 白雲も い行きはばかり 時じくぞ 雪は降りける 語りつぎ 言ひつぎ行かむ 不盡の高嶺は
 
        反歌

 田児の浦ゆ うち出て見れば ま白にぞ 不盡の高嶺に 雪は降りける

これは有名な歌ですね。
反歌の部分は、百人一首にも選ばれています。


  田子のうらに うち出でてみれば 白妙の ふじの高ねに 雪はふりつつ


第一句の助詞に注目して下さい。
原歌『田児の浦ゆ』、『に』に変わってます。
『に』は分かるにしても『ゆ』とは?
古語辞典を引くとこうあります。

@時や動作の起点を表す …から
A動作や時間の経過点を表す …を通って

どうも参考書や学習ガイドを見ると、Aの意味『田子の浦を通って』と訳しているものが多いようです。
ずばり、間違いです。
だって、そうでしょ。じゃ、田子の浦を通って、『どこに打ち出でて』この歌を詠んだの?
ここは、@の意味『田子の浦から』と解すのが正解です。

ええっ?! と反論の声が聞こえて来ましたねえ。
田子の浦から出たらば、海に落っこちっまうじゃないか?、と。
事実、江戸時代の万葉学者の中には、一向は田子の浦で船に乗り換え、赤人は駿河湾上から富士を望んでこの歌を詠んだんだ、と解釈した向きもありました。

それもまた違います。
ここで忘れてはいけないのは、赤人は都人であり旅人であることです。

上代でいうところの田子の浦とは、現在の由比蒲原のあたり。
さて、赤人一向、東国には富士なる霊峰があるとの予備知識のもと、田子の浦近辺にさしかかる。
ところが富士山はちっとも見えてこない、そりゃそうでしょう。
一口に田子の浦といっても些か広うござんす、富士山がよく見えるところもあれば見えないところもあるでしょうよ。
いぶかりながら旅を続ける赤人一向、やがて展望のいい箇所にさしかかり富士山がぱっと見えてきた。
そのときの感動がこれなんですよ。

少し回りっくどく言えば、「田子の浦の入り口『から』同じ田子の浦でも少し進んで見晴らしのよいところ『に』」というのが一句の意味ということになります。
『から』と『に』、fromとto、字面では正反対の意味の助詞を使ってあっても、実は同じ意味だったとお分かりいただけたでしょうか?

と、この言い回し、



しょっぱなの『富士を望む歌』

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!


posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


『インターネット』の『インター』を外して『ネット』になった?!

論者もよく使う、ネットとの呼称…
いうまでもなくインターネットの略称である。
では、接頭語のinter- とは? 辞書を引くとこうある。

in・ter-/íntr-/
「…の間の」「相互の[に]」

もう一年も前のことなのだが、ある人がライブドアへの苦情に添えた言葉だ。

「『インターネット』の相互関係を切りすてて『ネット』になったのか? (まさかそうでもあるまいに)」

将に正鵠を射ていると思い、本稿の投稿に至った。

時に、本プログはコンテンツ転用を許可している。何故かといえば禁じても詮無いからだ。
いや、例え詮無くないとしても禁止する気にはならないだろう。
"インター"ネット上に公開している情報なのだから。
入用ならば拾っていけばよい。ただそれだけのことだ。

禁じても詮無いと言った。詳説するならば技術上の理由だ。
ご存知のとおりウェブ公開すれば、それぞれのファイルにURLという住所が付される。
その住所を書けば、当該ファイルは(いずこなりへも)表示されてしまう。勿論制限をかけることは技術上可能なのであるが、原価性のない行動だ。
ここで『inter-』である。制限をかけるくらいなら最初からウェブ公開しなければよい、少なくても論者はそうする。

ここで著作権の話に迂回しなければならないだろう。
コンテンツ転用を許可している本ブログであるのだが、論者はその著作権まで放棄しているわけではない。
明確に主張する。
そう、著作権の存在と転用の許可不許可は全く別次元の問題なのである。
どうも、これを勘違いしている人が多い。転用許可すると著作権を放棄することになりはしないかと。いや、なるのであると。
そんなバカげた話はない。現にオンラインソフトといわれているプログラムの類は、大多数が著作権を主張したまま転用を許可しているではないか。
いつのころであろうか? これもまたインターネットのインターの字が取れだした頃から起こり始めた現象に見える。

自サイトの展示情報を他で見かけると、異様に過敏になる人たちが現れだしたのも。
どこまで本気で怒っているのかは知りえないものの、かかる人種を一部では『著作権荒らし』と呼ぶようだ。
全くの私事だか、かつて論者も連中のドタバタ劇のとばっちりを喰った挙句、因縁まで付けられたことがある。
どこぞのサイトの展示情報を論者のサイトで見たとか、見なかったとか。
まあ、その折は軽くいなしておいたのだが。

ここで回答をしておくも苦しかるまい、ということで元の話になる。
論者のサイトには、「ネット公開情報の全てがある」
全てのウェブサイトには、「私の公開した情報がある」
少なくてもつながりはする。
それが"インター"ネット…
その(個々の)出典を突き詰めるなど現実味のないことだ。
繰り返すが、一旦ウェブ公開したが最後、その情報はURLという唯一無二の住所が付され、原則その住所を打ち込むことにより全世界の通信機器のいずれからも参照できるようになるのである。
いやそれどころか…

ローカルにおいてある情報すらも危うい。
ファイル交換ソフトの問題をトピックスにした過去投稿で論じたとおりだ。
ともかく不特定多数に見られたくない、見せることができない情報は、電話回線等に直結している場所には置かないことだ。
それに尽きる。ひとたび置いたら、inter- 相互利用 の情報となってしまう、これを頭に叩き込んでおく必要があろう。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


文披月(ふみひらきづき)

アメ短一年12ヶ月、春夏秋冬を駆け巡りながら、投稿日付に相応しい話を書いている僕です。
まあ、それをやっているせいで、どうも季節感が狂ってきてしまいまして。
それを是正するために、また実日付の投稿となります。

さて、7月の異称は文月ですよね。
なんで文月?
文披月(ふみひらきづき)が転じたとする説が有力です。つまり、短冊に歌や字を書き、書道の上達を祈った七夕の行事に因んだ。

残念ながら、七夕は花札と直接の関係は見出せません。
けど、短冊は大いに関係ありですねえ。
今更ですが、5点札には全て短冊が配されている。
そう、花札48枚のうちの10枚を占めます。

ついこの間、七夕様でしたね。
皆さんも一年に一回、短冊に字を書いてみましたか?
まあ、あれだけのスペースですから、字数は制限されてしまいますよねえ。
ねえ? あれに書ききれるくらいの字量が理想の文ということなのです。

文、手紙ですか?
ということで、理想的な手紙として本多重次の名文(名句)がありますね。

『一筆啓上、
   火の用心 おせん泣かすな 馬肥せ』

と、余分なことを書き立てないのが模範手紙ということで。

ギネスに載っている最短手紙は、仏作家のユーゴーが出版社に宛てた手紙。

  ?

の一文字。まー、解りますよ。新作の売れ行きを尋ねてきたに決まってるでしょうが。
出版社の返信がまた、世界タイ記録です。

  !

はい、売れて売れてたまらない、という意味ですね、

と、この言い回し、



政治には疎い私

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


袁紹 (中国・三国) − この名門貴公子が嫌い抜いた宦官とは?

87be83d5.jpg阿部進の稿で触れた横山三国志。
吉川三国志の漫画化に際して、横山光輝が大幅に割愛したのが本稿・袁紹、或いは袁術の兄弟に関する部分だ。
副題に名門と記した。袁家は四代に渡って三公を輩出した名門である。
実際、物語としての三国志はその前半はこの兄弟を中心に激動するのであるが、割愛のため、後の官渡の戦いにおける「至弱をもって至強にぶつかる」のニュアンスが伝わってこなかった横山三国志である。
官渡の戦い、曹操と袁紹の直接対決…
至弱とは曹操のこと、至強とは袁紹のことであるのに。

さて、この二人が少年時代から交流があったことは興味深い。
例の花嫁泥棒の逸話を以って、袁紹のお坊ちゃまぶりを紹介してもよいのであるが、紙面の関係もある。
ここは、宦官皆殺しの逸話から入るとしよう。

霊帝の死後、紹は大将軍・何進に宦官の排除を諮るも、逆に何進を殺されてしまうのである。
怒った彼は宮中宦官の排除を目的に兵を動かす。
死者は誤って殺された者も含め2000人にも。
その折、宮中方には、男性器を晒して逃げた者もあったという。宦官でないことを明示したのである。
その折の曹操の反応だ。

「愚かなことを。騒ぎの元となった十常侍だけを討てば済むのに殲滅を図るとは。お坊ちゃまはしょうがないものよ」

とまあ、曹操の評価が即、後世史家の袁紹評である。
彼は、宦官という"性"が生理的に受け入れられなかったのであろう。
宦官… 去勢された官吏、日本を除く全アジアにあった制度…
食欲と性欲の二大本能の片方を封じられたが故、もう片方に異様にのめり込む。
物欲の権化となった宦官のためにしばしば政治腐敗を招いたのが中国の歴史、客氏の稿で論じた。
袁紹が彼らを嫌ったのは、こうした意地汚さもあったのではあろうが。
思うに文字通り『生理的』な部分を嫌ったのではなかろうか?
即ち、去勢されたが故に肉体的な変化を来たす。
声は甲高くなり、ヒゲが生えなくなる。

と、ようやく男女両性の中性化を論じたことがある本ブログの趣旨めいた論述に移れる。
昨今における男性のことを鑑みられたい。
男声の高音化、これは歴とした統計がある。そして、何よりヒゲだ。
いつの頃からであろうか? 男性がヒゲを蓄えなくなったのは。
かつては東西を問わず、男性はヒゲを蓄えるものであったのに。
更にここに、とりわけ日本における状況を加えれば? 下げ止まらない出生率、男性未婚率の恒常的増加…
つまりは、現代の男性は逆算的に宦官と化していると暴論できなくないのである。

そんな宦官化男性が思い描くフェムドム像が実態と乖離していたとしても、それは無理からぬことだ。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


滝夜叉姫 − 父・平将門の仇を討たんと妖術を習得した三女

dd556899.jpgどこぞの父娘ではないが、どうも三女というのは父に可愛がられるようである。
まあ、とはいうものの何せ西暦3桁の時代、ニューヨークの中心地であるマンハッタンには未だ野生の狼が徘徊していた頃である。大方仮想であるも、全くの作り事とも言い切れまい。
将門伝説から触れていこう。

僅か2月で関八州の国府を悉く落とし新皇と称した英傑、平将門…
その死後には様々な異変が起きる。
代表的なのは、京に晒されていた首が坂東の地まで飛び戻ってきたというものであろう。
荒唐無稽と笑うなかれ、東京大手町にある首塚を移転させようとするたびに異変が起こるというのは、記録の辿れる昭和の出来事である。

科学などというのは如何ばかりなものであろうか?
DNA情報などというものはコピーの都度ぼやけ、ものの10回も重ねれば元とは完璧に違うものになってしまう。その期間僅か300年足らず。
これに対して、精神というのは限りなく偉大なものだ。
そう、一旦将門に与力しながら京が提示した条件に再度寝返り彼を罪死させた坂東の民の後ろめたさは、1000有余年経過した現在においても我ら関東人の心中に伝え続けられているのだ。

人間の持つ精神の力を侮るなかれ。
そして、女性が持つ復讐的加虐心を…

滝夜叉姫が非業の父の仇報ぜんと妖術を駆使し、大蝦蟇やガシャドクロを操ったとしても、何らの不思議はない。
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


みどりの日

朝鮮藤さてさて投稿日付を見るに4/29、みどりの日ではありませんか。
『目に青葉 山ほととぎす 初鰹』、朔で触れた山口素堂の句。
花札4月の種札に相応しい祝日がやってまいりました。

ところが、ご存知のとおりです。みどりの日は5月に移っちゃうんですよねえ。
夏だか春だか判らない花札の4&5月に引きずられたわけでもないでしょうが。
軽口です。昭和の日になるわけですよね。そもそも昭和天皇崩御に際して、4/29・天皇誕生日をどう扱うか余り考えることなくして推移してきたことなのですから。

昭和天皇と言えば、今ちょっとした波乱になってますよねえ。あっと、この実際にこの原稿を書いているのは投稿日付より少し、というかだいぶ後です。
何も今更…
件のメモの当事者は、とっくの昔に死んでいる人たち。
もう、神様のままでいいじゃないですか?

万葉集は万葉集でもいつもとは違う昭和万葉集より。

 八月十五日 正座して

  戦いに果てし我子も聴けよかし 
  かなしき詔旨(みこと)くだし賜(たぶ)なり
                  釈迢空

  三人(みたり)の子 国に捧げて哭かざりし
  母とふ人の号泣を聞く
                二上範子

  あなたは勝つものとおもってゐましたかと 
  老いたる妻のさびしげにいふ
               土岐善磨

皆戦ったんですよ、その時は。
首都圏にも爆弾は降ったんですよねえ。
一番大規模だったのが、3/10の東京大空襲。
同居の年寄りからよく聴かされる話があります。

昭和20年。
疎開先にいた当時少女は、よく畑を荒らす浮浪児を追っ払ったそうなのです。
それはそうでしょう。貴重な食料品ですからねえ。
石を投げつけ、それでも去らないときは棒で叩く…
食料品だけは確保しなければならなかったから、と回顧します。

そしてあとから考えてみると、あれは空襲で焼け出された孤児だったに違いないと。
直線距離で100km以上離れた場所まで流れてきてたのです。
頭から血を流し、口にしていたトマトを吐き出して嗚咽していた姿が今でも目に焼きついている、とか。

と、この言い回し、



偶には私の能書き抜きで
敢えて演説をぶつような真似はしませんが

を丸写ししました。
…うーん…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


猪神

7月花札は7月萩の種札は猪、この猪は山の神様とされますよねえ。
そこらの理由としては、投稿日付に拘らず昨日紅葉カテゴリに書いたことと同様です。
食料は天からの授かりもの、よって猪は神様という訳、昔の日本人の謙虚な感謝心が感じられます。

この猪神の話を下敷きにした映画といえば、言うまでもなく「もののけ姫」ですよね。
出てきました、山の神様が。
ところで、「もののけ姫」の主人公は?
サン(=「もののけ姫」)ではなく「アシタカ」。

うーん、似たようなケースはありますね。
某国営放送では2005年、大河ドラマに先立つ30分の時間帯、「雪の女王」をやってました。
「雪の女王」の主人公は、「雪の女王」ではなく「ゲルダ」。

そうそう。
赤塚不二夫漫画は、脇役を題名にしてるものが多いですよ。
殆ど全作品がそうじゃないかな?
……
ねえ。
例えばですよ。

「もーれつア太郎」の主人公も、「ア太郎」じゃなくて「デコッ八」或いは「ココロのボス」、「くーだらない、くーだらない」が口癖の。
あ、最近知ったのですけど、くだらない、いうのは古代史に関係があるんですよ。百済。

さて、当時の日本にとって、百済とは。
シルクロードを通じて集まってきた世界の品々はすべて百済を通じて日本にわたってきたわけです。
百済物でないのは粗悪品、くだらない、という言葉はここからきたのですね。
まあ、日本人の舶来品信仰を如実にあらわしてて、あまり愉快ではないのですが。

と、この言い回し、



日曜ぐらいしかテレビを見なくなってしまいました  65日目
くだらないお話を

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


市川房枝 − もし彼女が存命なら児童買春問題をどう考えたであろうか?

6e5cc35b.jpg言わずとしれた婦人運動家。
女性解放運動はこのブログの論題に馴染むようで馴染まないとブルマーの投稿で述べたとおり、彼女についても、
「市川房枝はサディズムを闘争心に昇華し、婦人運動に多大なる業績を残した」
の一行で片付いてしまう。
よって、本稿は随想風の書き方をしてみよう。

女の敵は女… 下世話によく言われることだ。
論者の手元に古ぼけた漫画本がある。タイトルは『意地悪ばあさん』、作者は長谷川町子、これもまた高名な女流漫画家である。
長谷川は自らの分身である意地悪ばあさんをして下述のような発言をさせている。

婦人運動の長谷川町子講演会の場面である。
壇上には「売春をなくそう!」「赤線復活反対!!」の垂れ幕。
手伝いを買って出たばあさんは、マイクのテストに託けて自ら演説をぶつ。

「アー、アー、あれじゃあ男は堪るまい、只今マイクのテスト中…」

まあ、長谷川町子の本音であったかは定かではないが、当然市川の目には留まる。

さて、このような軋轢があることを宿命付けられながら売春撲滅に腐心した市川房枝なのであるが、その宿望どおり売春はなくなったか?
副題に掲げたことだ。黎明期に1稿裂いて力説したことなのでくどくは書きたくないのだが…

生活売春は(勿論よくないことにせよ)ある程度は仕方あるまい。
だが、親の庇護下にあって生活になんの支障もないにも拘らず春をひさぐ若年売春婦たちには、どうにも憤りを禁じえない論者だ。
法令・行政・司法等やジャーナリズムも腹立たしい。買い手側の男にばかり責任を嫁して、彼女たちはあたかも被害者のごとく扱っている。
何故この売春婦どもに、売春防止法に基づく制裁を課さないのか?
信賞必罰、刑罰にはえこひいきがあってはならないはずだろう。
若年者には刑罰よりも教育を? これもまた否定だ。
少なくても児童買春云々の法令が施行され片落ち厳罰がなされるようになって以降、少しも減らない現状であることは異論を挟む余地のない事実なのである。

売春女生徒各位、市川房枝が泣いているぞ、とは言わぬまでも…

どうやら、やっばり女の敵は女のようである。

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


安芸の宮島

たばこ紅葉花札10月の10点札は鹿に紅葉、奥山に住まう鹿をイメージさせると繰り返してきました。
古来日本人にとっては山は神様、そこに住まう鹿も神様、あるいはその使いとして神秘の目で見てきた我々です。
(山岳地である)奈良(の神社)ばかりではありませんよねえ?
宮島の神様もまた鹿です。

ところが昨今、安芸の宮島に異変が起こっているとか。
なんと、鹿が我が物顔で街中を徘徊しだしたというのです。実害も多々。
変ですよねえ。野生の鹿は絶対に人間には近づかないはずなのに。
原因はといえば、餌を与え続けたために家畜化しだしてしまったためだとか。

うーん、ここにも観光地化の弊害が。
僕とて分らないわけではないですけど、やはり神様と人間様は住み分けをしないとね。
そう、人里離れた奥山にましてこそ神様です。
どうか、観光客の皆さん。迷い出でた神様に餌を与えず"シカト"して下さい。
そして、地元自治体の各位。ノー餌運動に"しか"と取り組んでください。
長い目で見れば、それが観光地としての格上げにもつながります。

ということで、安芸の宮島。
ご幼少のころの僕は、『秋の宮島』とばかり思ってたんですよ。
ねえ、もみじまんじゅうなんて、紅葉の美しいところでしょう?
それと、もうひとつの名物が海。神社の鳥居も海中にありますよねえ。

因みに、いつぞやお話した夏祭りの神社も、

  常盤松 宮の鳥居に 波凪て 月もさやかな この夕べかな     

安芸の宮島と同様の光景です。
もう海岸線が埋め立てられて久しいので今は当時をしのぶすべもないのですが、この神社の鳥居&手水場もやはり海の中にあったようです。
そして、7/14(宵祭り)7/15(本祭り)の2日だけは、舟橋を渡してそこまで行けるようにする…
地元のアマチュアの方の作品です。

と、この言い回し、



昨日のうちから用意していた1稿です

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


マリー・アントワネット − ここにも一人、18世紀フランスの母は?

マリー・アントワネット我が国においては、非常によく語られる人物であるので一切の経歴に触れる必要はあるまい。
本サイトにおける着目点は、疑惑である。
種々の悪評が流れ、その処刑後デマだと判明したもののひとつ…
即ち、革命派のエベールなる人物がアントワネット、タンプル塔幽閉の折の悪行として指弾したものだ。

平素より男癖が悪かったマリー・アントワネットは男日照りのあまり、実子ルイ・シャルルを襲い神をも恐れぬ母子相姦をしてのけた!

先ずは、彼女が強姦した、所謂逆レイプということはありえない。
あっと、これに限らず女性が男性を(少なくても物理的な意味合いにおいて)強姦することうことはありえないと言っている。
ロトの娘の稿で記述したとおりの理由からだ。
即ち、男性の生理構造。大脳がはっきり覚醒していての姦淫意思なくしては勃起射精に至り得ない。

では、件の母子に和姦があった可能性まで皆無と言い切れるであろうか?
あくまでも机上の話として勧めるのなら、言い切れはしない。
男というものは赤ん坊のとき、異性親をほとんど性愛的ともいえるほど慕う心理を芽生えさせる。そして成人して異性を選ぶ際にも、その異性のどこかに母の面影に似通っているのに惹かれるほど強烈なものである。
エディプス・コムプレックス…
文学的にいうなら、男の宿命・さがといえよう。
加えるに、マリー・ルイともその精神は幽閉による極限状態…
一般論として、理性が雲散霧消している可能性も大だ。

更に言うなら。
「ある」ということを証明することは出来ても、「ない」ということを証明するのは困難…
少し前に聞いた台詞だ。
即ち、ただの一度現場を押さえれば「ある」の必要且つ十分な証明になるのに対し、「ない」の証明のためには幽閉中の母子を一瞬たりとも途切れることなく見張らねばならぬのである。
これは現実味がなし…

全ては藪の中、真偽を知りうる法律能力者は当事者たるアントワネットただ一人、21世紀日本のとある母親の娘殺し事例と同様である。
と、この稿においても結びは、かくの如し…

posted by homer_2006 | サディズムに花束を!


花間 一壺の酒

朝鮮菊月見で一杯、花見で一杯。
何かにつけて飲みたがる日本人です。
まあ、僕なんか酒をやりませんから疑問符なんですけど、と言いつづけました。
でもね、酒と風雅はつきもののようですね。花札を見るにつけ、これは認めざるをえません。

そして、文化の先生となったお隣の国を見ても…
いましたよ、いました。世界一の詩人は大酒のみでしたよ。
飲んでよっぱらっちゃ、名詩を残す。まあぐちゃぐちゃ言わず、見てみましょうか。

月下獨酌 其の一  李白

 花間 一壺の酒
 独酌 相親しむ無し
 杯を挙げて明月に迎えば
 影に対して三人を成す
 月 既に飲を解せず
 影 徒らに我身に隨う
 暫く月と影を伴い
 行樂 須く春に及ぶべし
 我歌えば 月 徘徊し
 我舞えば 影 零乱す
 醒時 同に交歓し
 醉後 各々分散す
 永く無情の遊を結び
 相い期す遙かなる雲漢に

僕の好きな読み下しを採ってみました。
ああ、古詩ですから自由に作れる、韻が途中で変わりますよね。

これですよ。
これですよねえ。

 挙杯邀明月  対影成三人  

もー、この感性!
サイコーです(*^◇^)/
としか評しようがありません。

 我歌月徘徊  我舞影凌乱  

李白先生、すっかり酔っ払ってるものだから、周りの景色もクーラクラ。
それを、月が〜、影が〜、と言ってるんですよねえ。

やっぱ世界一の詩人でしょうなあ。
そして酔狂人。こういう風流が絶滅してしまった現代です。

水に映った月を取ろうとし手を伸ばして溺れ死んだ、最高の死に方じゃないですか。

と、この言い回し、



で、「外国人」の例です

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


サディズムに花束を!



開設にあたって

http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/archives/cat_50010709.html

アブノーマル - そもそもサディズムとは

http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/archives/cat_50010711.html

検証 - 歴史上の人物のこぼれ話

http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/archives/cat_50010710.html




(マゾ男性向けSM創作短編集 「御転婆天地驚動組合」)

http://otenba.seesaa.net/

(「BlogPeople」(「トラックバック・ピープル」)なるところの不可解な行動について)

http://blog.goo.ne.jp/miyumiyu38_goo

(いつまでこんな事。。。)

http://ahonosatoshi.blog82.fc2.com/




目指せ!! 平成の女蜀山人!

お品書き




万葉の心 〜 現代に生きている古典
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/cat_1066415.html
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/cat_10000610.html


百人一首 〜 古今・新古今の世界
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/cat_1066425.html
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/cat_10000611.html

軽み滑稽 〜 変遷変革の江戸期
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/cat_1067144.html
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/cat_10000612.html

正岡子規 〜 そして現代俳句短歌へ
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/cat_1066441.html
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/cat_10000631.html

特別収録 〜 漢詩&中国四大奇書の世界
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/cat_1113255.html
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/cat_10000630.html

毒舌満載 〜 ミユのパロディ劇場
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/cat_1071754.html
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/cat_10000615.html

(トップページの一言)
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/cat_10000616.html
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/cat_1066443.html



月別一括表示




2005年4月

http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/2005-04.html

2005年5月

http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/2005-05.html

2005年6月

http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/2005-06.html

2005年7月

http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/2005-07.html

2005年8月

http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/2005-08.html

2005年9月

http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/2005-09.html




付属コンテンツ




小品音声ファイル置き場

http://miyumiyu38.qp.land.to/

ミ ユ の 掲 示 板

http://6323.teacup.com/miyumiyu38/bbs

ハイクブログ個人ページ

http://haiku.blog.livedoor.com/userblog.php?user_id=miyumiyu38

ミ ユ の 掲 示 板 (したらば)

http://jbbs.livedoor.jp/study/6757/

ネット社会に美しき秩序を取り戻せ!

http://avg-maker.com/259914.html






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。