大掃除

たばこ桐2さて21世紀の即今、30日から休みになる勤め先が一般的になってきました。
きりできり、の師走、本年の経済活動も今日29日できりということになります。
花札成立期の江戸時代は半年分の支払いを12月にする風習でしたので、今よりもなお忙(せわ)しかったことでしょう。
そしですよねえ。CGの煙草パッケージ花札に描かれたように正月の準備もありますし。

と、前に使った煙草パッケージ花札CGです。
思い出してください。
そうですよねえ、大掃除。これもまた、年末の風物詩です。
こちらも今日明日がタイムリミットです。
なぜなら、一夜飾りはNG、ついでに言えば今日、クンチ飾りも不吉、ということですから、お飾りは30日にするものと決まってきますから。

さあ、皆さん。
張り切って掃除をしましょう。
狂歌師・大田蜀山人の、この狂歌でも口づさみながら。

  雑巾も 当て字で書けば 蔵と金 あちらふくふく こちらふくふく

「吹く」が「福」を呼び込むとの、気の利いた掛詞です。

さて、『番頭グループ』サイトと言われているひとつの管理者の方で…
って、「他サイトなどとのトラブルのもとになる」、やめとくか…
ええい! 正規の言論だ、いっちまえ!
ご異議あるようでしたら、掲示板にお書付ください。

の管理者の方でハンドルネーム 『札金』て方がいますけど、常連訪問者のF氏が「札と金だ」と指摘していたことがありました。

  サツキンも そのまま読めば 札と金 …

と、ここから先ができない、、、
下句を付けてくださいよ〜、某Fさん

と、この言い回し、



今度はぐっと簡潔に

を丸写ししました。
まあ一応BBSのリンクだけは、僕のに変えた…YO…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


盛り過ぐるを

閏いつものとおり、いつものごとく、表示されている投稿日付と実際の投稿日とが一致しない マゾヒズムに花札を! です。

突然ですが、皆さんは気づいてました?
今年2006の仲秋の名月は随分遅かったですよねえ。10月になってからです。
そう、10/6でした。
そして天文学上の満月は、十六夜の10/7。うん、名月よりも十六夜のほうが丸いという話は本当でした。

調べるに、昨年2005の十六夜は糸瓜忌である9/19でした。
旧暦は一年354日、普通ならば前年よりも早まるというのに。
こりゃ、約3年に一度の閏月がありましたか?
そうなんです、7月が閏で、その分ずれ込んだわけです。

というわけで、CGのとおり萩の月が2度もあったんですよ。
閏7月、約3年に一度といいましたが、正確には19年に7回の閏月ですか。
ですから、閏7月があるのは、7/19割る12の逆数、32年ないしは33年に一度ということになります。

いやいや、いうまでもなく「今年は、花札に7月だけ二組8枚入れて遊ぶべし」、なんてとほうもないことを書く積もりはありませんぞ。
ただ、実際の秋の野山では、萩がいつもの倍も主役を務めて、さぞやくたびれてしまったことでしょう。 
そんな32年乃至は33年に一度の月に詠まれたものかどうかは定かではないですが、万葉集は巻8、沙弥尼(さみに)等の歌です。

   秋萩は 盛り過ぐるを いたづらに 挿頭に挿さず 帰りなむとや

挿頭=かざし ですよねえ。前に話した記憶があります。

 秋萩は 見る人もなく むなしく盛りを過ぎていますよ〜
 髪飾りに挿して 遊びもしないで
 皆様は むなしくお帰りになるというのですか〜

表向きの意味とは別に、こうー、なんか、感じてくるでしょう。ほら、女性から男性を誘っているという感じが。
ふふん、確かに一度話しました。かんざしは女性のセックスアピールだと。
黒門町の伝七親分の子分に、かんざしの文治 という人がいましたが、それはさておき。

髪フェチを語るなら、髪飾りを狂崇するフェチシズムにも触れなければなりませんか。
ことに、髪きり、というのは、髪の毛だけでなく頭装品を収集している例が多い…
今日は入り口にとどめますが、頭装品には女性の貞操を象徴する意味が含まれているようです。

と、この言い回し、



こう結びつくんですよ

を丸写ししました。

歳時記にあり、然るにネット検索にかからず 十六夜加筆

は、参照するだけにとどめたのです…が…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


ジェフ・ユナイテッド

越後大石紅葉花札はモミジの月は旧暦10月、晩秋から初冬にかけての季節です。
動詞「もみ(紅葉)ず」の連用形から、秋になって葉が葉緑素がなくなり、アントシアンなどの色素が蓄積して起こるとか。黄葉を含めていうこともあるそうです。
もみ(紅葉)ず…
葉緑素がなくなる現象にして黄葉を含むですか?
まあ、山に住まう人だと、第一にモミジ=カエデに彩れた花札の風景が浮かぶんでしょうが、海っぺりの平地に住まう僕あたりは、後者・黄葉を連想してしまいますよねえ。
こんなのはどうです?
昨年ちょうど紅葉の季節に、地元Jリーグチームがタイトルを獲得したときに作りました。

 山のさき 櫟(いちい)の原に 千々の葉葉

先ず地名の由来から。
千葉−妙見神社境内の木々の情景から 市原−櫟(いちい)の原の訛 と言われています。
さてさて、この句。秋の落ち葉の光景の裏に、ジェフ (千葉&市原) の (山崎) ナビスコ杯優勝 (=「いちい」) を織り込みました。

お粗末さまです。
そうなんですよ。妙見さんのイチョウの落ち葉はすごいもんですよ。
とまあ、拙作だけでもなんですから、万葉集から一首みてみましょう。

   言問はぬ 木すら妹と 兄ありとふを ただ独り子に あるが苦しさ

巻六・一○○七、市原王(イチハラノオオキミ)。
作者が自分が独り子であるのを悲しんだ歌、とするのが現在の通説です。

「妹と兄ありと」、これ面白いですねえ、妹の方が兄よりさきですよ。
『家畜人ヤプー』のポーリーンもクララに妹→兄の順できょうだいを紹介しますけど、別に万葉びとが「女権社会」だったわけではないでしょう。
「女と男のきょうだい」という意味で、必ずしも兄いもうとという意味でもないようです。
あっと、イチョウのような雌雄の別のある木、という説もありますね。

と、この言い回し、



ジェフ・ユナイテッド千葉について詠む ミユ - livedoor ハイクブログ
例によって例のごとく、めまぐるしく転調します

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!


posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


出会い系

 ウンザリするのも飽きるほど、スパムメールはやってくる。まともにつき合ってはいられないけど、その多くは出会い系がらみのものらしい。よくは見てないがタイトルから類推すると、ノーマルな交際からアブノーマルなものまで幅広い需要にマーケットは拡大していく印象。ある意味でSM系なども充実していそうだ。

 その一方で、昔からある伝統的結婚相談所みたいなサービスも増えてきている。システム的には出会い系と大差なさそうだが、最終目標は「結婚」というところが、一夜だけのアバンチュール(←死語?)が目当てのものよりは、多少「うさんくさくない」ように感じる。

 きちんと利用され、成功をおさめている例も増えてきているようですが、僕のようなオールドタイプには何となく敷居が高い。やはり道ばたで偶然出会う(←そんなことあり得んのに!)ことに期待を持つというか、ロマンを感じてしまうわし。

 無理してネットで出会うことに違和感を感じてしまうのだが、きっかけとして割り切り、知り合ってから信頼関係を深めるプロセスが一般化しつつあるのかもしれない。

 だけど、過疎化の進む農村じゃあるまいし、今の世の中そんなに出会いのチャンスってものが減ってるのだろうか? 

 街角の公園や現実の青空の下でのナチュラルな出会いの可能性を、もう少し信じていたい。

posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


もみたひにけり

朝鮮紅葉再び10/6投稿してみましょう。今度は正真正銘の2006/10/6の投稿です。
おっと、本ブログを始めてご覧になった人は、何を言っているかさっぱり分かりませんよね。ちゃんと説明しましょう。

他稿を見ていただければ分かると思いますが、このブログの投稿日付は実際に投稿している日付ではないのです。
季節のある花札をテーマにしているこのブログ、日付も記事の一部といった感じでして。
ところが、偶にこうして細工なしの実日付で投稿することもあります。
そう、ちょうど一週間前も。
もうじき仲秋の名月ですね、と今日のことを予告する内容の記事を、8/8付で投稿しました。

そうですよ。あの時は旧暦8/8、普通に言えば9/29。
今日は、それと平仄を合わせるために新暦10/6で投稿しています。
本日旧暦8/15も例年のごとくお天気はよろしくない、どうもお月様は期待できそうにもありません。
つーことで、長い前置きはこのくらいにして、10月・紅葉の話を始めましょう。

満更、前置に意味がなかった訳でもありません。
花札の10月は、今この日から45日以上たった日の光景を描いてある、これを印象づけたかったのです。
紅葉… 黄葉=もみちば…
万葉時代は、「もみち」と清んで読んだんでしたよね。
そして、いつぞや話題にした遣新羅使人…
難儀を極めたんでしたんですよねえ。
6月に難波を出向して瀬戸内海を横断するのに、なんと一月もかかってしまった。

そして…
 
   百船の 泊つる対馬の 浅茅山 時雨の雨に もみたひにけり

巻十五、三六九七。
漸く対馬まで来ました、「もみたひにけり」= 紅葉が色づいたことであるよ、からして時すでに晩秋、

と、この言い回し、



なんせ思いつきのページですから

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


クラフト・エビング

 マゾヒズムという言葉の起源が 「毛皮を着たヴィーナス」の作者マゾッホであることはよく知られていますが、その名付け親ともいえるクラフト・エビングの名は意外と知られていないのかもしれません。

 この人は19世紀後半に活躍したドイツの精神医学者で、フロイトより以前に性的倒錯に関する研究をしていました。彼は当時の西洋においてほとんど犯罪視されていた同性愛を病理学的立場で擁護し、学会から総スカンをくらっていたのか、その先駆的、革新的な功績がしばらく黙殺されてきたような印象です。さらに彼は、宗教的精神、特に殉教の心理をヒステリーやマゾヒズムと関連づけたことで物議を醸し、カトリック教会からも反感をかっていたようです。

 日本では明治時代に彼の代表作ともいえる「変態性慾心理」が出版されましたがすぐに発禁本となりました。その後大正デモクラシーの時代の波に乗って「変態」という言葉が日本で初めて流布されるきっかけとなりました。今でも翻訳本が入手可能ですが、理論的な解説部分がカットされ、患者の臨床例やポルノティックなエピソ−ド集のような構成になっていて、著者本来の主張が歪められたかたちになっています。この書物は当初一般読者による俗物的な読み方から遠ざける意図でラテン語で著されていましたが、日本では不幸にも低俗な読まれ方が先行してしまったようです。 

 エビングの考察は、純粋に学術的な視点から行われており、同じ文脈からマゾヒズムやサディズムについても語られています。百年以上も昔の因習的偏見がはびこる世の中で、実に勇気ある研究と主張をしていたものだと感心させられます。異常性欲の詳細な分類と目録を作成するプロセスの中で、同時代の著名な作家であったレオポルト・フォン・ザッヘル・マゾッホの名前から「マゾヒズム」という言葉を世に送り出しました。症例や現象としては紀元前から人間の営みとして記録が残る「マゾヒズム」という概念を、わかりやすく命名し記述した功績ははかりしれないものがあります。

 いや、それよりなにより、変態性欲や倒錯を、人間固有の普遍的な側面として扱おうとする姿勢に共感するとともに、感動すら覚えるのです。
posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


擬人化

松井二ゾウ今日は、おいちょかぶの話を。
シリーズでお伝えしてきましたカブ独特の数の数え方、本日2月を紹介すれば終わりになるのか、はたまたどっかが残っているのか、ともかくこんな感じで投稿順序や日付には少々細工がしてある本ブログです。

おっと、2月でしたね。
2のことは、「二ゾウ」と数えます。
うーん、擬人化ですか? ちょっと親しみを込めた。よくやりますよ。
実際に「フロ タクゾウ」なんて名前のひとがいたということを聞いたことがあります。 
思えば、2というのはスコアとしてはブービーですね。
悪いスコア渋い顔をするよりも、おどけたほうがベターということでしょう、これもまた江戸博徒のくったくのなさの現われではないでしょうか?
投稿では次月になるものの実際は前に、3=三太 で話しました。

てな訳で、3は三ゾウでもよかったのかもしれませんね。
西遊記の登場人物ですよ。
三蔵法師というのは、図らずもマヌケ役に徹してます。
何度か記事にしている、このトピックス、また具体例を持ってきましょう。

本日登場するはサソリの女怪。
例によって例のごとく、あれやこれやと三蔵法師に迫る…
『貼胸交股』、何とも艶かしい四字熟語だこと。
ネットでは人気の高い「男性受け」とか「逆レイプ」いわれてる世界ですね。

すわ、三蔵の童貞は風前の灯!
と、なったところで悟空たちが駆けつけ、お決まりのチャンチャンバラバラ括弧死語括弧閉になるのですが、そこは触れないでおきましょう。

陳舜臣さんの西遊記では、『女怪』では色気がないので、ってことで『お萬の方』の名前が付いています。
萬、そもそもはサソリという意味ですね。まあ形どおりです。
それがなんで漢数字になったかは定かではないとか。

「いやさ、お萬!」「何さ、珍太!」

と、この言い回し、



オチはまた古〜い宴会ソング集から

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


鳴かぬなら

たばこホトトギスさて今日はまた、花札や原型となった花鳥合わせで、藤の花と合わせものとなる鳥・ホトトギスの話をしましょう。
とは言っても、詩歌に詠まれたホトトギスです。
投稿日付では先月になるものの実は昨日、国営放送大河ドラマ『功名が辻』で秀吉の死を放映していた話をしました。
その続編として本稿。
つーことで、秀吉とホトトギスのカップリングです。

タイトルを見てピンと来た人も多いでしょう。
鳴かないホトトギスをどうするんでしたっけね?

 鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス 【織田信長】

 鳴かぬなら 鳴かせてみしょう ホトトギス 【豊臣秀吉】

 鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス 【徳川家康】

そうでしたねえ。三将自身の口を借りての後世評です。
かつては、これ、秀吉を評価する材料として使われていました。
つまり、超越的放棄の信長、他力本願の家康に比べて、アイデアマンの秀吉。流石のこと百姓から関白にまで上り詰めた人物、てな感じで。

ところが、価値観などというものは時代とともに変わるものです。現在は秀吉の「鳴かせてみしょう」が必ずしも優れているいう評価ではない、少なくてもピカ一ではありません。
いや、むしろ家康の「鳴くまで待とう」の方がいいんじゃないか、って意見もあるくらいです。つまり、殺して〜はヒステリー、鳴かせて〜は断絶ノイローゼ、ってことで。
まあ、これもまた太閤記・出世物語が昔ほど大衆受けしないことに連動してのことでしょう。

もう一つ、どっちにせよ最下位の汚名を着せられている信長の名誉回復のために紹介するなら。
決して、信長だけが短気者の人殺しだったわけではありません。
史実は調べれば、むしろ秀吉の方がひどかったのではないかと思えるくらいです。

まあ、世の東西を問わず権力者たちに纏わるサディズム残酷憚は、枚挙に暇がありませんよね。
ローマ皇帝ネロ、お隣の国の紂王&姐己…
万葉集開巻一番に登場する雄略天皇もそのケがあり、奴婢の生爪を剥がし、その手で土堀をさせたという話を聞いたことがあります。
そしてなんといっても一番逸話の多いのは、秀吉でしょう。

悪口を書いたという罪で捕らえた8人を、第一日目には鼻を削り、二日目には耳をそぎ、そして三日目に逆さ磔にする…

  まつせとは べちにあらじ 木の下の さる関白を みるにつけても

この落首の作者がどうかは知りませんが。

大体「成り上がり者」に該当する歴史上の人物は、悪口に敏感ですね。
他にも清盛、それからヒットラーあたりも。
悪口の中にこそ真実がある、これを知り尽くしていたためでしょうか?

んな訳で「便所の落書き」BBSに張りつくのは大正解、

と、この言い回し、



大特集『知的にSMを語ろう!』積み残しの一稿

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


難波(なには)の桜

すだれ花札3月は桜。
パッと咲いてパッと散る潔さから日本人に好まれていることは、再三お伝えしているとおりです。
辞世にもよく詠まれますよねえ。
この点も触れてますか?
では、最も有名なものを。

 風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん

そうですねえ。浅野内匠頭ですよ。
この内匠頭に真似たくて辞世を詠みたがる人も、後世ちらほら。
三波春夫さんあたりもそうだったんじゃないかな?
そして西行と同様、望みどおり桜を見ながら、この世をあとにしたこともお話しました。

それはそうと、国営放送の大河ドラマです。
直前回の放送は、おっと、投稿日付にこだわらないで下さいよ、このブログの常です、えー、直前回でしたな、太閤秀吉の死の場面でした。
秀吉って人は、晩年急速にボケてしまったんですよねえ。その晩年は実年齢より遥かに老けていたはずです。柄本明がうまくやってましたよ。
そして、辞世ですよねえ。

 つゆとおち つゆにきえにし わがみかな なにはの事も ゆめの又ゆめ

浅野ゆう子扮するところの『女組長型・おかか』が「ウチの人にしちゃいい出来」と披露してました。
秀吉の忌日は旧暦9月ですので、残念ながらここには桜はありません。
しかし、彼の築いた大阪城は?
そうです。造幣局通り抜けのなんて、桜の名所として知られる場所です。

それは、万葉の昔からのようだったみたいですよ。
大伴家持も詠んでます。

桜花 今盛りなり 難波の海 押し照る宮に 聞こしめすなへ

松の月で言ったように、当時この地は大伴領です。
そして、万葉集+大阪とくれば、僕が敬愛する万葉学者の犬養孝先生のお膝元。
ってことで、昔のテレビ特番の話題に進みましょう。

えーっと。
BOROというバンドが『大阪で生まれた女』という唄を歌って一斉を風靡したことがあったんですか?
その折、大阪文化を特番した教育番組で、(当時の)大阪大学名誉教授・犬養孝博士と共演したとか。

  大阪で生まれた女  BORO 作詞/作曲

 踊り疲れたディスコの帰り
 これで青春も終わりかなとつぶやいて
 あなたの肩をながめながら
 やせたなと思ったら泣けてきた
 大阪で生まれた女やさかい
 大阪の街よう捨てん
 大阪で生まれた女やさかい
 東京へはようついていかん
 踊り疲れたディスコの帰り
 電信柱にしみついた夜

 たどりついたら一人の部屋
 裸電球をつけたけど又消して
 あなたの顔を思い出しながら
 終わりかなと思ったら泣けてきた
 大阪で生まれた女やけど
 大阪の街を出よう
 大阪で生まれた女やけど
 あなたについて行こうと決めた
 たどりついたら一人の部屋
 青春に心をふるわせた部屋

 大阪で生まれた女が今日
 大阪をあとにするけど
 大阪は今日も活気にあふれ
 又どこからか人が来る
 ふり返るとそこは灰色のまち
 青春のかけらをおき忘れたまち
 青春のかけらをおき忘れたまち

この唄から連想する万葉集の歌は? と問われて先生があげたのが、志貴皇子の

  葦辺ゆく 鴨の羽交に 霜零りて 寒き夕は 大和し思ほゆ

です。
うん、僕も犬養先生にならい『大阪で生まれた女』を聞いてみたんですけど、連想したのは万葉集にあらず、とあるバレー曲でした。

ウェーバー作曲・ベルリオーズ編曲の『舞踏への勧誘』。
ああ、アンデアウイーン劇場・杮落としにして、曲の途中で終わりと勘違いした客が拍手してしまう指揮者泣かせの曲ですね。
このパレーのストーリーを彷彿させます。

 一輪の薔薇の花を口にくわえた乙女が、舞踏会から戻ってくる、
 心地よい疲れに乙女は、うつらうつら、
 と、夢の中に薔薇の精が現れ、彼女とワルツを踊る、
 曲が終わると精は乙女にキッスして、月の世界へと帰る、
 気がついてみると、薔薇の花はしおれ床に散っていた。

ワルツの終わりを終曲と勘違いしてしまうんですけどね。
ともかく、19世紀において20世紀のディスコ並みにブレイクしたのが、このウィンナワルツです。
どうです? 感じこそ正反対になるものの、同じテーマでしょう?
19世紀・古き佳き時代の欧州 vs 20世紀・疲弊時代の戦後ニッポン、我彼100年の2つの差が、こんなにも違わしむるわけです。

と、この言い回し、



「歌よみに与ふる書」、異議あり! 加筆部

を丸写ししました。
いやいや、途中までは変化をつけたんですけど、やっぱ最後…は…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


鳳凰とクイーン

aa桐さて、何度か話してますように、花札とはトランプの模造代用品として生まれました。
この、桐の光札ですね、これはスペードのクイーンなのです。

そういや、どことなく似ています。
いやいや、ご幼少の頃、僕は本当にそう思ったんですよ。
構図といい、コワい感じといい。

くじゃぐじゃの中に、なんだか怖い顔をしたものがいる、子供のころ僕は…
前に話しましたよねえ。
そして、トランプはスペードのクイーンです。
4枚のクイーンの中で、ひときわ厳つい顔をしているのが、スペード。
カードによっては、髭を蓄えているものもあります。
これが印象に残ってましてねえ。

ウチの女房にヒゲがある 〜♪
なんて、歌もありますけど、なにせ子供の頃のことですよ。
不思議でたまりませんでした。
「ねえ、なんでスペードのクイーンは女の人なのにヒゲがあるの?」
誰彼かまわず聞いて回ったものです。

返ってきた答えは、「西洋人は毛深いから、女でもヒゲが生えることもある」
なんか怖くなってしまって、これもまた明るいトラウマなんですけどね。

でもまあ、満更からかわれたわけでもないですよねえ。
日本人というのは、ヒゲを含むところの体毛は薄いものです。
昔は尚のことだったようですよ。
あっと、曖昧でしたね。ちゃんといいましょう。

中世あたりまでの話です。
アイヌが本土にも住んでいましたよね。
征夷大将軍なんてのがあったくらいですから。
ところが藤原三代の時代には、アイヌでもなければ(当時の)日本人もない、蝦夷という種族がいたそうなんですよ。
ここらが次第に混血された形で、今の雑種日本人になるわけですけど、そんな時代に蝦夷征伐に出かけた"原"日本人の話です。
彼らに比べ蝦夷というのは、色白で顔のパーツが小さい、だから♀は可愛らしい感じになるようです。

もの珍しさも手伝って、畿内から来た兵士たちは盛んに蝦夷の娘を口説く。
そして甲斐あって見事ものにし、いざ一儀に及ぼうとしてドヒャ!
「臍下(ほぞした)」が黒々のゴワゴワのぼうぼう。自分よりも濃いではありませんか。
彼らの知ってる♀というのは、チョボチョボくらいにしか生えてないものですから、もう可愛らしさとのギャップにびっくり仰天。
すっかり萎えてしまったそうで。

性心理とはホント微妙なもの、、、

と、この言い回し、



では、ご期待に沿うべく「臍下(ほぞした)」の「柔毛(にこげ)」の歌を

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


改正DV防止法 

 最近の「夫婦けんか」とは、どうなっているのでしょうか。

 先日成立した改正DV法の中で「言葉の脅迫でも保護対象に」なるというあたりが少し気になりました。ちょっとした口争いでも家庭内暴力になりかねない感じですね。

 夫婦どころか肉親同士ですら殺して死体をバラバラにしちゃう昨今、家族の絆っていったいどうなっちゃっているのだろうか?という思いがします。

 家庭内のことまで法律で守らなければならないほど世の中、というよりは家の中が荒んでしまっているということなのでしょうか...

 幸運にも、Femdom な夫婦関係を築いている場合であるならば、DVではなく「通常の」変態プレイになるわけで、マゾヒスト、つまりサブミッシブな夫にとってこの法律はあまり意味がなさそうですが、ノーマルな夫婦関係のプロセスの中で、カミングアウトし、Femdomな夫婦関係に移行したいと願っている男性にとっては脅威となるかもしれません。

 妻が、夫のその性癖を受け入れることが出来ない場合、それは精神的苦痛となり、法律の保護対象になってしまう可能性があります。以前なら「バカ、変態!」で済むところが、犯罪者になってしまう。これまでマゾヒストは社会的には受け身的弱者で、少なくとも犯罪者になる可能性は低かったのですが、今回の改正DV防止法はマゾヒストですら取り締まりの対象ともなってしまうわけです。

 例えばよくあるケースが、夫が妻に奴隷宣言をしようとする場合などです。

       ↑ レア・ケースだっちゅうの! (。。)☆\バキ


私は人間としての尊厳を捨て、基本的人権を破棄し、

自らの意志により女王様の奴隷となることを誓います!

 こういう素晴らしい文言を口にしただけで、その気がまったくない妻にとっては言葉の暴力として聞こえてくるのでしょう。

 「やだ〜キモイー!」とかなんとかで許してもらっちゃって、告発はしないで欲しいですけどね。


posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


二ブチ可愛やゴケ勝負

松井小丸5今日はまた、おいちょかぶから5月の話をしましょう。
カブの世界では、独特の数の数え方をすると各月で話してます。
5月は「ゴズ」とよぶということで、すでに話題にしました。

ところが別の数え方もあるのではないか、ということでタイトルにした金言。
意味はといえば、子の札の3枚目に2月札がきたときは、親は5月(平均スコアである5)でも勝てるということで、まあ、経験率的確率からくる親の自信を示す言葉です。
どうです? 5をゴケと呼んでますでしょう。

「可愛や」に後家さんをかけた、ちょっとした猥句で、江戸時代の博徒たちはヘラヘラやってたんじでしょう。
典型的なセクハラ! 今ならば大問題になりますか。
しかし、しかし、人の口には戸は立てられないということでして、同じく江戸期に完成した俳諧の世界でも「後家いじめ」の例があります。

  朝顔や 釣瓶とられて もらひ水

この句を知らない人はないと思います。
そうですよねえ。加賀千代女。
最も有名な女流の代表作ですね。
もともと「朝顔に」だったのを「朝顔や」に改作したようです。
僕なんかは、「に」のほうしかしりませんでしたけど。

まあ、この人も、あまりにも有名になったために、当時から「朝顔〜」をもじった川柳やら、寡婦であることをからかった句やらが出現したようですよ。

  翌年は 千代井戸端を よけて植え

  朝顔の 名句貰った 水で書き

  蚊帳の中 千代は小首を 傾ける

  後家の名は 蚊帳より広い 発句也

  ただ広い 蚊帳に風雅な 後家一人

  お千代さん 蚊帳が広くば とまらうか

女コテ叩きは江戸期から、

と、この言い回し、



蜀山人ばかりでもなんですからここらで女流を
そうそう、千代女も

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


仲秋の名月が待たれる今日この頃

手漉坊主さて、このブログでは例外となる実日付での投稿です。

すっかり、秋めいてきましたよねえ。
諸所に虫の声。野山も、ススキの穂が主役となりました。
ちょうど花札8月の光景です。
そう、今年も後一週間で、20点札のあの光景、仲秋の名月を見ることができるのですよねえ。

…いやいや、冗談ではありませんぞ。実日付で今日は8/8。
但し、ってことで、或いはお気づきか? 旧暦の8/8です。
じゃあ、普通に使っているところの暦である新暦では?
うん、書きましょう。9/29ですよ。

如何です?
新旧暦では、これだけ季節の差があるんですよ。
ああ、今年は8/15仲秋の名月は10月になってからなんですよねえ。
そこを踏まえたところで、この記事の仲秋の名月ネタを鑑賞して貰おうと思って、書き出しました。

今日は、お隣の国のほうをいきましょうか。
うん、前にも一回やったか。では、もっともポピュラーな中国古典である三国志から。

三国志の「作者」として、吉川英治、陳舜臣の次辺りに、横山光輝氏をあげる人も多いのではないか? 僕の言葉ではありませんよ。どっかで見ました。
我が家のライブラリーにもあります。
弓月光マンガと同様、別棟資料館ではなく、ちゃんと母屋に収納されてました。

ただマンガってのは嵩張りますよね。
横山三国志、実に六十余巻。
大体、吉川三国志に沿ってかかれてますけど、僕の興味のある袁兄弟の話などは大幅にカットされちまってますし。
逆に吉川三国志になかった場面で入ってたのは、2-3箇所だけだったかな?

成都攻略の折、どうしても劉備に下らなかった雒城城主・張任。
後生の人がその忠節をたたえた詩が取り上げられてるのが、そのひとつでしょう。
披露します。


  烈士豈甘從二主 張君忠勇死猶生 
  高明正似天邊月 夜夜流光照雒城

 烈士 豈に甘んじて二主に従わんや
 張君が忠勇 死すとも猶(なお) 生けるがごとし
 高く明らかなる 正に天辺の月の似(ごと)く
 夜夜 光を流して雒城を照らす



と、この言い回し、



もうひとつの三国志?

を全文丸写ししました。
えーい、毒食らわば皿までだ!

お隣の国の8/15

八月十五日夜、禁中独直、対月憶元九 八月十五日の夜、禁中に独り直し、月に対して元九を憶ふ

銀台 金闕 夕沈沈
独宿 相思うて 翰林に在り
三五夜中 新月の色
 二千里外 故人の心
 渚宮の東面 煙波冷やかに
 浴殿の西頭 鐘漏深し
 なお恐る 清光 同じくは見ざらんことを
 江陵は卑湿にして 秋陰足し

この白楽天の七律も、八月十五日とは10/6のことである、と頭で置き換えて読むと季節感がわいて、心に響いてくると思います。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!


しょうがない発言


 マゾヒズムという性癖は変態的でありながら、それでいてどこか普遍的なものにも感じられます。こんなことを言うと、自分のしょうもない性癖を正当化するかのように聞こえるかもしれませんがそうではありません。例えば、こちらはサディズムの話になりますが、子どもの頃、好きな女の子につい意地悪したくなる気持ちというのは、それほど特殊とは言えなかったでしょう。むろん、好きなのであれば、親切にするのがノーマルであるというのであれば、好きな相手に奉仕したいとか、奴隷になってみたいと思うのは、これはこれで自然な流れだと思うのです。このような気持ちが直接マゾヒズムやサディズムに結びついているとは言わないまでも、何らかの関連性はあるのでしょう。愛情表現の極端に発展したかたちが、支配したいとかされたいという心理とともに、精神的に辱めを受けたいとか与えたいとか、肉体的苦痛を受けたいとか与えたいとかいった感情に結びついていくように思われるのです。

 もっとも、その気がまったくない人には、やはり理解できないことなのかもしれない。マゾヒストの立場から言えることで、そうでない人にとっては意味不明に聞こえるでしょう。立場やものの見方の異なる人との相互理解には難しいものがあります。相手にわかってもらえないことが明らかな時は「しょうがない」ものだと思うしかない時もあります。

 説明が難しい抽象的な気持ちを「しょうがない」という表現で片付けることは容易ですが、それではなんの解決にもなりません。無理に正当化はしないまでも、この言葉を使わずに個人的な気持ちぐらいは表現してみたいものだと思っています。
posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!


松過 (まつすぎ)

七宝松花札1月は松の月、そして社会的に見ても1月は松の月であります。
但し、松の内は7日まで、それを過ぎたら松過です。いつまでもお屠蘇気分でいられるわけではありません。

うん、ならば1/8付で投稿すべき記事ですね。
なぜ日付の空いた16日に投稿したか?
答え。京阪地方では、15日過ぎのことを松過というから。

面白いですよねえ。こうした地域格差は。
花札のルールにも地方間差異があるのと同様、年中行事にも若干の違いがあるのです。
ルールを統一しておかないと、話がトンチンカンになるかもしれません。
てな訳で、食から派生した文化に話を馳せてみましょう。

    鮓押すや 日頃はうとき 蕪村の句 (小杉余子)

そうなんです。俳句に登場する鮨は押鮨・なれずしの類なんですよねえ。
鮨は米を用いた食品だが元来は魚類保存法の一種であった。それ故に鮨は夏の季語となっている、と歳時記にあります。

我々はこれを大阪鮨と呼んで、普通に鮨と言っている江戸前鮨と区別してるんですけど。
とは言うものの、江戸前じゃなくてオーストラリア前だ、と言われて久しいし。
どうなるんでしょうか? 日本の食料自給率。

と、この言い回し、



日本に大阪というところがあることを今日はじめて知りました

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。