菊酒に女童

菊

一年最後の節句が、菊の節句、
ということで、花札の9月も、やはり『菊』です。

10点札には盃が配されてますよね。
2枚だけで完成する出来役『のみ』。
菊の10点札は、競技的には『上がりの特急券』といったところでしょう。

時に菊という字は、音読みだけで訓読みがありません。
元々は日本になかった花ということですね。
万葉集をみてみましょう。

  父母が 殿の後方(しりへ)の 百代草 百代いでませ わが来たるまで

万葉時代では、この百代草(ももよぐさ)が一番菊に近いのでしょうか?
やっぱ音読みしかない漢字、ってことで古くは余りなじみない花のようです。

と、この言い回し、



音読み訓読み
昨日同様「万葉カテゴリ」は短文

この二つを丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!





posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。