上り藤 下り藤

藤年度始め、ということで、新暦では大いに意味のある4月になりました。
花札の4月は藤です。

ベースの図柄は萩とよく似てる、一見色違いの同模様にも見えてしまいますよねえ。
花札48枚の札には色違い同模様が2×2組ある、これでOK?
ふふん、2枚のカス札をよくよく見比べて下さい。
どうです、微妙に違いがあるでしょう?

そうです。2枚のカス札、一枚は上り藤、そしてもう一枚は下り藤なんですよ。
(ついでに言えば、萩のカス札2枚も違いがありますよ。)
どうです、このきめ細かさ。
これぞ、世界に誇れる日本のよさ、そのこころではないですか。

もはや、このような『こころ』は地球上から消滅してしまったのかも知れません。
さてさて、ここで戦後近代史を紐解けば。
敗戦国日本は連合国軍総司令官・マッカーサー元帥率いる進駐軍に占領支配されることになりました。
米国人の持ち込んだのはデモクラシーの思想。
それが日本伝来の精神主義と結びつき、
「人間だれしも平等、等しくチャンスを有する。だから刻苦勉励すべし」
という風潮が蔓延したのですか?
「ガリ勉」「モーレツ社員」…

と、この言い回し、



えっ!? BBSを覗くと、、、

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!




posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。