ブログブームは終わったか?

 2006年が明けました。

 戦後が還暦を迎えた昨年は、ブログ元年とも言えるぐらい加速度的にブームに火がつきましたね。その勢いにのって自分もブログを公開したくちですが、こんなにブレイクするなんて想定外でした。個人的にはマニアックな世界だと思っていた。つまり僕の場合は、自分の恥ずかしい性癖や、本来であれば人様にお見せできない「死後のコレクション」をコンテンツにバーチャルな世界で自己完結するようなイメージでいたわけです。

 アダルト系ブログに限らず普通のブログにも言えるのは、自己満足でオッケーであること。もちろん社会的に価値あるブログも存在しますが、増殖しているのは特定かつ同系統の対象にしかアピールしないものがほとんどです。そして同じ系統であれば、それが自己満足的なものでも読み応えを感じることができる。これはしかし不思議なことでもあります。

 日本人の伝統的な美徳の一つに、自己を目立たせないのを奥床しいとする感覚があるでしょう。必要以上に自分のことを話さないのがたしなみとされています。ところがブログという場では、「必要以上に自分のこと」が語られます。これは読み手も書き手も双方が了解済みであり、それが魅力とも言えます。

 日常会話でも、自分のことばかりしゃべる人と話していると非常に疲れますが、ブログだと不思議と読めちゃうものです。最近、続々と登場するM男さん系統のブログを読んでいて気がつくのは、あっぱれ!というぐらい、ここまで書くの?的な、赤裸裸な、正直な、読んでいて赤面するぐらいマジメな態度で恥ずかしい願望や実体験を綴っていることです。この傾向は風俗嬢や女子大生のオナニー日記にはあっても、M男系にはなかったと思います。ある意味で、ブログがM男を開放したのかなという印象さえ持ちます。

 昨年も、いや2004年にも「ブログブームは終わった」などという人たちがいましたが、この勢いはまだまだ続きそうです。実際身の回りにはまだやってない人がたくさんいますし、シャイなM男のブログがもっと増えて欲しいと思いますね。


posted by homer_2006 | Comment(3) | マゾヒズムに花束を!
この記事へのコメント
↑ ( ´,_ゝ`) プッ
Posted by わかりきったことをご大層に…… at 2006年01月11日 17:20
僕がブログを始めたもうひとつの理由

さて、本館では披露できない取って置きの秘密です。

実は僕は、とある♀コテの96センチヒップを追っかけてるのです。
彼女のことは掲示板群サイトで知ったのですが。
なんとかこの女をものにできないか? 僕は一計を講じました。
偶々自分が立てたスレッドがあったので、そこに彼女の別スレのレスを転載したのです。
見つけてくれるかな? 期待半分不安半分で待つこと暫し。
きたーっ! ビンゴ!
勝っ気な、この小娘は果たして怒鳴り込んできたではありませんか!

爾来徹底的に彼女に付きまとっています。
おっと、正確に言えば「付かず離れず付きまとっている」ということになりますか。そうですよ。狡猾な僕が、ストーカーだと訴えられるような隙は見せるわけないじゃないですか。
彼女がブログを始めたら、すかさず僕も同じ会社で始める、という具合に。

何だかんだいっても子供です。
ちょっと挑発すれば必ず向こうから接触してくるのですよ。
まあ、パクリが一番効果的ですけどね。

今日もちょっとした仕込をしておきました。
また、キイキイ言ってくるかな?

ああ! ミ○様!
どうか、いけない僕をお仕置きして!
大きな、大きな、貴女のオケツで押しつぶして下さい!

と、本気でマゾが入ってきました、あ○っ!

2005.12.24 19:46 | 金だ、女だ! 女だ、金だ! | − |
僕がブログを始めたもうひとつの理由 つづき

本館を更新しました。
さてこの別館では前回に引き続き、僕がこの小娘をどのように凋落していったかお話しましょう。

まあ、何事もきっかけが必要ですよね。
僕は僥倖に恵まれました。
ちょうどブログをやろうとしていた折も折、彼女が一歩先んじてブログを立ち上げたのです。
これを見逃す手はないでしょう。
僕は台本をちびっとだけ修正して、使おうと思っていた会社ではなく小娘のブログのあるL社でブログを開設しました。
ふっ、直ぐに当初予定の方に引っ越してしまいましたけどね。これくらいの寄り道は許容範囲内ですよ。
そして、キャツのBBSに出向き接触を試みたのです。

>はじめまして  投稿者: Homer  投稿日: 5月19日(木)03時51分43秒
>
> こんにちわ。2ch「〜の発明」ではお世話になっております「スレ主の1です」と言えばお分かり頂けますか? 直接的には初めまして、です。
>いろいろありましたが、○ユさんて、少なくとも「超」がつくくらいのネットの達人、そして例のネタでは見識が深くて、そうおいそれとおつきあいは頂けないだろうな〜という印象を長らく持っておりました。
>ここ全部は見てませんが、ざっくばらんには、きさくな人柄のようにもお見受けし、ちょっと敷居が低く感じられたりもしています。檻も折り、僕もブログを今日から始めてみました。ミ○さんのことをご紹介させて頂いておりますので、一言ご連絡に参上した次第です。
> いやはや、ブログとかHPとかやったことなかったんで、ちょっと疲れました。
>とりあえず、ごあいさつまで。今後ともよろしくお願いします。

どうです? これなら敵は過去のゴタゴタは水に流さないわけにはいきますまい。
ここでツンケンした態度を採ったら、自ブログの評判を落としますものね。
結構流行っていたサイトに宣伝も打てて一石二鳥!
計算どおり小娘は、向こうから僕のブログに接触をしてきました。

現在は険悪な関係になってる? いやいや、これも台本どおりです。
前回話したじゃないですか。付かず離れず、って。
どんな形であれ、彼女が僕や僕のブログに関心を向けていればそれでいいのですよ。

また川柳を転載してやりましたわ。向こうが嫌がってるのを承知で、いや承知だからこそ。
ふふん。小娘は今カンカンになってます。
もしリアルで顔を合わせるようなことがあれば、僕に掴みかかってくるかも。
体当たりを食わせて僕をひっくり返し、顔に跨ってくるかもしれませんね。
ことによると、人間便器にされちゃうかも(^ ^

僕の顔の上に据えられた巨大水密桃のようなヒップ…
ああっっ!! なんと神々しい!
巨大水密桃の亀裂から黄金水が迸り、僕の口に注がれる、
そして、そのデムプルからは黄金塊が生み出され、僕の口へと落下する、

   (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!


♀コテ殺しアーケード板住人@182cm師匠にあやかってみました。


2005.12.24 19:33 | 金だ、女だ! 女だ、金だ! | − |
Posted by やっぱノンフィクションですよ、ノンフィクション ねえねえ、続きまだあ? at 2006年01月11日 17:20
某L社のせいでおもいっくそ盛り下がっちまいましたね。ホント、今度こそ下火になるかも。。。
Posted by あるひと at 2006年01月22日 07:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。