末広がり

妖怪もうひとつづけて数字の話をしましょう。
8という数字は、げんのいいものとして結構珍重されます。
花札の八八もそこらに基があるのでしょう。

なぜげんがいいか? それは漢数字の8が末に広がっているから。
そういえば、植物の八重物は高級品ですね。

   いにしへの 奈良のみやこの 八重ざくら けふ九重に 匂ひぬるかな

まあ、もうひとつ『重なる』という点が縁起がいいわけでして、そこらが八八なんでしょう。

さて、縁起のよいとされる数字は国によって違いがあるようです。
例えば、日本では縁起が悪いとされる4と9、これが中国では縁起のいい数されています。
ともに平方数ですね。『重なる』ということが縁起物なんでしょう。
そして、偶数は二つに割れてしまうから陰の数、奇数は割れないから陽の数、
9という数は平方根である3もまた陽の数、もーもーこれ以上望みようもない陽の数、ってことで重陽なんですけどねえ。
根底理論は余りにも有名すぎる西隣国のフィロソフィーですから意識してはしょりましたが、隣人が古くから平方根の概念に気づいていたことは興味深いものがあります。

と、この言い回し、



粧ひ=よそおい でいいと思う

を丸写ししました。
おまけに無理やりはめこんだもんで、ヘンな文章になっちゃった…


………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!


posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。