桜月夜

桜月夜桜と言えばお花見、こうきますよねえ。
皆さんは、お花見は昼間? それとも夜になってから?

僕は夜の桜の方により風情を感じます。
夜桜、桜月夜…
明治の大女流歌人・与謝野晶子のこんな歌があります。

  清水へ 祇園をよぎる 桜月夜 こよひ逢ふ人 みなうつくしき

『桜月夜』は晶子が作った言葉のようです。
『サラダ記念日』の口ですか?
比較的新しい言葉。
そういえば、花札で桜と芒(=坊主)を集めてもそれだけでは役になりませんね。
あんま関係ないか、まあ、個人的には『桜月夜』を『桜&坊主20点札のいいとこ両取りしたような光景』と形容したいです。

そして、これに縁のある坊主といえば、西行法師!

  願はくば 花のもとにて 春死なむ その如月の 望月のころ

そうなんですよねー。
西行は望みどおりに旧暦二月十六日未明、桜&坊主20点札のいいとこ両取りしたような光景を見ながら死んでるんですよねえ。
なんと、その事象を引き当てられる確率は 0.137% (1/730) !
やっぱり、『言霊』というのはあるものですねえ。

さて、西行は旧暦二月十六日未明に死ぬのがベストといいました。
では生まれてくるのは、何月何日がベストでしょうか?
答え。新暦十二月三十一日。
その年分の所得税等の計算の際、ぎりぎり扶養家族となれて初めての親孝行ができるから。

もっとも生まれてくる方は、親の意思次第だけどね、


と、この言い回し、



さてさて昨日の今日、一発目はボーさんから

をほぼ全文丸写ししました。
しかも『桜&坊主20点札のいいとこ両取りしたような光景』の『新国語』



国語とはつくるもの

まで…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。