アブノーマルへの目覚はノーマルな性行為に目覚めるよりも先

男色の話題のついでに、もうひとつ肛門にまつわる話をしよう。

ご存知であろうか?
人間はその幼児期において、性器より先に肛門に関心を示すものである。
行動心理学の書で確認されたい。

これも、自然の摂理だ。
つまり、育児可能の年限に達してない者が、『せいき』の性行為に及び子をなしたとしても育てることが出来ないというわけである。
自然の摂理の、なんと偉大なことか!

因みにサディズムの目覚めは更に早い。
歯の生えた乳児は、しばしば母親の乳房に噛み付くものである。



posted by homer_2006 | サディズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。