劉備玄徳 − 逃走時、土豪・劉安より受けた饗応とは?

劉備玄徳劉備玄徳、かの三国志のあの劉備玄徳である。
ご存知のとおり、蜀建国まで劉備は背走に告ぐ背走を続けるわけだが、そのうちの一つのエピソードにこの話がある。

尾羽打ち枯らした劉備は主人劉安より暖かく迎えれる。
肉料理を馳走になり、翌日立ち去ろうとする劉備は偶々、むごたらしく肉をえぐりとられた女性の死体を目にすることになる。
驚いて問うてみると劉安は泣きながら、
「お察しのとおり、これは愛妻です。貴方様をお迎えしてもおもてなしも出来ないので、二人して話し合い…」
ああ、昨夜の肉料理は… と、劉備は厚く感謝する…

これが、三国志演義では美談として語られるのである。
まあ演義は物語であるので史実はどうであるか分からないのだが、中国にカニバリズム(食人)が存在したことの傍証にはなる。
中国カニバリズムはかなりあとの時代まで風習として残っていたようだ。同じ四大希書である水滸伝あたりを読めばわかる。
吉川栄治氏は、日本人には馴染まないので、と評したかの逸話であるが、なかなかどうして。
大森貝塚発見のE.S.モールス博士の研究では日本にも食人風習は、存在したようである。

人間が人間を食らう… ネットのある場所で「食人こそ究極のセックスだ」と評した書き込みを見たことがある。
相手の精神も肉体も完全に自分に取り込んでしまう… なるほどと頷ける。
その意味においては、女性が男性を食わねばならぬ。表題の逸話とは逆志向となるのだが。

件の書き込みで続けて紹介されていたのが、『アシュラ』 (ジョージ秋山 作) という漫画だ。
舞台は室町時代、飢饉のおりの日本。
導入部において、1妊婦が人を殺し食らい続けながら命を保ち、主人公を産み落とすという逸話があるとか。

男は女より出でしもの、女に取り込まれ、そしてまた新たな生命となって生まれ出でる。
艶っぽくも神秘的である。

実際、生物の世界では雌が雄を食うのが摂理なのであるが、これが人間界になると。
どうも、大半は雄が雌を食ってしまうようである。


posted by homer_2006 | サディズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。