嫦娥、応に悔ゆるべし

坊主さてさて投稿日付に拘りなく、8月・芒のトピックスに連投です。

ご存知、芒の山にまんまる満月の20点札。
考えてみれば、花札48枚で夜の光景はこれだけですよねえ。
ちょっぴり意外です。

お月様の中では、ウサギが餅をついてるんでしたね。
これがお隣の中国では、ヒキガエルがいるってことになってるんですよ。
このヒキガエルは、元は月の女神なのです。
まあ、前稿でも話題にした西遊記の話にも因縁浅からぬエピソードなのですが、ここには突っ込まず、素直に王建の詩でも見てみましょう。

  十五夜月を望む

 中庭 地白うして 樹に鴉棲み
 冷露 声無く 桂花を湿す
 今夜 月明 人尽く望むも
 知らず 秋思の 誰が家に在るを

お隣の国の十五夜お月さん。
やはり、その美しさはわが国と同じようですね。

そうそう。同じく中国の笑い話でこんなのがあるんですよ。

北京から郷里に帰ってきたある息子、ことあるごとに北京のことをほめるんですよ。
ある晩、父親と一緒に歩いてたところ、誰かが「今日は良い月だなあ」って言ったのが聞こえてきました。
すかさず息子「北京の月は…」、とうとう父親が怒ったんです。

「月は世界にひとつだ。なんで北京の月だけがよいものか」

と、拳固。
息子は泣きべそをかきながら、

「そんな拳固なんか珍しくないや。とうちゃんは知らないだろうけど北京の拳固は、もっともっとずっと素晴らしいんだぞ〜」

「負けず嫌い」ってことね

と、この言い回し、



新暦の、しかも9月の15日ではしかたないでしょうけど

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。