アマテラス

松テーマ植物である松に鶴を配した松20点札、よく見るともう一つのパーツがあります。
なにかといえば、日輪、太陽です。
正月は初日の出。
なるほど、おめでたさは三重だったんですね。

これもまた日本的でしょう。
そうですよねえ。
農耕国である日本民族が感じる太陽のありがたみは、狩猟国の民族のそれよりも上のはずですから。

原始女性は太陽であった、と日本神話の主神は太陽たる天照大神(あまてらすのおおみかみ)。
この女性神が、隠れてしまうとなると…
古事記は『天の岩戸』を少々読んでみましょうか。

 天宇受賣命、天の香山の日影を手次に繁けて、
 天の真折を鬘として、天の香山の小竹葉を手草に結ひて、
 天の岩屋戸に槽伏せて踏み轟こし、神懸りして、
 胸乳をかき出で裳緒を陰に押し垂れき。
 ここに高天の原動みて、八十萬の神共に笑ひき。

「胸乳」「陰」…
つーことで、ざっと見てもストリップくさいですよ、こりゃ。
歌謡としてはこのくだり、神楽や祝詞で残ってます。
あ、それから『家畜人ヤプー』では「アーメン・イン・ハート」の訛、という設定に。

あ、因みに、勿論、日食のことを語ってる伝話ですよねぇ。

と、この言い回し、



某ゲームでは一番最初に仲魔にできる女神

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。