『ガールズ ビーツ ボーイズ』のSM性

ネットにおけるフェムドム事情を論ずるうえで論じなければならないのが、『ガールズ ビーツ ボーイズ』、略称GBBと呼ばれている世界であろう。
非常によく目にする。

何かといえば、女性が男性を凌駕する、ということで、主としてマゾヒストを認ずる男性諸氏に支持されている。
前提として、前に述べた『逆転』の哲学が働く。
つまり、マゾヒストを認ずる男性諸氏にすれば、下位であるはずの女性に負けてしまう、そこに生まれる屈辱感に昂ぶるということであるから、敗れた相手たる女性は本来下位の存在でなければならないのである。

となると、あくまでもイメージだ。
直接的なマゾヒズムではない。
眼前の世界に登場する男性の立場にわが身を置き換え、マゾ男性諸氏は昂ぶっているのだ。

では、女性の側から見たらば?
そもそも、GBBワールド登場女性にはサディズムの要因はない。
勝ったとしても感じるのは優越感である。相手が格上ならば達成感あたりが加わるか。
いずれにせよ可虐の満足ではない、これはSM以前の問題になってしまう。。
従って、このGBBのSM性はたとえ存在するとしても、マゾ男性視点方向からのみに限定されるということになるのである。

では、ひとつの事例をみてみよう。
これはその手のサイトのBBSに、投稿者である男性の中学時代の思い出として投稿されていた。
柔道をやっていた彼が高校まで寒稽古に行った折、自分よりも大柄な女子部員に徹底的に可愛がられてしまったというものだ。

逆転関係を鑑みるに。
男性が圧倒的に上位であるはずの格闘技において、女性にやられてしまう、これはいい。
だが、他の要因に注目すれば。
小柄な自分が、大柄な相手に負ける。
年下(初心)の自分が、年上(熟練)の相手に負ける。
これは当たり前のことである。なんらの逆転関係も生じない。
逆転がなければ屈辱感も生ずるはずもないのである。
だが、その分だけ現実的だ。
大柄な相手に歯が立たない、中学生が高校生に稽古をつけられるは極々常識的なことである。

続けて、別の事例を。
これは、件のサイト本体の作品である。
ちびの相撲部主将が、新体操部一年生にこてんぱんにされてしまう。勿論土俵上でだ。
さて、3要因のうち2つまで逆転したか。
更に進めて、3つとも逆転したら?
と、書けばもう気づかれたろう。どんどん現実から乖離し荒唐無稽になってくるのである。
この完全逆転を、現実性を持たせた形に描くのは非常に難しい。

いや、まだイラストならよいのだ。
視覚的に男性女性の区別を読み手に伝えることができるから。
これを文字だけで『逆転』を表現するとなると。
人間の固定観念をひっくり返すのは至難だ。いくら作者が「この人物は男性よりも体格のよい女性だ」と筆を尽くしたとしても、受け手にすれば男性としか認識できないのである。
そもそも入り口の部分に大きな関所が待ち構えている。

そんなわけで、今、GBBは男性マゾヒズムからも乖離し、異質の倒錯ワールドへと変質しつつある。
至当なことと言えるか。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【目指せ!! 平成の女蜀山人! は2005.9.30に閉鎖したのですけどねえ、、、】

?.伊藤一蔵なるネット事業者の非礼を知らしめるためUU氏の送付した手紙


三複、時下ますますご隆昌のこととお慶び申し上げます。
その後、お返事も差し上げずご無礼いたしました。

さて、本日お返事を差し上げようと思い立ちましたのは、メールアドレスを含め貴殿よりのご返信を保存していることをお知らせする意図もございますが。
伊藤一蔵商店とのやり取りをお知らせすることが、その主たる目的でございます。
先ずは、ごらん頂いたほうが早うございますか。

昨日、同事業主主催Blogサイト
http://ichizo.sblo.jp/
に、拙稿をTBし、
http://miyumiyu38.qp.land.to/uu/gbb.mht

即削除されました。
http://ichizo.sblo.jp/article/937305.html

「 私、貴商店の同人誌、買ったことがあるんですよ。ただはっきり言って金返せの世界。とクレームを付けようにも製造者責任に関する記載なし。将しく香具師の縁日興行ですね、、、」
そうです。私、貴作『美女プロレスラー純子6』は読んだことがあるんですよ。
感想はといえば、かくのとおりなのですけど。

意識なさってるんですか? 小説というよりは漫画でしょう。それも劇画とか言われているあの中身のないやつ。
言わずもがなのこと、肝心要の絵がありません。挿絵ということでなく、そのー、絵が浮かんでこないんだなあ、
でもまあ、奇貨買うべしとかです。
その後、ご精進あったかと思い、パスも頂いたのですが…
あとは既報のとおりですので繰り返しません。

ことさら客づらするのも何ですから、今まで申しませんでした。
が、貴殿にしても金をとって商品として販売しているのですよ。
それで趣味の世界だからで通るとお考えではないですね。
多いですよね? 「儲けを出してないのだから商売ではない」とか「百円玉単位のものを売って文句言われる筋合いはない」とか、本気で言ってる同人(と称する)連中。

去年まで通っていた高校の通学路にあったパン屋のおじさんの話をします。
私の母校も一応は伝統校でして、城下町、城山に至る坂の中腹あたりに位置するんです。
夏場は坂を上ると汗をかく、そして冬場は身体を温めたい、毎朝のようにこのお店で缶飲料を買いました。
おじさんは「いらっしゃいませ」、いつでもにこやかに挨拶を返してくれます。
私たちだけではない。文化施設の事務員さんたちも顔なじみなようでして、おじさんとにこやかに会話してます。
失礼ながらお年ですので、体の調子の悪いときもあると思いますよ。それでも、少なくとも私の通った3年間は一度もそんな様子は感じさせませんでした。
そして、お店をでるときは「ありがとうございました。いってらっしゃい。(大人向きには いってらっしゃいませ)」と深々と頭を下げてくれます。
ほんと、たった110円のものを売るために、とこちらが頭が下がる思いでした。

でもねえ。今思えば、これがおじさんの誇りなんですよ。
間違っても卑屈なわけではない。自分の商売に自信があるからこそ、頭がさげられるのです。
そして、わからないなりにもそれが感じ取れたから、お客である私たちも事務員さんたちも気持ちよく買い物ができたのでしょうね。

如何ですか?
少なくても、金をとっているのに名前も公開しない、僅かな伝をたどって接触をすれば無礼千万な応対をしてのける商売ごっこの面々とは雲泥の差です。
考え方が根底から間違っているのだから売れるわけがありません。世間はそれほどバカではないですよ、それこそ。
まあ、500売れたか1000売れたかは知りませんが、その全部が支持者だと思い込むのは大間違いだと言っておきます。

とはいうものの、この応対をしてきたのは伊藤一蔵とかいう仮名を使う事業者であり、貴殿ではありません。
また貴殿におかれましては、私が純子購入者であることはご存知ではありませんでした。
あろうことなら、この情報をもって一連の行動に再考あることを期待いたします。

さて冒頭、メールアドレス保存と申しましたものの、私儀、もはやメールはやっていません。
従って、本状もなんらかの形でいずこかにオープンする腹積もりでおります。
貴殿におかれましても、せめて貴サイトなりにも何らかのご意思の表示あれかしと存じます。

末筆ながら、貴殿のますますのご活躍をお祈り申し上げます。
乱文容赦、かしこ。


                      平成18年7月8日

                ID:○○ こと ミユ (深雪) 

★DOMINANT LADY★主催・ 美女プロレスラー純子作者 UU 殿






?.元となった他ブログ記事


【タイトル】 静かに消え去るつもりだったんですけど、やれやれ、おちおち閉鎖もしてられないようですね。

【本文】


目指せ!! 平成の女蜀山人! 過去投稿加筆 1



 2005年04月27日 弁慶を投げ飛ばしたアイヌ娘

義経今年の某国営放送の大河ドラマは、云わずと知れた「義経」ですね。
日本史上屈指の「ドラマ向き」人物といえましようか?

史実では、衣川館で家来とともに自刃とありますが、人々の判官びいきはそれを認めたくないようで昔から数多くの生存説が存在します。
津軽海峡を渡り蝦夷地に入った、さらには大陸に入ってあのジンギスカンになったという説まで。

当然のこと、アイヌ娘との恋愛ストーリーが数多く存在しますが、今からご紹介するのはちょっと毛色の変わった話です。

--------------------------------------------------------

蝦夷地を逃避行する我らが義経主従、あるアイヌの村にたどり着きます。
聞くところによればこの村では、大層可愛らしい姫君が花婿募集中とか、
これは素通りする手はないでしょう?
果たして主従も、そのように行動します。

さてさて詳細を聞けば。
なんとなんと、姫君に相撲で勝つこと、これが入り婿の条件。
えっ、えっ!
今まで、数多の屈強なアイヌ青年がチャレンジしたけれども、悉く打ち負かされたとか。

狐につままれたような心地になる主従、そして、現われ出たる当の姫君、
ホント噂どおりの可愛らしい娘!
ただし、身長195cm・体重120kg、
『弁慶とどっこいの大女』とのことだから、ま、こんなとこでしょう。

流石にたじろぐ主従ですが、そこは持ち前の明るさとチャレンジ精神で勝負を開始します。
…が、実にあっけない。
伊勢三郎以下の家来衆、悉く45日(一突き半)で重ね餅にされてしまいました。
うーん、こうなればエースを出すしかないでしょう。
敗退した三郎以下の声援に促されて、弁慶が土俵に上がりました。

ガチーン!
はでなぶつかり合い。
そして、がっぷり四つに組む。
満座の一同は、固唾を飲んで勝負を見守ります。
なんせ、この世にこんなでかい人間がいたのかと驚愕するような巨漢巨女のぶつかり合いです。
これを見逃す手はないでしょう?
一同の眼差しは真剣そのもの。

ですが、一人だけ真剣でない者がいました。
当の弁慶です。
いや、べつに『真剣でない』という訳でもないのですが。
ペタリと張り付く胸部、そして鼻腔に飛び込む甘い乙女の香り…
どうも、いつもと勝手が違い、リズムが狂う。

かたや姫君のほうは、手馴れたものです。
いつものごとくいつものように、足が止まった弁慶をじわりじわり追い詰め、そしてみんごと投げ飛ばしました。
あーあ、五条大橋に続きまたしても不覚!

ダメじゃないか、弁慶さんよ。
これで義経チームは全滅。
またしても花婿は見からなかったのか、と悔しさ半分嬉しさ半分の酋長。
満座の一同は帰路に着き始めました。

と、そのとき「仕方ないものどもよ、ならワシが」の声があがります。
ほかならぬ主人の義経。そうでした、すっかりこの人を忘れていました。
「九郎の殿には無理だと思います」一呼吸あって姫君。
そうでしょうよ、そうでしょうよ。義経という人は160cm内外、体重にいたってはこの姫君の半分もないでしょうから。
でもまあ、一応義経にも権利があります。
再び花婿選考会が始まりました。

抜群のフットワークをいかし、懐に飛び込む義経。
がっちりと両前褌(?)をとり、相手胃袋あたりに頭をつける。
振りほどこうと横に振る姫君の襟口がはだけ、豊満な乳房が飛び出します。
得たりと義経は、首を起こし吸い付く。小兵で得した。でもこんなのあり?

あっと小声をあげ力が抜ける姫君。空かさず義経は差し手を深く、ヒメドコロに差し入れゴニョゴニョ弄くりまわします。
完全に出足のとまった姫。ここで義経はもう片方の差し手を抜き、「もう片方」の乳房を愛撫しはじめました。
変形三所責め、相撲の手ではないんですがねえ。

こちらの方はからきし弱い処女姫が、京の都を鳴らしたプレーボーイ義経のテクに抗えるわけがありません。
恍惚となり完全に身体の力が抜けた姫を義経は渾身を力を込めて土俵に叩きつけました。
ずしーんと地響き、そして花婿決定!

「九郎の殿はずるいのぅ」と頭をかく弁慶。あくまでも好人物のようです。
こうして、三国一の花婿を得たこの村では祝宴がもようされ、夜が更けていきました。
めでたし、めでたし。。。

…ではないのです。
なんとその晩、皆が寝静まった頃を見計らい義経主従は、村の金銀財宝をことごとく盗み出してドロンしてしまったのです。
アイヌの伝承でも好意的に受け入れられている義経ですが、この村の伝承では珍しく悪人に描かれているようです。

-----------------------------------------------------------

如何でしたか?
非常に珍しい義経悪人伝です。
ソースが納屋で見つけた昔の夕刊紙の飛び飛びの切り抜きしかなかったため、殆ど私の書き下ろしになってしまったかも知れませんが。

この項は歌なしです。
パスワードを発行してもらった某会員制サイトへの感謝をこめて、件のサイトのテーマ(クライマックス部は逆志向、あはっ!)を書いてみました。

------------------------------------------------------------------


閉鎖後の翌年6/24

えーっと、未だお読み頂いているようでねえ。
この記事、ぶち壊しにかかりますわ。

本文中言ってる会員制サイトとは、UU氏主宰、

★DOMINANT LADY★

というところです。
先ずは主観を交えず、BBSのやり取りをお読みいただけます?

2005/04/23
2005/04/27
2005/08/03
2006/03/14
2006/06/11
2006/06/22

スレッド式で読みにくいですけど、ざっとこんなところ。
まあ、私、古典文学の評論とオリジナル小説のサイトだと思ってパスをもらったんですけどね。
この本文を書いた理由も、その認識からです。
ここらを見れば、そう思えてもしかたないでしょう?

して現実は?
成人ビデオ(それも裏ビデオとか海賊版とか)だの、テレビのバラエティーだの、(ただの)エロ漫画だの…
そんなのばっか!
将に「住む世界が余りにも違いすぎ」ますね。

羊頭狗肉ですよ、このサイト。
いえ、別に狗頭羊肉でもいいんです。どちらが上とか下とか言ってるわけじゃないんだから。ただ、見かけと中身が「余りにも違いすぎ」ということが言いたいんです。
万万が一この記事を見て、私と同じ先入観でパス請求してしまう方があったらと思い注意書的加筆をしました。

ふーっ、気がかりなこの記事ぶっこわしてすっきりしたわ、あはっ!

------------------------------------------------------------------

閉鎖後の翌年6/25

昨日の加筆にもうひとつ。
彼が『 美女プロレスラー純子 』を雑誌投稿したときの筆名は『 麻生直 』ですね。
調べて判ったもので。






目指せ!! 平成の女蜀山人! 過去投稿加筆 2



2005年07月01日 「火中の栗を拾う」 具体的には他者発言を私が言ったと言われかねないような言動をとること

さーて。
某所では、CG類のダウンロード販売の話から波及して、WEBサイトの同人併設の是非、ひいては同人そのものの是非について話題になってますね。
ここで口を開くのは種々のリスクを背負いかねないことになり、賢い意思決定ではないのですが…
でも、物言わぬはなんとやら、腹にあるものをぶちまけてみましょう。

ヲタずばり、私、同人は嫌いです。
某所でも、「利潤を追求しない企業体など罪悪以外の何物でもない」と正論を書きました。
金を取る以上は、より魅力的商品をつくり利益をあげ、税金を払うことで社会に貢献するのが筋でしょうが。

世の中には非営利企業もある、それは知っています。
だとしても同じでしょうが。
より多くの「同人」を集めることにより1個宛単価を下げ、「同志」に利益還元をしなければ嘘です。

特に紙メディアの場合。
印刷物の製造原価は版組コストが大部分を占めますからねえ。
広告パンフと間違えるくらい薄っぺらな同人誌が、1000円も1500円もするようでは尋常ではありませんよ。

ここに、アマチュアスポーツ審判員の方の逸話があります。
支給される交通費実費&弁当代を貰うかどうかで大議論をやったとか。
「わずかな額なんだから、堅く考えず貰ってもいいじゃないか」
という一方の方に、もう一方の方は頑なに反論したそうです。

「わずかな額だからこそ貰いたくないんだ。おれはこの競技がすき。だから審判員をかって出てる。好きなものは金に替えたくない、世の中にはただ働きする喜びもあるのだ」

と。

「別に金が欲しくて同人をやってるのではない。自分の作品に人が金を出してくれるのがうれしいんだ」
などとマズい言い訳をして、「わずかな金」を懐に収めている同人作家諸兄諸姉と、この頑固審判員の方と、どちらがかっこいいか。


   おほけなく ネットの民に おほふかな 彼が描くそばに みえみえの世辞


同志を集うことを命題とするのなら、ちやほやされるのが嬉しいのなら、その喜び、そちらが「金を出して買って」くださいな。

-----------------------------------------------------------

閉鎖後の翌年1/17


えーっと、元歌を取り上げてませんでしたね。
ではでは、つーことで、題を付けるとすれば『すみぞめ の ころも』


      おほけなく うき世のたみに おほふかな 我たつそまに 墨染の袖


前大僧正慈円百人一首95番は前大僧正慈円の歌、千載和歌集<雑中・一一三四>に出典します。
『おほけなく』とは身の程もわきまえずにという意味、『わが立つ杣』とは比叡山(根本中堂)のこと、またこの歌は伝教大師の詠んだ「阿耨多羅三藐三菩提(アノクタラサンミャクサンボダイ)の仏たちわが立つ杣に冥加あらせたまへ<新古今・釈教・一九二一>」によります。
あと、それから。
墨染は住初に掛けてますね。これは見事と思います。

坊主が♀視点で詠んだなよなよした歌の多い小倉山の中これは、天台座主(ザス)として、民衆の教化・救済に臨む決意を表明した歌、いや正当です。

以上、つい先日この稿でTBをした ミユ の未だ見直しをしていることを示さんがための閉鎖後加筆でした。


------------------------------------------------------------------


同じく翌年6/30

つい先だって加筆した記事があります。
まあ、かくの如しなんですけど、その後もチャンチャン刃を合わせまして、今現在はこんな感じです。
正直、UU氏なる先方の管理人が、こんなにも依怙地になるのは何でだかさっぱ分からないんですけど、それはそれでいい。
ただ影響で、この記事も注釈つけとかないと面倒なことになりかねないと思って、本日加筆に踏み切りました。

本文中にある『同人』というのは『同人と称する業者』という意味です。
本来の同人ってのは、こんな輩じゃありませんよ。もっとずっと地道な活動をしています。
少なくてもネットというグローバルなスペースに出現し、全世界の不特定多数に向けてデモンストレーションするような真似はしないかと。

業者と言った、ええ、ちゃんと業者やってくれるんなら、私、何も言わないかもしれない。この人たちと来たらば全くのチャランポラン、或いはすね、或いはふんぞり返り、大よそ金を取っている者とは思えないような態度を繰り広げています。
それでいて、売れないのは対象が限られているから、と言い訳だけははなっから用意してまして、はい。
更に形式面まで話を進めれば、当然のごとく無免許・無許可・無届…
ホント、こんな自覚のない『業者』が同人と称し果ては、創作家などと鼻高々でいた日には、真の同人、いやひいてはネットビジネスそのものや創作活動すらも死んでしまいますよ。

かつて、平清盛織田信長は由緒ある寺を焼き討ちしました。
それは、彼らが宗教嫌いだったから? 恨みがあったから?
そうでないですよねえ。
由緒ある寺に認められた治外法権をいいことに、巣食っていたならず者たちが暴れていたからですよねえ。
真面目に学問をしようとしていた人たちが、どれだけ迷惑してたことか。

僧の形をした無頼の徒…
なんか似てますね。
いやいや、(私が)清盛だ、信長だと申し上げるつもりはさらさらございませんけど、あはっ!



ミ ユ の 掲 示 板 における告知



名前: ★ (管理人) ミユ 投稿日: 2006/07/01(土) 22:39:13


25番を含めてひとつにしました。

------------------------------------------------------------------

25 名前:★ (管理人) ミユ 投稿日: 2006/05/29(月) 19:41:22

元に戻しました。
書き込みできませんのでご注意ください。

『このスレッドにお書きください』5/17〜5/29
は倉庫に入ってます。
http://jbbs.livedoor.jp/study/6757/storage/1147869408.html

------------------------------------------------------------------

つーことで、すったもんだの終結宣言だったんですけど、また、ちょっとしたことが。
上記の倉庫スレ中にも登場した会員制サイトのことです。
ここらの加筆部分、お読みください。

http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/26898339.html
http://blog.livedoor.jp/miyumiyu38/archives/20219017.html

まあ、どういってもナニになっちゃうにですけどねえ。
どうしてこのひとたちは、こーなんでしょうか? ただ…
彼らがマゾと称していることだけは、正直なようです。
典型ですよ。妙に神経質で、突如爆発的に攻撃性を爆発させて。

あ、マゾってのは攻撃的なんですよ。普段は、その攻撃性が内にむいてるわけです。
ま、ま、そこらの説明は、サディズムに花束を! にありますので、ご一読の程を。

ホント、その攻撃性を外に向けてもらいたいものです。
出来れば、『有効活用』ってことで社会的意義のあることに。

以上、マゾ男研究に注力してるためにこのところすっかりハイクブログからご無沙汰の ミユ のBBS投稿でした。



以上、UU氏主宰会員制サイト・★DOMINANT LADY★に関する件、ここに報告したします。


★ この記事のトラックバック送信先

 http://ichizo.sblo.jp/article/937305.html



【備考関連】



目指せ!! 平成の女蜀山人! 更にその後の過去投稿加筆 1



2005年06月02日 季語が入ってなければ俳句にはなりません、まー原則、、、

茜どうも。
相変わらず、存在趣旨が明らかでない本『目指せ!! 平成の女蜀山人!』です。
少し『本来の目的』(?)どおりに、ってわけでもありませんが、某創作サイト付随BBSに、それくさい落書きをしてまいりましたです。

>「1位 宇部 舞」「2位 富田 香織」「3位 日向 茜」「4位 工藤 恭子」「5位 高山 百合」


きょうこのま いづるあかねや ゆりかおり


   今日、木の間 出づるアカネや ユリ香り

   恭子 の 舞 づる 茜 や 百合 香織


百合うーん、いけませんなあ。
季語がふたつ入ったら、こらまた原則的には、俳句にはなりません。
しかも、茜-秋 百合-夏 の季語
よってこの句は、川柳と云う事で、あはっ!











------------------------------------------------------------------

閉鎖後の翌年10/5

さてさて、平成17年9月30日をもって閉鎖をした本『目指せ!! 平成の女蜀山人!』。
今となったらお気づきの方もおおいでしょうけど、その後も色々やっておりますです。
って書き出しで始まる閉鎖後加筆も、もう何度目でしょう?
纏まった別サイトですね、サディズムに花束を!ミユ - livedoor ハイクブログを、打ち止めにしてしまったために、発祥地での投稿(加筆という形での)が進みだしている今日この頃です。

えー、本稿は他サイトBBSの投稿に関してでしたよね。
どうも、その後色々ありましてねえ。長くなるから割愛はしますけど。
うん、16ヶ月前は、あそこさんを『創作サイト』と書いている、
一言で言えば、それがとんだ買い被りの類だったということでして。

『同人』と称する業者…
私に言わせれば、この言葉になります。
えー、この件に関しては期間中及び閉鎖後においてここに詳述してますので、クリックしてお読みください。
うん、経済的側面で切り込んでますねえ。
では、ここでは サディズムに花束を! ばりに、心理面の切り口から切り捨てましょう。

  ヘンタイを 山車になれあう 自称M

この記事は随分初期の頃でしたねえ。
ええ、そうなんです。現代社会において、同人の糸瓜のと夢中になってるのは、大体は♂なんです。
勿論『自称M』だけでなく、『他性癖』と称する人たちも。
ま、私に言わせればどれも似たようなものなんですけどね。
そして、結構年齢の言っている人たちが、同人(とやら)に入れあげているのには驚かされます。

おっと、おっと、心理面でしたね。
彼らと、ぴったり同じ心理態度の事例が、1960年代に見出せます。GS、あ、グループサウンズの略ですね、に夢中になっていた♀たち…
凄かったようですね。
なんでも、陶酔のあまり失神してしまう女性が続出したとか。
それ以前までは、一般には馴染みのなかった『失神』という言葉が市民権を得たきっかけと聞きます。

で、彼女たちの心裏を掘り下げるにです。
熱狂のモチベーションは、孤独感・疎外感の払拭にあるようなんですよね。
自分と同じ対象に自分と同じくらいに熱狂している人たちがいる…
それによって満たされたわけです。
だから対象は、別にタイガースやスパイダーズやオックスじゃなくてもよかったわけでして。
パンダでもリカちゃんでも構わなかったんですよねえ。

どうです? 割符を合わせたように同じでしょう。
かつては、♀の専売であったことを、今はむしろ♂がやっているということです。
♀の心理態度は内向的して防御的、それ故、上り詰めてしまうと失神してしまうことになりました。
これが、外向的・攻撃的な♂を上り詰めさせてしまうと…

危険ですよねえ。
事実ありましたよ。ほら、『ひぐらし〜』の悪口を言った相手を刃物で刺したって事件が。
てな訳で、同人というのは、どうしても受け入れられない私です。

では、この記事の加筆はこれくらいにして、続けて書いたもうひとつの記事に舞台を移しましょう。







目指せ!! 平成の女蜀山人! 更にその後の過去投稿加筆 2



2005年06月02日 「火中の栗を拾う」 こうなると日本の四季がうらめしくなっちゃうよ


   なおあゆみ さくらなみきを まなにみゆ きりなきこみち あきあかねまい



   尚歩み、桜並木を眼に見ゆ。きり(霧&切り)無き小径、アキアカネ舞い。

  「奈央」「亜由美」「さくら」な「未来」を「真奈」に「美由紀」「里奈」きこみ「ちあき」「茜」「舞」


アキアカネ同じく同じく、このサイトにも落首してきました。
こちらは、5人全部という網羅性を外し、総勢30余人の中からのピックアップです。
その分、三十一文字に10人入りました。

やった! 蜀山人の近江『八』景の上をいったゾ!!!
と、叫びたいとこですが、相変わらず季節感がまちまち。

うーん、どうして桜というと春のイメージになってしまうのでしょうねえ?
春夏秋冬、桜並木はあるのに。
『秋野さくら』じゃ、そのまんま、あはっ!



------------------------------------------------------------------

閉鎖後の翌年10/5

えーっと、この加筆も、元記事と同じく二稿前の類似記事の続編です。
先ずは、クリックしてお読みいただけますでしょうか。

でー、です。
こちらのサイトとも、やっぱ、ありましてね。
しかも、直接的な接触を伴ってです。

そうねえ。もう、名前を出しましょう。
先月の半ばでしたよ。サイト・嬲り (嬲 作品置場)の『第5回願望アンケート』なるものに気づいたことを書いて、完璧に黙殺されたのは。
ああ、これですわ。

>やっぱ自分が書いたものが一番おもしろいです。
>そちら様は、楽しんで書いてらっしゃいますか?
>
>ときに、数日前の全国紙一面で小学校の校内暴力を報じていました。
>その中の一例です。
>私の県のある小6担任の男性教諭は、注意した女子児童から歯向かわれた経験が忘れられないと語ってました。
>女子児童の身長は教諭と同じくらい、しかりながらも心中「このまま取っ組み合いになったら…」と恐怖を感じてたといいます。
>
>…どっかで見たことがありますよねえ。
>いやいや、3組物語そのものです。
>で、現実に起こった犯罪・事件に結び付けた書き込みを禁じているご本意を確認したいんです。
>
>まあ、世の中とは広いもので、フィクションのつもりでもどうしたって似た事例がでてくる。
>どうしたって現実に起こった犯罪・事件と結びついちゃうんですよねえ。
>webにあげている以上、誰の眼に留まるかもしれない、ですから、被害者を傷つけることも可能性として残るわけです。
>
>誤解なきように願います。
>私、だから書くな、と言っているわけではありません。
>大いに、心向くまで書くべきです。
>結論を先に言えば、いざ事が起こったときは、むしろ現実と結びつけたことを書くのが良策だと思うんです。
>普段はこんなことを書いているけど、本心はこの種の犯罪を心から憎み事件をいたんでいるんだ、ってアピールするチャンスじゃないですか?
>まさか世捨て人というわけでもないでしょう? 現実に起こった犯罪・事件に対する感想はお持ちのはずです。
>その感想を心ゆくまで筆にぶつけるのが、創作というものでしょう。
>
>胡桃沢耕史さんの『翔んでる警視』は面白いですよ。
>犯罪史に残っている怪事件・難事件・凶悪事件がしょっちゅう登場する。
>主人公『岩崎白昼夢』がこれら事件を次々に解決していく姿に、作者胡桃沢さんの本心が伺われます。

勿論、被害者ヅラこいてぐちゃぐちゃ言おうというのではありません。大悪党を自称する私のことですから、それなりにはやらかしてます。
サディズムに花束を!のおまけサイトのこんなのとかね。
でもね、そんな悪質なことではないでしょう?
上の意見、おかしなことを言ってますか?
何よりもよ。意見があれば下さい、に応じて誠意を持って愚見を述べたのです。

一言で言えば、ブルータス、お前もか、なんですよ。
どうして、この手の人種は、かくも根性が狭いんでしょうかねえ。
まあ、好意的に見るなら、良心的なのかもしれない。
こんなにも依怙地なのは、自分のサイトが万人には見せられないものであることを後ろめたく感じてる証拠でしょうから。

てな訳で、この記事のぶっ壊しですっきりしたところで、本題にいきましょう。
そうですよ。つまらない愚痴話のためにわざわざ筆ならぬマウスをとるミユ様ではありませんわな。
ということで、頭の中を御破算にして下さいまし。

本題というのは、近日来ニュースになっている北海道滝川市の女児自殺のことです。
自殺というのは、人間だけがするといいますね。
異説も少しある、江戸時代に殿様の鷹の餌にと差し出された犬が舌を噛み切った例があるとかないとか…
ともかく、ここでは多数説に従って話をします。いやいや、サディズムに花束を! ばりの論といった方がいいかな?

子供の自殺というのは、ブームといったら語弊がありましょうがサイクル的に増えたり減ったりしますね。
その都度、「なぜ子供が?」という風潮になりますが、取り立てて驚くことでもありません。
時の概念、ですよ。これを把握した人間は自殺します(『する可能性が生まれる』という意味よ、勿論)。
だからこそ、人間特有の現象ということにもなるのですが。

と、まあ、ここまでお読みいただけたなら、私が故人に対し哀悼の意を表してないことにお気づきですね。
目指せ!! 平成の女蜀山人! 稼動時からお読みいただけている方の中には、「事故のときはあれだけ感情移入していたミユが?」とお感じの向きもあるやもしれない。でも、ホント、この件に関しては、一社会事象としてしか捉えられないのです。

前後しましたが、マスコミにおける評価を書きましょう。
ご存知のとおり、「いじめ(自殺)」という大きな範疇(の一事例)として報道されてますよね。
うん、この「いじめ」というマスコミ用語なんだ。これが、大いに問題ありなんですよ、言わせれば。
つまり、3つの異質のものを一くくりにして「いじめ」と付題、タイトル付ね、してると思うんです。
純粋な意味での「いじめ」= 言われなき迫害に、異質なものである「子供の自殺」と「若年層の暴力事件」との2つを味噌糞につっつけた、この「いじめ」という用語で。

うん、言われなき迫害というのは、どこにいったってありうることです。
なぜならば、人間は感情の動物ですから。
サディズムに花束を! 全編に散りばめて書いていることですので割愛しますが、一記事だけご案内をしておきましょう。
ありがちなことだ、何人も防ぐことなどできない、あることを前提に行動を起こすしかない…

と言えば、お叱りの声が飛んできますよね。
「人一人、自殺しているというのに、何て不謹慎なことを書くのか!?」
と。
はい、だから「味噌糞にしてる」と言っているんです。
自殺は、また別問題ですよ。
前後逆に書き出して、刷り込んでおいたのが、効果があったか?なかったか?
時の概念を把握した人間は、時に死の安定を欲し自らの命を絶つこともありましょうが、そこにはそれ以上の理由はありません。
平たく言えば、死にたいから死ぬのであって、あれこれ理由を付けるのは専ら、例えば警察、例えば保険会社の業務の都合であり、学術その他において真理公理と認められたことではありません。

「お前、バカか? 遺書まであるじゃないか」
はい、だから典型的な自殺だと言っているんです。
ダイイングメッセージってのはありますよ。死に臨んだ人間がどれだけ論理的な判断が出来るか?
この遺書を読んだら家族は悲しむ、そしてこうした社会風潮を鑑みれば、うらみある人間に復讐は出来る。
別所で散々論じた女性型の復讐的加虐ですか。うん、ここまでは、間違いない。でもね、その様を自分は見ることができないんですよ。
一見論理的に見えて実はその正反対、これも言い尽くされてることです。

はっきり言いましょう。この事件はかくも大々的に報道すべきニュースバリューはありません。
売らんがための商業主義マスコミの戦略捏造と、それに乗じた関係者のせめぎあい、とまで書いたら安っぽくなってしまうので、ここらにしますが、私は、

>最後の瞬間まで命の限りに戦った、だからこそ死の安定がおとづれる、そして滅びの美学として人のこころを打つのではないでしょうか。

>三角関係ぐらいで自殺するなっちゅーの! 最後の最後まで生きようとしなければねえ。少なくとも滅びの美学として後人のこころを打つことなどありえないでしょう。私? 私のために世界戦争が勃発して、60余億人類が死に絶えるような事態になったとしても、首など括りませんよ。

って人ですから、お腹立ちの向きは、どうか悪しからず。

で、3つ目のファクターです。
若年層の暴力事件でしたね。
これで、枕の他サイト批判とも取れる記述の意味がお分かりになったでしょう?
元になった新聞記事とは9/14付、いつもの全国紙に載っていたこの記事です。

>「危ねーだろ」
>千葉県の男性教諭は昨年担任だった小6のクラスでの経験が忘れられない。
>机とイスを勝手に動かしていた女子児童に、元の位置に戻すよう注意したが
>従わないため、イスを引っ張って動かそうとした時だった。この女子児童は
>いきなり立ち上がり、イスを蹴った後、怖い顔で向かってきた。
>女子児童の身長は教諭と同じぐらい、体格はまさっていた。教諭はしかりながら
>心の中で「このままと取っ組み合いになったら……」と恐怖を感じたという。

校内暴力。うん、これは社会問題として報ずる価値はありますよ。
なんてったって、犯罪ですもの、立派な。
結論から言うなら、学童(が加害者となっていること)を理由に教育の問題として捉えている現風潮が、釦の掛け違えだと思うんですよ。
学校とて、治外法権、船長が司法権を持っている船舶の如き、校長が司法権を持った閉鎖空間ではありません。
ここで傷害事件が起こったなら、当然警察に通報すべきことであり、後は司直の手に委ねられる問題となります。
(いっしょくたにくくられた)いじめだの学級崩壊だのという『流行語』で味噌糞にしていいことではない、れっきとした刑法犯罪です。
そこらの掛け違いが、校内暴力問題解決の糸口を見出せないようにしている元凶ではないのでしょうか?

更には「いじめ」などという味噌糞用語を多発し、話をもう一段混乱させているマスコミは大いに弾ずるべき対象であります。
うん、この件に限らず全ての事件犯罪というのは、報道することにより伝播するものです。「報道する価値なし」の言ったのは、こうした意味も含んでのことであることと、先ほどの暴論のフォローをしておきましょう。
「いじめ」という業界用語で一くくりで報道する、このマスコミ論調が変わらない限り、滝川事件類似は定めしまた発生することでしょう、私はそれに心を痛めます。

以上、連続記事を使い社会評をしてみた ミユ の長い長い加筆投稿でした。











?.最後に



天地之 分時従 神左備手 高貴寸 駿河有 布士能高嶺乎 天原 振放見者 度日之 陰毛隠比 照月乃 光毛不見 白雲母 伊去波伐加利 時自久曽 雪者落家留 語告 言継将往 不盡能高嶺者

反歌

田児之浦従 打出而見者 真白衣 不盡能高嶺尓 雪波零家留




 天地の 分れし時ゆ 神さびて 高く貴き 駿河なる 布士の高嶺を 天の原 ふり放け見れば 渡る日の 影も隠らひ 照る月の 光も見えず 白雲も い行きはばかり 時じくぞ 雪は降りける 語りつぎ 言ひつぎ行かむ 不盡の高嶺は
 
        反歌

 田児の浦ゆ うち出て見れば ま白にぞ 不盡の高嶺に 雪は降りける



閉鎖した『目指せ!! 平成の女蜀山人!』は、この歌から始まりました。






タグ:ガールズ ビーツ ボーイズ GBB 逆転 マゾヒスト マゾヒズム サディズム 大柄 格闘技 荒唐無稽 男性マゾヒズム 倒錯ワールド サディズムに花束を! http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/ 目指せ!! 平成の女蜀山人! 伊藤一蔵 伊藤一蔵商店 UU 同人 美女プロレスラー純子 ミユ DOMINANT LADY 閉鎖 海賊版 裏ビデオ 麻生直 業者 一蔵通信 高校 イメージ SM SM性 女子 逆転関係 新体操部 相撲部 主将 寒稽古 固定観念 ネット事業者 ネット 事業者 コミケ 有限会社コミケット 米沢嘉博 メール メールアドレス blog Blogサイト 事業主 TB 同人誌 製造者責任 香具師 金返せの世界 クレーム 奇貨買うべし 商品 販売 著作権業者 悪徳業者 一蔵 文化施設 ありがとうございました 無礼千万 商売ごっこ 仮名 サイト 弁慶 アイヌ娘 松平健 緒方拳 国営放送 大河ドラマ 義経 日本史 衣川館 衣川 判官 ジンギスカン 津軽海峡 蝦夷 恋愛 恋愛ストーリー 姫君 花婿 相撲 男女相撲 大女 チャレンジ精神 伊勢三郎 45日 四十五日 がっぷり四つ 巨漢 巨女 乙女の香り 乙女 五条大橋 酋長 九郎 選考会 フットワーク 乳房 前褌 三所責め プレーボーイ 処女 恍惚 三国一 金銀 金銀財宝 義経悪人伝 伝承 夕刊紙 オリジナル小説 古典文学 エロ漫画 羊頭狗肉 ダウンロード販売 社会貢献 非営利 火中の栗を拾う 利益還元 製造原価 コスト アマチュア 弁当 交通費 同人作家 前大僧正慈円 百人一首 伝教大師 比叡山 根本中堂 中堂 冥加 天台座主 坊主 グローバル スペース デモンストレーション チャランポラン 言い訳 無免許 無許可 無届 風俗 平清盛 織田信長 由緒 治外法権 mixi 学問 真面目 無頼の徒 無頼 僧形 あはっ! 「あはっ!」のミユ ★ (管理人) ミユ ミ ユ の 掲 示 板 すったもんだ 終結宣言 マゾ 爆発 攻撃性 攻撃的 有効活用 ハイクブログ ご無沙汰 ★DOMINANT LADY★ UU氏 縁日興行 縁日 感想 叡山 強い女 殴る女 UU掲示板 UUの戯言 UUの妄想集 男の闘い Vlog 動画 べんちゃらクレクレ君 感想クレクレ君 おほけなく ネットの民に おほふかな 彼が描くそばに みえみえの世辞 田児之浦従 打出而見者 真白衣 不盡能高嶺尓 雪波零家留 弁慶を投げ飛ばしたアイヌ娘 静かに消え去るつもりだったんですけど、やれやれ、おちおち閉鎖もしてられないようですね。 目指せ!! 平成の女蜀山人! は2005.9.30に閉鎖したのですけどねえ、、、 ミユ (深雪)  パクリ 作品置場 蹴殺天使 BLIZT CUBE  殺戮の雌豹達  マゾヒズムに天誅を! 2ちゃんねる  美脚服従 クロの妄想イラストの世界 嬲 作品置場 御転婆天地驚動組合 赤人 GIRL BEATS BOY ガール ビーツ ボーイ はき違えられた「言論の自由」に一石を投じます ミ ユ の 掲 示 板 (したらば) 「BlogPeople」(「トラックバック・ピープル」)なるところの不可解な行動について 明らけく 後の仏の 御世までも 光伝へよ 法のともしび 田児の浦ゆ うち出て見れば ま白にぞ 不盡の高嶺に 雪は降りける 天地の 分れし時ゆ 神さびて 高く貴き 駿河なる 布士の高嶺を 天の原 ふり放け見れば 渡る日の 影も隠らひ 照る月の 光も見えず 白雲も い行きはばかり 時じくぞ 雪は降りける 語りつぎ 言ひつぎ行かむ 不盡の高嶺は 天地之 分時従 神左備手 高貴寸 駿河有 布士能高嶺乎 天原 振放見者 度日之 陰毛隠比 照月乃 光毛不見 白雲母 伊去波伐加利 時自久曽 雪者落家留 語告 言継将往 不盡能高嶺者 山部宿禰赤人望 不盡山歌一首一并短歌 万葉集 山部赤人 米沢嘉博氏死去 なおあゆみ さくらなみきを まなにみゆ きりなきこみち あきあかねまい 尚歩み、桜並木を眼に見ゆ。きり(霧&切り)無き小径、アキアカネ舞い。 「奈央」「亜由美」「さくら」な「未来」を「真奈」に「美由紀」「里奈」きこみ「ちあき」「茜」「舞」 蜀山人 近江八景 桜並木 秋野さくら なぶりサイト 校内暴力 男性教諭 女子児童 どうしたって現実に起こった犯罪・事件と結びつく 現実に起こった犯罪・事件に結び付けた書き込みを禁じている フィクションのつもりでもどうしたって似た事例がでてくる 3組物語 Y小学校6年3組 Y小学校5年3組 なぶり 6年3組 5年3組 Y小学校 Y小学校5年3組物語 Y小学校6年3組物語 フィクション ノンフィクション 被害者のある言論 放言の自由 放言の自由で商売する自称同人サークル 胡桃沢耕史 翔んでる警視 怪事件 難事件 凶悪事件 岩崎白昼夢 マゾ男性向けSM創作短編集 ブルータス、お前もか 北海道滝川市 滝川市 女児自殺 女児 自殺 江戸時代 子供の自殺 命の大切さ 時の概念 マスコミ いじめ(自殺) いじめ 「いじめ」というマスコミ用語 「いじめ」というマスコミ用語、大いに問題あり 3つの異質のものを一くくりにして「いじめ」と付題 純粋な意味での「いじめ」= 言われなき迫害 若年層の暴力事件 集団サディズム 魔女狩り 人間は感情の動物 味噌糞 自殺は別問題 死の安定 死の本能 平たく言えば「死にたいから死ぬ」 遺書 遺書公開 ダイイングメッセージ 死に臨んだ人間がどれだけ論理的な判断が出来るか? 復讐的加虐 女性型・復讐的加虐 遺書というのは一見論理的に見えて実はその正反対 売らんがための商業主義マスコミの戦略捏造 乗じた関係者のせめぎあい 滅びの美学 学級崩壊 季語 俳句 狂歌 短歌 織り込み 和歌の技法 きょうこのま いづるあかねや ゆりかおり 今日、木の間 出づるアカネや ユリ香り 恭子 の 舞 づる 茜 や 百合 香織 季重ね ミユ - livedoor ハイクブログ BBS 御転婆天使協同組合 御転婆天使の掲示板 BLIZT CUBE 創作サイト 『同人』と称する業者 ヘンタイを 山車になれあう 自称M 自称M 心理態度 GS GSブーム グループサウンズ 失神 孤独感・疎外感の払拭 タイガース スパイダーズ オックス パンダ リカちゃん ひぐらし ひぐらしのなく頃に 同一対象に熱狂する連帯感により孤独感・疎外感を払拭 悪口を言った相手を刺す カルト 死んだら読んでください 市教委 滝川市教委 自殺は報道することにより伝播する 竜騎士 ソプマップ BT 八咫桜 07th Expansion 竜騎士07 ガールズ ビート ボーイズ ガールズ ビートゥ ボーイズ アダルト アダルトサイト エロサイト ネットとは 人釣るところ コミケ待つ ふぇち詰めサービスパック・2 Elysium Savior 白ブーツ責め BT 彩都撫子 ふぇち詰めサービスパック Elysium Savior・2 Engagement Elysium Savior・1 トリプルジョーカー 由菜 芹亜 フェティッシュワールド 恭子 百合 香織 奈央 亜由美 さくら 未来 真奈 美由紀 里奈 ちあき 露時雨 もる山遠く 過ぎきつつ 夕日のわたる 勢多の長橋 雲はらふ 嵐につれて 百船も 千船も浪の 粟津に寄する 真帆ひきて 八橋に帰る 船は今 打出の浜をあとの追風 思うその 暁ちぎる はじめとぞ まづきく三井の 入あひの声 夜の雨に 音をゆづりて 夕風を よそにそだてる 唐崎の松 峯あまた 越えて越路に まづ近き 堅田になびき 落つる雁がね 雪ふるる 比良の高嶺の 夕暮れは 花の盛りに すぐる春かな のせたから さきはあはづか ただのかご ひらいしやまや はしせらせてみい 乗せたから先は あ (合&逢) わづか只の駕籠 平石山や 馳せらせてみい の『勢多(瀬田)』『唐崎』は『粟津』『堅田』のかご『比良』『石山』『矢(八)橋』らせて『三井』 なぶりサイトを怒りの炎で埋め尽くせ 福岡いじめ自殺 福岡県筑前町 筑前町 筑前町立三輪中学 三輪中学 小渕優子 田村伸一 瑞浪市 岐阜県瑞浪市 クラブきっず 中井ゆかり 三花愛良 佐々木舞 小池凛 大西杏奈 芦田実沙寿 藤永あおい 会田かんな 夢本エレナ 斉藤朱莉 山中真由美 山中知恵 野口ちえこ 美咲あい 山下桃奈 笹渕瞳 篠崎愛 石川楓子 鮎川穂乃果 小田切まい 中村みう 藤井あい 山口ひかり 上野千尋 泉明日香 岸波莉穂 綾都撫子 プロジェクト・アルコ Ayato Rapist Cleanup Operation チームいちご 亜弥 夏美 智実 赤城瑞帆 桜咲薫 ホワイト・ルーズ ブラウンソックス QUESTION−THREE 潤菜 涼音 はーとふる☆みすとれす 朝水れい ロリマゾ 野村證券 ドMロリコン 野村證券社員、石飛光一容疑者 石飛光一
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。