アメリア・ブルマー − ブルマの考案者とされる女性解放運動家

436c5cb4.jpgブルマー女史がブルマの考案者であるというのはどうやら俗説らしい。
別の運動家が考案したものを彼女が自分の新聞で紹介したから考案者に間違えられたとのことだ。

女性解放運動はここでの論題に相応しいようで相応しくないと思料したので、ブルマで論を進める。
ご存知のとおり、女性が運動しやすいようにとの目的から発案された。
初期のころはだぶだぶ木綿の所謂ちょうちんブルマである。
絵のものとも少しことなるか?
いや、某元国会議員の女学校時代ブルマ姿の写真があるのだが…
ご紹介できないのは残念だ。

そして、その後のブルマが辿った運命もまた周知のとおり。
化繊の普及により、身体にフィットしたパンツタイプに変わる。
それがために、男性の劣情を…
ということで日本、とりわけ学校体育においては、廃れていくのである。

論者も(短パンタイプの)ブルマ体験のない一人だ。
別にこれで運動をしても構わないと思うのだが、言われてみれば確かに、パンツで野外を歩いているようなものだ。学校の体育授業で使われなくなったのは至当であろう。
まあ、女性解放のために考案された衣料が、もっぱら男性からの防御がために廃れていったというのは何とも皮肉なものである。

話は変わるが、FemDom (Female Domination)とつき物がごとくに登場する BDSMという略語。
このBDとは、ボンデージの略である。
いや、「略らしい」と言った方が正直か? 論者はよく知らないのである。

知らなくても別に構わないであろう。
女性サディズムを論ずるうえで、ボンデージルックのあの女王様スタイルの女性を語らなければならぬ必然性などないのであるから。
ましてや、あれを着ていなければサディスティンに非ずなどというバカげた話はどこの国にもない。

確かにボンデージは鎧兜足りえる。
本来受身であるはずの女性が、衣装の力によって大胆になるという要素はある。
けど、それはとりも直さず主客転倒ということだ。
もっぱら(マゾ)男性のためにボンデージに身を固めるとなれば…

ボンデージとブルマは本当によく似ている。


posted by homer_2006 | サディズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。