お花見

花見花札3月は桜。
旧暦表示のあるカレンダーで投稿日付を旧暦日に見つけた日前後のお休みの日、実際にお花見に行かれた方も多いのではないでしょうか?
今日は趣向を変えまして、東京は上野公園の桜散策としゃれこみましょう。

まずはお山の辺りから。

  井戸ばたの 桜あぶなし 酒の酔
  
秋色桜ですねえ。江戸情緒が感じられます。
作者・秋色こと、菓子屋お秋は、この句を詠んだとき、なんとなんと数え年13歳だったとか!
びっくりです。

さてさて坂を下りますれば、同じく江戸のびっくり人間・蜀山人の歌碑が鎮座まします。

  一めんの 花は碁盤の 上野山 黒門前に かかる志ら雲

原文は最後『しら雲』ですが、歌碑を見る限り表記のように見えましたのでそのまま記します。
流石は蜀山人、『一めん』に碁盤面を匂わせ、白と黒とを織り込んでますね。
黒門(町)は今はなくなってしまった地名、所謂アキバの北部あたりのことです。

囲碁も江戸時代に盛んだったボードゲームです。
花札とは少々趣を異にし偶発性に左右されません。純然たるサシ勝負といえますか、だから喧嘩が絶えない。
同系ゲームの代表例は将棋ですよねえ。

ただし、囲碁と将棋では協議者層が異なるといわれてまして。
囲碁は旦那様のやるもの、将棋は○夫馬○のやるもの、というのがちょっと前の常識だったとか。
理由を述べよ、と問われて明確に答えられる人いる?

と、これらの言い回し、



ホント、季節感のないこのblog
上野山の桜と蜀山人の歌
サイトオーナーの方にも読んでいただけてるようで (三度=みたび)


を次々に丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!





posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。