頭の体操

27cdce81.jpg本日はサイト趣旨から完全に離れよう。
偶には、このようなことも必要だ。
思えば論者… いや、私と称そう。この記事は論説休止である。
私の別サイト運営は、このような遊びの部分がなかったために、息苦しさを感じることがあった。
その学習からである。

さて、多湖輝氏はご存知か?
代表著書『頭の体操』は、心理学の入門書としては最良の一冊なので是非読んでみるとよい。
この『たこあきら』は、元祖タレント教授というべき人である。
まあ本人は響きを嫌って、『たご』と濁らせているが、同郷のものなら濁らないと知っている、余談ながら。

試験術を紐解いた氏の著書の一節にこのような記述がある。
迷ったときは、一番最初に思いついたものが正解。
陳腐化しているように見えるが、全くの公理だ。
これを守り通したおかげで、自分でいうのもなんであるが試験名人たりえた私である。

サイト運営に関しても、この公理が成り立つと思う。
最初に思いついたことが一番いいのである。
あれこれ考えるのは愚か。

と、この公理のもう一つの読み方だ。
最初に思いついたことが一番、つまりは、サイトというのは段々と先細りになっていく宿命にある、ということでもあるのである。



posted by homer_2006 | サディズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。