KWAIDAN

牡丹カス2正直なところ、牡丹に関する話題は中々出てきません。
例えば、投稿日付に拘らず以前話題にした『花札占い』でも6月牡丹の札は使いませんし。
繰り返し書いてるように日本ではあまり馴染みのない花のようです。

でも、花札成立の江戸時代にはあったようですね。
牡丹灯篭なんて怪談話があるくらいですし。
旧暦6月は晩夏ということで納涼シーズン、ということで牡丹4枚目の札は怪談話としましょう。

これをまとめたのは、小泉八雲ですよねえ。
そして、小泉八雲というのは元々は英国人ラフカディオ・ハーン(Lafcadio Hearn)、外人の手により日の目を見た日本文化といえるでしょう。
牡丹灯籠に加え、四谷怪談・皿屋敷が日本三大怪談とされています。

さて、四谷怪談ののお岩さんが信仰した田宮稲荷神柱跡が、根拠乏しいとして歴史文化財指定の見直し対象になってるようです。
まー、神社という商売にからんでるなら、厳密に調査しないとねえ、
宗教関係を聖域にしてしまうと、ろくなことがおきませんから。

なーていうと、お岩さんが化けて出てくる?
そんなわけないじゃない。

    幽霊の 正体見たり 枯れ尾花

え、怪談はホントにある、ですって?
あの付近は坂が多い、四谷かいだん、
で、納得!

と、この言い回し、



お盆は過ぎてしまいましたが… ドロドロドロ

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!




posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。