毛皮を着たヴィーナス

毛皮を着たヴィーナス

河出書房新社

このアイテムの詳細を見る


 もう今さらここで取り上げるのも恥ずかしくなってしまうくらい、有名なマゾヒズム文学の傑作。以前、たぬきの腹鼓氏のブログでも詳しく触れられていましたので、僕のしゃしゃり出る幕はないであろうと思っていたのですが、最近また読み返してみて、プチ感動してしまいました。

 古今東西の名作は、何度読んでもその都度新しい発見があるものですが、この作品もやはり奥が深い。

 初めて読んだのは十代の後半の頃。それまでぼんやりとしていた「マゾヒズム」という言葉が。明確に意識され初めた頃でもあり、なんだか猛烈に勉強してみたくなって、運命と言おうか、必然と言おうか、この作品にたどり着きました。

 谷崎の「痴人の愛」は中学の時に偶然読んだのですが、「毛皮を着たヴィーナス」は

  気合いを入れて 読んだのを覚えています。

 もうそれ以来座右の書として僕の本棚に君臨し続けております。

 普通の文学としても優れた作品です。でもそういう意味ではマイナーになってしまうのでしょうか。今時の恋愛小説にしてはインパクトに欠けるだろうし、SM文学として見ても素朴な部類に入る。だけど、マゾヒズムに少しでも関心がある人であれば、自分なりの作品世界を豊かにイメージして楽しめるのではないかと思います。
 SM的なコミュニケーションツールとしての、愛読書にふさわしい、「マスト」アイテムだと思います。

 今回読んでときめいてしまった部分は、主人公の二人、ワンダとセヴェーリンが取り交わす奴隷契約書の部分。SMの世界においては、奴隷と主人のような疑似的関係をファンタジックに想定するプレイがよく行われます。そこには明文化されていない「奴隷契約」のようなものが存在し、重要なアイテムになっている。また、プレイの一環としてきちんと明文化したものを作成し、署名/捺印したりするカップルもいらっしゃるようです。そのテンプレートをこの古典的名作の中に見いだすことができます。直接ではないのかもしれないけれど、現代にも継承されているコンセプトの萌芽がここにありました。マゾも悪くないなと思わせてくれます。

 普通の書店にたいていおいてあると思いますが、今発売されている表紙にはナゼか金子國義のカバーは採用されていません。黒地にピンク色のフォントの、どうってことないデザインになっていて、ちょっと残念です...

【アフィリエイト文責】

homer_2006@goo.jp
僕の実名住所等はメールにて確認ください



posted by homer_2006 | Comment(1) | マゾヒズムに花束を!
この記事へのコメント
おやおや、私が「毛皮を着たヴィーナス」を書くのがそんなに珍しいのですか?
いちいち他人の名前出して保険かけるのは控えるこった。
Posted by たぬきの腹鼓 at 2006年04月08日 21:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。