咲いた花なら

桜ぞろさて、投稿日付に殆ど意味のない本プログ、実際にこの記事を書いているのは、日本の大半で桜の花の終わった頃合です。
再三書いているように、咲くも花なら散るも花、
ということで、投稿日付を花札は桜3月、弥生晦日にして、この月の〆としましょう。

もう一つ、この月では時事問題をよく絡ませましたっけ。
今日こうして改めて読み返せば、なんか随分前のニュースのような気がしますよねえ。どれも大ニュースだとというのに。
熱しやすく冷めやすいというのも我が日本の国民性です。
…そうなんですよねえ。ブログ最大手のライブドア社がとんでもないことをしでかしていたんですよ。
あれから幾日も経っていないのに、もう忘れられがちです。

これって、日本人はパッと咲いてバッと散る桜が好き、ってのの裏返しなんでしょうか?
僕には必ずしもそうは思えません。
桜の木を一年通じて観察してなければ、いつ花が咲くかは知りえないでしょう?
花の時期の短い桜のこと、この観察をするのは根気がいることです。とてもじゃないけど、熱しやすく冷めやすいような性格ではできませんよ。
一年根気よく花を待ちわびる。だからこそ、桜の花は美しい、そして散り際が見事と実感できるのではないでしょうか。

と、この言い回し、



書き忘れ…かな

の本日たった今加筆されたばかりの部分を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。