内に内にと性向する男性マゾフェチサイト

マゾヒズムとは個の持つ攻撃本能が内に向いた症状、サディズムとはそれが外に向いた症状。
故にサディズムはマゾヒズムを克服した状態である…
この分析心理学の学説を、歴史上の人物に検証している本ブログである。
で、本稿はネット上の事例を鑑みるとする。

少し前であるが論者は、「何故(男性)Mサイトばかり(目の敵にするのか)?」と言われた。
まあ誤認識の上での件の発言であったのだが、ある意味当たっている箇所もあるので、ここから切り込もう。
して、当たっているとは?
この種のサイトの現況をつらつらみるに、非常に危険だと感じているということなのだ。

具体的に言おうか。
「本サイトは○○向きです」「○○癖以外は閲覧しないでください」
こんな注意書きのあるものは、他に例をみない。
万人の閲覧できる場所に提示しておいてこの言い草はナンセンスの極みである、といいたいのはさておいて。
将に「攻撃本能(その他一切のエネルギー)が内に(のみ)向いている」の典型例なのだ。
しかもこの傾向にあるのは(男性が主催する男性)マゾフェチサイトと呼ばれるところくらい、それ故に論者が目の敵にしてるように写るのかもしれない。

好意的にみれば、自らの内なる性向を社会からは受け入れられにくいものだと自覚しているともとれなくもないか?
マゾフェチサイトのそうした傾向を嫌い『マゾ』『フェチ』の文言を外してしまっているところはもっとたちが悪い。
この面々が好んで使うのが『M』なる略称、異常性を現す語句でプロパガンダしながら、ちゃんと(マゾヒズムじゃないぞ、Mだぞ)逃げ道を打っているところがしたたかだ。
展示会その他の販売イベントの際は、何食わぬ顔で『特殊性癖』を前面に打ち出して商売する人たちである。
商業目的侮るべからず、ということで非商業目的に戻す。

さて、人間の性は男女の2通りのみ、そして原則反対性からパートナーを見つける。
互いにパートナー候補となりうる論者からかけられる言葉は、
内に篭らず自己の内面を見直し、克服すべきは克服してくださいよ、
こんなところであろう。

頑張れ、日本男児。



posted by homer_2006 | サディズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。