夏祭り

ぼたんかすまだ月中なんですけどね、晦日の日付で投稿しましょう。
花札競技は一年12ヶ月、つまり12回で勝負します。
言うまでもなく6月を終わった時点でちょうどハーフタイム、折り返し点、これを特に競技用語では『半ドン』と呼びます。

半ドン、一般で言われている意味では半日勤務ということでよねえ。今は少なくなりましたけど、文学作品にも残ってますよ。
「今日は半ドンでございますから」紅葉の多情多恨より。
そうそう。元々は『半分ドンタク』、つまりはオランダ語のzondag(休日)からきています。
博多のお祭りということではありませんから。

さて、博多じゃないですけど、僕の地方も夏祭りなんですよ。今盛んにポスターが貼られている。
陽水の歌に歌われている盆フェスタでなく、その一ヶ月前、完全なる夏祭り。
漁村の名残ですね、このパターンの夏祭りってのは。

さて、祭りといえば、御神輿が付き物ですね。
ところがです。
我がエリアの祭りに関してはそれがありません。

伝説によれば、昔々はあったようなんですけど。
さる年のお祭りの折隣村と大喧嘩になり、そのときに神社境内に埋めてしまったのだそうです。
以来掘り返そうとしても、どんどんどんどん地中深く潜っていってしまうということになってまして。

どこかで申し上げましたように、お祭りには喧嘩がこれまた付き物。
祭りとは年に一度合法的に大喧嘩をやることにより一年の憂さをはらすためのもの、と言えるのかもしれません、文字通り乱暴な言い方をすれば。

と、この言い回し、



神輿 (←シンプルなタイトル)

を丸写ししました。
しかも、住んでる場所のヒントまで出しちゃっ…た。彼女を目の敵にしていたCountEcoでさえも気を遣っていたというの…に…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。