9去法

手書き菊えー、もう一題、菊の節句に因んだ話をして見ましょう。
と、言っても実際は随分日付はかけ離れてるんですけどね、色々な意味で、ってなんでもありません。
今度は自然科学系の話です。

皆さん、ある数が9で割り切れるか検算する方法を知ってますか?
各位の数字を足していく、出た答えが1桁になるまでそれを繰り返します。
そして、それが9であれば、その数は9で割り切れます。

割と知れ渡っている検算方法ですよね。
でも、何でこれで検算が出来るのでしょう?
10という数を9で割ったらいくつ余ります? 1ですね。では100は?
お解かりでしょう? 千でも万でも十億でも皆答えは同じ、1余りです。
だから、桁は問題ではない、各位の数字だけを見ればいいと言うわけで。
そう、9去法ですね。高校に行ったことがある人は思い出してください。

この1余りが曲者、神様の失策、投稿日では後になるもののその実は前にお話しましたよねえ。
その後、親戚から仕入れた話を。
英国ってのは結構十二進法使いますよね。ヤードポンド法なんての。
昔、親戚のものが予備校の授業で体験したことです。
講師の方が、こう説明したそうです。
「10は3で割りないでしょ? 10円を3人で山分けするくらいなら(一人が1円得する程度だから)まだしも、これが10億円(を3人で等分するの)だったら大騒ぎになる」
一瞬あって教室は大爆笑、講師は赤面。
意味、分かりますよね?

と、この言い回し、



ミ ユ の 掲 示 板
9月25日(日)09時59分51秒 投稿への翌年1/8付 管理者返信

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。