春の七種

七種粥さて、今日は日付に因んだ投稿をしましょう。
一月七日は、七種ですね。
年中行事として、七種粥を食べる風習のある日です。

芹(せり) 芹 セリ科
薺(なずな) 薺(ぺんぺん草) アブラナ科
御形(ごぎょう) 母子草(ははこぐさ) キク科
繁縷(はこべら) 繁縷(はこべ) ナデシコ科
仏の座(ほとけのざ) 小鬼田平子(こおにたびらこ) キク科
菘(すずな) 蕪(かぶ) アブラナ科
蘿蔔(すずしろ) 大根(だいこん) アブラナ科

春の七種は全部野菜で食べることができます。
まあ、その分だけ花がなくなった (秋の七草参照)、花札とは無関係になってしまいましたが、それはそれで進めましょう。
七種粥は、邪気を払い万病を除くとされます。科学的に見るなら、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちなビタミンを補うという、ということになりましょうか? 昔の人たちの生活の知恵、大したものです。
更に我々の祖先は、

  芹、なづな、御行、はくべら、仏座、すずな、すずしろ、これぞ七種

五七五七七、風雅の道も併せて嗜んでいました。

五七五七七、ミソヒトモジですね。
原型は五・七・七だったったんですよ。
こんな感じ。

  新治 筑波を過ぎて 幾夜か寝つる

  かがなべて 夜には九夜 日には十日を

倭建命(ヤマトタケルノミコト) & 御火焼(ミヒタキ)の老人(オキナ) 古事記<景行>

五・七・七の形式の歌を片歌といいます。
古事記も初期のころは4音や6音の句も見受けられましたが時代が経つにつれ、5音ないしは7音の句に落ち着いてきました。

さて、この歌ですが、倭建命が東国征伐の帰途、甲斐(カイ)の酒折(サカオリ)の宮に滞在した折のものです。
命が「新治…」と歌ったところ、かがり火をたく老人が「かがなべて…」と歌って答えた…これでひとつの歌の完成ですね。
述べましたように、片歌×2が旋頭歌です。

後に、この問答は連歌の起こりとみなされるようになりました。
連歌を「筑波の道」と呼ぶのは、そのためです。

と、この言い回し、



筑波の隣県住民から愛をこめて

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。