エドワード・ジェンナー − わが子を実験台に種痘を完成させたと伝えられる医師

47cf6d37.jpg本論に入る前に、前稿の補足をしよう。『池田某』ではなく『池田優子』と書ける程度までには調べてみたので。
彼女が資産家というのは誤り。ジェンナーが息子を実験台にしたと言うのと同レベルの誤り、唯の神話に過ぎぬ。
そもそも資産家とはなんぞや? 経済学に即して定義すれば、資産所得により生計を立てている者である。
池田のみに限らず、医師というのは須らく資産家ではない。押しも押されぬ労働者である。労働階級、無産階級だ。
資産家と言うのは、職業欄に地主と書くような人たち、そして彼女は自ら「時給〜」とエムプロイーたる己を吹聴して回っている人物… そうした意味でのやっかみは不用と思料する。
広げれば、昭和以降における労働での蓄財など全くとるに足らないものだ。

「どこからどこまで人の土地を踏まずにいけた」

古き佳き時代の、こんな資産家が現代にいたとしたら、SM観はどうなるか?
例のマゾ男性向けSM創作短編集に一本アップロードしておいたことを、遅ればせながら案内し本論に入る。

さてさて、医師は医師でも18世紀は英国の田舎医者が本稿主役である。
後に天然痘撲滅で大偉人となるジェンナー。
そうか、わが子で実験したというのは誤りなのか?
いや、どうも論者には『誤り』であるとする記述が『誤りである』と言っているようには読めないのであるが。というのは「臨床実験の過程で息子に種痘している」と書かれているので。
従って便宜上、副題のごとく論を進めるので、違和感ある向きは適宜読み替えられたい。

とまれ、ジェンナーが天然痘撲滅の大偉人であるという事実は動かしがたい。間違ってもこれにケチをつけようという趣旨ではない。
だが、医療の発見発明のためには臨床実験が不可欠になるというのまた事実、性質上その実験に人命に拘るリスクを伴うということもまた動かしがたい事実なのである。

ここに安倍英という20世紀の医師がいる。彼は安全性が確認されないエイズ治療薬投与のために殺人罪で訴えられた。
この二医師が行った医療行為の間にどのような差異がある?
片や成功、片や失敗、これは結果である。結果でなく行為自体にどのような差異があるのか? と問うている。

念には念をと言うことで繰り返すが、ジェンナーの功績にケチを付けたいわけでもなければ、司法における安部の無罪判決の積極支持が目的でもない。
両者の行為には(本質的)差異がないと言いたいのだ。

結果であるか?
雷の中で凧をあげたフランクリン。
感電死しなかったのが不思議なくらいであろう?
事実同じことをやって殉職した科学者もいることだし。
科学進歩のためには、危険が伴うのだ。また、失敗は成功の母である。
リスクを冒して進みたいと思うもよし、命あっての物種と自重するもよし、それはそれぞれの哲学次第だ。

で、愈愈核心の部分に入る。
リスクを冒し進んだジェンナーの心理である。
ここで肝心なのはケースの場合、死の危険に晒されたのは他者の命…
お分かりであろう? 医術とは人の持つサディズムの利用法の一、将しくその顕例であるので俎上にあげた。

しかも、この他者の中に自分の子供も入っているのだ。
まあ、獣であっても原則自分の身を犠牲にしても子供を守ろうとするのが本能、繰り返しているとおりなのだが。
彼の行為は少なくても、歴史をその場に戻し当時の価値観ではかれば倫理に反するもの、いや、(臨床実験に成功したことが広く知れ渡っている)現代においてすらも変態のレッテルは貼ってしかるべきであろう。
安全性の確認できていない新薬の臨床実験のために、わが子と他人様の子を使ったのだから。

こうして世に名前を残した人物というのは、一人の例外もなく変態なのである、という高橋説。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------御転婆天地驚動組合


リレー創作 A

告白いたしましょう、この掲示板書き込みは私でございます。
公開に際しまして付け加えまするのは。

こんな感想を頂いたことがありました。「どんな高級なパンストでも安物スーツ一式より高いことはない、荒唐無稽だ」と。
ええ、御転婆者の私のことゆえ、すかさずやり返しましたとも。「これだから(既製品ばかりしか頭に浮かばない)貧乏人とは話ができん。誂えさせれば幾らでも高いパンストもつくりうるではないか」
娘のインナーひとつに至るまで、全て有名デザイナーに誂えさせるような酔狂な金満家がいたって…
愚作でお訴えしたいのは見た目とは正反対、悪平等ニッポンへの警鐘であります。

さてさて、果たして真に辱めを受けている者は誰なのか?
とくとお考えあれ!





【前段(他者投稿)】

お嬢様女子大とか一流企業とかの女子トイレの便器や床を膝と手をついて
磨きあげる。かつかつとサンダルやヒール履きのお嬢様がやってきて
下目使いの目線でみおろすがおかまいなくジョーっと用をたされる。
あと奇麗にしてちょうだい。といわれ尿をながさずに立ち去る。
高齢の男清掃夫は便器に顔をつっこみ黄色く溜まったお嬢様からの液体
に舌をのばして飲むっていうのはどう?

【上記レスを受けて】

 ここは日本有数のお嬢様女子大のトイレ。
今日も高齢の男清掃夫が、膝と手をついて便器や床を磨きあげている。
 四十余年勤めてきた会社が倒産し職を失ってしまったこの男が、ようやく半月前に見つけた求人がこの清掃夫であった。

 カツカツカツ。背後に響くヒールの音。一人のお嬢様がやってきて、男が清掃している個室に入る。
 ハッ! 慌てて飛び退き、お嬢様に場所を譲る男。

 だがお嬢様はそんな男には一瞥も呉れず、スカートをたくし上げパンストとパンティを引き下ろす。
 高級そうなシルクのパンティ、かつて男が身につけていたスーツ一式の10倍程の値段であろうか。いや、パンスト一枚ですら男のスーツなどより、よっぽど高価なのではなかろうか。

 そしてお嬢様は、男が磨いていた和式便器の上にしゃがんだ。

 ジョーッ、ジョー.... お嬢様の排尿は続く。
よっぽど溜まっていたのだろう。その間男の清掃作業は中断である。
 長い長い排尿が終わり、衣服を整えたときにお嬢様は、初めて男の方を見遣る。下目使いの目線で男を見下したお嬢様は、尿を流さずに立ち去った。

 やはり....
お嬢様の目線が意味するところを知っていた高齢の男清掃夫は、便器に顔を突っ込む。
 眼下には、黄色く溜まったお嬢様からの液体。ふーんと漂うアンモニア臭。ここで男の動作が一瞬止まった。
 清掃中の個室を選んでお嬢様が入ってきた時点で覚悟していたとはいっても、流石に辛いものがある。 だが生活のためには、止める訳にはいかない。男は尿だまりに舌を伸ばし、お嬢様の廃液を飲みだした。

 ズーー、ジュ、ジュ、ジュ、ジュー
既にお嬢様の姿はない。 高齢の男清掃夫が、尿を啜る音だけがトイレに響いていた。

(次レスへ)

(前レスより)

 そして一時間後、男は最後の個室を清掃していた。これで今日の作業も終わりか、己を鼓舞しながら便器を磨く。
 ツカ、ツカ、ツカ........そこにテニスウェアのお嬢様がやってきた。

 ジャー、ジョボ、ジョボ。
男も半月を経て、漸く眼前の光景に慣れてきた。お嬢様達が気まぐれで始めたこの「お遊び」に付き合うしか、男が生計を立てる術はないのだ。
 だがこのお嬢様は、排尿が終わっても立ち上がろうとしなかった。

 プスッ、軽い破裂音に続いて、ムリムリムリムリ。お嬢様の肛門から茶褐色の固形物が現れ、直前まで男が磨いていた便器に落下する。これは、新米清掃夫であるこの男が、初めて目にする光景である。

 じゃ、後はお願いね、快活な声を発して足早に立ち去るお嬢様。
 そして高齢の男清掃夫は、お嬢様の大便がトグロを捲く便器に、顔を突っ込んだ。

 (終わり)





posted by homer_2006 | サディズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。