一刻千金

葉隠花札3月のテーマ植物は、日本を代表する花である桜、そして古来単に花と言ったら桜の花を意味する、繰り返し話してきました。

ところで、滝廉太郎の歌曲で『花』と言うのがありますよねえ。

 ♪〜 はーる〜 うらーらーの〜 すーみーだがわ〜

いやいや、『隅田川』ではありません。この歌は『花』という題です、よく間違えられるんですけどね。
ともかく、隅田川沿いの春爛漫を歌い上げた名曲で、僕大好きなんですよ。
あー、三番は宵から夜にかけて、それこそ夜桜の景になります。

 ♪〜 げに いぃーこくも せんーきんの〜

一刻千金にあたいする春の夜という訳ですねえ。
日本人の美学の共通項という感じです。

ところがところが、江戸の狂歌師・大田蜀山人は少し変わった賛美のしかたをしてますよ。
 
  一刻を 千金づつに しめあげて 六万両の 春の曙

江戸時代の一刻は2時間、その一刻の値が千金すなわち1万両というのなら、ひと晩つみあげて春の朝をむかえたときは、しめて6万両、というワケ。
いつの世にもへそ曲がりがいますよねえ、はい。

因みに一刻千金は大陸からの輸入品のようでして。
ほら、中学の授業でやったでしょう?
蘇軾の春夜です。

 春宵 一刻 直千金
 花に清香有り 月に陰有り
 歌管 楼台 声 細細
 鞦韆 院落 夜 沈沈

韻は金、陰、沈。
承句が句中対、転句結句が対句ですか。

そんなことより、
最後の二文字が(爆)

と、この言い回し、



掲示板への書き込みありがとうございました

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!


posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。