無邪気なエム心

 いや〜、いい時代になったものです。著作権とかいろいろな問題がとりざたされるインターネット業界ですが、個人的に楽しむだけならこれほど素晴らしい環境はないと思いますね。昔夢中になって見ていたアニメで、家庭用ビデオがようやく我が家にもおでましになった頃には再放送してなくて、悔しい思いをしたことがありました。今なら見ようと思えばソレなりになんとか見れるんでしょうけど、それでも、時々な〜んかね、無性についつい

見て見たくなる ヤツってありません?

 例えば こんなの とか。

 *お使いのPC環境やOSのバージョンによってはムービーが再生されないかもしれません...

 アニメやコミック作品で、こども心を刺激する要素に、

ヒロインとなるキャラクターの「女王様度」というのがあると思う。(← そんなのあるわけないでしょって (。。)☆\バキ)

 別にマゾの人でなくても、ヒーローやヒロインに対する純粋な気持ちの延長線上に、偶像崇拝的な思い入れが芽生えてもおかしくない。フェチとかコスプレなどにしても、原体験はアニメにあったという人は多いのではないだろうか。

 女性キャラや女の子が悪役をやっつけるシーンに、普通に感情移入する一方で、なんだか意味不明な、もやもやとしたときめきというものがありました。

 「キューティー・ハニー」の場合は、敵役のパンサークローが完全に女王様系キャラとして登場していた点でも画期的でした。



 ← 今でも本屋さんで入手できるのでしょうか...
Amazon にはなかったみたいですが...

 「SFコミックス」という分類もおもしろい。同じ永井豪の「あばしり一家」では「爆笑コミックス」というネーミングが使われていました。
 この頃の少年チャンピオンにはジョージ秋山の「ゴミムシくん」など、どう考えてもSMコミックスでは?と思える作品がありました。

 最近たまたまNHK-BSでやっていた ヤッターマン の特集を見たのですが、ドロンジョ様の「やっておしまいー!」というフレーズにも、潜在的にM心を刺激されていたように思います。

 「サイボーグ009」の003とか、 「ラ・セーヌの星」 のシモーヌとか、こんなかわいい女の子に虐められてみたい!という気持ちって、大切にしていきたいです。

   ( ↑ なんのこっちゃ ^^ )



 注* 確かに個人として楽しむ分には問題ありません。
が、↑のようにHPにアップロードしてしまったら、これは話が別となります

………
………


わああぁぁぁぁ!!! 秋田書店様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!





posted by homer_2006 | マゾヒズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。