恥の文化

 先日お会いした団鬼六さんと話していてつくづく思ったのは、真のSM愛好家は、やはり昨今のSMの大衆化についてはあまり好ましいとは思っていないのかなァということ。SMやフェティッシュ系のイベントなども全国的に開催されるようになり、以前とは比較にならないほどあっけらかんとしたムードになってしまった。それはそれでいいのだけれど、なんとなくブームにのっかかるように軽〜くSMのことを語ってよいのだろうか?という、ある種の違和感みたいなものがどこかにある。

 浣腸プレイというのがあります。「奇譚クラブ」的に昔からよくあるパターンは、緊縛した女性に我慢させておいて、最後の最後に「お、お願い...おトイレに行かせてちょうだい!」とかなんとか言わしめるような、そこはかとないイメージが、最近の雰囲気だと、もう開き直っちゃって「私の排泄シーンをみてちょうだ〜い!」とでも言わんばかり。

 恥じらいというか、ためらいというか、そういう美学が失われつつあるような気がします。
posted by homer_2006 | Comment(5) | マゾヒズムに花束を!
この記事へのコメント
ごめんよ。ちゃんと書こうとして調べてものしてて遅くなったわ。

書いてあること、『恥の文化』ってのとは違うだろ?
こころの中で思ってることなら、恥でもなんでもないさ。分水嶺は、それを表に出すかどうか。
隠すべきことを、外聞もなく人前に出して憚らない様になると、恥知らずの世の中ってことになるね。

『恥の文化』としてよく用いられてる用例でいくと、「ネクタイしめた大人が電車の中でマンガ本広げている日本」なんてのがあるけど。
最近、電車に乗って江戸川渡ることが多くなった私だから、見る機会も多くなった。
もっと、ひどいの言えばよ、昼飯食べる時間も惜しんでマンガ本覗き込んでるヤツ。丼飯をスプーンでかっこみながらさ。
ホント、亡国ニッポンってとこだね。

まあ、漫画本なんかの出版やってるヤツラが堂々文化人気取れるような環境がおかしいんだけどさ。
ほら、ここら見てみなよ。
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/iga/1057845797/
おそらく本当の集英社の漫画担当が書いてるんだと思う。

ねえ、無形財産権に関する知識を見て見て!
逆言やさ。あなたやどこぞの地下サイトの管理人にすれば有難い世の中だってことだよ。
なんったって、パクリなんかやりたい放題だってお墨付きだしてるんだから、日本を代表する出版が。
こんなもんだから、本気で漫画家になりたいと夢見る30過ぎ40過ぎがあと絶たないんだね。…って本気なのかなあ、、、
はてはて、狐と狸の化かしあい、誰が誰を食い物にしてるのだか?

え? 僕が書いてるのはSMの話だ、漫画のことは言うな!、だって?
じゃあ、戻すよ。

団鬼六って人が自分で言ってんじゃないの。ホント、この人や北川繚子なんて人が文化人扱い、経営者扱いされているのがおかしい。
そもそも、こういった人種が、堂々名前出せるような世の中であること自体が無恥の証拠だよ。
風俗店コンパニオンといえば聞こえがいいけど唯の商売女、『女郎様』が女王様なんて吹いてるご時世なんだもの、末世、末世。
そうそう、ラッシャー三好って人が、なにやってたか聞いたよ。

昔、銭湯の前や高速道路の脇に、マジックミラーばりの自販機があったんだって?
100円玉5ついれると、ビニ本と呼ばれていた禁制エロ本が出てきたらしいじゃないの。
ラッシャーって人は、そこらあたりに破廉恥記事書いて食いつないでたんだってね。
それが今や、、、

まあ、百歩譲って経営者と認めたとしても。
3人が3人とも文化人ではないわな。
だってそうじゃない?
不相応にも功なり名を遂げた今でさえ尚ガメつく稼ぐために、あなたみたいなパクリ野郎と組もうとするんだもの。

昔の習性ってのは抜けないんだね。
三つ子の魂百まで、あはっ!


Posted by 「このごろ都にはやるもの」風で茶化そうとも思ったけど、やっぱストレートでいくわ at 2006年07月09日 18:53
だから言わんこっちゃない。

>> マナーの悪い発言はないし、アラシさんの入り込む余地もなし。
>> 自作自演やネット2重人格みたいなことはできないシステム。全ての人が誰かの紹介で入って来る身元確実なメンバーであり、マナーの悪い人は少なく、

アータ、↓を見て、もう一度同じこと言える?


かっつさんの日記


2006年07月09日
01:02 いらっしゃいませ〜


今日バイトでした

さっき帰って来ました

バイトでのことを日記に書きます

うちのバイト先はいろいろとミラクルが起こることで有名なんですが…

今日(7/8)、PM10:00ごろ



ミイラが来店…(写真参照)



そう、あの包帯を体に巻いたミイラ…

まぁ、バイト先の近くに某K南病院という病院があるわけで(おそらくそこの患者)


ミイラ店内を散策

とりあえず、店内の有線の音量を上げて、立ち読みしているミイラをレジのかげから激写☆(写真参照)

テローン…有線の音にかき消されるシャッター音

店内には他の客2人、ミイラが1体という状況

どうやら撮影したのは気づかれていない模様

好奇心から接近することを決意

接近戦に持ち込む

と、本棚のかげからになにやら気配…




突然別のミイラがもう1体登場…(薄ピンクのTシャツ)




不意打ち…


あまりに不意打ち……


体がビクッとなりました

どうやら別行動をとっていたようだ

ビビったので、接近戦終了

ピンクTじゃないほうのミイラ(以下、ミイラ1)

ピンクTミイラ(以下、ミイラ2)

ミイラ1、依然として立ち読みを継続



立ち読ミイラ(写真参照)



およそ10分後


マンガ数冊を持ったミイラ1と文庫を持ったミイラ2がそろってレジへ

ダブルミイラはリアルで怖かったです

薬なのか知らないけど顔にもなにか白いものを塗ってました

その薬のせいか、刺激臭を観測…くせぇ…

まぁ、変なにおいしたけど、顔には出さずに笑顔の接客

マンガ+文庫 ¥800

ミイラとの遭遇 priceless☆

夜遅くに来られたのでフツーにビビりました

早くよくなって包帯が取れることを祈るばかりです

治療頑張ってくださいミイラさん





コメント コメントを書く


2006年07月09日
01:14 あき

激写したとかウケんだけど〜!!ww激写がバレなくて良かったょ★w

2006年07月09日
01:34 しげきっず

患者さんも週末は暇なんだねww

じゃあオレは水着着て胸筋を披露しに行ってあげようか?w

2006年07月09日
01:41 かっつ

>あき
有線の音量上げたおかげでバレませんでしたw
ムダにメガピクセルフォトモードで撮ってしまったよ
ミイラを100万画素で撮ってしまったよ

>衰えた胸筋
ミイラさんにはマジで度肝ぬかれましたよ
だって顔まで白いんだものw
お前水着着てきたら写メった後に警察に通報しますw

2006年07月09日
01:55 マツ

ムービーが良かった

2006年07月09日
02:17 Eき

かっつ女子便だけじゃなくて男も盗撮する趣味あるのかよーーーー。・・・・笑

2006年07月09日
07:43 かっつ

>マツ
一応、勤務中だったので写真で精一杯でした
まぁ、こんなバイト先ですw

>白澤マーシー栄樹
あいにくそういったような趣味は持ち合わせておりません
お前高校時代によく「女バスの部室盗撮した☆」って自慢してきたよね マジひくわー ww

2006年07月09日
11:26 コサ

庄屋で待ってたのにミイラに遭遇したから来れなかったのかw

2006年07月09日
11:31 かっつ

>コサ
ミイラによるダメージはかなり大きかったです
昨日はずいぶん飲んでいたそうな…w
あんまり紅しょうがとか食べさせないであげてください

2006年07月09日
14:14 あっちぃ

ミイラ2はTシャツ的にミラミイラだなw

2006年07月09日
16:18 スイマー

楽しそうなバイト先だねw

2006年07月09日
18:43 かっつ

>あっちぃ
奇跡の店「ミラターン」へようこそ

>スイマー
近くにお越しの際には是非お寄りくださいませw

2006年07月14日
21:06 クラジット。

バイオハザードみたいだー。ショットガンもたなきゃ!

2006年07月14日
21:20 かっつ

>クラジット
マジでショットガン欲しかったよw
でも、悪い人じゃないからねきっとww



かっつさんの日記


2006年07月09日
19:02 んもぅ♡こんな昼間っからぁ♡♡


またミイラさん来店(写真参照)

本日PM1:00の出来事です

昨日のミイラさん(前回の日記参照)よりも、よりリアルミイラに近い姿のミイラさんが来店しました


有線の音量アップ♪

本を積み上げシャッターポイントを構築

有線が鳴り響くなか、本の影から…テローン(シャッター音)

いい画が撮れてご満悦








ミイ来店(写真参照)








ジャンプコミックを立ち読ミイラ(写真参照)





今日のミイラさんはメガネを着用してました

いつからオレのバイト先はミイラの館になったのでしょうか

治療頑張ってくださいミイラさん





コメント コメントを書く


2006年07月09日
19:26 いそ

ピッカさもミイらっしゃいましー

まじ、なんなの?いや、まじで!!不気味イラ…

2006年07月09日
19:41 かっつ

>いっそポン
一体なんなのか全然分かりません
ホント不気味イラですよ…
なんか、ミイラを激写することが日課になってる自分がイヤです

2006年07月09日
22:27 Tommy

流行の最先端なのかもしれない…
ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

2006年07月09日
23:10 みお

写真とってんのバレたら、かっつもミイラにされちゃうぞ〜(o'∀`σ)σ

2006年07月09日
23:28 Bっち

と、盗撮!?田代勝久???w

2006年07月10日
00:10 トオル

そのうちミイラさん以外にも、幽霊さんが出てくるかもよ♪
幽霊さん激写楽しミイラ☆

2006年07月10日
01:17 かっつ

>Tommy
安心しろ、最先端ではないw

>みおちゅん
朝起きてミイラになってたらどうしよ…
体中に包帯…
吉田ミイラ久…
キャー!!!!!!!!!!!!!!!

>Bっち
まぁ、ミイラさんには無許可で撮影したので盗撮という形にはなりますねw
でも、マーシーにはならないのでご安心ください

>トオルさん
幽霊さん…出たらマジでシャレになんないですよねw
果たして幽霊さんを激写できるか…
新しい試ミイラですね☆


2006年07月10日
04:42 えら呼吸番長

特命係長だったらどうすんのさ〜(>_<)

2006年07月10日
12:33 かっつ

>ようちゃん
やべ〜w
でも、特命係長なのに昼間っからめっちゃ目立ってるよねww
どうなってんのK南病院・・・(>_<)

2006年07月10日
20:40 じゅんち

まだそこでバイトしてるんだね!

知ってるよ!K南病院の近所に住んでますから。
きっと大変なんだろうけど、彼はそれを感じさせないリラックスっぷりだねぇ。

2006年07月10日
20:48 かっつ

>じゅんち
あ、そっか!!
じゅんちの家はK南病院のすぐ裏だもんね
ええ、リラックスしまくりですよw
一緒にお茶したいくらいですよ
子供のミイラも現れますよw

2006年07月10日
23:01 リラックマ

仕事できない、勉強しにくい、家は暇だ


あ!



本屋行こうo(*´д`*)o  ってなわけですねb

2006年07月10日
23:14 かっつ

>リラックマ
まぁ、なにかしら買って行ってくれるからよしとしよう☆
ミイラバンザイ゚ヽ(*´∀`)ノ゚♪

2006年07月14日
21:04 クラジット。

ミイラとりがミイラになっちゃあかんよ!

2006年07月14日
21:21 かっつ

>クラジット
K南病院では一体どんな治療してるんでしょうかねww


Posted by 【かっつ】会員制SNS「mixi」の赤裸々な内情を広く外部に知らしめてくれた吉田勝久さんに感謝状を贈ろう!【ミイラ発言】 at 2006年08月30日 18:30
言論の暴力による少数意見排除…
「表現の自由」を「放言の自由」にはき違えた衆愚世論…

またも亡国日本を、ひしひし感じさせられる社会事象に遭遇しました。
去る9月5日に催された、石坂啓、上原公子、斎藤貴男、きくちゆみ、佐高信、西川重則、小倉利丸、内田雅敏ら十数名の拝金主義者による威嚇的プロパガンダ集会のことです。
これらの者の名は、既に広く知られわたっているところでしょう? 現社会において不相応にも多くの発言機会を有しているということです。
これに対し、者どもが徒党を組み攻撃している、表題の人物。彼の名を予め知っていた方が如何ほどいらしたことでしょう?
そうです。全くと言っていいほど発言機会に恵まれない人です。

将に弱い者いじめ…
弱きを挫き強きを助ける…
件の私刑集会に加わった石坂らの、そもそもの人間性を如実に示しているものと感じます。

元となった加藤紘一・元自民党幹事長宅の放火について述べましょう。
堀米正広さん、いや、公平のためにこの場は堀米容疑者と表記しましょうか、が犯したとされる行為は、現行法規に照らせば現住建造物放火に該当し、それは裁かれるべきであり私とて異論はありません。
但し、裁くのはあくまでも司法当局であり、その対象は違法行為に限られるはずです。
何ゆえジャーナリズム関係や著名人が勝手に、彼の人格や心中思想までをも裁こうとするのでしょう?
だから、私刑と言った。マスコミにおける圧倒的優位を嵩に、傷つき収監された堀米さんに追い討ちをかける…
これこそが暴力なのでないでしょうか?

そして石坂ら売国奴が錦の御旗に掲げているのが憲法の言論の自由。これが全くの出鱈目であるという点が肝要です。
言論の自由…
敢えて、ここで振り返るまでもありますまい。
旧憲法の反省から、国家等の権力が言論封殺を行わないよう新憲法において設けられた制度です。

然るに件の事件はといえば、元発言者が権力の中枢に近い人物…
そもそも、これをどうやって封殺しようというのですか?
国家権力に加え尚いっそうの保護を与えなければならないほど弱いものなのですか?
あべこべもいいとこです。

勿論、近隣住民の生命や財産に被害を及ぼす恐れのある現住建造物放火は憎むべき犯罪です。
しかし一介の名もなき者が、言論の暴力により完全支配された現在日本の巨大権力に物申すために、他にどんな手があるというのですか?
堀米正広さんは、事後に割腹して潔く果てようとしました。
死を賭して権力者に意見した…

これぞ、尽忠報国の士!
この心意気は讃えられてよいでしょう、例え間違っていたとしても、断じて抹殺すべきものではありません。
さもなければ、権力に物言う者などなくなってしまいます。

そう。
冒頭・石坂啓らのような権力に媚を売り自らに齎した現状地位を、手段を選ばず保全しようと目論む輩だけが、社会の中枢に座り続けることになります。
尽忠報国の士・堀米正広さんを犬死させてはなりません。

最後に、本稿で糾弾した国賊ども流の「言論の自由」語義を掲げておきましょう。

【「言論の自由」とは】

@ 別項「言論の暴力」により生計を立てる者が、恒常反復的に暴力を振るい続けた相手からごくまれに反撃された時、それを駆逐すべく声高に唱える題目
A 日刊新聞定期購読料値上げの際の口上



(平成18年、重陽の節句に)
Posted by 尽忠報国の士・堀米正広さんを犬死させてはなりません (はき違えられた「言論の自由」に一石を投じます より) at 2006年09月17日 12:56
さてさて、その後貴兄のmixiアカウントは如何あいなりました?
つーことで、本文に先立って、少々説明文なぞを加えさせていただきます。
というのも、222稿を書いた後に、☆ムラ☆こと村岡万由子氏のmixi日記なぞを読む機会に恵まれましたもので。

…やっぱり、この人おかしいですよ。
先ずは、プロフィールの

>でも洗車してあげたことはこの2年間で3回だけ・・・今も頭のてっぺんに鳥の糞をのっけて快走してます。

ね。
やってることもさることながら、「鳥の糞」なんて言葉が出てくるあたりからしてねえ。
はい、わざとガラを悪くして実像とは別の人格を演じてるというわけでもなく、一箇所だけ汚い言葉が出てくるあたりに、人格の不安定さを垣間見ますよ。

それから、直前の07月24日の日記。
研究室のPCから云々なんて、完全に学生気分、いや正確に言えば書生ッぽ根性が抜けてないって感じで。
いいのかなあ、これだけ職務の秘密書いて、というような内容も内容だし。
例のほら、マクドナルド本厚木店や新星堂小田原ダイナシティの店員と、ご同類ですよ。年齢や教育程度考えれば、これは許されないことですね。

まあ、一部に自殺云々の風説も流れているけど、可能性というならねえ。
親の手前表向きは神妙にしてるものの、その実内心は「やた〜! あたし、こんなに有名になったよ〜♪」って嬉々としてる、という可能性のほうがはるかに高いと思う。
うん、だから「恥の文化」なんですよ。
日本人が持ち合わせている恥の概念の欠片でも彼女が持ち合わせてたのなら、こんな大事は起こさなかった筈。そういった意味で、いっそのこと自殺でも考えるくらいならどれだけよかったことか。

本人曰くの天真爛漫、言い換えればがさつ者。
そうねえ、
職場でストッキング(パンスト)が伝線しているのを見つけ、「やだ〜」と素っ頓狂な声と共にその場で無造作に脱ぎ捨て、手元の事務用くず入れにポイと放り込むような人。
こんな感じかな。

てな具合に、親元はなれた直後に整形手術してご自慢の大きな目を作った「☆ムラ☆」のことばかりおかしいって言ったけど、もしもよ。
mixi全体並べて、こんなものだってことならば。
mixiってのは本当に因果なもの、株式会社ミクシィってところは本当に背筋が寒くなるような会社。
いやいや、ホント、近づかないでよかったと思います。

さあさあ、お待たせしました。
サディズムに花束を! 、第222稿の始まり、始まり〜


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


本 サディズムに花束を! は2006年08月28日・第221稿をもって最終稿とした。
となれば、本稿は存在し得ない建前となるのだが。
うーん、例えば歌劇の世界だ。完全に幕が下りた後に、出演者が次々と幕間から現れ出で観衆に挨拶をするであろう?
カーテンコール… 
各位には、打ち止め後も従前と殆ど変わらぬご訪問を頂いている、本ブログもそれに倣いたい。

というよりはである。
ぜひとも書きたいトピックスがあったので起稿に至ったというのが正直なところだ。

表題の女性…
村岡万由子でピンとこないのなら、『ケツ毛バーガー』と申し上げよう。
それでもピンとこないのなら、ネット検索あたりでお調べ願いたい。
しこうすれば十分お分かり頂けるように、起稿時においてはすっかり時の人となっているといったところだ。
そして、落語の三題噺よろしく、往時に論じ続けたトピックスが、有機的に結合した形で登場する件の騒動である。

株式会社ミクシィのことには、ここでは触れまい。
本件事象に関し、かの会社が糾弾されるべきがあるとしたなら、件のカップルとは完全に切り離した形でせねば、論旨をはずしたものとなってしまうように感じる。
そして、今使ったカップルという言葉の片割れ、白鯛素久なる男性だ。
掲示板サイト等における評価は、少なくても主犯は彼としている。村岡はその(一方的)被害者と位置づける評価も少なからず。
果たして、そうであろうか?

うん。確かに社会的見地から切り込めば、そのとおりだ。
勤務する三洋電機の業務情報も、恋人と目される村岡万由子の恥部写真も味噌糞に私物PC内に放り込んだ挙句、怠慢にも絶対に漏らしてはならないその情報を流出させたのは、偏に白鯛の責だ。
当然、社会的制裁はある。25年かけて築き上げてきた地位を瞬時にして灰燼にきさしめた。
成行きによっては、これだけでは済むまい。損害賠償等々、しかるべき法的手続きを採られるやもしれぬ。
これも偏に、白鯛素久なる者の社会成熟度が著しく低いがためである。

だが、それまでだ。
白鯛の心理態度には、特段の異常性は見出せない。
これに対して、ケツ毛バーガー・村岡は?
ということで、論者には被害者には見えず、である。故にヒロインの座に据えた。

一言でくくってしまうのならば、幾度となく論題とした露出症者だ。
時間が空いていること故に、お決まりの注意書きを申し添えるのなら、「人間誰しも大なれ小なれ持ち合わせている露出癖が(村岡万由子の場合は)社会適合許容範囲を超えてしまった」という意味で言っている。
適合できる範囲での露出癖とは何ぞや? の問いの答えならば簡単、彼女が事前にやっていたmixiへの住所実名履歴等一切の暴露が好例となろう。
繰り返したとおり論者あたりの感覚ならば、こんな真似をすることは考えも及ばない。
ことさら勝ち誇るつもりはないが、それが今回の恥部写真ネット流出禍の布石となった。

ここで言わなければならないのは、論者は、白鯛に恥部を撮らせた村岡の心理態度が異常であると言っているのではない、ということだ、お読み違いのなきよう。
うん、性愛心理とは、げにも奇怪なものだ。
こうした行為もまた、互いの愛情を深めることにもなろう。サディズム〜などというタイトルを付けているブログだ、理解は示す。

だが、いや、だからこそだ。
これは、二人だけの秘密にすべきことなのではなかろうか?

テレビドラマでも映画でもなんでもよい。
似たようなシーンに出くわすことはあろうが。
こうだ。

二人の愛の営みの写真を肩寄せ合いながら見つめる恋人たち…
やがて、男が先ずネガに、そしてポジに火をつけて燃やす…
灰皿の炎を見つめながら、笑い転げる二人…
程なく火は消え、二人はしかと抱擁しあう…

或いは、取っておきたいのなら、2個・2重の鍵をかけたタイムカプセルに入れる、これでもよいのだが。
ともかく、このような二人だけの愛の思い出、というような秘めるべき性質のものを『物』としてを残さした村岡万由子は、尋常ではないレベルの露出症だと思料する。
うん、男とは幼稚なものだ。下世話な言い方するならば、自分の女を他人に見せびらかしたがるのが、その常。
そして、その男にストップをかけるのが女の役目だ。性差に起因する恋愛における男女の役割分担といえよう。2重の鍵と言ったのはそこだ。

しかるに、万由子は…
同性として言わせるなら、少なくとも彼女の情緒には寒いものを感じる。秘匿本能が働いていないというあれだ。

ましてや村岡は、心理学のスペシャリスト・エクスパートとして、非常勤ながらも徳島県警においてその種の公僕を務めているとか。
青少年指導の任にあたるか?
青少年の人格形成の為に尽力すべき彼女が、"人格のない部分"の育成に多大なる実績をあげたとは恐れ入る。
ん? 伊藤博文曰く「(男の)下半身には人格はない」

…酷であるか? しかし、社会人の評価は結果のみによってされるものである。
一体、万由子女史はどのような、心理学を修めたのであろうか?
いや、論者は、
自己の内面を的確に分析し節制することに結びつけることが出来ずして、先ず隗より始めずして、何のための心理学、何のための学問か?
と言っている。格言に曰くである。

更に話を広げるなら、彼女に学問の手ほどきをした、大阪府立三国丘高校、大阪市立大学、鳴門教育大学大学院にも、一言向けたい。
貴校の教育は、mixiなどというヤクザなもののセールストークを鵜呑みにし、未知の不特定多数に全ての自分を曝け出すような思慮分別のないインテリ女性を育てましたよ、と。
おっと、一番肝心な一人が漏れているではないか! 上記一言を5倍、いや5乗くらいに増幅して向けなければならないのが、大阪電通大教授の村岡弘一なる人物であった。

先ほども、掲示板群サイトに、「紺屋の白袴、医者の不養生の典型」と書き込んできた論者…
その論者の口癖である「笑えない笑い話」が、またひとつ歴史に記録された。

とまあ、このような内容になった『カーテンコール』に、ネット巷間はいかなる審判を下すか?
念のために断っておくが本稿は、万人が通常の方法で入手できるところの情報に基づいた歴史人物評である。
果たしてネットとは、最終稿で結んだ如く、評論には適さないメディアであるのか? はたまた?


Posted by 村岡万由子 − 恥部写真をネットに流出させしめた心理学エクスパート at 2006年10月13日 06:51
> http://namioharukawa.blog42.fc2.com/blog-entry-42.html

> いったいこの状況はどうなっているのか?
> トイレで顔面騎乗している、または人間便器にされている図ではあるが、タバコを差し出しているおっさんの存在が意味不明だ。
> 掲載されたメディアがあればわかるのかもしれないが、それにしても不自然な構図。

「ストーリーが読めない!」って、こんな分かりやすい構図が…
アンタ、バカ?!

男の首に犬の首輪がつけられているところを見てみなさいよ。
女の奴隷ってこと。
ああ、アンタたちみたいな知ったかぶりマゾ騙りには、まわりっくどく説明してやんないとなんないんだね。

奴隷契約書とやらで、首輪男と入れ墨女が対等の立場で結んだところの契約に基づくとこの奴隷でないよ。
歴史上各地に存在していた本当の意味での奴隷、口をきく道具ってことね。
だから首輪つけられてる野郎は、女が尿意を催し且つ気まぐれで人体に注ぎ込んでやろうと思いついたら、否応なしにこんな目に合わされるってこと。
ああ、顔面騎乗なんて2択選択肢が出てくるあたりが、サービス業コンパニオンに金を払ってしてもらうSMプレーしか頭にない証拠ね。

それから、この女だよ。
どんな女? 簡単。
ヤクザの情婦。
ふふん、入れ墨なんか入れてんのはねえ。
堅気の女が、こんな真似するわけがないよ、ねえ?
いい加減、世間は見たのかしら? 現実日本では、そーゆーことなの。

ここまで言ってやれば、いかなアンタだって「タバコを差し出しているおっさんの存在」は判ったろ?
女の囲い主であるヤクザ。
「おお、おめー、糞もするんだろ? タバコでも呑みながらじっくりやれ」
ま、こんなとこでせう。

それにつけでもあんだよ。
メディアツールの進化は創作をして、伝え手側からの一方的なお仕着せ作品量産の方向に走らせ、受け手の鑑賞眼は一向に鍛えられることがない…
佐渡花の『阿部進』稿で書いたとおりだね。

どっちもこっちも、あはっ!

Posted by ガイナックス前取締役・赤井孝美は「文化カタりの文化知らず」番頭グループ広報担当大幹部Homerことatは「春川ナミオカタりの春川ナミオ知らず」 at 2007年05月05日 00:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。