阿部進 − カバゴン vs ママゴン 二大怪獣激闘に考察する漫画文化論

63cc3467.jpg女性の持つ攻撃性を母親の支配欲に投影し、教育ママについて論じた前稿である。
ブログ趣旨とは離れつつあるも、続けることとしよう。

そもそも教育ママなる言葉は、戦後日本の産物であろう。
下敷きとすれば、進駐軍の持ち込んだデモクラシー。
これが日本固有の精神主義と結びつき、「人間は誰しも平等に機会を有する、だから刻苦勉励すべし」
という思想となる。
事実これをスローガンに日本は奇跡的な復興を遂げた。
そして「もはや戦後ではない」とまで言われるようにまでなると、余裕が出来、虚栄心が目覚める。
前稿ヒロインと全く同じ心理で生まれてきたのが、教育ママなる人種と言えよう。

噛ませ犬と言ったら語弊があるかもしれないが、かかる(学校)教育法に一石を投ずる、という持論を引っさげメディアに現れいでたる教育評論家が、本稿の阿部進、愛称カバゴンである。
昭和40年前後であろうか? はからずも世は怪獣ブーム、それに擬えた副題のごとき形容がされた。
で、彼の業績のうち本ブログとしてスポットライトをあてるのは、漫画普及の功績である。
人は(漫画普及の)功労者として、ときわ荘の漫画家たちを思い浮かべる。が、教育畑の人間の推挙なくしては文化として市民権を得るまでには至らなかったと思料する。

「漫画なんか読んでないで勉強しなさい!」
教育ママの常套句以前にである。
未だ父親の地位が健在であるころは、先ず男親からゲンコを食った。
であるからして、子供たちは隠れて漫画を読んでいたものだ。(見て見ぬふりはあるにせよ)
それが、教育者のお墨付きの下、堂々読めるようになったのである。
ある意味、文化革命と言っても過言ではない。

ないのであるが… と続けるのが論者の常套、本稿も同じくである。
先に出してしまえば、今となってみれば、やはり漫画とは隠れて読むべき性質のものであった、というのが論者の結論だ。
何事にあれ、一旦権威権力を有してしまったものは必ず堕落する。
実のところ、これは昨日某所できつめのコメントをしたこと(の続編)なのであるが…

某所で糾弾したのは、大手出版漫画担当の特権意識である。集英社…
集英社といえば、何回か俎上にあげている弓月光や一条ゆかり、土田よしこらが執筆していた『りぼん』を抱える、少女マンガ名門中の名門だった。
それが、今の現場の面々の鼻持ちならない言動は!
将に水滸伝の舞台となる中国宋代の腐敗役人そのものにも似る。
断っておくが論者は、掲示板サイトの情報を鵜呑みにして批判をしているのではない。
全て検証済みの情報にて発言していることを付け加えておこう。

そういった感情を全て別にしても、漫画というのは褒められた媒体ではないと思える。
詩・小説、絵画…
文中絵あり、絵中文あり…
文字なら文字、絵なら絵で表現するべきなところを、両方使うのは反則にして掟破りと考えるのだ。
それでいて、俳画のように相乗効果めいたものは特に感じられない。

ここで注しておくべきか。
論者の頭にある漫画とは、原点であるポンチ絵、一枚もの漫画ではない。ストーリーものといわれる冗長なやつだ。
現代漫画の主流である劇画、漫画なのに笑えもしないあれは一体何なのか!?
一口で言えば、物心両面での無駄遣いといえる。

具体的に言おう。
横山三国志、実に六十余巻。
文庫本にすればたったの8冊の吉川英治三国志がここまで膨れ上がってしまった。(それも割愛箇所多々)
逆のケースをあげれば、手塚治虫『火の鳥』のノベライズがあろう。
失礼ながら大したことのない物書きの人たちが、手塚ライフワークと言われる漫画をうまく文章にまとめてくれている。
これが力ある作家ならば、作者意図を一冊にまとめあげてくれるかもしれない。
世界的な画家なら一枚の絵にも…
いずれにせよ、シリアスな場面でひょうたんづきが降って来るとか、「川上タケルの巨人クマソ」とかいうような直ぐに陳腐化するギャグだとか、頼朝義経兄弟に電話会話させて笑いをとりにいくだとかいったの演出をせずとも、意図は伝わるのである。

冗長メディアとでも表現したらよいであろうか? こうした漫画の宿命たる『両面無駄遣い』のために、伝え手の表現力は伸びない。
そして、受け手の鑑賞力はいつまでたっても鍛えられないのである。お仕着せメディアの代表例。
言ってみれば漫画風情が大ヅラをこくことにより、いつまでもいつまでも離乳食ばかりで通常の食物を摂取できない成人のごとき人間を育ててしまうのだ。

恥の文化… 「ネクタイしめた大人が電車の中でマンガ本広げている日本」

さて、江川ヤプーと呼ばれる、家畜人ヤプーの漫画化が継続している。
一体あれは何巻までいくことやら?


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------



      【資料】

 以下のプロセスを経て7/10夕刻、本文が投稿されたものと思われます。


T.2006年07月06日 恥の文化

 先日お会いした団鬼六さんと話していてつくづく思ったのは、真のSM愛好家は、やはり昨今のSMの大衆化についてはあまり好ましいとは思っていないのかなァということ。SMやフェティッシュ系のイベントなども全国的に開催されるようになり、以前とは比較にならないほどあっけらかんとしたムードになってしまった。それはそれでいいのだけれど、なんとなくブームにのっかかるように軽〜くSMのことを語ってよいのだろうか?という、ある種の違和感みたいなものがどこかにある。

 浣腸プレイというのがあります。「奇譚クラブ」的に昔からよくあるパターンは、緊縛した女性に我慢させておいて、最後の最後に「お、お願い...おトイレに行かせてちょうだい!」とかなんとか言わしめるような、そこはかとないイメージが、最近の雰囲気だと、もう開き直っちゃって「私の排泄シーンをみてちょうだ〜い!」とでも言わんばかり。

 恥じらいというか、ためらいというか、そういう美学が失われつつあるような気がします。



U.この記事へのコメント

ごめんよ。ちゃんと書こうとして調べてものしてて遅くなったわ。

書いてあること、『恥の文化』ってのとは違うだろ?
こころの中で思ってることなら、恥でもなんでもないさ。分水嶺は、それを表に出すかどうか。
隠すべきことを、外聞もなく人前に出して憚らない様になると、恥知らずの世の中ってことになるね。

『恥の文化』としてよく用いられてる用例でいくと、「ネクタイしめた大人が電車の中でマンガ本広げている日本」なんてのがあるけど。
最近、電車に乗って江戸川渡ることが多くなった私だから、見る機会も多くなった。
もっと、ひどいの言えばよ、昼飯食べる時間も惜しんでマンガ本覗き込んでるヤツ。丼飯をスプーンでかっこみながらさ。
ホント、亡国ニッポンってとこだね。

まあ、漫画本なんかの出版やってるヤツラが堂々文化人気取れるような環境がおかしいんだけどさ。
ほら、ここら見てみなよ。
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/iga/1057845797/
おそらく本当の集英社の漫画担当がかいてるんだと思う。

ねえ、著作物に関する知識を見て見て!
逆言やさ。あなたやどこぞの地下サイトの管理人にすれば有難い世の中だってことだよ。
なんったって、パクリなんかやりたい放題だってお墨付きだしてるんだから、日本を代表する出版が。
こんなもんだから、本気で漫画家になりたいと夢見る30過ぎ40過ぎがあと絶たないんだね。…って本気なのかなあ、、、
はてはて、狐と狸の化かしあい、誰が誰を食い物にしてるのだか?

え? 僕が書いてるのはSMの話だ、漫画のことは言うな!、だって?
じゃあ、戻すよ。

団鬼六って人が自分で言ってんじゃないの。ホント、この人や北川繚子なんて人が文化人扱い、経営者扱いされているのがおかしい。
そもそも、こういった人種が、堂々名前出せるような世の中であること自体が無恥の証拠だよ。
風俗店コンパニオンといえば聞こえがいいけど唯の商売女、『女郎様』が女王様なんて吹いてるご時世なんだもの、末世、末世。
そうそう、ラッシャー三好って人が、なにやってたか聞いたよ。

昔、銭湯の前や高速道路の脇に、マジックミラーばりの自販機があったんだって?
100円玉5ついれると、ビニ本と呼ばれていた禁制エロ本が出てきたらしいじゃないの。
ラッシャーって人は、そこらあたりに破廉恥記事書いて食いつないでたんだってね。
それが今や、、、

まあ、百歩譲って経営者と認めたとしても。
3人が3人とも文化人ではないわな。
だってそうじゃない?
不相応にも功なり名を遂げた今でさえ尚ガメつく稼ぐために、あなたみたいなパクリ野郎と組もうとするんだもの。

昔の習性ってのは抜けないんだね。
三つ子の魂百まで、あはっ!

Posted by 「このごろ都にはやるもの」風で茶化そうとも思ったけど、やっぱストレートでいくわ at 2006年07月09日 18:53




V.毛を吹いて傷を求む〜集英社社員教育度を示す匿名投稿

1 :名無しさん名無しさん :03/07/10 23:03
俺は見てるだけだから後はよろしく 


364 :名無しさん名無しさん :2005/12/14(水) 12:28:40
集英社ってのは通報窓口置いてないの?
http://homer.blog33.fc2.com
この大胆不敵な、パクリ常習ブログを通報してやりたいんだが。
http://homer.blog33.fc2.com/blog-entry-51.html
http://blog33.fc2.com/h/homer/file/Reira.jpg
http://blog33.fc2.com/h/homer/file/Reira_1.jpg
http://blog33.fc2.com/h/homer/file/Reira_2.jpg
http://blog33.fc2.com/h/homer/file/Reira_3.jpg
http://blog33.fc2.com/h/homer/file/Reira_4.jpg


365 :名無しさん名無しさん :2005/12/14(水) 14:21:49
趣味のblogぐらいで動かないと思うよ。

そんなものにイチイチ騒いでいたら、同人誌活動も弾圧しないとならなくなるじゃん。
それともファン活動の弾圧でも望んでいるの?

漫画のキャラを流用した同人誌は法律的には真っ黒の違法品なのに、ファンとの対決をさけたくて、出版社は気付かないフリしていているだけだからな。

どっかの反日新聞みたいに騒いでいると、ネットを通じたファン活動を問題にせざるえなくなるよ。

それでも良くて、信念に基づいて行動してるなら、氏名をきちんと明かして、雑誌の裏に書いてある連絡先に電話してごらん。
ネチズンみたいに匿名の通報はキモいからやめろよ。


366 :↑ なにいってんだ、お前。:2005/12/14(水) 14:56:12
ぐだぐた並べてくれちゃってさ。
あー、つまりは集英社って会社は、本音と建前を使い分けているって訳だな。
なんだ、社員か?
そんだけ立派な信念があるんだったら、お前の方こそが所属と実名明かしたらどうなんだね、え?


367 :365 ◆GoeOVpCJlw :2005/12/14(水) 15:01:14
トリップつけてやるよ。
反論があるなら、そっちもハンドルぐらいつけな。
利害のない会社のために、何でこっちが電話代使わなければならないんだ?
参考までに、雑誌なんかみたこともねえや、こっちは。


368 :名無しさん名無しさん :2005/12/14(水) 15:29:45
上は364の間違いだな。
>>365
趣味のBlogじゃないよ。
老舗SMビデオの広報みたいなとこだ。
大販拡イベントに参加したと書かれてるじゃんよ。
それから、『同人誌活動』が真っ黒ってのは誤ってる。


369 :名無しさん名無しさん :2005/12/14(水) 16:22:41
〉365
キモいからヤダ
昼間からSMビデオサイトを見てる人と関わりたくないよ。

素直な気持ちなんだ。
ごめんなさい。


370 :365 ◇GoeOVpCJlw:2005/12/14(水) 16:28:32
>>365
キモいからヤダ
堂々とSMビデオサイトに記事転用されてる出版社と関わりたくないよ。

素直な気持ちなんだ。
ごめんなさい。


371 :名無しさん名無しさん :2005/12/14(水) 16:34:21
http://www.kitagawa-shop.com/k-ryoko/files/newevent6.html
http://www.kitagawa-shop.com/k-ryoko/files/frame_home.html


372 :名無しさん名無しさん :2005/12/14(水) 16:39:32
>http://homer.blog33.fc2.com/
>
>Powered By FC2ブログ. copyright c 2005 マゾヒズムに花束を!別館(過去ログ) all rights reserved.

集英社承認済?


373 :364 ◆GoeOVpCJlw :2005/12/14(水) 17:09:23
>>368
指摘多謝

>>369
キモいからヤダ
昼間からSMマンガを編集してる会社には名前教えたくないよ。

素直な気持ちなんだ。
ごめんなさい。


374 :名無しさん名無しさん :2005/12/16(金) 03:26:19
漫画のキャラを使用した同人誌が違法と呼ばれているのが間違っていると言っていっているのならば、
黙認と合法と勘違いしてるだけだから簡単な法律入門書で勉強してごらん。

勉強が面倒臭いなら、ミッキーマウスの同人誌や、ドナルドダッグのバッジを作ってごらんよ。
虎ノ門あたりから弁護士の先生がやってきてマンツーマンで丁寧に教えてくれるよ。
来ないときは知らないだけなので、連絡してみるとよい。


375 :↑ 言ってもないことに自問自答 :2005/12/16(金) 08:09:41
>>374
コワいからヤダ
悪口言っただけで刃傷沙汰を起こす連中の存在など意識に入れたくないよ。

素直な気持ちなんだ。
ごめんなさい。


376 : ◆GoeOVpCJlw :2005/12/16(金) 08:30:13
と、ちゃちゃ入れたとこで、敢てマジレスしてやるよ。
今度は商標権を持ち出したか?
当たり前じゃねえか、そんな強い権利を侵害したら大事になるわ。
世の同人ってのは全てが全て、そんな大胆な真似をしてるのかね?

乗りかかった船だから、もうひとつ無料で教えてやるよ。
著作権主張イコール転用転載禁止ではない。よくごっちゃにされるんだけどな。
さらに言えば、二次創作を積極的にやってくれと言ってる版権元も少なくないわ。
例えば葉鍵ってのは知ってるだろ? ここなんかはそんな感じのようだか。
同人に関することは君の方が詳しく知ってると思うから、事例研究は任せるよ。


377 : ◆GoeOVpCJlw :2005/12/16(金) 08:36:41
ごっちゃになっちまった話を元に戻せば。
明確に無断転用を禁じている集英社からみの著作物が、

http://homer.blog33.fc2.com/blog-entry-51.html
http://blog33.fc2.com/h/homer/file/Reira.jpg
http://blog33.fc2.com/h/homer/file/Reira_1.jpg
http://blog33.fc2.com/h/homer/file/Reira_2.jpg
http://blog33.fc2.com/h/homer/file/Reira_3.jpg
http://blog33.fc2.com/h/homer/file/Reira_4.jpg

ここにあるってことなんだ。
可能性は2つしかない。
許可されてるか違法か、どっちね。

http://homer.blog33.fc2.com
の管理人は、方々でパクリやっちゃ突き上げくってる、そのことを教えてあげたいんだがな。

こうしてるうちにも、また娘さんの川柳をSM宣伝記事に無断転載して迷惑かけてるよ。


378 :名無しさん名無しさん :2005/12/16(金) 09:50:26
頭冷やしてきなよ。
ヒステリー起こして喧嘩うるのは勝手だけど、著作で飯食ってる社会人に著作権や商標権の議論挑むのはやめてくれ。
その理論は根本から間違えているけど、基本が判ってない人と議論しても、九九から教えないとならないから疲れるんだよ。
図書館に行ってきて著作権と判例についての本を読んで勉強してくれよ。

それと君の話題はスレ違いだから余所でやってくれよ。

= 終 了 =



379 :名無しさん名無しさん :2005/12/16(金) 09:55:23
すずらん通りにバーミヤンが出来てた!



380 :名無しさん名無しさん :2005/12/16(金) 09:56:39
↑自己批判


381 :名無しさん名無しさん :2005/12/16(金) 10:03:02
自己批判って(笑)
いやまて!
バーミヤンは美味いとはいわんが、近所にファミレスが出来たのは貴重だぞ!

ジョナサン無くなったし…。
関係ないがジョナサン跡地のコンビニの奥に広い卓球場あるよ。
謎だ…。


382 :一行ズレ :2005/12/16(金) 10:14:12
http://homer.blog33.fc2.com/blog-entry-51.html

麗羅(レイラ)/三山のぼる

初のSM業界コミックの連載

 SMクラブの女王様が主人公というのは、大手の一般コミック誌ではやはりまだ珍しかった。すでに小学館のスピリッツから「Beehive 蜜蜂の巣」という作品が出ていたのだが、連載は半年で終了している。(単行本は現在絶版)

 「麗羅」は最初は単発の読み切りとして2000年10月に発表され、その後3年にわたって連載が続き、単行本が昨年秋に第7巻で完結した異例のロングシリーズである。
 (2005年6月現在まだ入手可能)
 
 男のマゾ心理を適確にとらえた山田ゴメスの原案と三山のぼるのソフトな画風はよくマッチしながら、従来的には暗く陰湿になりがちだった世界が爽やかに表現されていた。
 おそらくは北川プロがモデルではないかと推察される団体も登場し、実在しそうなキャラクターがコミカルかつリアルに描かれ、SMをテーマにここまでエンタテイメント作品に仕上げた手腕は素晴らしい。
これはSM業界版の「美味しんぼ」であり「課長島耕作」であり「山口六平太」となり、幅広い層からの支持を得た。

 下に紹介するのは増刊号 (2002年1月1日)の番外編。なんと巻頭カラーであった。読者の視線は下から見上げる奴隷アングルと同化し、まるで自分が調教されているかのような気にさせるコマづくりは見事。
しかし暗示的とはいえM男の射精をイメージさせる場面は、やはり一般誌としてはキワドいところだったと思う。
こうした内容がマニア向けではなく一般作品として登場したことに戸惑いを感じつつも、フェムドム・カルチャーの広がりを期待してしまった。


クリックすると画像が大きくなります
麗羅(レイラ)/三山のぼる(集英社・ビジネスジャンプ)



383 :名無しさん名無しさん :2005/12/16(金) 10:24:10
アラシばかりだなぁ
やっぱり漫画板にスレッドを立てるのが間違いなんだな。

別板にスレッド建てるべきではないかな?>スレ主

マスコミ板か会社系板どうよ?



384 :名無しさん名無しさん :2005/12/16(金) 10:32:29
>アラシばかりだなぁ

度重なるアラシ、誹謗中傷により

一時サイトを閉鎖します。

なお、私の川柳を縁も所縁も無い

性風俗と関連付けて無断転載

しまくった方!

必ず見つけ出し断罪いたしますので

覚悟するように!



385 :名無しさん名無しさん :2005/12/16(金) 14:11:23
暇か!


386 :名無しさん名無しさん :2005/12/16(金) 17:49:48
>384
コピペうざい


387 :名無しさん名無しさん :2005/12/16(金) 19:03:13
>>386
文句うざい


388 :名無しさん名無しさん :2005/12/17(土) 00:17:36
>387
友達欲しいの?



389 :361:2005/12/17(土) 01:06:34
>>362
ごめん。正確にいうと出前ではない。持ち帰り。
電話して作ってもらって、取りにいかねばならない。
バイトが取りにいってたの知らずに
出前なんだと思い込んでた。すまそ。


390 :名無しさん名無しさん :2005/12/17(土) 01:14:54
集英社に限らず、大手出版社や大物作家は
著作権について本音と建前を使い分けてるよ。
よく考えると当たり前なんだが。

ずいぶん昔、評論系の同人誌に漫画のカットを
使わせてほしいと正式に要請したことがあった。
「正式にいわれると立場上断らざるを得ないから
本音でいうと、そちらが勝手に無断使用して
こちらは知らなかったことにするのが一番なんだけど、
知ってしまった以上はこちらから許可はできない」
と言われたよ。
むろんその担当は作品を好意的に取り上げている
同人にカットを使ってもらった方がいいに決まって
るってことは十分承知した上でいっていた。
(で、その同人誌は勝手にマルC入れて作って
編集部に送りつけたけどw)

パロディ作品だってむしろ歓迎するがゆえに
大目にみている作家も多い。法的にはアレだが。

著作権の扱いはまだ歴史が短くて
宣伝効果との兼ね合いをどうするかなど
まだ成熟していない段階なんだろうね。


391 :名無しさん名無しさん :2005/12/17(土) 06:17:18
同人誌の権利だけに始まらず、全体的権利の管理に曖昧なおかげで、勿体ないなぁと思う事あるよね。

あるキャクターの利用を申し出た時に、漫画家さんが原稿の引き揚げてしまったので、作品の権利を失ってしまったと聞いた時には、文章化してない作品の法的権利の曖昧さと無防備さに恐怖を覚えたよ。

しかも探して先生と連絡をとると聞いて、権利防衛をしてない事には堀江的ロマンを感じたね。

文化を守るために株式を公開していない会社が、権利という資産の点で守られてねーじゃんってね。

もし俺がヒルズのリッチマンだったら、有力先生に生々しい金額を提示して原稿引き揚げ&権利の法的所有を企んでも良いなと夢想したし、ゴニョゴニョしたら俺もヒルズ?って思ったよ。

良いキャラクターを持ちながらも干されている先生は即答でOKしてくれると思うし、買い漁れば実質な乗っ取りだと思う。つまりバンチ事件の巨大資本版もありえる話だねって。
二大出版社は他のメディアとちがって生々しい闘争を経験してないから楽勝な気がする。


399 :名無しさん名無しさん :2005/12/18(日) 09:33:03
ttp://blog.goo.ne.jp/homer_2007/e/e1a0f5771af45011f14e7daa4126115e


400 :名無しさん名無しさん :2005/12/19(月) 09:07:56
>399
2ちゃんねるの悪い利用例だな。

この件に限らず人を叩きたいなら、自分の存在を明かにしてから非難するのが正しい道だと思うのだけどね。

匿名同士の論戦であれば、お互いに回線を切れば無傷であるが、攻撃された人にとって自分だけが相手に姿を曝している恐怖感や、話し合えない不安感が理解出来ないのだろうか。
それを理解できずにイジメに走る人間を卑怯者と呼ぶのだが、正義の意味が理解出来ているのだろうか。
話し合いも無駄だろうからスルーするのに限るのだろうが残念なのでレスさせてもらったよ。

昔から卑怯な行いを利権にしてきた悪質な団体と同列にいることを理解してほしいね。
そんな君達を韓国のネチズンと一緒にしても間違いではないと思うね。


401 :http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/blog/1133788855/l50:2005/12/19(月) 13:33:54
↑ と、匿名が講釈をぶってます

402 :名無しさん名無しさん :2005/12/19(月) 14:29:28
>401
反論出来ずに助けを求めているという事は、自分の心に響く事があって動揺しているのだと思う。

その動揺する心を見つめれば自分の卑怯な行いが理解できると思うので頑張ってくれ。

文献名は忘れたが、ある心理学者が怒りとは自分のテリトリーを奪われた時に生ずる精神衝動だと述べていたが、おそらくネットにて他人を攻撃することが君にとっての心のテリトリーだったのだろう。
そのテリトリーが生まれる君は、心の攻撃を常に他人から受けているのだろう。
それが両親なのか友人なのかは判らないが、他人に助けを求める君は君の弱さが原因の一つだと思う。

そこで君に戦いかたを一つを提示しよう。
私は二度とここに来ない事で君の攻撃を全て無視しよう。
これで君の振り上げた拳は空振りに終わるわけだ。
反論のない悔しさに悶えるがいい。
これが匿名の恐ろしさだよ。
さようなら。

403 :名無しさん名無しさん :2005/12/19(月) 16:26:06
それが賢いね。

404 :名無しさん名無しさん :2005/12/19(月) 16:46:02
オマエ性格悪くて頭いいな!
テラワロス

452 :名無しさん名無しさん :2006/02/11(土) 18:51:25
集英社関係者ぶりたい奴らが語るスレ

456 :名無しさん名無しさん :2006/02/26(日) 12:34:22
確かに客相の電話をフリーダイヤルにしたところで、幾らの経費が増えるわけでもないんだよな

457 :鳥山明 :2006/02/26(日) 17:11:50
俺は正直おまえらが大嫌いだ

458 :名無しさん名無しさん :2006/02/27(月) 02:49:51
>>455
電話代が惜しいのなら歩いていって受け付けで言えば?

459 :↑ 集英社関係者ぶりたい奴らが騙るスレ :2006/02/27(月) 09:18:37
 

460 :名無しさん名無しさん :2006/02/27(月) 09:36:11
>>Q. 他者の著作物の無断転用を重ねながら、自らの記事の著作権を主張し尚且つその二次転用を禁じてる悪徳ブログがあると聞きましたが本当ですか?
>>A. はい、ここがそうです。
>> http://blog.livedoor.jp/fem_dom/
>> http://blog.goo.ne.jp/homer_2005/
>> http://ameblo.jp/femdom/
>> メインブログを削除されながら一向に行動が改まらないところをみれば、社会常識が著しく欠如した管理人が運営しているものと思われます。
>その後、他社ブログひっこぬきで御馴染みの某F社のこんなブログを見つけました。
>http://homer.blog33.fc2.com/

>Q. 創作サイトを装いながら、その実情は他者著作物の無断転用の連続。無法サイトであることをむしろ鼓舞している個人HPがあると聞きました。
>俄かには信じられません。本当なんでしょうか?
>A. はい、残念ながら本当です。
>http://uu-net.ddo.jp/
>ここがそうです。
>完全会員制をいいことに、無断転用を重ねてきたこのサイトも、悪評が立つにつれ少しは行動が改まってきました。
>しかし、いつ何時また元の木阿弥になるとも限りません。
>こうして声を高めていくことが良策と思われます。


○ 小学館 秋田書店
× 講談社 集英社


461 :名無しさん名無しさん :2006/02/27(月) 12:30:54
こんなトコ来てないでお仕事してくださいよ各担当様・・・





W.2006年07月10日 SM観の東西格差

 日本文化について「恥の文化」という表現をしたのは、「菊と刀」のルース・ベネディクトという人です。彼女は武士道など、伝統的な日本の価値観や美意識を分析・考察し、どうやら日本人は西洋人に比べて、 「恥ずかしい」という気持ちに弱いらしい、と気づいた。

 すなわち日本人にとっては正義より名誉が優先され、面子や世間体が大事なのである。

 これに対して西洋人は罪の意識に弱く、つまり神との関係性、宗教的戒律とか良心といったものを重視している。罪の文化とも言われるこれら西洋的な道徳規準はしばしば、東西文化の差異、日本人とのモラル意識の違いに反映されていると指摘されます。

 これらはそのまま東西のSM観にも反映されていそうな気がする。

 西洋のSMの王道は、「ダ・ヴィンチコード」にも出てきました鞭打ちに代表されるお仕置きです。いけないことをしたので鞭で打って下さい!

 そのようなイメージに対して日本の伝統的なSMには、お仕置きや折檻という意味あいよりも、「ハズカシメる(辱める/恥ずかしめる)」といった責めに重きが置かれていたのではないか。女性緊縛図とか伊藤晴雨責め絵などを見ていると、痛みとか苦痛よりは

 「恥ずかしい格好で縛られている姿を見られるのがイヤ〜」

 といった感じがします。まあそれほど単純に分類や比較はできないでしょうけど、ざっくばらんには言えると思う。

 何を「恥ずかしい」と感じるかにも個人差があります。人前で話すだけでもう恥ずかしいと思う人もいる一方で、電車や街中で大声で携帯電話で話して恥ずかしくない人たちもいる。恥の文化は言ってみれば人目を気にする文化であり、罪の文化は神の目を気にする。

 戦後から高度経済成長を経て、あらゆる点で西洋風に急成長してきた日本は、宗教的なことは別にしても、伝統的な恥の文化が失われつつあり、道徳観も西洋風に変化してきたように思います。

  そして、SM観も西洋風になってきたということなのでしょうか。


タグ:http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/ サディズムに花束を! サディズム 教育ママ 阿部進 カバゴン 怪獣 漫画 ときわ荘 集英社 集英社の鼻持ちならない言動 りぼん 弓月光 一条ゆかり 土田よしこ 水滸伝 三国志 横山三国志 吉川英治 手塚治虫 火の鳥 恥の文化 家畜人ヤプー 団鬼六 デモクラシー 攻撃性 ブログ 母親 非合理な母親 進駐軍 精神主義 刻苦勉励 スローガン 復興 もはや戦後ではない ヒロイン 怪獣ブーム マンガ 教育者 文化革命 ポンチ絵 川上 巨人 コミケ 江川達也 マンガ本 著作物 地下サイト 管理人 パクリ 漫画家 伊藤一蔵 UU 食い物 狐と狸の化かしあい 狐と狸 SM 北川繚子 女郎様 風俗店 コンパニオン 女郎 女王様 女王 無恥 末世 ラッシャー三好 銭湯 高速道路 マジックミラー エロ本 ビニ本 破廉恥 記事 経営者 文化人 三つ子の魂百まで このごろ都にはやるもの 奇譚クラブ フェティッシュ イベント 美学 毛を吹いて傷を求む 同人 同人誌 川柳 麗羅 レイラ 三山のぼる 山田ゴメス 北川プロ 美味しんぼ 課長島耕作 山口六平太 奴隷 M男 射精 マニア ビジネスジャンプ 著作権 小学館 秋田書店 講談社 武士道 菊と刀 ルース・ベネディクト 価値観 美意識 正義 名誉 世間体 罪の意識 ダ・ヴィンチコード 鞭打ち 宗教的 戒律 折檻 携帯電話 携帯 高度経済成長 戦後 道徳観 西洋風 SM観 韓国 カルト 朝鮮 れっど&ひひる 教祖 広告塔 チョン・ミョンソク 少女漫画家 鄭明析 摂理 東京都千代田区一ツ橋2−5−10 山下秀樹 有限会社コミケット 米沢嘉博 ラッシャーみよし カルトの巣窟・集英社漫画担当 トキワ荘 漫画的 捏造本 小畑健 藤井真也 キョウコ女王様 山崎早智子(蝶々)& 藤井真也 出版業界の恥さらし犯罪カポー 山崎早智子(蝶々) 蝶々 山崎早智子 キョウコ chochochan 株式会社集英社 gooブログ goo
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。