The Art of Sardax



 読まずに積ん「読」のも入れると、毎月平均して30冊ぐらいの書籍を購入している(漫画本含む)

 まぁ、買ってるだけできちんと読んでるとは限らないから、この程度で「趣味は読書」と書くのはおこがましいと思うけれど、本を読むのは好きです。とりあえず買っておけばいつか読むだろう、ぐらいの気分で衝動買いも多い。それにしても十年ぐらい前までは多くても、新刊本は月にせいぜい10冊ぐらいだったように思う。置く場所もないので、適当なところで見切りをつけて友人にあげたり古本屋に売り飛ばすのですが、毎年ラックや本棚を新調しております。雑誌などは捨てるけど、長い目で見ると確実に増え続け、もうマジでスペースがない!!!かなりヤバい状況です。去年 死後のコレクション問題 について書きましたが、書籍にも同じことが言える。

 ただ、ここ数年で購入数が増えた背景には、Amazonなどネット買いが増えたからです。「ネット衝動買い」が急増しました。特に本屋さんでは買いにくい本、入手しづらい洋書とかバンバン買っちゃってます。街で品切れでも、または絶版本でも、ネットだと意外と容易に手に入る。いい時代になりました。

 「読む」というより、「手もと置いて置きたい」というタイプのものがけっこうあります。そんな感じで Art of Sardax を最近入手しました。随分前に発売されていたのでご存知の方も多いでしょうが、待望のSardax氏の最新画集です。ネットではおなじみのFemdom Art が、上質の紙に印刷されているというだけで、なんだか感動してしまいます。やはり、手に取ってページをめくるのってよいものです。クリックしてモニターで見るのって、どこかバーチャルな感じがしますからね。

 ネット買いの難点は全てクレジットカード決済で、実際に自分の財布から現金を出して買うのと違い、歯止めがききにくい。海外の場合送料もバカにならず、今月は1万ぐらい買ったかな〜とか思っていると、いきなり書籍費だけで2万も3万円も引き落とされたりしてショックが大きいです。それほど読んでるわけでもないのに...

 SMクラブに1回行けたじゃん!とか思ってしまう、貧乏性なのでした。


posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。