麗羅(レイラ)/三山のぼる

麗羅
初のSM業界コミックの連載

 SMクラブの女王様が主人公というのは、大手の一般コミック誌ではやはりまだ珍しかった。すでに小学館のスピリッツから「Beehive 蜜蜂の巣」という作品が出ていたのだが、連載は半年で終了している。(単行本は現在絶版)

 「麗羅」は最初は単発の読み切りとして2000年10月に発表され、その後3年にわたって連載が続き、単行本が昨年秋に第7巻で完結した異例のロングシリーズである。
 (2005年6月現在まだ入手可能)
 
 男のマゾ心理を適確にとらえた山田ゴメスの原案と三山のぼるのソフトな画風はよくマッチしながら、従来的には暗く陰湿になりがちだった世界が爽やかに表現されていた。
 おそらくは北川プロがモデルではないかと推察される団体も登場し、実在しそうなキャラクターがコミカルかつリアルに描かれ、SMをテーマにここまでエンタテイメント作品に仕上げた手腕は素晴らしい。これはSM業界版の「美味しんぼ」であり「課長島耕作」であり「山口六平太」となり、幅広い層からの支持を得た。

 下に紹介するのは増刊号 (2002年1月1日)の番外編。なんと巻頭カラーであった。読者の視線は下から見上げる奴隷アングルと同化し、まるで自分が調教されているかのような気にさせるコマづくりは見事。しかし暗示的とはいえM男の射精をイメージさせる場面は、やはり一般誌としてはキワドいところだったと思う。こうした内容がマニア向けではなく一般作品として登場したことに戸惑いを感じつつも、フェムドム・カルチャーの広がりを期待してしまった。







1  2  3  4 


クリックすると画像が大きくなります
麗羅(レイラ)/三山のぼる(集英社・ビジネスジャンプ)




注* gooブログ無料版にこの記事を掲載した折、違反通報され閲覧停止処分を喰いました。
今は通報無視、つーか事業所所在地すら明らかにしていないFC2ブログにおいてあるのですが。
やっぱ、gooブログならば有料版にしておくべきだったんでしょうね。

それから、著作権の問題。
集英社のものなら絶対OK!
何せ、はっきり社員と判る人間が、最大の日本語掲示板サイトに書き込むという万人に知らしめるような方法で「勝手にパクれ!」と声高に宣言しているんですから。
前にgooの方にコメントしてくれた会員制サイト管理人さんも、集英社を狙い撃ちすればいいわけです。
という訳でして、いつものように、

わああぁぁぁぁ!!! 集英社漫画担当様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

で結ぶ必要は全くないのです。
相手は、『無恥の文化』の旗手ですから。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。