EKIDEN

点字松さてさて、お正月は2日、もう一ついきましょう。
1月2日から3日にかけて行われる箱根駅伝もまた、ひとつとの風物詩です。
これもまた日本発祥の、ということで英語でも駅伝になるとか。親戚一同、花札でもやりながら、横目で観戦する機会も多い僕です。

その折に出てくるのが、「任天堂大学」のギャグ。念には及ばないとは思いますが、常連校である順天堂大学のことをふざけて言ったものです。
いやいや、満更花札からの連想オンリーではなく。昔はよく、漫画にも出できましたよねえ。そのうちに任天堂が立派になってしまって、ギャグにならなくなり廃れましたが。
ほんと、京の伝統工芸の会社が、このような形になると誰が想像しましたでしょうか?
これもまた、時代の妙と言えるでしょう。

箱根駅伝の別な名物にも、伝統工芸の会社があります。小田原中継所で必ず待ち受ける。
どこかでお伝えしましたように、古代の女帝は皇后経験者。
現代日本の女社長事情とよくにてますね。

正月恒例の玉櫛笥箱根駅伝に必ず顔を見せる、蒲鉾会社の女社長も今は会長になったようで。
玉櫛笥は箱の枕詞。。。

と、この言い回し、



日本の女帝 つづき

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!


posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。