火焔山

火焔山もう一稿、8/5に投稿しましょう。
いや、実のところ本稿が真の8/5です、読めば分かるでしょうけど。

先ずは〜
今日は暑かったですねえ。
花札の8月は当時が旧暦ということもあって秋、テーマの芒も秋の季語になるのですが、実際のところは夏本番です。
植物も干上がってきちまいます。それこそ野山も坊主になっちゃうかも。

さてさて、前に8/5投稿したときも西遊記の話題でしたか。
ちょうどいい。
この気候ならば、火焔山の話がフィットします。
これ、モデルがあるんですよねえ。シルクロードは炎熱の地トルファン。
物語・西遊記では、牛魔王&羅刹女の夫婦が三蔵一行の前に立ちふさがるのですが。

暑い暑い火焔山、これを創ったのは誰だかご存知ですか?
牛魔王?
ノンノン。他ならぬ悟空なんですよ。
ほら序盤も序盤、斉天大聖・孫悟空として天上界で大暴れしていた折。
一旦捕らえられた悟空は、八卦炉なる超高温炉で焼殺の刑に処せられます。
そして、七七・四十九日の後、炉が開いた時、焼け死ぬどころが却ってパワーアップした悟空は、手始めに八卦炉を粉々に打ち壊し、前にも増して大暴れし出すことになります。
その破片の一部が地上に降ってきて、火焔山となる訳でして。

…なんか、似たような話がありますね。
奇しくもこちらも本文記事に関連ある話でして。
あ、現在のネット巷間片隅で繰り広げられている話です。
3月ほど前でしたっけ、とあるサイトが「○頭グループとされているのが不本意だから閉鎖する」と宣言して地下に潜ったのは。
そして、その『番○グループ』ですよ。
それを創ったのは他ならぬご本人なのにねえ。ほら、あの謝罪文がグループという呼称定着の切欠ですよ、あれあれ
強烈なイメージですもの、全く事情を知らない人でもこれだけは存じておりますデス。しかるに、本人には自覚なし…

と、この言い回し、



では少々転調して 昨8/4加筆部

を丸写ししました。
…マズいんでないの? 色んな意味で…さ…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!


posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。