野分

萩分今日はまた、形式的投稿日付をウリとする本ブログでは例外的となる実日付投稿をします。
但し、7/14は7/14でも旧暦の7/14です、探究心のある人は新暦に換算してみてください。

台風が発生し日本に近づいてますよねえ。
なんでも一遍に3つも発生するのは珍しいことだとか。
台風といえば、どうしても二百十日・二百二十日あたりをイメージしてしまいますが、実際は夏場、旧暦で言えば7月ごろにくることが一番多いんですよ。
いざ上陸ともなれば、花札・萩の月に描かれたような野山を吹き抜ける微風之図というわけにはいかなくなりますよねえ。
野分、野を分けてしまいます。

   鳥羽殿へ 五六騎急ぐ 野分かな (蕪村)

当に自然の力とは恐ろしいものものです。
どうか、皆様におかれましても十二分なご警戒の程を。

まー、必ずといっていいほど、嵐の中を見回りに出かけ事故にあうひとがいますが、命あってのものだねです。

「とーちゃん、家が流されてるよ!」
「そうか、では上流からもっといい家が流れてくるのを待つとしよう」

いざとなったらこの笑い話くらいに落ち着いて行動してください。

と、この言い回し、



「備えあれば憂いなし」そして、本番は「勉学楽天」

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。