霊鳥ガルーダと驕る平家

天狗さて、花札の製造元はと言えば、言わずもがなのこと任天堂。
それに続くのは天狗堂あたりでしょう。
画像に掲げたように、あの天狗からのネーミングと見えます。

天狗、うーん、天狗。
天の狗と書きますが、お犬様ではないようですねえ。
烏天狗なんてのがあるでしょうが。どちらかと言えば、お酉様です。
そう、ここで12月の光札に配置されている鳳凰と結びつくのですよ。
調べると、両者もとい両鳥はルーツが同じようなのです。

インドネシアにある伝説・霊鳥ガルーダ、ここらが原型。
それが各地に伝承し、それぞれの土地の伝説と結びつき、鳳凰なり天狗なりになったとか。
そういえば、迦楼羅(かるら)様なんてのも。ガルーダの音訳ですね。

おっと、天狗でしたね。
鼻の高いところから転じて、うぬぼれ屋のことを意味します。
鞍馬天狗に育てられた牛若丸も、やがては天狗となり身を滅ぼしました。
それ以上に顕著だったのが、先んじて牛若こと義経に滅ぼされた平家でしょう。
驕る平家は久しからず、あの急速な貴族化は注目に値します。
 
   誰が香に 思ひ移ると 忘るなよ 夜な夜ななれし 枕ばかりは (平資盛)

うん、これ完全に貴族ばりの歌ですよ。
どこをどう見ても、武家の色合いの微塵も感じられません。

史実に、物語に、散々言い尽くされてる「平家が一代限りで滅んだ」理由。
そして、勝ち組になったのは、「鎌倉引き篭もり男」の頼朝。
前にいいました。

と、この言い回し、



いや、別に某国営放送の回し者ではないのですが

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。