ジャッキー・ジョイナー・カーシー − この『史上最強の女』ならば、物騒な昨今も怖いものなし?

b68836be.jpg大阪・茨木の連続監禁事件を請けた意見投稿を見る機会があった。
現代女性はセクハラ、DV、痴漢、ストーキング、監禁、レイプ、モラス・ハラスメントの7つの敵から自衛をしなければならないとのことだ。
うん、この物騒なご時世である。女性とて護身のひとつも身に付ける必要があろう。
で、何を?

最強の格闘技は? よく話題になることだ。
その最強を習得すれば、護身とすればこれ以上のものはない。
色々な格闘技がある。修練しだいでは手が刀となるものとか。
これがいい? ダメ。
飛び道具を持ち出されたらどうする。
飛び道具を叩き落とすまでに修練する?
ダメダメ。飛び道具とて進化する…

と、回りくどかったか。
とどのつまり、逃げるに勝る護身はないのである。
(そんな理由で)世界最強の格闘技は陸上競技だった!
半ばお遊びながら、真理をついている。

さてさて続けるのなら、かかる理由から本稿主役のジャッキー・ジョイナー・カーシーこそが、格闘ファンにして強女萌え諸氏待望の『史上最強の女』であった。
日本こそ注目度が低いものの玄人からは『真の陸上チャンピオン』と目されている七種競技の女王にして、同時に単独種目である走り幅跳びに於いても勝利。
それこそ「この女、只者ではない!!!」である。
彼女ほどになれれば、もう『7つの敵』など恐れるに足りず!

…でも間違いではないのであるが、実戦においては競技のようにスタートのピストルが鳴らない。
自分で判断して号砲を打たねばならぬ。

どうやら護身のためには判断力を鍛えるのが先決、ここ数稿で論じたところだ。


posted by homer_2006 | サディズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。