ミイラ二題

さて、先日論題とした会員制SNS『mixi』で不祥事が起こった。
何でも、とある大学生が皮膚病とみられる患者を隠し撮りし、7月9日にmixi上の日記に包帯で左腕を覆った写真を掲載。「ミイラが来た」「刺激臭がする」などと書き込んだというのだ。
まあ、ひどい話だ、と言い切っていいだろう。
そして、起こるべくして起こった、という評価も。

既報のとおりmixiというのは会員制、通例ならば外部にこの件が漏れるはずはない。
直後に別の会員が掲示板サイト「2ちゃんねる」に転載したために、白日の下に晒されることとなったのだ。
勝ち誇ったような言い方で恐縮であるが、インターネットというものをマクロ的に捉えれば、非公開・会員制というのが如何に危険であるか、公開し万人の閲覧のように供することが如何に大切かということが証明されたということだ。
そう、例えば2ちゃんねるに脅迫文でも書き込んだら、たちどころに書き込み者たる実人格が御用となる。
だからこそ、歯止めが利く。誰が見ているかわからない場所にこんなことを書いたら思わぬ顰蹙を買うかもしれない、だからやめておこう、と。
言ってみれば、これが(公開掲示板である)ネット掲示板の持つ自浄作用である。

対して、会員制(訪問者を選別しているところも含んで)BBSでは当然のこと、こうした歯止めがかからない。
皆同志だ、下手なことを書いても会員が、同志が庇ってくれるだろう…
前にも言ったか?

アダルト禁止のお絵かき掲示板に男性器描写のCGを作画し板救世主を気取ったイラストレーター…
妻子の前で蹴り殺されたいとの旨の発言を続けた自称マゾ男…
現役教師だからこそできるリアルな描写をキャッチフレーズに集客をした少女に対する特異性癖テーマの同人併設サイト管理人。

彼らとて、(早い段階で)誰かにたしなめられれば、或いは失言に気づいたかもしれないのに…
甚だ口惜しいかな、たしなめる人間は『荒らし』なるものというのが、現行のネットの通例なのである。
自浄作用が働かないものだから、このようにしばしば暴走する。

株式会社ミクシィは件の会員を除名にし、以来ニュース等からmixiの名前が消えたようである。
が、断じてこれは個会員の問題ではない。会員制SNSのシステムそのものの問題だ。
気心のしれた相手しか見てない閉鎖組織…
気が緩み、不穏当な言動をしてしまうこともあろう。
論者も、これをお読みの各位も、件の岩手大学生と同じ過ちをしてしまうこともあるのだ。人間とは間違いをする動物…

まあ、会員制危うしと繰り返す次第、笠原健治氏は西村博之氏に救われた、といったところである。
少なくともこれで、「mixi会員の質は2ちゃんねる常連書き込み者よりも下」との評が正確であることがはっきりした。
違うか?
件のミイラ発言の処断をしたのは、運営会社であるミクシィでなく、2ちゃんねるであったのであるが。

この件はここらにして、もう一題のミイラの話に。
既論の岡本千鶴子だ。
本日、初公判が開かれた。起訴事実である殺人には、この際触れまい。
復習するに、ミイラ化したわが子の死体と20年以上も暮らし続けた人物、屍体愛好の典型と論じた。

そもそもミイラというのは、死者の魂は元の肉体に戻ってくると信じた古代エジプト人が、乾燥気候である利点をもって行っていた死体保存である。
この心裏にあるのは、死者に対する礼という正常心理? はたまた屍体愛好という異常心理? と問われれば。
前者であると思うのであるのだが…
じゃあ古代エジプト人のやったことと岡本千鶴子の犯行とはどう違うのか?と反論されると弱い。
別ブログでは、こう逃げた。

猿が人間に進化したわけではない。共通の祖先から、猿と人間が誕生した。
これと同じく、古代人の持っていた魂の概念という共通の祖先から、現代人の持つ魂の概念とフェチシズムという似て非なるものが生まれ出でた、

と。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【以下関連記事】

T. 先行記事


1. 岡本千鶴子関係


岡本千鶴子 − 自ら手にかけた娘を含む五遺体と同居

fe2aa1c0.JPG念のために繰り返すが、本ブログは事件報道を目的とするものではない。
少なくとも立ち上げた時点では、そのような意図はなかった。
が、蓋をあけてみると…
と断ったとおり、本稿の論材もサイト開設時には人々の知るところではなかった歴史的事実である。

奇しくも、過去稿・会田美喜の事件に極めて違い場所で起こった歴史事実、時系列的にはこちらの方が少し前になる。
事実状態が不詳であったので少し待ってみた。
にも拘らず、判ったことは副題にしたことくらい、それだけ怪奇な事例であるといえよう。

とは言うものの、本件岡本の事例は心理背景に限っては説明がつきやすい。
殺人(サディズム)と屍体フェチシズムが結びついた症状…
論じたとおり、この二つは非常に結びつきやすいのである。何となれば、屍体愛好の心裏がなければ殺人などというとてつもなく原価性に乏しい行為に及ぶわけがないのだから。

そして、彼女のそれは極めて女性的なもの、ベラ・レンツィのそれと同類であるといえよう。
溺愛する娘を手にかけたこともさることながら、実の子と推定される遺体と何十年も同居し続けたことである。
見方によれば、情が深い。
死んだ、ガスで焼いてしまう、という通例を容認できなかったとするなら、死んだ小猿をミイラなるまで抱いたままでいる母猿の行動にも似る。
更に言えば、屍体崇拝の心裏もまた万人が持つものである。特に仏教徒はそれが強い。(遺骨、遺灰、釈迦の骨である舎利など)

だが、いうまでもなく、程度の問題だ。
その基準を論者が示すことは、おこがましい限りであるので、制度面で踏み込もう。死者は墓所に葬らなければならぬと法律で決まっている。
決まっている以上は、個人的嗜好いかんに拘らず従わざるを得ないだろう。人はエテ公ではないのである。

いつまでも忘れないことも供養なら、忘れることもまた供養ではないか?
ここに『偲ぶ』という言葉がある。





2.ミクシィ関係


東京都渋谷区道玄坂1-12-1  株式会社ミクシィ 代表取締役 笠原健治 に物申す

本稿は、過去数度論にあげている会員制SNSに関する愚論に費やす。
繰り返すに、論者は過去現在将来いずれの時点においても会員制SNSとは関わりを持っていないし、持つつもりもない。
この点を申し述べた上で論に入る。

何でも代表格のmixiなるところが会員五百万を突破したとかで、先だってライブドアでもオピニオン特集を組んでいた。
当該特集においてはさぞや礼賛一色になろうであろうと予想して見守ったのであるが。
外れたのは幸いであった。本ブログ等お読み願えればお分かりのとおりの論者であるゆえ。
先ずは、少々中心部から外れる、メール紹介システムから入らねばならぬであろう。

既報のとおり、論者は(少なくても面識のない人物相手の)メールはやらない。
一度だけこの禁を破ってしまったがための後始末に右往左往しているのは、天罰覿面といったとこか? これは余談。
加えてである。
幾人かの方からmixiへのお誘いを受けたことのある論者である。
もし何者かが論者と称し、これらの各位から紹介状を貰い登録していたとしたなら…
アクセス増を〜 の稿で述べた。
お誘い頂いたのは紛れもない好意、その好意に万が一でもドロを塗るようなことがあったとしたなら、限りなく不本意であるから。
まあ、あの折は明るい悩みの部類であったのだが、今となっては少々心配になってきた。

先ほど、少々中心部から外れると書いた。
これは会員制SNSの問題というより、メール紹介システムの問題(の一派生)であるからである。
即ち、電子メールというのは非常に危ういものだ。
通常の郵便物のように、これで本人確認ができるというわけではないのである。
こんなものによる紹介を入会のための前提とすることからして既に、mixi会員制のまやかしを感じるところである。

事実、件のオピニオン特集においても、一人が幾人もの人格を使い分けている事例を紹介していた。
正直この点については初めて知ったのではあるが、言われてみれば、そりゃそうだ、である。
まさか住民基本台帳番号の記載を義務付け、折り返し当人の意思確認をしているわけでもあるまい。
そうなれば、「ネットというものが非対面である以上、(実在人である)本人確認の手段など考え得ない」のありふれたネックにひっかかってしまうのである。
回りくどくはなるが、この点少々展開せねばならないだろう。

所謂オフで会えば、これらネット非対面の短所をカバーできる、と考えている諸氏も少なからずであるが、大きな間違いだ。
念のために言うが、意見とか「思う」とかの次元でなく、論理的に間違いであるといっている。
簡単だ。オフに出現した人物、これがネットで知り合ったHN○○本人であるという保証がどこにある?
何でもよいではないか? 例えばリサーチ会社が大学生交流目的のサイトを立ち上げ、学生アルバイトを雇い件の管理人の触れ込みでオフに出現させたとしたら…
まあ、これが出会い系サイトの社会問題そのものにも通じるのであるが、ここで刷り込みたいことは、電子メールなどでは差出人たる実在人の本人確認など出来ぬということだ。
にも拘らず依然、会員によるメール紹介前提の姿勢を崩してないmixiの姿勢は、良質な会員確保が目的と言うよりも、ねずみ講めいた手法で会員増をはかっていると考えたほうが自然である。

段々核心部へと近づく。
会員制… 一見、特定多数の集団に見えるが、さにあらずである。
前段及び前々段をちょっと掘り下げて考えれば気がつこう。
即ち、特定できるのは運営会社である株式会社ミクシィだけ(それすらも高々申込時の登録情報のみ)、会員には特定不能なのだ。
となれば、会員の立場からすれば依然として不特定多数相手に個を晒すという味には変わりはない。それでいて閉鎖集団なのである。
これでアダルトも商業も堂々OKというのだから堪ったものではない。

「会員の質は2ちゃんねる(常連書き込み者)よりも下」「強大な(アダルト)出会い系サイト」

件のオピニオン特集でも、声があがっていた。
想定しうる危惧といえよう。恐るべし、mixi内部でなにが行われているかは員外には知りえないのである。
例えそれが、公権力といえども。
ときに近年、犯罪検挙率が目立って低下しているとか。大きな原因は玄関ロックの団地の増加…
マンションならまだ、正規の公権力である旨を提示すれば入館も可だ。
mixiはそれすらもできない場所なのである。
そろそろ法規等の改正により、根本部分から手をつける時期ではあるまいか?

さて、ここまで書くと、「入るつもりもないもののことを何故そうまで書く?」との問いが来そうだ。
うん、これが十万単位の規模の時代ならば、意識に入れずとも済んだ。
だが、これだけの規模になったとあらば、興味のないものは無視では済まされまい。
興味のない者とても、関心をしめさなければならぬのだ、否応無しに。
論者にとってインターネットとは図書館そのもの、ここで小休止 の稿で述べたとおり。
この論者の事情は、説明におあつらえ向きのお膳立てだ。

図書館はおしゃべりのための場所、いや、一歩進んでおしゃべり仲間を見つけるために用意された場所と考えて疑わない人たちがいたとしたら、我関せずという訳にはいかないのである。
それも、始めの頃は隅でこっそりしゃべっていた連中が、次第次第に数を増し堂々真ん中を占拠し、あまつさえこちらと利害関係のある話をされている可能性があるとなったら…

力は正義なり。
奇しくもこの哲学で行動し続けたソ連、ソビエト連邦を俎上にあげたばかりだ。
そしてネットというものもまた、力は正義なりの哲学で動いているコムの典型である。
今でこそ流行らなくなったものの、ネチケットなるもの。
本サイトでも再三論じている、荒らしスパム
全て、一部の力ある者の都合によりこしらえあげられてきた。

何よりも。
これらのネット正義を定めた『一部の力ある者』に異を唱える者あらば、絶対悪のレッテルを貼られてしまうのがネットという所である。
会員制SNSも、またしかり。これがネット標準となったなら、論者のようなネット人は、またまた悪にされてしまうことであろう。

笠原健治という事業者を、論者は恨む。




U.上記T.2を転載するにあたっての管理人意見等

うーん…
確かにねえ。
完全会員制は淀みを生みますね。

まあ、アダルト(にひっかかる)くらいは自己責任ってことでいいと思うんですけど、例えばカルトが素性を隠して入ってきたら?
あの摂理あたりだって、キリスト教勉強会なり一条ゆかり同好サークルなりを作って、それを隠れ蓑に信者集めができるわけです。

去年の夏あたりでしたっけ? オウムの小宮娘が、ライブドアブログで大々的な資金集めして、ちょっとした騒動になったのは。
オープンなブログで堂々顔写真晒したとしても、あれだけ大手を振ることができるんです。
mixiのような完全治外法権、町方の入ることのできない寺社領みたくなスペースでやられたとなったら、こりゃヤバいですぞ。(06.8.15)



以下Uの記事の参考資料

1. 2006年04月21日 記事





mixiのコミュニティ>

 爆発的に参加者数が急増中の mixiですが、「ナニそれ?」っいう人に説明は難しい。基本的にBlogと似たような世界ですが、明らかに異なります。僕も最初のうちはブログ同士の交流に特化した、限定的な空間だと思ってましたが、そこには広大な宇宙が広がっている...

 まあそれはともかく、そこに会員同士で構成される「コミュニティ」と呼ばれる、ある種のサークル活動みたいなシステムがあります。
mixiの会員であれば誰でもすぐに入会したり作ったりできますが、そのコミュを作った管理人が参加者を選別することが可能。入会は承認制だが内容はオープンにできる、などといったオプションもあります。

 実に様々なコミュニティが存在し、タイトルだけ見ていても飽きない。
ちょっと面白そうなやつでメンバー数が多いものをピックアップしてみると...
(かっこの数字は参加者数)

人飼い
(715)
あなたは人を飼いたいと思いませんか?
あなたは人に飼われたいと思いませんか?
そんな願望や欲望を持った、「人飼い」な人のためのコミュニティーです。実現している人も、そういう過去をお持ちの人も、ぜひどうぞ。
太もも以上・お尻以下
(361)
脚フェチ??? お尻フェチ???
その間の微妙な所が好きですw
SMってなんだと思いますか?
(848)
初めてSMを体験したのは18の時でした。それから3年間、SMという行為が持つ意味を、それが私にとってなんなのかをずっと考えてきました。ただ、一人で考えていると段々と思考が偏ってきてしまうので・・・(^-^;
皆さんの意見も伺えればいいな、と思い自らコミュニティを作成してみました。
あたしがブってあげるわよ
(639)
「誰か俺をブってくれー」 「そんなにブたれたけりゃ、アタシがブってあげるワヨっ!!!」「いくわよっ!!!  それっ!!!」
Fetsih イベントに行き隊
(764)
CYBERJAPAN,TORTURE GARDEN,TOKYO PERVE,KITTY FIRE 2099 (crazy88),ボンテージ,ラバー,エナメル,コルセット,SM,緊縛,ストリップ,コスプレ,キャットファイト,ウェット&メッシー,ゴールデン街,2丁目,レズビアン,ゲイ,ニューハーフ,ドラァグクィーン
・これらの単語にピピッと来たアナタ
・男のスケベ心に起因するエロではなく、女性が憧れるエロティシズムの世界に惹かれるアナタ
・そんな人達のための、お出掛け中心主義のコミュです。
倒錯とフェティシズム
(500)
芸術という枠に収めきれない、溢れ出るフェティシズム。それに突き動かされた作家達の、作品と人物について語るコミュニティです。クロソウスキーの言葉に何かを感じた方、どうぞご参加下さい。
Mの集い場
(416)
基本はMのためのコミュですが、視野を広げよう!ってことで制限はしていません。とにかくSMが好きな人。Mな人。Sな人。まだ自分がどっちなのかわからない人。SMに興味がある人。これもひとつの快楽です。今まで、興味の無かった人も覗いてみませんか?みんなでお話していくうちに、きっとなにかが見えてくるはずです。たぶん。コミュを通して、パートナーさんが見つかる。なんてのもいいかもしれません。ただし、そのあたりは自己責任でお願いしますね。誹謗中傷以外なら、どんなことでもいいと思います。小さな疑問。不安。情報交換。いろんなことができたらいいなと思います。
エナメル部
(345)
ファッションエナメラー、エナメルプレイヤー、ボンデージ等なんでもアリ。エナメルな脳髄の方おいでませ。


 そのものズバリのタイトルもあります。

M(マゾ) (5130)
緊縛 (1251)
 (444)
女王様とM男 (481)
精神的マゾヒズム (1728)

モロに願望重視そのものタイプ

顔面騎乗されたい・したい (1372)
ペニスバンドで犯す!犯される!(492)
羞恥プレイが好きな私 (1470)

あと、ちょっとアブナいのとか....

拷問・殺人方法あれこれ (1273)
出血・流血 (429)
医療用具萌え(781)

 作家名でファンクラブ的なものも多いですね。

谷崎潤一郎 (2606)
沼正三(364)
館 淳一(80)

 去年僕が立ち上げた「春川ナミオ同好会」や「お馬さんごっこ普及振興会」はまだ人数は少ないですが、毎月コンスタントに入会希望者が入ってきております。

 とまあ、これはごくほんの一部で、実に多種多様な趣味・嗜好・こだわりでもって、ダイナミックなコミュニケーションが展開されています。これはハマりますよ、実際。ツボがわかってるもの同士の濃い触れ合いは、そこらへんの馴れ合いとは一線を画している。

 当然まともな、というか変態ワールド以外のものもたくさんあります。

「風の谷のナウシカ」のコミュでは、 「日常会話でつかうナウシカ台詞」というトピックがあって、書き込みは447もありました。

「味はともかく、長靴いっぱい食べたいよ」とかいうのが大マジメに紹介されている。楽しそうですけど、オタッキーですな〜 ^^

 もっとマニアックでマイナーなものもあるのだれど、それなのに参加者、投稿数が多く、クオリティの高いところが凄い。マナーの悪い発言はないし、アラシさんの入り込む余地もなし。そこが一般のブログやBBSなどと大きく違うし、急成長の理由なのでしょう。

 NHKラジオ講座のコミュなんかもありました。(早速ドイツ語講座のコミュに参加しました)

 本当にもう、なんでもありますね。



2. 上記記事へのコメント







【マゾヒズムに札束を! ( http://femdom.seesaa.net/article/16822680.html )より】

2006年04月20日 嬉しいことに世の流れはSNSへと

本日は申告所得税・振替納税の引落日でしたね。
お気づきになった方も多いでしょうが、別ブログを立ててお知らせしておきました。
内容的には、まだ役に立つものもありますので残しておきます。

賢明なる皆さんには、本日を持って昨年の所得税関係の一切が終わったことと思います。
そうですよ。金持ち喧嘩せず。

   法治国家

で違法行為をするなどというのは愚の骨頂です。
金儲けの第一歩は、コンプライアンスの精神からです。
いやいや、体制にべったりになれといっているのではありません。
権力の使い方を覚えろと言っているのです。

特別思ってお話しましょう。
三権分立の三権に対する第4の権力、或いは第一の権力とも言われているものがあります。
ご存知ですよね?
マスコミです。
このマスコミをうまく使って、事業拡大をしているのがIT関係ですよ。
とりわけ、会員制SNS…

僕は別ブログでお話したように、mixiなるものの会員になっています。
これ、エロも商業も禁じられていません。
マイミクを見てください。
ねえ、僕と同類のはみ出し業者ばっかりですよ。
類は友を呼ぶといったとこですか? もとい、友ではありません。業務提携先でした。向こうもそう思ってます。

さてエロ&商業OKならば、mixiというところはさぞかしトラブルが多かろう、と思いきや、なかなかどうして、マスコミに悪く書かれているのをみたことがありません。

  よっぼどうまく記者連中を…

先は言わぬが花です。
ともかく、若い女性に人気があるという事実にだけ着目すればいいでしょう。

去年、囲い込みについてお話しました。
既存の理想的囲い込みエリアが出来上がっているのです。これを利用しない手はないでしょうが。
いやほんと、カモがネギしょってぞくぞく群がってきてるんですよ!

おっと、色と欲とは分離しなければなりませんゾ。
言うには及ばないことながら、相手方に対する感情移入などは法度中の法度です。
いかにして善人を装いながらビジネスに徹することが出来るかを各人工夫してください。

くれぐれも「人」にのめり込まないように。
目の前にいるのは、ディスプレーという無機質な存在なのです。




【マゾヒズムに札束を!別館 ( http://femdom.seesaa.net/article/16902922.html )より】

2006年04月22日 僕がmixiを薦めるもうひとつの理由

別館は今年初めての更新になりますか。
随分空いてしまいました。

勿論、小娘、おっと、本人曰く「数え二十歳になったんだから、もう娘でなくて中年増」でしたね、『小中年増』調略の手を緩めていたわけではありませんよ。
これを、見てください。



マゾヒズムに花札を!

彼女の投稿をバクリにパクって、ついに100稿!
…でも、この程度の挑発では効果が薄かったようです。
そこで、本館その他を使ってmixiのことを書きたてている訳ですが。
順は逆になりましたが、少しmixiの説明をしましょう。

爆発的に参加者数が急増中の mixiですが、「ナニそれ?」っいう人に説明は難しい。
基本的にBlogと似たような世界ですが、明らかに異なります。
僕も最初のうちはブログ同士の交流に特化した、商機に乏しい空間だと思ってましたが、そこには広大な囲い込みエリアが広がっている...
色と欲の欲のほうについては本館で書きました。

さて、そこで行われている大規模なパクリは、 そこらへんの会員制サイトのパクリとは一線を画してます。
当然、かの小中年増もバクられてないかを不安に思っているはずです。
そうですよ。会員制ですから中で何が行われているかは知りえないわけですからねえ。
だから、手持ちのブログ総動員で書き立ててるのです。
彼女のことをよく思ってない零細著作権業者連中の目にも留まりますよ。

借刀殺人といきましょう。やつらが掲示板群サイトに、

>誰からもお誘いを受けない寂しいヤツがいるぞ
>・売り上げが大きいサークルがジェラしい
>・友だちがいるのがうらやましい
>・支持者がいるのがくやしい
>で、「自分もそうなりたい」
>でもはっきり言うのは「負けた気がする」
>そういうことだな

云々と罵詈雑言を書き立ててくれるのを待ちましようや。
ふふん、金持ち喧嘩せず、掲示板群サイトのような低次元BBSに僕が手を汚して書き込むことはない。永世零細著作権業者どもにやらせるに限ります。

おっと、戻しましょう。
僕はちゃんと知ってます。彼女をmixiへ誘ってた人たちがいたことを。
そして、誘い手を傷つけず断ることに腐心していたことを。
まあ、かの小中年増の気性からすれば、この手の捻じ曲げをスルーする可能性は薄いでしょう。
「mixiに入りゃいいんか!?」てな感じで、やってくることは必定。
そうなれば、こちらに一日の長があります。

バクリを怒鳴り込もうにも、入り込む余地もなし。
そんなことをすれば、マイミクである業務提携者たちが、マナーの悪い発言の、アラシのと一斉攻撃をしますから。勿論、2ちゃんの叩きあたりとは大きく異なる密室流のエレガント且つ陰湿なプロセスでね。
いよいよ、追い詰められた彼女は一線を越えて、リアルで僕に接触を試みる、という筋書きになるのです。

この女だけは、売り飛ばしたりしませんよ〜
97センチヒップに、『○○(←僕の本名)命』とキングサイズの入れ墨を彫って、逃げだせないようにして〜
あれや、これやと…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! 皆様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、オナってしまいましたぁ!

腹黒い僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



と、いつもの落とし文です。





3. 2005年10月30日 記事






mixiなるもの

5a2e7faba6c735d6b2df6171bbf1aacf.jpg
 最近、というか今月からmixi なるものを始めています。これがなかなか面白そう。

 ブログやってる方ならご存知かとも思いますが、ソーシャルネットワークサイト(SNS)と呼ばれる、なんだかよくわからない招待制ブログサービスの組合みたいなもの。これは直接の友人、知人を介してしか入会できない、言うなれば全員がなんらかのつながりを持つ共同体。会員はニックネームは使えるがmixi内でのやりとりには自動的に自分のIDがつくので、自作自演やネット2重人格みたいなことはできないシステム。全ての人が誰かの紹介で入って来る身元確実なメンバーであり、マナーの悪い人は少なく、女性会員が多いのも安心して利用できるというこの仕組みにあるようだ。

 mixi内での直接の知り合いをマイミク(My mixi)と呼ぶ。僕を招待してくれたのは東京女神のミストレスで、最初僕のマイミクさんは彼女一人だけだった(普通はそうなる)

  それで、この先いったいどうなるの?

 誰もが最初はそう思うはず。いきなり転校してきてクラスに一人しか友達がいないような状態ですよ。

 マイミクつながりの日記やフォトアルバムを閲覧したり、メッセージを送ることはできるけど、これって特にどこがどう面白いのかがよくわからん。

 しばらくは「なんだかな〜」と思いつつほったらかしにしてたのだが、ある日僕を招待してくれたミストレスのマイミクさんのマイミクリスト(つまり彼女の友達の友達)に北川プロの女王様を見つけた! 女神のミストレスと北川プロは全く関わりはなく、おそらくこの二人も直接の接点はなかったであろう。

 しかし、そこから先のマイミクリストからイモヅル式にラッシャーみよし、むらけん、美人Pからスメリーさんまで、Go! Fetish! Go! の関係者が次々に現れ、本当にもうびっくり!
 
 世の中というかネットワーク社会も意外と狭いや。

 さらにmixi内の見ず知らずの方からも、「マゾ花」の愛読者です!とかメッセージを頂いたり、転校先の教室で孤立無縁かと思っていたところが、一気にクラスメイトが増えてしまった。

 みんなが友達の友達という連帯意識のせいか、コメントやメッセージのやりとりもスムーズで心地よい。とはいえ、馴れ合いつながりの保守的な雰囲気への違和感も一方ではある。表の無料ブログにある自由奔放な開放感があまりないのだが、それがいいって人もいるのだろう。実名で登録し、仕事つながりやビジネスチャンスを広げるのに利用している人もいるし、語学や自己啓発の有効な手だてともなっているようだ。

 mixi内には実に様々なコミュニティーと呼ばれるサークルや同好会があり、自分でもすぐ作ることができる。僕はさっそく「お馬さんごっこ普及振興会」と「春川ナミオファンクラブ」結成してみました。M男の集まりになるかと思っていたら、次々と女性が入会してくるのにも驚きましたね。ブログよりも交流の密度は濃く、リアルな発展性が期待できます。

 まだ全体像はつかめていないし、それほど活用もしていないのだけれど、新しいネットワーク時代のダイナミックなうねりは感じる。爆発的に普及しブームになっているのもわかるような気がした。僕がこのブログ始める前のmixi会員数は30万人程度で、この数字は当時のgooブログの会員数(約20万人)より多くて、「スゲエな〜」とか思っていたものだが、今では150万人を越えたらしい。半年もたたないうちに100万人以上もの人が新たに登録したことになる。今年になって加速度的に普及しているようだ。自分でもブログとどう棲み分けしていけばよいのか模索中ではあるのだが、今後の展開に注目したい。




タグ:殺人 インターネット 2ちゃんねる ニュース mixi ミクシィ 2ちゃんねる ネット リラックマ 少女 アダルト CG 2ch 同人 サディズム アトピー 番頭グループ フェチシズム ど〜も 馴れ合い 掲示板サイト 会員制 不祥事 サディズムに花束を! http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/ 荒らし マゾ男 管理人 at ◆h/o90tD5Zk 教師 非合理な母親 イラストレーター 会員 転載 失言 システム リアル マクロ 岡本千鶴子 ミイラ 屍体愛好 BBS なれあい 完全会員制 男性器 りうむ 救世主 ネット掲示板 現役教師 集客 平泉 株式会社ミクシィ 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティウエスト19F 笠原健治 バタラ ケスマ 塚田寛一 小割洋一 生田将司 西川潔 加藤孝子 磯崎哲也 ニュービジネス 会員制SNS 死体 神奈川県警 肉体 暴走 反社会的 運営会社 西村博之 公開掲示板 同志 秋篠宮 古代人 包帯 魂の概念 非公開 汐音 腹蹴り ネットエイジグループ さら 攻撃的 株式会社ミクシィ 代表取締役 笠原健治 皮膚病 岩手大学 乙武洋匡 初公判 吉田勝久 刺激臭 学部長 ミイラ発言 口頭厳重注意 岩手大 岩手大学工学部情報システム学科 岩手大学工学部情報システム学科3年・吉田勝久 岩手大学水泳部・吉田勝久 岩手大学水泳部 盛岡三高 ブックターン中野店 しげきっず あき コサ スイマー あっちぃ クラジット かっつ ミイラが来た 刺激臭がする 閲覧 脅迫文 自浄作用 お絵かき掲示板 男性器描写 アリク板 at さら ◆saranKhdq. 汐音 ◆HaDDLKrJK6 妻子 自称マゾ男 特異性癖 同人併設サイト 不穏当 人間とは間違いをする動物 mixi会員の質は2ちゃんねる常連書き込み者よりも下 ちゃんねら 処断 死体遺棄は時効で不起訴 横浜地裁 起訴事実 死者の魂 古代エジプト人 古代エジプト エジプト人 乾燥気候 異常心理 正常心理 「かっつ」こと吉田勝久 mixi会員の質は2ちゃんねらーよりもむしろ落ちる 否認 ミイラ発言・笠原健治 いそ Tommy みお Bっち トオル えら呼吸番長 じゅんち クラジット。 【かっつ】会員制SNS「mixi」の赤裸々な内情を広く外部に知らしめてくれた吉田勝久さんに感謝状を贈ろう!【ミイラ発言】 極排他的 反社会的馴れ合い 攻撃的馴れ合い 平山健一 馬場守 ベンチャー投資 番頭グループ三大失言 三大失言 番頭グループ・ミイラ発言 藤原三代 「めでたいの?」発言



V. 後行記事



最終稿 − ネットというのは評論には適さないメディアである

これで、221稿か?
短命に終わることを想定していた、本『サディズムに花束を!』、結構長続きしたものである。
ウェプ日記の類がやりたかったわけじゃない。(元々やりたかったことがあって、そのための手段として)ライブドアのブログをベースに色々組み合わせていくのがベストな方法だった。言うなれば、"プリン"ではなく"プリンアラモード"…
先行する別ブログを立ちあげた理由につき、どこぞに書いたことだ。
そのアラモードのトッピングのひとつとしての当サイトは評論を手がけてきた。
やってみて改めて確認するに、やはりネットというのは評論展開には適さないメディアである。

適さないと判断した理由は色々ある。
直接的なものとすれば正直なところ、数日前に論じた『mixiミイラ発言』のその後の成り行きあたりが大きい。
ネット巷間をつらつら見渡すに、その後。件の発言で、批判が集中しているのは吉田勝久なる発言者本人と彼が通う岩手大学、何れも個人攻撃の類なのである。
まあ、くどく繰り返すのは本旨から外れる故いささかはしょるが、この方向は少々、というより大いに的を外している。
即ち、悪いのは全て『中傷』であって、mixiやインターネットそのもののシステムには微塵の問題もない。
そして、「ネット発言をしたいなら、個を特定できる情報は(例え会員制SNS内でも)晒すべからず」
この件の教訓として語られるのは、ざっとこんなあたりか。

要は、(ネットにおいては)味噌糞にひとくくりにされた絶対悪たる『中傷』とやらを招くような言動をするものが悪い、これが、現在ネット巷間の本音たる姿なのである。
色々な意味が読み取れよう。そして『本音』という言葉以外でも表現できよう。
マナー、ネチケット、常識…

であるが故に、本サイトのような活動をする論者もその報いとして、mixi内(或いは別の知らない場所でもよいのだが)で、
「ネカマが来た」「だせぇ」
等々、悪態を書き立てられ、それを山車にバカ騒ぎをする連中の好餌となっているやも知れぬのである、可能性を言うなら。

いや別に、かくも低次元な陰口をされることが嫌だと言っているのではない。
ネットというメディアは評論には適さない、と判断した理由を挙げているのだ。評論という以上、想定反響はすべて考慮の上でしなければ不完全。
知りえない場所に反響がある可能性がある以上、ここでいかなる評論をしようとも不完全、主観とすればこれが面白くない。
少なくても別の方法をとったほうがいい。

こんなことがあった。
2ちゃんねるの書き込み、論者が別ブログのアクセス数を鼻にかけているとの悪口(あっこう)である。
時折に目にする「(ブログ)読者」という言葉…
各位はどのような意味にご理解か?
論者は、この読者というのがよくわからぬ。オープンな場所に公開する以上、全世界のネットに接することのできる人間が目にすることができる。読者も糸瓜もない、目にすることができる人間すべてが『読者』なのである。
で、アクセス数との比だ。地図、いや、天文図の縮尺比並み…
鼻にかけよう筈もないのである。

おっと、つながりが悪かったか? 少なくても別の方法をとったほうがいい、ということを続けたつもりだ。
まあ、ネットで真剣な発言をしようとするのが愚なのであろう。
そうそう、これで商売をしようとするのでないのなら、バカ騒ぎでもしてたほうが余程賢い、どうせ一文半文懐が潤う訳でないのだから…
というのが『ネット標準』、もう何をかいわんやである。

とは言うものの…

論者は決して無駄・無意味なことをやってきたとは思っていない。
ここに書いてあることは全て、それなりの価値があるものと思料する。
少なくても論者自身は、自己をしっかりと見つめなおす機会を得た。
途中にも書いてあるよう、並べてHPなるものは書きたいことから順に並べていくものだ。
本稿をお読みになったら、どうか(一旦トップページまで戻り)画面を最下段までスクロールし、逆順にお読み願いたい。

もし、お読みのあなたが、サディズムその他の特殊性癖をお気になさっているなら、俎上にあげた有名人たちの姿を確認されたい。
歴史に名を残した人物は一人残らず変態、あなた一人だけが変態ではないのである。

そして、論者のようなサディズム色濃い女を見かけたとときは、決して甘やかし過ぎないように願いたい。
過度の甘やかしが、サディズムを暴走させ地獄の番人へといざなった数々の事例をお忘れなきよう。

ここで「最後に〜」で始まる謝辞の行が入るのが通例であるのだが、本プログにおいては、それはせぬ。
なぜならば、終わりではないからだ。
現に各位には、本稿をお読み願っているではないか?
一旦ウェブにあげたものは、(例え削除した、されたとしても)まず間違いなくどこかには保存され、半永久的に残ることになるのである。
そう、このブログも別ブログも、そして論者というネット人格もまた。

これが、ネットにおいて発言するということなのだ。



W.上記Vを転載に付記された本ブログよりの謝辞等


サディズムに花束を! さんの記事は、全件掲載させていただきました。
改めてこうして読み直すと、正反対の意味合いのタイトルなのに内容は案外と近い。だから、転載条件に従い自己の名、つまりは僕・Homerの意見として転載してるわけですが。
もう、すっかり本ブログの相当部分を占めるコンテンツとなってます。
元記事著者の方の意図を尊重し、順に読むなら、
http://femdom.seesaa.net/category/1268467-1.html
です。ちと、読み込みに時間がかかるけど、是非に。

それと、本文のオフレコ部分が書かれた記事が、gooブログにありますね。
参考までに。



 サディズムに花束を! は2006.8.28をもって打ち止めとしました
      2006年08月31日 21時41分51秒


さて、その後です。
まったく進展なし、すなわち「『スパムフィルタ』にかけるも、Blog保有者会員の資格は喪失させず」の状態が継続していました。
ました、と過去形。なんとなれば、表題にしたようにご本尊であるBlogを閉めてしまったので。

稼動期間半年弱ですか。奇しくも『目指せ!! 平成の女蜀山人!』と同程度です。
まあ、『目指せ!! 平成の女蜀山人!』の時は別に嫌気したとかいうことでなく、気持ちよく閉鎖した、ああここに掲げ続けてるとおりね、んですけど、今回は正直少々嫌気したのもあります、あっと最終稿にもかきました、ねえ。
ここで、少し最後っ屁というか、捨て台詞というか、ともかくそんなものを吐き出すとしましょう。

結局のところ、所詮私たちは「お釈迦様の手のひらから出られない孫悟空」なんですよ。
IT関係の企業の都合で右往左往させられるばかりなんです。
たとえばいい例が、柳沢安慶氏なる人物の「BlogPeople」「トラックバック・ピープル」だかってところですね。
ねえ? だから(このblogの)続報的意味合いをもたせ、ここに書いた。
くどいようですが、直前稿をお読みください。結果だけいうなら、商業アダルトの利便のために、一方的に私を悪者に仕立て上げた…
全くの理不尽です。

商業アダルト…
IT関係で全く関係をもってない先はめずらしいでしょう?
口ではなんだかんだいっても、IT企業なるところは大抵はかかわりをもっています。
儲かるんでしょうねえ。分かりますよ。
でもね、これ、パンドラの箱でしょう?
企業である以上は利益確保が命題となる、儲かる手段を知ったら離れられなくなりますもの。

そして、目指せ!! 株式公開! ですか?
うん、上場するならなおのこと、例え一期半期たりとも赤字は出せませんね。
いや、目指せ!! は違うのかな? 元々がひも付きの資金で始めたのだから、公開するのが敷かれたレール。
これじゃあ、のぼせ上がりもしますか。
ただでさえ浮世離れしている人たちが免疫のない金銭に毒され正常な判断を失ったということですか?
ともかく、IT関係ほど「しじょう(掛詞)主義」なところは例を見ません。
まともに取り合っていたなら、とても神経がもたぬということです。

だから、この人たちとは1歩も2歩も距離を置くことにします。
ん? 今までだって、こういう人種とは係わり合いをもってなかったか。
てか、私、初めっから、誰ともネット付き合いする積もりはなかったんだよね、あはっ!




うーん、成る程…
というより、ブログサイト  「BlogPeople」(「トラックバック・ピープル」)なるところの不可解な行動について  は転載許可にはなって…ない…

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



タグ:村岡万由子 白鯛素久 ケツ毛バーガー サディズム サディズムに花束を! http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/ mixi ミクシィ 2ch 2ちゃんねる 会員制 完全会員制 株式会社ミクシィ 東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティウエスト19F 笠原健治 バタラ ケスマ 塚田寛一 小割洋一 生田将司 西川潔 加藤孝子 磯崎哲也 ニュービジネス 会員制SNS 岩手大学 吉田勝久 刺激臭 学部長 ミイラ発言 口頭厳重注意 岩手大 岩手大学工学部情報システム学科3年・吉田勝久 岩手大学水泳部・吉田勝久 岩手大学水泳部 盛岡三高 ブックターン中野店 しげきっず あき コサ スイマー あっちぃ クラジット 株式会社ミクシィ 代表取締役 笠原健治 ミイラ 不祥事 皮膚病 包帯 ミイラが来た 刺激臭がする 会員 掲示板サイト 2ちゃんねる 転載 インターネット ネット マクロ 非公開 閲覧 脅迫文 公開掲示板 ネット掲示板 自浄作用 BBS 同志 アダルト お絵かき掲示板 男性器 男性器描写 CG りうむ アリク板 救世主 イラストレーター 腹蹴り 汐音 at ◆h/o90tD5Zk at さら さら ◆saranKhdq. 汐音 ◆HaDDLKrJK6 現役教師 ど〜も 妻子 マゾ男 自称マゾ男 リアル 教師 集客 少女 特異性癖 同人 同人併設サイト 管理人 失言 荒らし 暴走 ニュース システム 不穏当 人間とは間違いをする動物 西村博之 mixi会員の質は2ちゃんねる常連書き込み者よりも下 ちゃんねら 運営会社 処断 岡本千鶴子 死体遺棄は時効で不起訴 初公判 横浜地裁 起訴事実 殺人 死体 屍体愛好 死者の魂 肉体 古代エジプト人 古代エジプト エジプト人 乾燥気候 異常心理 正常心理 魂の概念 フェチシズム 「かっつ」こと吉田勝久 mixi会員の質は2ちゃんねらーよりもむしろ落ちる かっつ 岩手大学工学部情報システム学科 古代人 否認 ミイラ発言・笠原健治 いそ Tommy みお Bっち トオル えら呼吸番長 じゅんち リラックマ クラジット。 【かっつ】会員制SNS「mixi」の赤裸々な内情を広く外部に知らしめてくれた吉田勝久さんに感謝状を贈ろう!【ミイラ発言】 非合理な母親 神奈川県警 なれあい 馴れ合い 反社会的 極排他的 攻撃的 反社会的馴れ合い 攻撃的馴れ合い 平山健一 馬場守 ネットエイジグループ ベンチャー投資 番頭グループ 番頭グループ三大失言 三大失言 番頭グループ・ミイラ発言 アトピー 平泉 藤原三代 「めでたいの?」発言 乙武洋匡 秋篠宮 IP神話 東証アローズ 放言の自由 奥州藤原氏 sexii mixi・ケツ毛バーガー騒動
posted by homer_2006 | サディズムに花束を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。