6月の花嫁

金時牡丹6月テーマ植物の牡丹、これは随分と大振りな花ですよね。
それだけに存在感がある、それだけに日本情緒には馴染みにくい、ってことで、一番投稿が進まないのですが。
仕方がない、花言葉でも持ち出しましょうか。

 ファイターで逆境でもへこたれない性格。周囲から一目おかれる存在。

正直、僕、花言葉なんてものには関心がなくて今日はじめて見たんですが、ピピッときましたよ。
花言葉の意味も、そして今日書くべき内容も…
いやいや、なんでもない。独り言。

あっと、続けますよ。
この牡丹の花言葉にピッタリのアニメキャラを思い出しましたんで。
某国営放送のアニメ『雪の女王』、主人公の『ゲルダ』です。
放送時間帯が、大河ドラマの直前ってことで、僕も欠かさず観てました。

 ♪〜 信じよう 終わらない 旅はない

なんて。
同じくごらんになっていた方は思い出してください。
そして、「終わらない 旅はな」かった、涙、涙の最終回でしたね。
すんげえ美男美女に成長したカイ&ゲルダの結婚式ノ景で、大円団となりました。
ジューンブライド、6月の花嫁です。

  旅果つる 祝ふ さつきが かぜの花

「その日は6月だというのに風花が舞っていた」
旧暦でいえば五月、っていつもながらのよく分からない句、

と、この言い回しと「いつもながらのよく分からない句」、



雪女郎について詠む ミユ - livedoor ハイクブログ

を丸写ししました。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!


posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。