ウバ桜・桃割れ桜

桜ストラップ花札・春・三月・桜。
これまで、パッと咲いてパッと散る、その潔さに関して多くの記事を書いてきました。

逆に言えば、百人一首の小野小町の歌のようにです。
盛りが非常に短いものの例えとして、女性の容色に比せられることも多いのが、この桜です。

 ♪〜 はなーの〜 いの〜ちーは〜
    いちーぃどー だーぁーけ〜

なんて、お吉物語の一節でしたっけ?
若い、若い、とちやほやされていると、すぐにウバ桜になってしまうのが女性という存在のようです。

うん、今日は、のっけから崩しちゃいましょうか? こんなのはどうです?

    もろともに あはれとおもへ ウバ桜 アナより外に みる人もなし

露出症♀にかはりて詠める、です。
♀は劣等感のある自分の性器を隠したがるもの、それを晒したがる♀はマゾ傾向にある。
前にも言ったような気もしますが、それよりも…

そうですよねえ。
このブログの投稿日付に惑わされることなく、都度読んでいる人には、誰のことを言っているか何となく分かったことでしょう?
バカなことをしたものですよ、あの彼女は。
人は魔がさすものということを十分考慮に入れても尚まだ考えられないような愚行を積み重ねて、自らをとんでもない立場に追い込んでしまいました。

おっと、この騒動に関しては、どこぞで書いたような気もしないでもないですから、ここらにしましょう。
と、さっきの一首はといえば。
これは見てのとおり、小倉山百人一首の替え歌です。
ほら、66番行尊ですよ。

    もろともに あはれとおもへ 山ざくら 花より外に しる人もなし

ねえ、結構、僕もやるでしょう?
分かりましたでしょう?
替え歌の面白さは元歌と比較することにある、って。

では、アダルト禁止を建前とするgooブログに相応しい別例でつづけましょう。

青い山脈
                  作詞:西条八十 作曲:服部良一

♪ 若くあかるい 歌声に
  雪崩(なだれ)は消える 花も咲く
  青い山脈 雪割桜(ゆきわりざくら)
  空のはて
  今日もわれらの 夢を呼ぶ

さあ、超有名な国民歌謡の超有名な替え歌

♪ あーおいさんみゃーく〜
  ももわれざーくーら〜

そもそも、「桃割れ桜」なる植物は存在しません。
でも、なんとなく意味は分かる、そうなると直前の「青い山脈」が全く別の意味になってくる、
そして元唄の清純さわやかなイメージとの落差格差に笑えるわけです。

と、この言い回し、



はい、8/20の日に「後日の二次創作に、乞うご期待」と言いましたからねえ もう一丁!
ミユの替え歌教室 - 入門編

を丸写ししました。
途中まではオリジナルだったんだけど、あとが続かないんだなあ、僕チン、、、

………
………

わああぁぁぁぁ!!! ミユ様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!


【補録】

ケツ毛バーガー関係の狂歌なら、2ちゃんねる既婚女性板にちらほら投稿されてますね。


 酔いやまの うつしたるらん しろたいの えむのまにみゆ まゆ毛の涙

 ひらきては 村のおかにて 泣きぬるを おかしらつきの 白むあごなり

 しりつぼみ 阿波の踊りは つきぬとも ほどうせしめの 花は満開
 
 えむながれ あわのしぼみし 三つ櫛の 鳴門のうずに まゆもうずきぬ

 燦洋の 明石の鯛も ひらきては 鳴門の深海に 巻きこまれけり

 一尺の くわえし 眉のひそみにて 尻にしかれし 黒の絨毯

 さんごくの さんようにても とどろきぬ 村の娘は しめりて万開

 フジ見えて 繭のかいこは 知れ渡り 鯛の待遇 解雇なりけり

 ぼてぢゅうの こてに鰹はまみれしが 鯛のなまくび てこにてうごかじ

 空売りの みくし下がりて えむながれ 見尽くしけるは けのおおさかな

 流出は 刺激すぎぬる えむなれど 露出感度は オートなるかな

 昼運動 夜の尺にて 朝起きぬ さーくるおしく まゆをひそめし

 阿波の海 鯛の尾ひれの ながれしは うわさばなしに 尾ひれつきしか

 しりげにて 尻に火がつき しゅたしゅたと 知り過ぎし名は 支離も滅裂

 放尿す 小便小僧の 傍らに たれながせしは 秘密ふぉるだぞ

 さくら花 登りしえだは 満開に かいまんのえだ おりし株かな

 きるものも まとわぬえむに しらたいの 問い詰められて 白をきるかな

 奥底の こころ学びし その夜の こころならずも いでし奥底

 忍ぶれど ウェブにいでにけり わが万由は ミクやつかふと 人のとふまで

 ウェブ横丁 わが名はまだき 立ちにけり 人しれずこそ 撮らせそめしか

 ちはやぶる まゆのおけつの ひげぼうぼう 万代経てとも 数は変はらじ

 シロタイの 漏らせるマユの おくシモの くろきをみれば 夜ぞ更けにける

 厨のせる ミクのトークの 言ふなりは ケツ毛ぞ☆ムラ☆の しるしなりける

 感染の 病にふせし PCの 百年の熱 冷めし恋かな

 ぼうぼうの またのたまたま 流れるに 某県警も 呆然自失

 水無月の れおまの世界 訪れて 獣の本能 またもひらかし

 鯛焼の しっぽにあんこ 無きがごとく かいこのまゆは からになりけり

 そふぁにて えむの型にて ふんばるも びぃっつの屋根は ふんを貼るかな

 ひらかれし 同窓会のうわさにて ひらいたふぁいる またひらきけり

 さんようの 蝦でつられてしろたいの 流出ファイルに 上司どなるど

 村娘 毛抜きの手抜き 暴露され ウィルスチェックの 手抜き悔やむる

 ヴィッツにて 鳴門の町を 疾走し 先走りてか 夜はフェラーリ

 さんようと みくしぃの株と けんけいと 信用失墜 三者三様
 
 ADALTの uの一字は 綴られず まゆこのmは 大文字のM

 こころにも 剛毛はえて ひらくまた  ひらきなおりて プロデビューかな

 刑法の 175条に 抵触す 己をお縄で M字緊縛

 白鯛の パソより落つる ケツ毛かは 故意ぞ積もりて ハヂとなりぬる

 しのぶれど パソに漏れにし 我がマンコ モノの汚さ 人の嘲り   

 村まんの 露もまだひぬ ケツの毛に 湯気立ち上る 秋の夕暮れ

 鏡見て ケツ毛抜く身の かなしさよ 昔はケツ毛も 気にせぬものを

 全世界 くまなく晒せし わがマンコ ケツ毛ケツ毛で 外も歩けず

 このたびは Shareもとりあへず 手向山 万由子のケツ毛 WEBのまにまに
 
 まゆの腹 出汁て流るる ケツ毛川 いつ見たとて 濃いしかるらむ

 ケツ毛まで 晒したこの身 いとあはれ 狂うか死ぬか 死につつ生くか

 ケツの毛が ついばめるまでに のぞきき見る あきれるほどの ナチュラル尻毛

 ミクシィの 渡せる橋に 置くケツ毛 黒きを見れば 夜ぞ更けにける

 あしたから なくなってくれ ループな日々 スマンとあやまる キチガイ白鯛

 村岡は 冬ぞさびしさ まさりける 人目もデータも かれぬと思へば

 徳島に ケツ毛剃り分け 泣くマユの 声聞くときぞ 秋は悲しき

 八重葎 茂れる 陰門(ホト)の ゆゆしきに 人こそ見えね アキは来たらず

秋は来ぬ ケツ毛はすでに生えかわり 穴ふみわけて 挿れる人はなし

ながらへば まゆこの尻や しのばれむ うっそうと生えし毛ぞ 今も濃いしき

二十四年 前にMにて 産み落とし 生んだ暴落 母は嘆きぬ

父怒り しらたい呼べと 狂乱す とうさんの危機の 三洋なれど

修士の師 論旨固めよと 教示せり 開いた雑誌に 終始固まる

出産は コウノトリかと 思いきや Mのポーズで このとおりかな

カモノハシ 哺乳もすれば 卵産み Mにて産むや 鯛の魚卵を

阿弗利加の 裸族の王子 画像見て 妃決めりと 王に報告

戯れに マンコ披いて そのあまり 野次の多さに 外を歩めず

幾山河 越えさり行かば 野次馬の 終てなむ国ぞ どこへ逝こうか

WEBのウラに うち出でてみれば 白鯛の ふいのチョンボに 妾(われ)はめげつつ

お茶引きの 山だしの鬼女の したり口 バカバカし目を 独りかもみむ

わがほとは みなこのケツ毛 しかと見る 世に汚門戸と 人はいふなり

 ケツ毛まで 撮れや自慢の でじかめに 衣かたして 足立てて寝む

 見せばやな ケツ毛のなかの ナニだにも  ぬれにぞぬれし 色はかはらず

白日の 元に曝されし 我がマムコ 白他意素○ 洒落にぞ洒落し

 おほけなく うき世のたみに 晒すかな  かが出す○○に 墨染のモザ


と、これから先も載せるつもりです。

………
………

わああぁぁぁぁ!!! 鬼女様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
ごっそり、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、もっと、
むちゃくちゃにイヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!



タグ:お茶引きの 山だしの鬼女の したり口 バカバカし目を 独りかもみむ 二十四年 前にMにて 産み落とし 生んだ暴落 母は嘆きぬ WEBのウラに うち出でてみれば 白鯛の ふいのチョンボに 妾(われ)はめげつつ ながらへば まゆこの尻や しのばれむ うっそうと生えし毛ぞ 今も濃いしき 幾山河 越えさり行かば 野次馬の 終てなむ国ぞ どこへ逝こうか 秋は来ぬ ケツ毛はすでに生えかわり 穴ふみわけて 挿れる人はなし 戯れに マンコ披いて そのあまり 野次の多さに 外を歩めず 父怒り しらたい呼べと 狂乱す とうさんの危機の 三洋なれど 修士の師 論旨固めよと 教示せり 開いた雑誌に 終始固まる 阿弗利加の 裸族の王子 画像見て 妃決めりと 王に報告 カモノハシ 哺乳もすれば 卵産み Mにて産むや 鯛の魚卵を 母校の面汚し  八重葎 茂れる 陰門(ホト)の ゆゆしきに 人こそ見えね アキは来たらず 出産は コウノトリかと 思いきや Mのポーズで このとおりかな 目指せ!! 平成の女蜀山人! マゾヒズムに花札を! マゾヒズム ミユ様 花札 パクリ http://blog.goo.ne.jp/homer-2006 ストラップ 三月 パッと咲いてパッと散る 百人一首 小野小町 花の色は うつりにけりな いたづらに 我身よにふる ながめせしまに お吉物語 天津羽衣 藤田まさと 陸奥明 唐人お吉 ハリスさん 下田港 花のいのちは 一度だけ 下田港の お月様 明るすぎます お吉には ウバ桜 もろともに あはれとおもへ ウバ桜 アナより外に みる人もなし 露出症 マゾ 村岡万由子 白鯛素久 三国丘高校 大阪市立大学 中学生における攻撃性と親子関係の関連について 心理学専攻者の異常心理 鳴門教育大学 小坂浩嗣 三洋電機バレーボール部 三洋電機 ☆ムラ☆ 出生順位による性格の違い 白鯛 村岡 万由子 大阪電通大 村岡弘一 mixi・ケツ毛バーガー騒動 ケツ毛バーガー騒動 ケツ毛バーガー sato8644@yahoo.co.jp 徳島県警 北村滋 いつまでこんな事。。。 ahonosakata ミクシィ SNS 同窓会 サディズムに花束を! http://blog.livedoor.jp/fem_dom_2006/ 会員制 笠原健治 村岡万由子 − 恥部写真をネットに流出させしめた心理学エクスパート 白鯛の パソより落つる ケツ毛かは 故意ぞ積もりて ハヂとなりぬる 小倉山百人一首 青い山脈 西条八十 服部良一 石坂洋次郎 雪割桜 桃割れ桜 ミユの替え歌教室 gooブログ 酔いやまの うつしたるらん しろたいの えむのまにみゆ まゆ毛の涙 ひらきては 村のおかにて 泣きぬるを おかしらつきの 白むあごなり しりつぼみ 阿波の踊りは つきぬとも ほどうせしめの 花は満開 えむながれ あわのしぼみし 三つ櫛の 鳴門のうずに まゆもうずきぬ 燦洋の 明石の鯛も ひらきては 鳴門の深海に 巻きこまれけり 一尺の くわえし 眉のひそみにて 尻にしかれし 黒の絨毯 さんごくの さんようにても とどろきぬ 村の娘は しめりて万開 フジ見えて 繭のかいこは 知れ渡り 鯛の待遇 解雇なりけり ぼてぢゅうの こてに鰹はまみれしが 鯛のなまくび てこにてうごかじ 空売りの みくし下がりて えむながれ 見尽くしけるは けのおおさかな 流出は 刺激すぎぬる えむなれど 露出感度は オートなるかな 昼運動 夜の尺にて 朝起きぬ さーくるおしく まゆをひそめし 阿波の海 鯛の尾ひれの ながれしは うわさばなしに 尾ひれつきしか しりげにて 尻に火がつき しゅたしゅたと 知り過ぎし名は 支離も滅裂 放尿す 小便小僧の 傍らに たれながせしは 秘密ふぉるだぞ さくら花 登りしえだは 満開に かいまんのえだ おりし株かな きるものも まとわぬえむに しらたいの 問い詰められて 白をきるかな 奥底の こころ学びし その夜の こころならずも いでし奥底 忍ぶれど ウェブにいでにけり わが万由は ミクやつかふと 人のとふまで ウェブ横丁 わが名はまだき 立ちにけり 人しれずこそ 撮らせそめしか ちはやぶる まゆのおけつの ひげぼうぼう 万代経てとも 数は変はらじ シロタイの 漏らせるマユの おくシモの くろきをみれば 夜ぞ更けにける 厨のせる ミクのトークの 言ふなりは ケツ毛ぞ☆ムラ☆の しるしなりける 感染の 病にふせし PCの 百年の熱 冷めし恋かな ぼうぼうの またのたまたま 流れるに 某県警も 呆然自失 水無月の れおまの世界 訪れて 獣の本能 またもひらかし 鯛焼の しっぽにあんこ 無きがごとく かいこのまゆは からになりけり そふぁにて えむの型にて ふんばるも びぃっつの屋根は ふんを貼るかな ひらかれし 同窓会のうわさにて ひらいたふぁいる またひらきけり さんようの 蝦でつられてしろたいの 流出ファイルに 上司どなるど 村娘 毛抜きの手抜き 暴露され ウィルスチェックの 手抜き悔やむる ヴィッツにて 鳴門の町を 疾走し 先走りてか 夜はフェラーリ さんようと みくしぃの株と けんけいと 信用失墜 三者三様 ADALTの uの一字は 綴られず まゆこのmは 大文字のM こころにも 剛毛はえて ひらくまた  ひらきなおりて プロデビューかな 刑法の 175条に 抵触す 己をお縄で M字緊縛 しのぶれど パソに漏れにし 我がマンコ モノの汚さ 人の嘲り 村まんの 露もまだひぬ ケツの毛に 湯気立ち上る 秋の夕暮れ 鏡見て ケツ毛抜く身の かなしさよ 昔はケツ毛も 気にせぬものを 全世界 くまなく晒せし わがマンコ ケツ毛ケツ毛で 外も歩けず このたびは Shareもとりあへず 手向山 万由子のケツ毛 WEBのまにまに まゆの腹 出汁て流るる ケツ毛川 いつ見たとて 濃いしかるらむ ケツ毛まで 晒したこの身 いとあはれ 狂うか死ぬか 死につつ生くか ケツの毛が ついばめるまでに のぞきき見る あきれるほどの ナチュラル尻毛 ミクシィの 渡せる橋に 置くケツ毛 黒きを見れば 夜ぞ更けにける あしたから なくなってくれ ループな日々 スマンとあやまる キチガイ白鯛 村岡は 冬ぞさびしさ まさりける 人目もデータも かれぬと思へば 徳島に ケツ毛剃り分け 泣くマユの 声聞くときぞ 秋は悲しき わがほとは みなこのケツ毛 しかと見る 世に汚門戸と 人はいふなり 見せばやな ケツ毛のなかの ナニだにも  ぬれにぞぬれし 色はかはらず ケツ毛まで 撮れや自慢の でじかめに 衣かたして 足立てて寝む 白日の 元に曝されし 我がマムコ 白他意素○ 洒落にぞ洒落し 徳島県警補導員 流出写真 けつ毛バーガー Peach Bomb 粉飾決算 三洋電機 粉飾決算 三洋電機 粉飾ケツ賛 監査法人 中央 青山 みすず ゲンダイ 証券監視委 有価証券報告書 課徴金 野中ともよ 井植一族
posted by homer_2006 | マゾヒズムに花札を!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。