M男洗脳アニメ

 去年の今頃だったか、PCゲームの調教もので 男がマゾという設定がなかなかないよね〜 というようなことを書きましたが、そこで見つけた「ディシプリン」というゲームがアニメ化され、DVD になっていました。もうかなり前のことみたいですが、全然知らなかったです。レンタル屋さんで見かけて思わず借りてきてしまいました。




 お話は聖アルカディア学園という女だらけの学校に編入した男の子が、女の子たちに翻弄されるという内容なのですが、主人公(?)の早見拓郎は特にマゾというわけではありません。しかし学園を支配している森本レオナをはじめとする登場する女の子はけっこうサディスティックなキャラで、あの手この手で早見を虐めてくれます。ペニスや挿入というリアルな描写が多く、どちらかというと(というか誰がどうみても)まっとうなアダルトもの、つまりセックスをメインとした内容で、そこにやや変態チックなからみがあるだけで、SM的な匂いはあまり感じられないかもしれない。しかしながら、コレってけっこうM男が見てもかなり満足できそうな印象でした。ストーリー的には部活動の勧誘合戦みたいな構成をとりながら、官能と倒錯の世界をさわやかに描く、まさに青春学園もの。マゾでなくとも、男ならこのようなシチュエーションに憧れるはず。こういうアニメ作品を中高生の時に見れば、まともな男子生徒が自然にマゾ男へと洗脳されてしまいそうな感じがしますね。

 ディシプリンの元のゲームのことはよく知らないのですが、この世界では「マゾゲー」といって、マゾヒズム願望を叶えてくれる内容のゲームが一つのジャンルとして成立しているみたいです。
 ある方からメールを頂きまして、 こんなマゾゲー があるよと教えてくれました。



 けっこう面白そうなんだけど、やっぱりマックじゃプレイできない! なんでやねん!!?




posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。