温故知新

 昭和27年(1952年)に発行された「奇譚クラブ」を読んでいて、もう50年以上も昔の雑誌なのにあまり違和感を感じないのは何故だろうか? ...

 ふと思ったのは、ブログとよく似ているなァ〜と。

 ほとんどのブログは、インターネットに公開した日記のようなものですが、本来日記というのは、心の奥の秘め事が書かれる恥ずかしいものだったはず。少なくとも昭和の時代までは。後から自分で読んでも恥ずかしくなるようなことを、昔は書いていたんだと思う。ところがブログは、見ず知らずの第三者に読まれることを前提に書かれている。もちろん知り合いに読まれること(mixiみたいに)もあるだろうが、人に読まれることを想定して書くというのは、「奇譚クラブ」の告白手記と同じ系列、似たようなモードで書かれていると言えるでしょう。

 縛られたいだの浣腸されたいだの、鞭で打たれたいといったアブノーマル願望は、50年前も21世紀の今もたいして本質的な違いはないみたい。ただその表現形式はかなり変化してきています。「奇譚クラブ」の時代は、まさに告白手記といった表現がはまるような、人生で一大決心をして投稿してみました!という深刻な雰囲気が感じられるのに対して、今のブログのほうはもっと軽いノリで、あまり恥ずかしがっているムードがない。「奇ク」の時代のほうが、抑制された味わいがあって、読んでいてむしろ興奮してしまうのです。SMやマゾヒズムに関するブログは随分増えてきているし、読んでいて面白いとは思うけど、あけっぴろげすぎてなんだか「奇ク」のほうが新鮮に映ります。
 
 しかし、普通だったらやはり人には言えない恥ずかしいことを書くという快感、ある意味で露出趣味的な快楽をどちらも追求している、とは言えるのかもしれません。


posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。