トレヴァー・ブラウン展

 前のブログでも紹介したことのあるトレヴァー・ブラウンの展覧会が大阪で開催されています。この人は在日イギリス人で、その筋の人たち(フェチアート系)にはとっても有名で、僕も大好きな作品が何点かはあるのですが、いまいち自分の趣味とは異なるような気がするアーチストです。どちらかというと女性緊縛図、それもロリータ系の美少女ボンデージものといったジャンルを得意としており、Femdomとは反対のベクトルではありますが、サドマゾヒムズ的な視点からは楽しめる要素もあり、独特な感動を与えてくれます。

 また、現在発売中の「SMスナイパー」3月号にも関連情報とともにトレヴァー氏のインタビュー記事が掲載されており、興味深く読みました。

 

 この人はもともと日本文化を愛するまっとうな英国紳士で、その作風にはどこかオリエンタルなムードを感じます。コミック作家の池上遼一とか叶精作のタッチに似ているような気がしません?

 世界的に今の日本は、京都奈良の伝統文化ではなく、アニメや美少女キャラに代表されるサブカルチャーで注目を集めており、トレバー・ブラウン氏も自分の芸術的テーマを実現するためにわざわざ来日したとのこと。その集大成が今回の個展で見ることができそうです。

トレヴァー・ブラウン展
大阪・サブタレ二アンズで3月9日まで開催中



posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。