マドンナの人間馬ショー




 かねてから見てみたいと思っていた マドンナの人間馬ライブ・ショー が You Tubeにて紹介されていました。

 男性ダンサーがはみや轡を付けて馬に扮し、マドンナが乗馬鞭を打つステージは、これはもう、

誰がどう見てもアレでしょ!

 という世界なのですが、ほどよくスタイリッシュな演出の舞台には、それほど過激ないやらしさも感じられず(見る人によって印象は異なるとは思われるが)この程度ならばまあ、上品な部類に入るのではないでしょうか。

 すでに完璧なまでにフェティッシュな構成に加えて、洗練された振付のダンスが素晴らしい!男性ダンサーのビミョーに馬っぽい動きがなんとも言えずカッコいいのです。思わず真似したくなるんですけど、これは農耕民族の日本人にはマネできない芸当なのかもと感心させられる。乗馬文化?みたいな、根本的にしっかりとした伝統が西洋にはあるのでしょうね。 

 谷崎の「痴人の愛」に出てくるお馬さんごっこが、いかにもバタ臭く感じられてしまうのですが、これを機会にpony play、つまりお馬さんごっこが世間的に認められて、グローバルな意味でFemdomカルチャーの普及促進に拍車がかかればよいなと思ったりしている次第です。

 一般の人が見てもこのクリップは面白いし、出来もよろしいと思います。そこに見知らぬ世界の扉を開くきっかけがあって、こういうのよいかもね!と思って頂けるのではないでしょうか。

 ちなみに、マドンナの初期のMTVに マテリアルガール というのもあるのですが、彼女にはミストレス的な魅力がデフォルトで備わっていたのだと思います。
 
 それにしても、いい時代になったものですね。(← You Tube のことNE)



posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。