出会い系

 ウンザリするのも飽きるほど、スパムメールはやってくる。まともにつき合ってはいられないけど、その多くは出会い系がらみのものらしい。よくは見てないがタイトルから類推すると、ノーマルな交際からアブノーマルなものまで幅広い需要にマーケットは拡大していく印象。ある意味でSM系なども充実していそうだ。

 その一方で、昔からある伝統的結婚相談所みたいなサービスも増えてきている。システム的には出会い系と大差なさそうだが、最終目標は「結婚」というところが、一夜だけのアバンチュール(←死語?)が目当てのものよりは、多少「うさんくさくない」ように感じる。

 きちんと利用され、成功をおさめている例も増えてきているようですが、僕のようなオールドタイプには何となく敷居が高い。やはり道ばたで偶然出会う(←そんなことあり得んのに!)ことに期待を持つというか、ロマンを感じてしまうわし。

 無理してネットで出会うことに違和感を感じてしまうのだが、きっかけとして割り切り、知り合ってから信頼関係を深めるプロセスが一般化しつつあるのかもしれない。

 だけど、過疎化の進む農村じゃあるまいし、今の世の中そんなに出会いのチャンスってものが減ってるのだろうか? 

 街角の公園や現実の青空の下でのナチュラルな出会いの可能性を、もう少し信じていたい。



posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。