春日ルミ

日本の ベティ・ペイジ

「戦後、女と靴下は強くなった」という有名な、今はすたれた表現がある。その意味するところはともかくとして、戦前の女性は弱かったのだろうか?

 国威宣揚の名の下に、本来はオトナシかった大和撫子(ヤマトナデシコ)が国防少女となって鬼畜米英と戦う。そんなイメージをも抱くのですが、戦後生まれの僕にはどうもピンきません。 

 卑弥呼やクレオパトラなどのような権威としての女王様ではなく、性的な、いわゆるSM的女王様イメージの我が国における萌芽は、いったいどこらあたりにあるのだろうか。少なくとも昭和の初期に「大和撫子が殿方を鞭打つ」なんていう光景は考えられなかったはず。誰かの想像力の中にあったとしても、現実にもお芝居の中にも存在していなかった。

 ただ、敗戦の混沌の中から、まだその言葉すらなかった「SM的なる」女王様像が、戦勝国である欧米の影響を受けつつ、徐々に形づくられていったのではないかとは推察される。

和風女王様のルーツ

 1954年(昭和29年)の「奇譚クラブ」7月号に、春日ルミというモデルがグラビアを飾った。日本のメディアに初めて登場した女王様キャラクターとしては一般的にこの人が知られている。(「奇譚クラブ」にはそれ以前、森山美歌という伝説的な女王様も登場していた)
 
 それまでも海外SM小説の挿し絵や、須磨利之の手によるイラストなどで女王様的イメージはかろうじて描かれてはいたが、日本人女性によるビジュアルな女王様像というのはこれが初めてだった。

 今からみると、下着姿で棒のようなものを持って立っているだけの、どうってことのない図。だが「奇譚クラブ」の読者にとってはこれだけでもう充分。すぐ次のページには、黒タイツ姿で首輪を付けた男性を足蹴に、そして男が縄で縛られその上に座っている彼女の写真が続く。典型的な大和撫子風の顔立ちの中に(ちょっとケバいような気もしますが)明らかにみてとれるサディスティックな表情は、それまでフラストレーションのたまっていた「奇譚クラブ」のM派読者たちにとって垂涎の的となった。待ち焦がれていた初の和風のミストレスの降臨は大きなインパクトをもって当時の日本に受け入れられ、全国に熱狂的な彼女のファンを生み出すと同時に、マイナーではあったが男性マゾヒズムというものにもメディアの光が差し込むようになっていく。

 春日ルミはその後もしばしばグラビアや手記のかたちで登場し、日本家屋を舞台に当時の現実味ある(少し貧乏臭い)背景の中で女王様を演じた。手記を読むと、彼女は実際にサディスティックな性格らしく、当時の日本人女性としてはありえない「変態女」をカミングアウトした画期的な女性としても評価されるべきかもしれない。演じていたのではく、地でいっていたのだ。

 いずれにしても、春日ルミの登場により、それまでの日本ではっきりとはしていなかったリアルな女王様像が明確に浮き彫りになったという功績はかりしれない。



posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。