マゾ力

 過去にこんな言葉はなかったと思う。自分でもやや意味不明ながら定義を試みてみると、マゾヒスティックな願望を満足させるための能力、とでも言えるのだろうか...

 例えばSMクラブでの女王様は「支配者」という名の「奉仕者」と言われる。個別で多様なM男のリクエストを理解してプレイを行うからだ。この時、M側がきちんとしてほしいことを言えればよいが、恥ずかしがって肝心な部分をあやふやにすることもあるかもしれない。または見栄はって出来そうもないことまで言ってしまったりとか。この程度のマゾ力では、満足のいくセッションを期待するのは難しい。

 初対面の相手とプレイをこちらの希望通り行うために、あるいは相手にとっては苦手なプレイをさせるためのかけひきとか、あの手この手で充実したセッションにもっていくための能力。女王様から自分の思い通りに虐めてもらうスキル。これがつまり

「まぞリョク=マゾちから」

 というもので、耐性やマニア度の問題ではなく、どちらかというとまっとうなコミュニケーション能力の範疇に入るものだと思う。いやひょっとすると究極のコミュニケーションと言えるのかもしれない。

 例え首尾よく依頼内容をズバリ言えたとしても、相手にきちんと伝わっているかが問題だ。誤解される可能性だってかなりある。結果が全てであり、わかってもらえなければ意味がない。

 幸いにも相手が経験豊富なベテラン女王様であれば、M側の気持ちを理解し、言わなくてもこちらの要望を汲み取ってくれる器量も期待できるだろうが、よくわかってない「なんちゃって女王様」や「勘違いミストレス」だったりすると最悪である。下手すると命がけだ。相手のレベルがどうであれ、NGプレイやセーフ・ワード(責められる側がこれ以上は無理と思われた時に言ってプレイを中断するキーワード)などは確実に伝えておく必要がある。

 また、相手のポテンシャルが低くても、こちらのアプローチ次第では上手くセッションをリードすることも可能なわけで、このあたりが真のマゾ力の真骨頂と言えるだろう。

 マゾ力とは、ある意味では言葉の表現力とも言えるが、口で言わなくてもわかってもらえるような関係にまで発展させていく総合的でインタラクティブなコミュニケーション能力なのである。


posted by homer_2006 | Comment(0) | マゾヒズムに花束を!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。