刺青



 僕の入れ墨に対する考え方はこうです。

かっこいい。けど、痛い。これは肉体的にも精神的にも痛い。

僕は痛いのダメってことで。

しかし耽美主義の前では、そんなことはどうでもよくなってしまう。

 タトゥ−は自己表現のひとつ。アート。そうとも考えている。
だから自分ではやらないけど、上手い彫りはきれいだなあとは思うし、ネガティブな気持ちはない。
(痛そう...というのはある意味でネガティブと言えるのかもしれないが...)
 ただ、長年にわたるこの国の文化的、因習的偏見の影響は受けていたのかもしれない。

 アメリカでは入れ墨は非合法であったが、5年造ど前にマサチューセッツ州で合法化され、公衆衛生上の問題点もクリアされ一気にブームに。彫る人(アーティスト)の数も急増しそのクオリティは向上、技術を学びに多くのアメリカ人が日本にもやってきた。数年前に僕が世話をしたハーバード大学からの留学生(女性)もワンポイントのタトゥ−(「和」という漢字)をしていた。留学を斡旋していた事務局には・女も隠しており、お世話揃としてちょっと親しくなった僕にだけそっと見せてくれたのには苦笑してしまった。一応向こうにもなんらかのタブー意識はあるらしい。いや日本でタブー意識が根強いことを知っていただけかもしれないが。

 いずれにしてもセレブやプロのスポーツ選手がこぞって入れ墨をやりだした影響もあり、日米ともに入れ墨・タトゥ−に関する社会的許容度はこの5〜6年で激変したような印象を受ける。とてもポジティブになった。ある一定の年齢層を除いて、誰もがファッションとして気軽にできる雰囲気はある。茶髪と似ている。

 しかし、それでも、身体全身に大きな面積で本格的に彫るのはよ造どの覚悟がいるだろうし、ワンポイントで彫る場合とは目線がだいぶ異なってくるのではないだろうか。敬意を飛び越えて、畏怖の念さえ湧いてくる。

 微妙な苦手意識があるにもかかわらず、僕が入れ墨にこだわってしまうのは、中学生の頃に読んだ谷崎潤一郎の短編「刺青」の影響が大きい。この作品の荒筋をひとことで述べるなら、

 「無垢な娘が刺青を彫られることによって女王様になる」というもの。
(先日の「痴人の愛」の時も思ったけど、↑ レベル低い要約ですみません。短いのでぜひ読んでみて下さい)刺青は人を変える。

 作品的な評価や感動とは別に、そういう知識・読後感を持った。この頃の僕にはコンプレックスはあったかもしれないが、それを他り越え、「変わりたい」という自分を見つけることはなかった。いや、今から思うと、「人は変わらない」というシニカルな絶望を感じていたのかもしれない。

 だから、まれに銭湯や温泉でそういう方にお目にかかると、いったい何がこの人を変えたのだろうか...とか、あるいはこの人は変わることが出来たのだろうかとか、背中から感じるその人なりの人生を思ってしまったりするのです。偏見とかではけっしてなくて。

 よけいなお世話ですよね。すみません。

さて、今回の写真は本文とは関揃ありなんですが、アップしたかった本命の写メがPCに転送できず、本題は次回にエントリーします。


(注)諸事情から写真部は消してあります


お願い

 このブログをお読みのほとんどの方には関係ない話で恐縮ですが、迷った末にあえて書きます。たぶん一般論として。

 僕の書く記事の中には、その方面の趣味や関心のない方にとっては不愉快な、または不可解な内容もあろうかと思われます。すでにそういうお約束で始めていますので、その流れの上から、他の読者の方が不快に感じるようなコメントは極力お控え願えませんでしょうか。
 
 エントリーの内容に関連して僕に対する意見、批判は歓迎です。ただ、そのコメントを読まれる他の人のこともよく考えて頂きたいということです。

 ハッタリとしゃれで、僕は偉そうなことを書いていますので、もしかしてカチンとくることもあるでしょう。誤解や間違いもある思う。

つまんねえコト書きやがって

 ↑ こう思ってる人、たくさんいると思います。

 一応は使用許諾書に同意して使ってるアプリケーションみたいなもので、

多少の不具合 には目をつぶって下さい、

とまでは申しませんが、ある程度は読まれる方の自己責任でお願いしたい気持ちもあります。とか言いつつも

「ふざけんなよ、 Photoshop ! コラ」 と、

思わず深夜に一人で怒鳴っている時もある自分ですから、お気持ちもわからなくはないですが...

 もしどうしても何かあれば、直メールでお願いします。またはTBしてご自分のブログで書かれるのもよろしいかと。読んでて何か気になる記載をみつけて、

コイツ、お仕置きしなくちゃ、だわ

 てな感じのコメント、たま〜にだったら歓迎致します!(S女様限定) 

 かたいこと書きましたが、僕自身はかたい人間ではありません。

 また、そんなに変態でもないので...

  ( ↑ この台詞、ほんとは使いたくなかった。誰かまたカチンとくるかも....)


 なんだかんだ言っても、多くの方に読まれているということ、反対意見も含めてリアクションのあることが大きなモチベーションになっていますので、今後ともひとつよろしくおつきあい下さい。

 僕とは嗜好性、考え方やセンスの異なる方のご意見やご感想はむしろ知りたいし、間違いがあれば指摘をお願いします。
 ざっくばらんな話、気楽にコメントしてくれてかまいませんが、前向きにネ、ってことでお願いします。

(注) 諸事情により画像部は割愛


麗子女王様





 カリスマ的タトゥー・クイーンといえば、この人しかいないであろう。僕が初めて見たのは1998年の「Mistress」 vol.34号で、表紙と巻頭グラビアを飾っていた。その時のインタビュー記事によると、中1の時既にSMツーショットダイヤルを経験、高校時代にはSM テレクラでM男と出会って実際にプレイをしたという筋金入りだ(←なんのだろう...^^) 


 刺青はかなり本格的なもので21歳の時に彫ったらしい。本人は彫り物マニアを自称している。



 概算だが麗子女王様は、僕が中学生ぐらいの頃にお生まれになっている。僕が谷崎の「刺青」を読んでいたウブなお年頃で既にSMライフを実践されていたというのだからぶっ飛んでしまう。以前他の雑誌には新人類女王様とも紹介されていたが、どういう感性でSMを考えているのだろうかと、ずっと気になっていた。

 別に刺青なんか彫らなくたって、すでに女王様の資質充分なものがあるだろうに。何故彫ったのか?ハクをつけて業界でのし上がるために?

 あるいは「刺青」の清吉のように彼女を崇拝する誰かがいたのだろうか。肥やしになってしまったM男はいたのだろうか?破滅に追い込まれたM男が....



 北川イベントの打ち上げで同席した際、長年の思いをぶつけてみた。刺青に関するこの種の質問はこれまでにもイヤというほどなされていたであろうし、初対面でいきなりこんなことを聞くのも失礼だとは思ったのだが、酔った勢いもあって恐る恐る尋ねてみた。(三次会か四次会でかなり酔っていた)







ボク : 耳タコかと思うんだけど、彫ってから人間変わった?


    (↑ どこが恐る恐るなんだか) 



麗子 : そうですね。かわったと思います。



ボク : 彫ろうと思った動機は?



麗子 : 変わりたかったからかな。劣等感をなくしたかった。



 なんとも意外な答え。この人にもコンプレックスがあったの? 

これだけの美人で、これほど自信に満ちた表情からは信じがたいことなのだが。やはり刺青は人を変えるのか。




 それ以上に驚きだったのは、温和で繊細で、人に気を遣わせない、麗子さんの人柄だった。刺青に関して見識の浅い僕に対して、自分のコンセプトや過去のプライバシーにかかわることまでを交えて丁寧に説明してくれた。



 僕は最初自分がビビっているのがわかっていたが(北川イベントの間中ずっとびびりまくっていたようなものだが)話しているうちに不思議と打ち解けてきて、彼女がどう思ったかはともかく、親しくもあるような、隔たってもいるような不可解な距離感に心地よいものを感じてきた。



 刺青には、処罰として、装飾として、愛情のしるしとして、または権威の象徴として人の身体に彫られてきた長い歴史がある。そういう伝統の重み、表象の深さのようなものが説明し難い一瞬を感じさせていたのかもしれない。「彫る」という意志と「彫った」という結果が、彼女のアイデンティティと魅力を増幅したのだ。もし彼女に刺青がなかったならば、こういうオーラを感じることもなかったのだろうか。



 そんなことはでうでもよくなっていた。



 これが肥やしになるってことなのか。それならなってもいいな。



 もうどうにでもして下さい! 


思わずそう叫んでいた。( ↑ 心の中で)





(注)諸事情から写真部は消してあります


iPod

88a97821.jpgやぶからぼうになんですが、僕は Mac ユーザーです。今まで黙っていましたが(←誰も聞いてないからね) iPod も愛用しています。MacとかiPodって、なにソレ?っておっしゃる人もいるのかもしれませんが、まあ それはいいや。
 
 ただ、MacユーザーってMッ気のある人多いのかな?とふと思ったもので。

昔から医者とか検事、大企業の重役にはマゾが多いなどという言説は有名ですが、ヤクザさんにもいるとか、雑誌編集者はマゾばかりとか、ブルーカラーよりはホワイトカラーに多いとか、いろんな人がいろんなこと言ってます。どれもこれも根拠や説明はもっともらしいのですが、血液型の性格判断みたいなもので、なにがしかはあてはまったりするんではなかろうかと思ってます。

 1984年(初代Macが発表された年)に新しいカテゴリーが生まれました。Macユーザー。止む事のないシステムエラーにもメゲズ、辛抱強くMacを愛し続けるその姿勢は、なんとも哀れであり、M的共感をそそるものがある。だから普段あまりクローズアップされないMacがらみのネタをみつけると思わずうれしくなってしまい、いつもは買わない雑誌を買ってしまった。しかし、本当の理由は コレ にあったりして。本日発売のビッグコミック・スピリッツのグラビアです。

 Macユーザーに花束を!


美少女クイーン・ザ・畜奴

畜奴


 妖精クイーンとか、シルバークイーンなどというシリーズで他にも多数のタイトルが出ていた。仮面の奥には童顔がかくれているのだろうか?頑張っているのは伝わるんだけれど、ちょっとウブさも感じられる意味不明の女王様だった。もともと真性のS女という感じでもなさそう。腕のいいM男に「言わされている」みたいな感じで、時々セリフもとちっていた。ただ、その台本を書いているのは絶対にM心を理解している人物と思われ、それがまたいい味をだしていた。

 それもそのはず、その後頂いたコメントからこの女王様は元アイドルタレントの北原ちあき、または北原佐和子であったという情報が発覚。ぶりっこは筋金入りであった。落ち目のアイドルタレントが起死回生に脱いだりAV業界に進出するケースなど人生いろいろあるというお話でした。(補足)


シルバークイーンシリーズ「ザ・奴隷」

北原ちあき





 登場しては消えていく無数のアイドルたち。アドルト・ビデオ出身の女優がその後実はメジャーなアイドルになっていたり、落ち目の元アイドルタレントが起死回生に脱いだりAV業界に進出するケースなど人生いろいろあります。しかしSMビデオ、しかもフェムドム系がらみの話題はちょっと珍しいかもしれない。



 以前「美少女クイーン・ザ・畜奴」をエントリーした際に、妖精クイーンまたはシルバークイーンと呼ばれる女王様女優が、北原ちあき、または北原佐和子ではないのか?とのご指摘を頂きました。時期的にも重なるし言われてみればそうかも?という感じがするのですが、どうなのでしょう。



北原佐和子




 このアイドルの2人は似ているけどなんとなく別人くさい。

だけどもしかして、どっちかが妖精クイーンかもという可能性は否定しきれないような気がします。合理的疑惑が残ります。

 僕は妖精クイーンのビデオは何本か所有してますが、アイドルの方はノーチェックでした。「平凡パンチ」などで見かけたことあったかな〜という程度で、それほど売れてたという記憶はない。ファンはいたかもしれないけど。



 妖精クイーンの方は、狭いマーケットながら初期の女王様ビデオとしてはヒットしていた。まさしくフェムドム界のアイドル的存在。それもぶりっ子的キャラ。誰がどうみても女王様っぽくない。泣いてるようだが涙の出てない松田聖子みたいなもので、それなのにナゼか人気はあったんだよね。彼女は声が特徴的なので、アイドルバージョンのビデオかCDを入手できればウラがとれそうな気がする。



 ビデオ・ザ奴隷





 う〜ん、仮面の向こう側に見え隠れするその素顔やいかに?

こうしてみると、なんだか仮面してる女王様というのもまたそそられるものがあります。
(補足)


麗羅(レイラ)/三山のぼる

麗羅
初のSM業界コミックの連載

 SMクラブの女王様が主人公というのは、大手の一般コミック誌ではやはりまだ珍しかった。すでに小学館のスピリッツから「Beehive 蜜蜂の巣」という作品が出ていたのだが、連載は半年で終了している。(単行本は現在絶版)

 「麗羅」は最初は単発の読み切りとして2000年10月に発表され、その後3年にわたって連載が続き、単行本が昨年秋に第7巻で完結した異例のロングシリーズである。
 (2005年6月現在まだ入手可能)
 
 男のマゾ心理を適確にとらえた山田ゴメスの原案と三山のぼるのソフトな画風はよくマッチしながら、従来的には暗く陰湿になりがちだった世界が爽やかに表現されていた。
 おそらくは北川プロがモデルではないかと推察される団体も登場し、実在しそうなキャラクターがコミカルかつリアルに描かれ、SMをテーマにここまでエンタテイメント作品に仕上げた手腕は素晴らしい。これはSM業界版の「美味しんぼ」であり「課長島耕作」であり「山口六平太」となり、幅広い層からの支持を得た。

 下に紹介するのは増刊号 (2002年1月1日)の番外編。なんと巻頭カラーであった。読者の視線は下から見上げる奴隷アングルと同化し、まるで自分が調教されているかのような気にさせるコマづくりは見事。しかし暗示的とはいえM男の射精をイメージさせる場面は、やはり一般誌としてはキワドいところだったと思う。こうした内容がマニア向けではなく一般作品として登場したことに戸惑いを感じつつも、フェムドム・カルチャーの広がりを期待してしまった。







1  2  3  4 


クリックすると画像が大きくなります
麗羅(レイラ)/三山のぼる(集英社・ビジネスジャンプ)




注* gooブログ無料版にこの記事を掲載した折、違反通報され閲覧停止処分を喰いました。
今は通報無視、つーか事業所所在地すら明らかにしていないFC2ブログにおいてあるのですが。
やっぱ、gooブログならば有料版にしておくべきだったんでしょうね。

それから、著作権の問題。
集英社のものなら絶対OK!
何せ、はっきり社員と判る人間が、最大の日本語掲示板サイトに書き込むという万人に知らしめるような方法で「勝手にパクれ!」と声高に宣言しているんですから。
前にgooの方にコメントしてくれた会員制サイト管理人さんも、集英社を狙い撃ちすればいいわけです。
という訳でして、いつものように、

わああぁぁぁぁ!!! 集英社漫画担当様! ごめんなさい! ごめんなさい!!
また、パクってしまいましたぁ!

いけない僕をイヂメて、イヂメて!
もっと、イヂメて〜!!

    (;`Д´)/ヽアー/ヽアー!!

で結ぶ必要は全くないのです。
相手は、『無恥の文化』の旗手ですから。